薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 03月 ( 43 )   > この月の画像一覧
官房副長官が「政府・与党として解決」~報道より
C型肝炎訴訟「政府・与党で解決」 官房副長官が原告に
 下村博文官房副長官は30日、官邸で薬害C型肝炎訴訟の原告らと面会した。原告らによると、下村氏は「政府と与党が一体となって肝炎問題の解決に取り組む」として、政府主導で肝炎対策に本格的に動き出す方針を示した。・・・

(朝日新聞・2007年03月30日23時33分)


<薬害C型肝炎訴訟>安倍首相が患者救済策の検討指示
(毎日新聞・3月31日1時4分)

薬害C型肝炎訴訟:東京地裁判決不服で控訴 厚労省
……一方、薬害肝炎全国原告団らは同日、安倍晋三首相あてに薬害肝炎問題の政治解決を求める要請書を提出した。原告らによると、代理で要請書を受け取った下村博文官房副長官は政府として問題解決に向けて対応する意向を示したという。……【北川仁士】
(毎日新聞・2007年3月30日 22時03分)


【ニュース映像】
下村官房副長官、政府・与党として患者救済策を検討する方針明らかに
(フジテレビ)
薬害肝炎患者に総理「問題解決を進めたい」と回答
(テレビ朝日)
安倍首相、薬害肝炎支援の検討を指示
(TBS)
薬害肝炎訴訟 安倍首相“対応を検討”
(日本テレビ)
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-30 23:59 | 東京から
小沢一郎民主党代表ら、著名人の応援
 3月30日、官邸における要請行動後の報告会を行っているときに、小沢一郎民主党代表も、座り込み会場においでになりました。そして、原告たちに対し、「民主党も、この問題がきちんと解決されるよう、野党の立場としてきちんと監視していきたい。応援しています。」とお話されました。

d0081819_22462885.jpg



 また、ハンカチメッセージをいただいた経済評論家の佐高信さんも、報告会の直前に、いらっしゃいました。佐高さんは、官邸における要請行動の話を聞いて、原告たちと共に喜びあい、少し涙ぐんでおられました。
d0081819_22502393.jpg


d0081819_22523073.jpg原告たちと握手をする佐高信さん

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-30 18:01 | 東京から
官房副長官面談後の報告会~座り込み解除
 17時、山口美智子原告団代表、鈴木利廣弁護団代表が、首相官邸にて、下村官房副長官に要請書を渡しました。

 そして、下村副長官から、安倍首相の声と思って聞いてください、政府と与党と一緒になって、この肝炎問題の解決に向かっていまから進めていきます、との回答をもらいました。

 その後、17時40分から、山口原告団代表、鈴木弁護団代表により、日比谷公園で、要請行動の報告会を行い、山口原告団代表により「座り込み」行動を解除する宣言をしました。


 いまだ解決の糸口をつかんだにすぎず、闘いの本番はこれからですが、政治決着の光が見えたのは事実です。原告団、弁護団、支援者一丸となった運動の成果です。
 ひとまず、みなさんにお礼を述べるとともに、報告いたします。
 これからも、一緒に頑張りましょう!

(東京弁護団・はまの)

d0081819_2233949.jpg
山口原告団代表から報告を受けて、喜ぶ原告たち

d0081819_22261712.jpg大阪原告武田せい子さん、写真左は名古屋原告金田和子さん

d0081819_22263447.jpg東京原告浅倉美津子さん

d0081819_22265179.jpg九州原告福田衣里子さん

d0081819_2232317.jpg
九州原告出田妙子さん

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-30 18:00 | 東京から
内閣総理大臣宛ての要請書
                       2007年3月30日

内閣総理大臣 安倍晋三 殿

                要 請 書

                            薬害肝炎全国原告団
                           代表 山口美智子

                           薬害肝炎全国弁護団
                           代表 鈴木利廣

 わたしたちは、三たび国の責任を認めた薬害肝炎東京判決を踏まえて、3月23日に柳澤伯夫厚生労働大臣への面会を求めましたが、3月27日、厚生労働省は、わずか2行のファクシミリによって、面談を拒みました。

 この間、柳澤伯夫厚生労働大臣は、3月26日の参院予算委員会では、「裁判の当事者と面会するのは三権分立に反するから訴訟外では話し合あわない」と述べ、また、3月27日の参院厚労委員会では、「訴訟外で会うことは混乱を招く」と述べ、さらに3月28日の衆院厚労委員会では、「行政というのは一種の預かりもの」「司法がまさに判定を下すことと思っている」と述べ、厚生労働官僚の準備した答弁を繰り返しました。
 そして、本日の閣議後会見でも、柳澤大臣は、同様の発言に終始しました。

 そもそも、省庁の大臣は、その省庁が所管する重要案件について政治判断を下すために存在しています。また、大臣は、官僚からの説明のみならず、その課題の関係者から説明を求め、官僚の判断を鵜呑みにすることなく、公正な視点から政治家として政策の是非を判断することが求められているのです。
 そして、厚生労働行政の目的は、国民の命を守ることにあります。

 ところが、柳澤大臣は、薬務行政の誤りによって被害を受けた被害者が、命をかけて面会を要請したにも関わらず、その面会を拒み、加害者たる厚生労働官僚の示す方針を代弁し続けました。柳澤大臣による、命の問題を先送りした冷淡すぎる対応に、原告らは、心より失望しています。

 この問題の解決のためには、もはや内閣総理大臣のご決断が不可欠です。

 内閣総理大臣におかれましては、早急に原告団と面会し、原告らの受けた被害の実情を、ご自身の目と耳で確かめ、薬害肝炎問題の解決に向けての政治的ご判断をいただけますよう、要請する次第です。

                              以 上
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-30 17:00 | 薬害肝炎資料室
座り込み3日目~厚労省お掃除大作戦!
 座り込み3日目となる3月30日、薬害肝炎訴訟を支える全国学生の会の学生たちが、厚生労働省のお掃除大作戦と称して、東京霞ヶ関の厚生労働省玄関前のお掃除をしました!
d0081819_21275436.jpg

d0081819_21281388.jpg


 お掃除が終わった後には、清掃完了証明書を発行しました。
 証明書には、「中身の『おそうじ』は職員のみなさんがしっかりやって下さい」と書いてあります。
d0081819_21302183.jpg

上の写真右端にうつっている「公明党」さんは、昨日、塩崎官房長官に「薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れ」をしているということで、お掃除に参加することになったそうです。

 そして、薬害根絶誓いの碑を読み上げました。
d0081819_21311075.jpg



(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-30 14:00 | 東京から
薬害肝炎問題で公明党が官房長官に申し入れ
 政権与党の一翼を担う公明党から、内閣官房長官に対し、薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れがなされました。

薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れ

 我が国もウイルス性肝炎感染者は、B型、C型合わせて三五〇万人にのぼると推計され、その中には集団予防接種や血液製剤等による感染被害も明らかになっている。とりわけ薬害肝炎訴訟においては、国や製薬会社の過失責任を一部認める判決が相次いでおり、司法判断はもとより患者・家族の一刻も早い救済のため、政治的な決断が迫られている。

 こうした観点から、薬害肝炎問題の全面解決へ向け、治療・検査体制の充実や患者の医療費負担の軽減など総合的な支援策を求め、ここに申し入れを行う。

一、疾病に苦しむ患者・家族の一刻も早い救済のため、薬害肝炎問題の全面解決に向けた政治的決断を行うこと。

一、潜在患者の早期発見・早期治療体制の確立が重要であることから、より一層の検査・治療体制の整備・充実を行うこと。

一、患者の経済的負担の軽減及び生活の質の向上を図るため、医療費負担の軽減と治療水準の向上に努めること。

 平成十九年三月二十九日

        公明党厚生労働部会
              部会長  古屋 範子
        公明党肝炎対策プロジェクトチーム
              座 長  赤松 正雄

内閣官房長官
 塩崎 恭久 殿


薬害肝炎 患者の早期救済を
官房長官に申し入れ
党厚生労働部会と対策プロジェクトチーム


 公明党の厚生労働部会(古屋範子部会長=衆院議員)と肝炎対策プロジェクトチーム(赤松正雄座長=衆院議員)は29日、首相官邸で塩崎恭久官房長官あてに「薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れ」を行った。下村博文官房副長官が応対した。

(公明新聞:3月30日付)

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-29 19:30 | 東京から
座り込み2日目の模様
今日は、多くの国会議員や東京都知事候補が応援に駆けつけました。

訪問いただいた国会議員の方々は以下のとおり。
民主党から、枝野幸男議員、加藤公一議員、川端達夫議員、菅直人議員、菊田真紀子議員、末松義規議員、高木義明議員、三日月大造議員、森ゆうこ議員、山井和則議員。共産党から、小池晃議員。社民党から、阿部知子議員。

d0081819_0443094.jpg原告たちにエールを送る菅直人議員。後ろに立っているのが山井議員。

菅議員は、「(私が厚生労働大臣だったときには)大臣の部屋からは、ここがよく見えた。柳澤大臣も見ているんじゃないかと思う。」と述べ、座り込みをする原告たちを励ますとともに、「裁判に負けても、裁判所に任せていることからして、行政の仕事をしていない。被害者の声を聞かないのは民主主義に反する。」と述べ、現在の政府の対応を批判しました。

d0081819_0454526.jpg
原告たちと並んで。


都知事候補の浅野史郎さん、黒川紀章さんもおいでになりました。

d0081819_0472798.jpg黒川候補

d0081819_0481637.jpg浅野候補です。夕方にお越しいただいたので、画像が暗くてごめんなさい。


原告たちは、政治家の皆さんからの応援のエール、支援者のサポートを受けつつ、一丸となって頑張っています。
通りをはさんで筋向かいある厚生労働省に向かって、抗議の声をあげています。
柳澤伯夫厚生労働大臣、聞いているのか?!原告たちの願いを!!
かえせ!生命を。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-29 18:30 | 東京から
座り込み2日目@霞ヶ関の厚生労働省前現場から
今現在、座り込み進行中です。
今日も日差しが強い中、原告たちは、厚生労働省に対する抗議に頑張っています。

建築家の黒川紀章さんがちょうど今現場に応援にかけつけていただき、
被害者たちにエールを送って下さっていました!!

昨日は、吉田万三さん(共産党)がお越しいただき、本日夕方(18時30分くらい)、浅野史郎さんにおいでいただきます。
また、菅直人さん(民主党)も、13時30分くらいにいらっしゃるそうです。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-29 12:49 | 東京から
かえせ!生命を~座り込み初日
d0081819_8441780.jpg 本日、座り込み第1日目を敢行しました。

 当初予定よりも数多くの原告が参加し、スタート時も多くのマスコミが取材に来ました。そして、浅倉美津子さんをはじめ、多くの原告が、被害・厚労省への怒りをぶつけていました。

 原爆症などとも連携がとれました。国会議員も多数来ました。新聞も夕刊ですが全紙出ました。夜には現場からの生中継も2局ありました(フジテレビのニュースJAPAN、日本テレビのZERO)。

 しかし、厚生労働大臣は、依然として、木で鼻をくくったような(役人作成の)回答をしています。

 明日以降も、座り込みを続けます。

(東京弁護団・中川)

d0081819_845165.jpg


d0081819_8455257.jpg厚生労働大臣に対して抗議をする東京原告18番浅倉美津子さん。


d0081819_847918.jpg応援にかけつけてくれた民主党の山井和則議員と座り込みを取材をする多数のメディア。


d0081819_85032.jpg
座り込みをする原告たち。

d0081819_8565719.jpg夜の報道番組の生中継前に、報道関係者と打ち合わせをする東京原告18番浅倉美津子さん。


 以下は、夕方以降の座り込みと生中継の様子です(写真提供=支援者のおかやまさん)。 原告たちは、互いの体調を気遣いながら、しかし、報道を通じて多くの国民に訴えていきたいという思いから、座り込みを続けました。

d0081819_9123086.jpg

d0081819_9131533.jpg

d0081819_9134687.jpg

d0081819_914977.jpg




朝日新聞  薬害訴訟の原告100人が、抗議の座り込み 厚労省前
TBS “薬害”肝炎…抗議の座り込み
テレビ朝日 薬害肝炎患者らが厚労省前で無期限座り込み
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-28 23:30 | 東京から
薬害肝炎原告の抗議の座り込み、明日から決行!
d0081819_2223666.jpg


 薬害肝炎原告団は、大阪訴訟、福岡訴訟、東京訴訟の3判決にもかかわらず、「薬害肝炎の全面解決」という原告団の要求に背を向け続ける厚生労働省に対し、抗議行動として座り込みをすることを決定いたしました。
 多くの方々に応援いただくとともに、参加していただければ幸いです。

 感染から約20年、提訴から4年7か月、その間、病気と裁判を闘ってきた薬害肝炎被害者への応援メッセージ・カンパをお願いいたします。

【カンパ】 郵便振替 00120-2-758602 薬害肝炎原告団
【応援FAX】  03-5363-0139
【応援メール】 suwarikomi@gmail.com

【連絡先】 薬害肝炎訴訟「かえせ!生命を」座り込み実行委員会
       TEL 03-5363-0138 
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-27 17:30 | 東京から