薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
茨城、神奈川でも、薬害肝炎支援の会設立!
支援の会からお知らせが来ました。

■ 薬害肝炎訴訟を支える会・茨城 ■
■ 立ち上げ準備会のお知らせ   ■


 薬害肝炎訴訟の支援の輪が全国に拡がっています。今年2月に九州、関西をは
じめ全国16の各地支える会が結集して薬害肝炎訴訟を支える会・全国ネットが
立ち上がりました。また、関東では、昨年、新潟、千葉と地域の支える会が立ち
上がりました。今、原告さんを中心に茨城県でも支える会・茨城の立ち上げを準
備しています。次の通り準備会を行ないますので是非ご参加下さい。
 支える会・茨城では訴訟支援と共に、ウイルス性肝炎に対する正しい理解を多
くの方へ呼びかけて行きたいと考えております。皆さまのご参加をお待ちしてい
ます!

日時:6月16日(土)午後1時~4時30分
場所:つくばインフォメーションセンター3階 中会議室
    茨城県つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル内
    TEL:029-852-6789
※つくばエクスプレスつくば駅徒歩3分

<薬害肝炎訴訟とは>
 主に80年代、出産時・新生児の時の出血・大手術等で、止血剤として使われ
ていた血液製剤フィブリノゲン、第Ⅸ因子製剤によって何十万人もの患者がC型
肝炎に感染しました。薬を売り続けた製薬会社と、対策をとらずに放置し続けた
国を被告として、薬害肝炎訴訟が全国で闘われています。昨年は大阪、福岡地方
裁判所で国と製薬企業の責任を認める判決が出ました。今年3月23日には東京
地方裁判所でも国と製薬企業の責任を認める判決が出ました。私たちはこの判決
を力として、原告を含めるすべての肝炎患者の全面救済を求めています。

そして、7月29日
薬害肝炎訴訟を支える会・茨城設立予定!

(準備会に関するお問合せは)
******************
薬害肝炎訴訟を支援する会・東京
(事務局)オアシス法律事務所
〒160-0022 
東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
TEL:03-5363-0138 FAX:03-5363-0139


──────────────────────――
薬害肝炎訴訟を支援する会・神奈川が設立されます!
──────────────────────――
□■2007年6月17日(日) ■□

街頭宣伝 11時~12時 川崎駅周辺にて
設立集会 13時~15時 ミューザ川崎シンフォニーホール・会議室2

  薬害肝炎訴訟の支援の輪が全国に拡がっています。今年2月に九州、関西
 をはじめ全国16の各地支える会が結集して薬害肝炎訴訟を支える会・全国
 ネットが立ち上がりました。また、関東では昨年、新潟、千葉と地域の支え
 る会が立ち上がりました。
  そして今回、原告を中心に「支援する会・神奈川」を立ち上げる事になり
 ました。薬害肝炎全面解決に向け、ぜひ皆さまのご参加をお待ちしています。

──────────────
当日は、薬害肝炎訴訟の解説、   
原告からのお話、お越し頂いた方   
との懇談会等を予定しています!   
ぜひご参加下さい。     
──────────────

 ミューザ川崎シンフォニーホール
  神奈川県川崎市幸区大宮町1310
   JR川崎駅 下車徒歩3分
   京急川崎駅下車徒歩8分

【問い合わせ】薬害肝炎訴訟を支援する会・東京
 東京都新宿区新宿1-24-2 長井ビル3階 オアシス法律事務所内
 TEL 03-5363-0138 FAX 03-5363-0139

[PR]
by kanen-relay | 2007-05-30 00:00 | 東京から
東京地裁・第2陣の次回期日
東京地裁の第2陣の次回期日は、以下のとおりです。

  2007年7月17日(火) 13時30分~
  東京地方裁判所 1階 第103号法廷


原告被害者側が、1時間程度、意見ないし主張の陳述を行う予定です。
詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

ところで、東京地裁の担当部である民事45部の裁判官の構成が変わりました。
新しい構成は、白石哲裁判長、吉村美夏子裁判官(右陪席、傍聴席から見て左側)、佐野文規裁判官(左陪席、傍聴席から見て右側)です。

支援者のみなさん、ぜひ傍聴にいらして下さい。
[PR]
by kanen-relay | 2007-05-29 00:00 | 裁判日程・イベント
5月24日ダイイン決行!
d0081819_15563717.jpg 5月24日木曜日、厚生労働省前の日比谷公園かもめの広場で、肝炎患者さんたちによるダイインが実行されました。ダイインとは、いわゆる「死んだふり」で、不当な死に対する抗議行動として行なわれるものです。

 平成16年の肝硬変・肝ガンでの死亡者数は4万3660人にも上りました。一日あたり、120名の患者さんが肝硬変・肝ガンにより死亡していることになります。 ウィルス性肝炎のほとんどが医原性の感染によるものですし、感染後の治療体制もインターフェロンの保険適用が制限されていたりと、十分な体制が取られていませんでした。

 もし国がもっとウィルス性肝炎の感染を防ぐための手だてをきちんと取り、患者が感染後に十分な治療が受けられるよう体制を取っていたら、きっとこのような多数の肝硬変・肝ガンによる死亡者を出すことにはならなかったでしょう。

 このような国の無策による多数の死者に対する抗議として、ダイインが決行されたのです。ほとんどの患者さんがダイインは初めてであったと思いますが、皆さんとまどいながらも、楽しんでダイインに参加してくださいました。

 今回のダイイン抗議活動を、厚労大臣及び厚労省が真摯に受け止め、今後肝炎対策の拡充に努めてくれることを期待します。

(東京弁護団・武田)

d0081819_15562395.jpg


写真提供=支援者のおかやまさん
[PR]
by kanen-relay | 2007-05-24 00:00 | 東京から