薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
11月27日 肝炎被害は人災です
私の人生の中で感染してから今に至るまでの20年間以上を振り返ると、その時期が生涯の中で一番苦しく辛かったと思います。
家族にも同じ苦しみを与えてしまいました。
一時期生きる気力を失った時期もありました。

そして裁判の原告に加わり、裁判を通じ人災であった事を学びました。
国民の生命健康を守るべき立場にある国の対応として、到底許されない、許せないことです。被害をいつまで放置しつづけるのでしょう。
国が肝炎対策を取ってこなかった、そして技術者の気持ち一つで防げた薬害です。

国と製薬会社に向けて声を挙げていいたいです。

この血液製剤が効果がない危険な薬だと思った人はいないのですか。
自分達の組織を守るために、何も言えないのですか。
この判決がおかしいと思う人は一人もいないのですか。
勇気のある人は一人もいないのですか。

東京判決が近づいています。
今いろいろな活動に参加し、原告は忙しく頑張っています。
弁護団、支援者、原告と一体になって運動を盛りあげ、
一日も早く解決することを願っています。

そして世論に訴えていくことによって、感染を知らずにいる人が一人でも多く検査を受けていくことで、早期に治療へとつながるようにしてほしいと思います。

この裁判に勝つ事によって全被害者が救われることが出来るかもしれません。
東京判決での公正な判決を下されることを求めます。

(東京原告10番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-11-27 00:00 | 東京から
11月10日 聞け、厚労省よ!肝炎患者の切なる願いを!
週4日、一日実働5~6時間、これが私の活きている時間だ。

その他の時間、病院へ行くとか、仕方なく買い物に行くとか以外は
家でなるべくジッとするか、横になっていたい。
休みの日は長男に買い物を頼み家の外には出ない、
出たくないのだ。

ここのところ慢性腎炎の治療に飲んでいる薬のせいか(?)寝付きが悪い。
病院から出されている眠剤を飲むと、朝まで残って寝起きが辛い。
でも腎臓を治してしまわないと、肝炎の治療が出来ないと、言われてる。
でもインターフェロンが出来る様になったとしても、経済的に無理だろう。
八方塞がり状態は相変わらず続くのだ!

厚労省よ!
製薬企業よ!
東京地栽で私達が勝訴しても、決して控訴をしないで欲しい!

どうか私達 肝炎患者を救済する方向に目を向けて欲しい!
私達の切なる願いを聞いて欲しい!

願いが叶えば思う存分働く事ができるだろう。
きょうも言い訳しながら倦怠感と闘っている。

(東京原告18番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-11-10 00:00 | 東京から
11月の薬害肝炎に関する活動ふたつ
薬害C型肝炎訴訟:九州訴訟の原告・福田さん、長崎で親子刺しゅう展 /長崎
◇糸と命をつむぐ新たな夢--12日まで
 薬害肝炎九州訴訟の原告、福田衣里子(えりこ)さん(26)=長崎市=と母勝子(まさこ)さん(61)の刺しゅう展「糸と命をつむぐ」が3日、長崎市南山手町の祈りの丘絵本美術館で始まった。C型肝炎と診断されてから見つけた新たな夢。衣里子さんは刺しゅう展を通じて「多くの人にC型肝炎と薬害被害を知ってもらえれば」と話している。12日まで。【仲山みのり】

(毎日新聞) - 11月4日13時1分更新


薬害肝炎東京弁護団の福地直樹弁護士と学生支援者の栗原賢一くんが、11月1日午前10時~10時50分、地域密着型ラジオのかつしかFM78.9MHzの番組 「女性の声が見えるラジオ」に出演しました。

うちにはラジオの電波が入らず、タイマー録音できなかったのが残念でしたが、おふたりはどんな話をされたのかなぁ。。。


刺しゅう展を見て、ラジオを聴いて、薬害肝炎を応援する輪が少しでも広がるように!

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2006-11-06 00:00 | 東京から
11月1日 東京判決に向けて
私は、この頃いろんな事を思い出します。

肝炎になる前の明かるく元気で、子育てに夢中だった頃の事、自分が病気になるなんて、夢にも思っていませんでした。

そして、19年前、病院のICUのベッドの上で、死と向き合っていた時の事、“死ねない、絶対死ねない、三歳の娘を残して死ぬもんか”と思っていました。

病気と闘い、晴れてICUを出た時の喜び、これからの人生悔いのない様に生きて行きたいと心に決めました。

でも、それは夢でした。C型肝炎に罹っていたから・・・

医師からその事を告げられた時の驚きと失望は忘れられません。
それからの19年間は、肝炎との闘い、進行への恐れ、失望、あきらめの繰り返し、私だけではなく、家族の思いも同じでした。

すべては“フィブリノゲン”のせい。
この事を知った時の怒りと、悔しさ、取り戻す事のできない時間の尊さを思うと涙が流れます。

今は、残された時を、あきらめではなく、希望と安心に満たされて過ごしたい。

東京判決に託したい。

(東京原告17番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-11-01 00:00 | 東京から