薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
3.薬害肝炎大阪・福岡ではどんな判決が出たの?
薬害肝炎訴訟では、昨年6月に大阪判決、8月に福岡判決が言い渡されています。

2006年6月21日大阪判決
フィブリノゲン製剤は、ミドリ十字については1985年8月以降、国については1987年4月以降の責任が認められました。
1985年8月は、フィブリノゲン製剤の安全対策(製剤に混入している肝炎ウイルスの感染力を失わせる処理)がベータプロピオラクトン処理から抗HBsグロブリン処理に変更になった時期です。1987年4月は、青森県三沢市で肝炎集団感染が発生した時期であり、また、フィブリノゲン製剤の再評価手続において、後天性疾患に対してフィブリノゲン製剤の有効性を示すデータはないとの内示がまさに出されようとしている頃です。

2006年8月30日福岡判決
フィブリノゲン製剤は、国・ミドリ十字とも1980年11月以降の責任が認められました。
もっとも、福岡判決では、米国FDA(食品医薬品局)の承認取消の直後である、1978年1月時点で、国とミドリ十字に有用性の調査・再検討義務を課し、調査・再検討をすれば、有効性が認められたとしても、有用性が認められないとされた蓋然性が高いとの判断を示しており、1980年11月より前の責任を、必ずしも否定した趣旨ではないと考えられます。

第IX因子製剤については、大阪判決・福岡判決とも、心ならずも原告の主張は受け入れられませんでした。2006年8月1日に結審した東京訴訟(本年3月23日判決言渡予定)では、大阪判決の判示を踏まえ、これらの判決の弱点を乗り越えるべく新たな主張も追加し、勝利に向けて闘っています。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-31 00:00 | 薬害肝炎ミニ講座
薬害肝炎訴訟で原告支援の会結成in新潟
新潟日報2007年1月28日より

薬害訴訟で原告支援の会結成

東京地裁で係争中の薬害C型肝炎訴訟の原告団に参加する県人を支援する会の結成式が27日、新潟市の関屋地区公民館で行われた。原告の友人ら約30人が集まり、全面勝訴に向けて決意を新たにした。

 結成されたのは「薬害肝炎訴訟を支援する新潟の会」。同訴訟では、汚染した血液製剤でC型肝炎に感染した患者28人が国や製薬会社を相手取り、約17億円の損害賠償を求めて争っている。3月23日に予定される判決で、国と会社の賠償責任が認められるよう原告の活動を支援する。


以下は、新潟の原告支援の会に参加された鮎京弁護士のコメントです。とても充実した楽しい会であったようです!!

(新潟日報のホームページには)みんなで「団結ガンバロー」をやった様子が出ていますから、ぜひみて下さいね。立派な決議文も読み上げられました。

会長さんが「おれは建具屋で、なんかしくじったとき、平井さんがペンキ(*)でごまかしてくれるんだ」とか、「団結ガンバローっての、俺やったことがないから、練習させてくれ。えっと左の腰に何を?」とか言って、すごく楽しい会でした。
薬剤師さんも仲間で応援すると発言されて、2月17日に薬剤師勉強会が予定されています。
それと、会の副会長には新潟大学法科大学院の民法・公害環境法の神戸秀彦先生という方もなってくださっています。


*実名原告の平井要さん(56)のご職業は、塗装業です。週間金曜日637号には、塗装のお仕事中の平井さんの写真も掲載されていますので、ぜひお読み下さい。
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-30 00:00 | 東京から
2.薬害肝炎訴訟の証人はどういう人?
薬害肝炎訴訟では、原告側7名、被告側9名の証人尋問が行われました。うち2名は製薬会社の社員でしたが、その余の14名は医学・薬学の専門家証人でした。総勢16名の証人尋問は、東京地裁だけで行なったものではありません。全国5地裁で分散して尋問が行なわれました。

では、東京以外の4地裁で行なわれた尋問の内容を、東京地裁の裁判官は、どうやって知ることができたのでしょうか?
それは、証人尋問調書を利用して行われました。証人尋問を行ったときには、裁判所は、証人尋問における質問と回答の発言一語一句を書き起こした「証人尋問調書」という書類を作成します。大阪・福岡・名古屋・仙台で行った証人尋問については、東京地裁に、この証人尋問調書を証拠として提出しました。

証人尋問の様子については、薬害肝炎関連のサイトのリンクを貼りましたのでご覧下さい。
また、取材・研究のために証人尋問調書をご覧になりたい方は、薬害肝炎弁護団事務局までご連絡下さい。

【原告側証人】
・ルウェリス・バーカー(東京)
元米国FDA血液及び血液製剤部長、ウイルス学専門
米国FDAの血液製剤再評価の経緯・医薬品の有用性評価について証言 [1] [2] [3]

・飯野四郎(大阪、東京)   
元聖マリアンナ医科大教授、清川病院院長、肝臓専門
肝炎対策に関する有識者会議メンバー
肝炎の重篤性に関する過去・現在の知見について証言 [1] [2] [3]

・大林明(東京)
元国立療養所東京病院、肝臓専門
厚生省特定疾患難治性の肝炎調査研究班メンバー
肝炎の重篤性に関する過去の知見について証言 [1] [2]

・大内清昭(仙台)
元東北大学医学部附属病院、肝臓専門
肝臓専門医院経営
肝炎の重篤性に関する現在の知見について証言 [1]

・衣笠恵士(福岡)
元都立墨東病院院長、血液学専門
フィブリノゲン製剤再評価委員
フィブリノゲン製剤再評価の経緯・医薬品の有用性評価について証言[1] [2]

・椿広計(福岡)
筑波大学教授、統計学・医薬品評価専門
医薬品の有用性評価について証言 [1]

・飯塚敦夫(名古屋)
元神奈川県立こども医療センター、小児血液学専門
小児科医院経営
第IX因子製剤の有用性について証言 [1] [2]   

【被告側証人】
・矢野右人(福岡)
元国立病院長崎医療センター長、肝臓専門
肝炎の重篤性に関する過去の知見について証言 [1] [2] [3]

・真木正博(東京)
元秋田大学教授、産婦人科専門
フィブリノゲン製剤の治験担当者
フィブリノゲン製剤の有用性について証言 [1]

・寺尾俊彦(福岡)
浜松医大学長、産婦人科専門
フィブリノゲン製剤の有用性について証言 [1] [2] [3]

・小林隆夫(大阪)
元浜松医大助教授、信州大学教授、産婦人科専門
フィブリノゲン製剤の有用性について証言 [1] [2] [3]

・清水直容(福岡)
元帝京大学教授、医薬品評価専門
医薬品評価について証言 [1] [2]

・有本亨(大阪)
元厚生省薬務局職員
当時の厚生省の医薬品評価について証言 [1] [2]

・藤村吉博(東京)
奈良医大教授、血液学専門
第IX因子製剤の有用性について証言 [1] [2]

・柚木幹弘(東京)
三菱ウェルファーマ社員

・稲田俊(東京)
日本製薬社員
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-27 00:00 | 薬害肝炎ミニ講座
薬害肝炎名古屋訴訟の結審
薬害肝炎名古屋訴訟が結審しました。
東京から、久しぶりに参加しました。

判決の言渡しは7月31日(火)午後2時00分に指定されました。
3月23日に東京判決がありますので、
今年は、春休みも夏休みも、薬害肝炎ということになります!

さて、今日の結審期日では、実名原告の金田和子さん、名古屋原告9番さん、名古屋弁護団代表の柴田義朗弁護士をはじめとする弁護士7名が、薬害肝炎の被害を訴え、また、国と製薬会社の法的責任について、意見を述べました。

87年にフィブリノゲン製剤で感染した原告9番さんは、プライバシー確保のために、代理人席と傍聴席とのあいだに遮蔽板をおき、傍聴席からも姿が見えないようにした状態で、意見を述べられました。誰にも肝炎であることを知られたくないという強い思いを、「遮蔽板」という物で見せられ、あらためて差別や偏見に対する恐れ、被害の深さを感じました。

原告9番さんの意見陳述の中で、肝がんになるかもしれない不安を抱え、最近では「私が死んだら、という言葉が出る」、フィブリノゲン製剤を投与されてきたときに生まれた「息子が『いろんなことを我慢してきたよ』というのを聞いて、家族も被害者だと思いました」という言葉が印象的でした。

原告金田和子さんは、これまで法廷で一度も話すことのなかったご自身の辛い辛い過去の体験を、結審にあたり初めてお話しされました。その姿は、裁判長に向かって、まさに自分の全人生をつきつけるものでした。

この裁判には、いのちが懸かっています。
いのちの尊さを見据えた判決を出して欲しい。

・・・金田さんの言葉です。

この言葉に正面から応える判決を出すことこそが、今の司法の役割です。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-23 22:00 | 東京から
南国からのつぶやき
d0081819_0325987.jpg 私は南の島・沖縄に住んでいますが、東京の原告です。一番北の仲間は「青森」かと思っていましたが北海道の方もいたんですね~! 北は北海道から南は沖縄まで… すごい!!

 全員が一度に逢えるチャンスはなかなかありませんが、どの県に行っても「仲間」がいるというだけでなんだかすごく心強く思います!!

 さて本題のつぶやき(?!)に入りたいと思います。私は87年12月に次女を出産する際、幸福と希望の代償に命を蝕む、C型肝炎を受け渡されました。出産3週間後の元旦から1年間の入院を余儀なくされました。

 当時は「なぜそうなったのか?」原因不明のまま、とにかく長女(2才)と赤ちゃんのために一日も早く完治しなければ…と一生懸命、治療に専念しました。

 そして15年もの月日が流れ去ったある日、偶然にもある報道TVでHCVという「毒入り」の血液製剤を製造・販売した「製薬会社」があり、それを平然と承認した「国」があり、安易に使用する医師がいたと有り、それで私はC型肝炎になったのだ!!と知りました。

 命と健康を守る「薬」「厚生省」「医者」が「病気」を与えるとは…。

d0081819_033492.jpg これまでにインターフェロン・リバビリン・強ミノC etc … 1日おきに病院に通い、副作用にも耐えるだけ耐え、治療費も払える限り支払ってきました。しかし今年で20年目になる今も尚、改善されず慢性C型肝炎という時限爆弾をかかえ日々を過ごしています。

 かといってこのトロピカルな南国沖縄の地で身をひそめ、暗い人生を送るのはまっぴらゴメンです! 沖縄に「ちむぐるさん」という言葉があり「相手の心の痛みを我が身と思い心が苦しくなる」という意味です。私達の周りには、その「ちむぐるさん気持ち」を持った仲間・弁護士、支援する会・学生が大勢います。そして「裁判」というチャンスも与えられました。

 この裁判では、私達が病との闘いに苦悩する日々のかたわら、自分のふところ・蓄えを膨らませ、ぬくぬくと人生を送ってきた当時の国・製薬会社の関係者の非は、絶対に免れないし見過ごすわけにはいかない。そしてそれらを受け継いだ現在の関係者を含め、この問題に対し、謝罪し、見直し正しい道に軌道修正する責任を取らせることです。

 現在、沖縄からの原告は九州原告の3人を含め4人です。しかし当時「主流だったのでたくさんの人に使った」との医者からの証言から「少し疲れているだけだ」と勘違いして、気づかずにいる潜在的患者はまだまだいるはずです。ぜひ、時間をとって検診を受けてほしいと思います。

d0081819_0351242.jpg 最後に「時間」といえば「時間は借りる事も蓄える事もできない、懸命に働いたところで稼げるものでもない。時間に対してできることは、使うのみである」という言葉があります。私の人生という時間において一生懸命治療に使った「時間」は決して全てムダだったとは思いませんが、本来ならば、子供たちの相手をして遊んでやったり、保育士の仕事に専念したり。あるいは3人目の出産に希望を膨らませたり…そんな場面で使われるべき時間だったと思うのです…。

 今も、これからも流れる「時間」に対し、自分自身・家族・裁判etc《特に間近にせまる“判決”までに》自分に何ができるか?! 試行錯誤しながら有意義に時間が使える様、今年も頑張りたいと思います。…そんな事を思いながら3月の判決いち早く“満開のさくら”をトロピカルな島から送りたいです。

 超~長いつぶやきになってしまいました♪

(東京原告12番)

写真提供=東京原告12番
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-21 00:30 | 東京から
1.薬害肝炎訴訟の3大論点
東京判決を3月23日に控え、これから何回かに分けて、これまでの薬害肝炎訴訟の復習をしていきます。

薬害肝炎訴訟で問題となっている法律的な争点は、次のとおりです。
1.製剤の安全対策
2.血清肝炎・非A非B型肝炎・C型肝炎の重篤(じゅうとく)性
3.製剤の有効性
4.因果関係
5.損害
6.除斥期間
7.国の違法性

1~3の安全対策・重篤性・有効性は、いずれも医薬品の「有用性」に関する争点です。薬害肝炎訴訟でもっとも重要な争点は1~3、つまり、医薬品の有用性です。

国は、医薬品として申請されたモノに、有効性が認められないとき、または、有効性に比して「著しく有害な作用」があり医薬品として「使用価値がない」と認められるときは、医薬品として承認してはなりません(薬事法14条2項参照)。

「著しく有害な作用」とは、要するに著しい副作用のことで、これを「危険性」といいます。医薬品として「使用価値がない」ことを「有用性がない」といいます。つまり、医薬品の有用性は、有効性と危険性のバランスで決まります。有効性>危険性のときには、有用性あり、有効性<危険性のときには、有用性なし、ということになります。有用性がないときには、医薬品として承認すべきではありません。有効性と危険性は、有用性の構成要素ということになります。

ところで、薬害肝炎で問題となっている医薬品(=血液製剤)の危険性の有無・程度は、製剤の安全対策と肝炎の重篤性(=肝炎の病態の重さ)の2つの要素から決まります。

血液製剤は、多数の売血者から採血した血漿(けっしょう)を集めたプール血漿を原材料として作られるものです。そのため、原材料に肝炎ウイルスが混入するリスクを避けることができません。そのため、肝炎ウイルスを取り除いたり、感染力を失わせたりする安全対策が十分であったかどうかが危険性の有無・程度を左右するのです。

肝炎の病態の重さがどの程度かということも、危険性の程度を左右します。仮に、肝炎ウイルスに感染しても、一過性の風邪のようなもので完全に治癒する病気だとすれば、危険性の程度はわずかといえるでしょう。しかし、肝炎ウイルスに感染すると、肝硬変や肝がんになってしまうとすれば、危険性の程度は相当重いということになります。

このように、安全対策の有無・程度×重篤性の程度=危険性の有無・程度になるのです。

薬害事件では、その当時の医学・薬学的知見(知識・学問レベル)に基づいて医薬品に有用性が認められたかどうかにより、国や製薬会社の法的責任の有無が判断されます。そこで、薬害肝炎でも、有用性の構成要素である有効性、危険性(=安全対策、肝炎の重篤性)が大きな論点となっているのです。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-20 11:00 | 薬害肝炎ミニ講座
1月16日弁論期日~久野郁子さん意見陳述
1月16日は第6次提訴原告(3月23日判決対象外の原告)の第1回弁論期日でした。

期日前に行われた裁判所前集会には、本日の法廷で意見陳述をされる実名原告の久野郁子さん(48、千葉在住)を応援しようと、薬害肝炎原告、支援者、弁護士らが集まりました。北海道からも原告さん2名が駆けつけてくれました!

薬害肝炎を支援する会HEARTSの栗原くんが、学生支援者を代表して、久野さんに激励のプレゼントを手渡しました。写真はプレゼントのメッセージキャンドルを受け取った久野さんです。
d0081819_23235285.jpg


歯科衛生士である久野さんは、法廷で、「医療従事者として、肝炎のこわさ、差別・偏見があることを知っていましたから、肝炎に向かっていく過程は恐怖でした」「病気をうつすかもしれない人が、医療の現場にいていいのかと言われそうでビクビクしていた」と、感染被害を訴えました。

また、就職の内定先であった歯科医院から「肝炎ってうつる病気でしょう」と言われ、不安な心の中をえぐられ、就職を辞退せざるを得なくなった経緯を述べるときには、涙声になっておられました。

d0081819_2313212.jpg期日後の記者会見の様子は、写真のとおり。

写真には写っていないのですが、テレビカメラ4台のほか、ハンディ録画カメラ、写真カメラも複数入り、総勢30名ほどの記者・報道関係者が集まりました。3月23日の東京判決を前にした関心の高さを伺わせました。

報告集会も、会場は満席でした!
これから東京判決に向けて、盛り上げていきましょう!

(東京弁護団・まつい)


追伸:報告集会の様子について、以下は東京原告18番さんの報告です。なお、東京原告13番さんは、提訴後に肝がんで死亡されています。

私の隣に(原告)13番さんのお嬢さんが座ってらして…又新たな悲しみが直に伝わって切ない気持ちになりました。そしてこんなに若いお嬢さんを残して逝かれた13番さんに想いを馳改めて怒りが湧いてきました。怒りを持ち続けるのもかなり疲れますが、これから判決が下る3月迄頑張って行こうね!

[PR]
by kanen-relay | 2007-01-16 23:00 | 東京から
1月13日朝日新聞・私の視点~肝炎対策
1月13日(土)の朝日新聞「私の視点」に、日本肝臓病患者団体協議会常任理事の赤塚堯さんの意見が掲載されていました。以下、一部引用します。

 
◆肝炎対策 超党派で救済の手だてを

 肝炎感染の原因は輸血も含め、大半は医療行為での感染で、肝炎はまさに「医原病」である。こうした過去の医療行政への責任追及は、去る6月16日の最高裁「B型肝炎訴訟」判決でも明らかにされた。……(中略)……また、大阪、福岡地裁の「薬害C型肝炎」訴訟の判決でも、製薬企業と国の責任を認めている。

 最高裁判決後、各政党に肝炎対策チームが発足し、対策が検討されていると聞く。ぜひ、超党派で治療費の助成ないし軽減の手立てをまとめてほしい。とくに肝がん治療や抗ウイルス剤治療などの重症度が高く負担の重い治療への助成には、特定医療費など既存の諸制度の弾力的な活用なども考慮する必要があろう。

 350万人の肝炎患者の切実な願いに、国は応えるべき時だ。



大阪、福岡地裁の判決に続き、東京地裁でも国と製薬企業の責任を明確にし、「350万人の肝炎患者の切実な願い」の実現に、着実に近づいていきたいです。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-15 00:00 | 東京から
週間金曜日に実名原告の特集
週間金曜日第637号(2007年01月12日発売)に
薬害肝炎の実名原告さんたちの特集が掲載されたとのことです。

P26.薬害肝炎
「人生」を取り戻すために(大西史恵)

以下、福地弁護士からの推薦コメントです。
この特集のために全国を回られた大西史恵さんの労作です。

カラーで6ページ、
訴訟を闘っている16人の実名公表原告の表情をとらえた写真を中心に、
原告のプロフィールやコメントが掲載されています。

東京   久野郁子さん  平井要さん  山本信子さん

大阪   桑田智子さん  武田せい子さん  藤村あさみさん
      森上悦子さん  両川洋子さん

九州   出田妙子さん  小林邦丘さん  手嶋妙子さん
      福田衣里子さん  山口美智子さん  吉田かよこさん

仙台   小松忠雄さん(チヨコさん)

名古屋  金田和子さん

みなさん、是非お読み下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2007-01-14 14:00 | 東京から
北の国からのつぶやき

新しい年がスタートしました。
今年はいろいろな事が起こる1年になりそうです。
体調を気にしつつ自分に出来る事を自分らしく頑張りたいと思っています。

肝炎になってもう21年が過ぎてしまい月日が経つのは早いなぁと思う今日この頃。
まさか自分の肝炎が薬害だなんて・・夢々思ったこともなく・・

85年に胎盤早期剥離で大量の出血そして死産という、本来なら1番HAPPYで満たされる時だったはずなのに我が子を亡くしそれだけでも辛いのに急性肝炎になり、仕方のないことだと思って過ごしてきた年月なんと長い時が過ぎたのだろう・・・

2004年12月フィブリノゲン納入病院リストを新聞で見て、
2005年1月薬害肝炎訴訟説明会に出て、薬害だと知った時、
HIVと同じだと、防げる病気だったのにと、強く深く思いました!!!

私は北海道に住んでいますが、東京原告です。d0081819_173514100.jpg
東京は遠いですねぇ~

1月中旬の北海道は本当に寒さが厳しく、その中をたくさんの人が道内から集まっていました。
でも原告になれたのは2006年8月まで道内只一人私だけでした。
何故?どうして?と・・

今北海道の原告は二人になりましたが・・
この広い北海道なのに。
もっと沢山人知れず悩んでる人、病気と闘っている人がいると思います。
北海道でも薬害肝炎の事を知って貰いたい!
東京の原告だけれども北海道にも原告がいます!

肝炎は人に言えない多々の辛さがあります。
北海道でも説明会とか勉強会などをして肝炎のことを知って欲しい。

東京の出来事は、この情報社会の中でも遠い所の様な気がします。
何故でしょう。飛行機に乗れば1時間弱で着くのに・・・

今、東京原告は29人です。
3月23日には第1陣の判決がでます。
本当に皆忙しい中、闘病しながら、一生懸命頑張っています。

私も自分の出来る事をこの北の大地でちょっとでもいい、
何かしなければと日々思っています!
自分一人の力は小さいけれど一人がみんなの為にみんなが一人の為に何かを伝えられたらと。
支援の会の方、弁護士の先生方、原告、そして家族に支えられ、東京原告として頑張っていけたらと思っています。

1月6日まで私の住んでる所では雪が降っても道路は雪がなく、元旦は雨、
こんな冬は40数年生きてきてはじめて、地球温暖化のせいでしょうか・・

やっぱり寒くても北海道は雪がないと・・
そんな事を思いながら3月の判決 ゛春”を北の大地から待っています。
長いつぶやきになってしまいました♪

(東京原告24番)


d0081819_17325181.jpg


写真撮影=東京原告24番
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-11 12:00 | 東京から