薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
鎌田慧さんからのハンカチ
d0081819_1914532.jpg


薬害肝炎はけっして他人事ではありません。
訴訟は薬剤の安全性と求めるものとして
支持します。
鎌田 慧

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-20 00:00 | 東京から
薬害肝炎仙台訴訟の結審
 今週の月曜日4月16日に仙台訴訟が結審しました。
 仙台弁護団の増田弁護士からの報告です。

 4月16日、仙台地方裁判所でも、結審致しました。
 判決日は、追って指定。但し、裁判所は、判決日については6月下旬頃に、当事者に知らせるということになりました。

 仙台地方裁判所の最終弁論は、原告2人の陳述と、鈴木代表の意見陳述、および増田がパワーポイントで6名の原告のプロフィールおよびフィブリノゲンの1964年責任、第9因子製剤1980年責任を論じました。

 原告番号2番-実名原告小松さん(裁判中に亡くなられた小松忠雄さん遺族)-は、法廷に遺影を持ち込んで陳述。期日後も遺影を前に会見したので、各紙で写真入りの報道をしました。また2人の原告の意見陳述について各紙で取り上げて報道しています。

 ところで、被告国が18頁にわたる意見陳述を行ないましたが、重篤性を争う部分の意見陳述が「被害者の気持ちを逆なでする」との批判が、傍聴者からも出ています。

 その箇所は、インターフェロンの効果について所々論じたあげく、「仮に肝がんが発症したとしても、消して治療が不可能なものではない」「精度の高い画像診断や高感度の腫瘍マーカー検査等により、早期にがんを発見することが可能となり、また、新しい肝がんの治療方法の開発などにより、肝がん発症後の延命期間は飛躍的に延びている」という、くだりです。

(仙台弁護団・増田祥)

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-16 00:00 | 仙台から
訴訟説明会のご案内
 大阪地方裁判所、福岡地方裁判所に続き、本年3月23日、東京地方裁判所で薬害肝炎訴訟の判決が言い渡され、国と製薬企業の責任が三度認められました。

 この薬害は、1970年代から80年代にかけて、全国で被害が広まっていたと考えられ、製薬企業の試算でも、フィブリノゲンによって肝炎に感染した被害者は1万人にのぼります。
 しかし、本人が被害に遭ったことに気づいていない等の理由から、これまで訴訟に参加している被害者(原告)は全国でわずかに162名にすぎません。

 そこで、薬害肝炎東京弁護団では、下記の要領で訴訟説明会を開催することといたしました。この訴訟説明会では、ご来場いただいた方に対し、訴訟・判決の概要を説明させていただいたうえで、弁護士による個別相談を実施する予定です。

 血液製剤を使用された可能性があるとお考えの方、感染経路がわからない方、訴訟について質問をお持ちの方は、是非、ご参加いただきますようお願い致します。

日時: 4月8日(日)午後1時(開場)~3時
場所: TKP東京駅大会議室
住所: 東京都中央区八重洲1-3-22さくら呉服橋ビル9階


【アクセス】 東京駅八重洲北口から徒歩2分
       東京メトロ 東西線・銀座線・都営浅草線 日本橋駅A3出口から徒歩1分
       東京メトロ 丸ノ内線・千代田線・半蔵門線 大手町駅から徒歩5分


※ 当時の診療録、手術記録、分娩記録、母子手帳、レセプト等の関係資料をお手元にお持ちの方はご持参ください。
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-08 00:00 | 東京から
講談師 神田紅さんからのハンカチ
d0081819_063030.jpg


近親者がC型と闘っています
あみだくじに当たったようなものと云われて・・・
もし自分だったらどうしますか
明日は、我が身の問題。
せめて手厚い救済を。
日本は福祉国家じゃないのかな!?

講談師 神田 紅

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-07 00:00 | 東京から
控訴にあたっての声明
                                  薬害肝炎東京原告団
                                  薬害肝炎東京弁護団

 3月23日に言渡された東京地方裁判所(民事第45部)の判決に対して、本日、すべての原告について控訴手続きを行いました。

 この訴訟は、血液製剤による肝炎感染被害について国及び製薬3社の法的加害責任を明確にし、原告らの被害回復とウィルス性肝炎患者の治療体制の確立等を目的として提起されました。
 そして、大阪地裁判決(2006年6月21日)、福岡地裁判決(2006年8月30日)、今般の東京地裁判決と、三度被告国と被告製薬企業の法的加害責任が明確にされました。特に、本件被害は医薬品の安全性の観点のみならず、感染症対策の側面からみても、国の責務怠慢の結果であることは明らかです。

 それにもかかわらず、被告らは判決が断罪した法的責任を受け入れず、原告らの被害回復や肝炎治療体制の確立への努力を怠り続け、いたずらに控訴をくり返しています。
 このような被告らの行動に強く抗議をするとともに、原告団は本訴訟の目的達成のため、本件判決に対し控訴することにしました。

 いま、一方で60万人を超える慢性肝炎患者のうち、わずか8%しかインターフェロン療法がうけられていないと言われています。他方、年間45,000人もの人々が肝硬変・肝癌で死亡し、そのほとんどがウィルス性肝炎によるものとされています。毎日100人以上がウィルス性肝炎に対する適切な治療を受けられないまま、肝硬変・肝癌で死亡しているのです。

 この10年に及ぶ費用効果分析研究において、“慢性肝炎患者に対するインターフェロン治療体制が確立すれば、3兆円の医療費削減が見込まれる”と試算されていることを知りながら、国は治療体制確立のための医療費助成をあえて拒み続けているのです。

 被告らにおいては、控訴審においていたずらに法的責任を争うのではなく、本件事案の全面解決のための努力を開始することが求められています。

 とりわけ被告国においては、官僚の意見に振り回されず、政府・厚生労働省及び与党が協力して、全面解決に向けた政治的決断を明確にして、具体的行動に着手すべきです。
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-05 15:00 | 薬害肝炎資料室
桜井よしこさんの薬害肝炎に関するオピニオン
 桜井よしこさんが、週刊ダイヤモンド2007年4月7日号155頁(オピニオン縦横無尽)で、薬害肝炎訴訟に関する記事を書いておられます。以下、一部引用します。

薬害肝炎訴訟で司法が裁いた国の責任
無意味な控訴は避け早期の政治決着を


弁護団は、柳澤伯夫厚生大臣に面会を申し入れたが、3月28日現在、大臣は面会に応ずる気配もない。国会答弁では「控訴断念はありえない」とも延べ、強行姿勢だ。

右の姿勢の背景には、責任を認めたくない厚労官僚群に加えて、責任を認めた場合の歳出増加を嫌う財務官僚の存在がある。彼らは、あらたに国が負担する医療費は一兆円規模だと主張する。

だが、考えてもみよ。200万人を超える肝炎患者は徐々に死亡しつつある。その彼らの多くは、IF治療の早期開始によって確実に救われる。また、前述のように、長期的に三兆円が節約できる。どう考えても安倍晋三首相の政治決断が必要なときではないのか。


控訴はされてしまいましたが、大変心強いご意見です。
桜井さんは、薬害肝炎大阪判決の直後にも、「国は薬害肝炎判決を受け入れよ」と題する記事を書いておられます。

また、薬害肝炎原告団の座り込み1日目にも、座り込み会場を訪れ、原告たちを応援してくれました(その様子は、薬害肝炎全国弁護団のホームページに掲載されています。)。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-05 00:00 | 東京から
「かえせ!生命を」座り込み によって勝ち取ったもの
 原告、そして、現場を支えてくれた、支援者・弁護団の皆さん、本当にご苦労様でした。原告たちの命をかけた闘いが、重くて厚くて堅い国の扉を開けました。

 大阪、福岡そして東京と三度国の責任を断罪する判決を勝ち取っても、厚生労働省は、非を認めず、大臣は、「訴訟外で会うことは混乱を招く」と言って、面談を拒否し、被害者である原告たちの声さえ聞こうとはしませんでした。
 20年以上も放置され、3つも勝訴判決を勝ち取っても閉ざされたままの扉。このような国の姿勢によって、原告たちは身も心もずたずたに傷付けられました。
 絶望の淵に立たされた原告たちの叫び、これが、「かえせ!生命を」の座り込みだったのです。

 この行動によって、原弁支のより強固な絆が造られました。そして、この絆が、重くて厚くて堅い扉をこじ開けたのです。
 しかし、私たちの本当の闘いは、これからです。開かれた扉の先にあるのは、まだまだ大きな山であり谷です。こうした困難を、絆を、より強固に、より太くしていくことで、乗り越えていくのです。
 私たちなら、出来ます!何よりも大切な「絆」を勝ち取ったのですから。

 私たちの目標は、2つです。
 1.薬害肝炎の全面解決
 2.すべてのウイルス性肝炎患者への治療支援

 薬害肝炎の責任を真摯に受け止める姿勢なくしては、すべてのウイルス性肝炎患者への治療支援は実現されません。
 私たちは、この2つの目標は、切り離せるものではなく、表裏一体の解決課題であると確信しています。
 今後とも熱くて暖かいご支援をお願いします。私たち、弁護団は、頭も、体も、心もすべてフル回転させて、全面解決に取り組みます。

(薬害肝炎大阪弁護団事務局長・山西美明)
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-04 00:00 | 大阪から
「雨上がりの風」が吹いて
 昨年の夏の陣(大阪判決・福岡判決)から歩みを止めることなく、東京判決まで突っ走ってきた。三度目の判決では、ホップ・ステップ・ジャンプできるものと期待しながら。そして、過去に厚労大臣との面談拒否という苦い仕打ちを二度受けても、僅かな望みながらも今度こそはと。

 私たちは、みたび勝訴判決という武器を手にして不退転の決意で臨んだ座り込みではあったが、柳沢厚生労働大臣の不誠実な態度に、胸中は土砂降りの涙が流れていた。3日目の朝、日比谷公園にも強い雨が降った。マイクを握る私たちを容赦なく濡らした後、暖かい日が差し始めた。

 来週も座り込み続行か、はたまた首相官邸強行突破かと覚悟を固めていた頃(午後4時過ぎ)、遂に風が吹いた。
 この追い風に乗って、全面解決という目標を獲得するまで走り続けなければいけない。

 闘いはまだまだ続けばゴールまで 手繰り寄せたし春をわれらに

 そして弁護団の先生方、お疲れ様でした。
 とりわけ東京弁護団の先生方、判決前から東京行動の手配りや気配りは大変だったことと思います。何せ、全国から多くの原・弁・支が東京に集結するのですから、マスコミや世間の目も東京に集注しました。
 これまでの4年半、弁護団の先生方を信頼して闘ってきたからこそ、私たち原告団もやっと心地よい風にあたることができました。ありがとうございます。

 これからは、全国の原・弁・支が更に一丸となって闘う時がきました。ゴールまで、原告団の伴走をよろしくお願いします。

(薬害肝炎全国原告団代表 山口美智子)

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-03 00:00 | 東京から
恒久対策・インターフェロン療法に対する助成要求
        ~IFN療法による医療経済効果について~

                                  薬害肝炎全国弁護団
                                  代表弁護士 鈴木 利廣

第1 はじめに(薬害肝炎訴訟との関係性)

 薬害肝炎訴訟大阪判決は、国の法的責任を認めるとともに、法的責任が認められない範囲においても、国の医薬品行政が極めて杜撰であることを認めた。また、東京判決は、国は既に1983年末頃からC型(非A非B型)肝炎の予後が悪い旨認識していた(にも拘らず十分な対策をとらなかった)ことを認めた。

 したがって、国は、全てのウイルス性肝炎患者に対して法的責任があるとまでは言えなくとも、一般的に国民に対して負っている「生命・健康・安全確保義務」以上に、肝炎治療対策を積極的に施行する義務があると考えられる。

 そして、過去の薬害エイズ事件においては、薬害被害者との和解を契機に、HIV感染症患者全体に対する医療・福祉体制が画期的に進んだのである。薬害肝炎訴訟において国の責任が3度(漏れなく)認められた上、C型肝炎の重篤性が認定された今、国による治療体制の確立、特にIFN投与に対する(費用)支援体制が論じられるべきは当然である。

第2 費用の観点から

【続きを読む・・・】
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-02 00:00 | 薬害肝炎資料室
新潟支援の会~判決報告集会
 4月1日の午後2時から新潟市の関屋大川前4区自治会館で新潟支援の会の判決報告集会が開催され、弁護団からは私と鮎京が参加してきました。

 集会の参加者は20数名、原告は平井さん、山本さんほか合計3名、マスコミも新潟日報、NHK新潟、新潟テレビ21、朝日新聞新潟総局(新顔)が来てました。あと、支援の会副会長で新潟大学法科大学院の神戸秀彦教授(公害環境法)もこの日は来られていて、ご挨拶できました。

 東京判決では実名原告の平井さん、山本さんを含め、新潟原告は残念ながら全員請求棄却だったので、支援の会も意気消沈しているのではないかと心配していたのですが、かえって支援のみなさんの原告を励まそうという気持ちが強く感じられ、引き締まった雰囲気でした。

 集会では、会長の曽川さんのご挨拶の後、まず事務局長からこの間の活動が報告され、2、3月の3回の街頭宣伝で署名365筆、カンパ5万円が集まったことなどが紹介されました。
 その後、弁護団から判決の意義と問題点、判決後の座り込み闘争の成果と今後の解決の展望等を報告しました。原告3名は、それぞれ判決に対するくやしい気持ちと今後の決意を語りました。

 その後の懇談では、どのように今後運動したらいいかとか、署名用紙は独自に作って集めていいかといった積極的な質問が出て、なごやかに議論しました。新潟では判決前後で連日テレビ報道がされていて、平井さんは「ちょっとした芸能人よりも有名」なんだそうです。

 当面の活動としては、4月8日に街頭宣伝に取り組むほか、5月の連休明けころには平井さんの友人たちで訴訟支援の「楽しいオヤジバンド・ライブ」を計画しているそうです。地元のオヤジバンドを結集して、ステージカーで野外コンサートをやるとか。けっこう大規模な企画です。

 このように新潟原告・支援は元気です。私たちも逆に励まされた感じで帰ってきました。

(東京弁護団・中西)
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-01 00:00 | 東京から