薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
薬害肝炎仙台訴訟 判決期日が決まりました
薬害肝炎仙台訴訟の判決言渡期日が決定しました。
多くの皆さまの傍聴とご支援をよろしくお願い申し上げます。

日時 2007年9月7日(金)午前10時
場所 仙台地方裁判所1階101号法廷



今夏は、7月31日(火)には名古屋判決が出ますので、薬害肝炎の判決でサンドイッチされた夏休みです!
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-30 00:00 | 仙台から
薬害肝炎全国原告団からのお礼
                              2007年6月27日

各 位

      薬害肝炎「もう待てない!総理決断要求行動」参加の
                     お礼

                              薬害肝炎全国原告団
                               代表 山口 美智子

 25日、北海道から沖縄の全国各地から首相官邸前にお集まりいただいた皆さま、本当にお疲れ様でした。

 当日、首相官邸で官房長官に会うところまでこぎつけたことを聞かれたとき、そして、私と鈴木利廣弁護団代表が官邸から出てくるのをずっと待ち続けていたとき、どんなにか期待をふくらませておられたことでしょう。

 しかし、官邸はわれわれの要請に応えようとせず、薬害肝炎訴訟の解決について明言を避けました。皆さまを失望させる報告となったこと、どうぞお許しください。そして小雨の降る中をずっと待ったあげくの解散ではどんなにかご不満であったことと察します。原告一同、無念と同時に、応援に駆け付けてくださった支援の皆さまに顔向けができない思いで一杯です。皆さまに報告したあの瞬間、原告代表として私は、針のむしろに座らせられているかのようで死にたいぐらいの精神状態でした。しかし、私たち原告は、これまでも決死の覚悟で闘ってきたのです。これしきのことで逃げ出すわけにはいきません。

 原告団は、今後も忍耐忍耐で走り続けていくことを25日の最後に確認しました。とは言え、多くの原告は体力体調がおもわしくありません。病状が重篤な原告もいます。そういう中で今後も闘っていかなければなりません。これまで原告の思いを共有し共に闘っていただいた皆さま、これまで同様お力をおかしください。

 今回も、官邸から目に見える結果を得ることはできませんでしたが、多くの支援の皆さまに官邸前に集結していただいたことで、政府を少しずつ動かす大きなプレッシャーとなったことは間違いありません。本当にありがとうございました。

 皆さま、薬害肝炎問題の早期全面解決に向けて、今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by kanen-relay | 2007-06-29 00:00 | 九州から
もう待てない!総理決断要求行動!!
6月25日、時折小雨が降りしきるなか、全国各地から約400人が首相官邸前に集まりました。
これは、3月30日に政府が与党一体となって肝炎問題の解決に取り組むことを約束したにもかかわらず、3ヶ月近く経った今でも目に見える進展が見られないことから、早期に解決に向けた取組をしてほしい、安倍総理にその決断をしてほしい、という再度の要請を行うためです。

1,自民党の中川政調会長との面談

13時15分、弁護団と原告団の代表6名が、自民党の中川昭一政調会長と面談しました。
面談のなかで、中川政調会長からは、党のプロジェクトチームに薬害肝炎問題を取り組ませる、という力強い言葉をもらうことができました。
また、面談をしているその場から塩崎官房長官に電話をかけ、「自民党でやる」ことを伝えてくれました。
短時間でしたが、実り多い面談となりました。

2,塩崎官房長官との面談

その後、13時45分過ぎに、全国弁護団代表の鈴木利廣弁護士と全国原告団代表の山口美智子さんが首相官邸に入りました。
参加者は、首相官邸の向かい側にある国会記者会前の歩道で待機し、交渉団の2人が出てくるのを待つことになりました。

この間に、民主党(仙石由人議員、山井和則議員、細野剛志議員)や社民党(阿部知子議員)の国会議員、そして薬害HIV訴訟原告の川田龍平さんが次々に応援に駆けつけて、激励や連帯の挨拶をしてくれました。

しかし、代表団の2人に対する塩崎官房長官からの返事は、政府を信じて待って欲しいというだけの、中身のないものでした。
険しい表情で官邸から出てきた山口さんは、「皆さんと目を合わせることができません。何か一つでも実現可能なことを具体的に言ってくださいと迫りましたが、自民党としても政府としても必ず取り組んでいくという言葉だけでした」と涙ながらに報告しました。

いまこの場で抗議の意思を表すべきではないかとの声も聞かれましたが、山口さんの「政府を信じていただくしかないという言葉をもう一度だけ信じてみようと思います」との言葉を受けて、支援者は報告集会に移動しました。

3,報告集会

その後日比谷公園内の「かもめの広場」で報告集会が開かれました。
東京、大阪、福岡等はもちろん、愛媛、滋賀、長野、熊本、京都、千葉等、裁判が係属している地域以外からの参加者も多く、運動の広がりが実感できる集会となりました。

4,今回の成果と今後求められること

残念ながら、今回は安倍総理の決断を得ることができませんでした。
しかし、自民党の政策決定責任者である中川政調会長が、解決に向けた取組みを約束したことは大きな成果です。
また、6月26日には、安倍総理が柳澤厚生労働大臣に「新たな措置を早急に協議し、訴訟問題についてもよく検討してくれ」と指示したとの報道もなされています。

短期間の取組であったにもかかわらず400人もの人々が首相官邸前に集まったことが、これらの成果を引き出す大きな力になったことは間違いありません。
直接的な抗議の行動をしていなくても、首相官邸近くに私たちがつくった長蛇の列は、政府・与党に強いインパクトを与えたことでしょう。

より幅広い人々がこの問題に対する政府や与党の動きに注目する状況を作り出すことこそが、解決を実現する最大の保証です。
7月13日に大阪高裁で開かれる期日が最初の大きな節目となります。

多彩な取組を各地で広げていきましょう!!

(東京弁護団・田中)
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-27 00:00 | 東京から
6・25行動をめぐる報道
朝日新聞
官房長官、C型肝炎訴訟原告団と面会 早期の対策を約束
塩崎官房長官は25日、官邸で薬害C型肝炎訴訟の原告団と面会し、早期にウイルス性肝炎対策を実現すると約束した。国の敗訴が続いている同訴訟について、原告団は和解協議につくよう要求したが、塩崎氏は「それぞれの裁判判決の論理を整理したい」と述べるにとどめた。

読売新聞
薬害肝炎原告団と官房長官が面会、政府の解決策示されず
薬害肝炎全国原告団と弁護団の代表が25日、首相官邸で塩崎官房長官と面会したが、政府の具体的な検討策は示されなかった。

薬害肝炎訴訟の解決策検討を指示…首相

毎日新聞
薬害C型肝炎訴訟 首相への直訴、空振りに失望…原告
薬害C型肝炎訴訟の原告が25日、裁判の一日も早い解決を安倍晋三首相に直訴しようと首相官邸を訪れたが、面会できなかった。代わりに塩崎恭久官房長官が応対したが、具体的な解決策は示されず、原告たちの間に失望が広がった。

<薬害C型肝炎訴訟>首相が抜本的な対策検討を厚労省に指示


<肝炎訴訟>現時点では和解に応じない意向 柳沢厚労相

日本経済新聞
薬害肝炎訴訟原告団、官房長官と面会「早期に救済策を」
薬害C型肝炎訴訟の原告団は25日、首相官邸で塩崎恭久官房長官に会い、救済策の早期策定を求める要望書を提出した。塩崎長官は「政府・与党でどんな対策を講じることができるか、結論が早期に出るよう真剣に検討している」と応じ、対策の取りまとめを急ぐ考えを示した。

安倍首相、薬害肝炎訴訟で早急な対応指示

時事通信
原告代表、官房長官と面談=和解視野に政治解決訴え-薬害C型肝炎訴訟
まずは肝炎対策に全力=安倍首相
「法律論の整理必要」=C型肝炎訴訟、首相指示に-柳沢厚労相

NHK
薬害肝炎訴訟 早期解決を要請

フジテレビ
薬害C型肝炎訴訟の原告ら、早期解決を安倍首相に直訴するため官邸訪問も面会できず  

TBS
薬害C型肝炎原告団、「全面解決」訴え
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-26 00:00 | 東京から
【6・25】 「もう待てない!」 総理決断要求行動
■■■  薬害肝炎訴訟
■■  6月25日(月)13時~ 首相官邸前
■  「もう待てない!」 総理決断要求行動


3月の東京地裁の勝訴判決を受け、薬害肝炎訴訟の原告らは、早期全面解決を求めて、3日間の座り込みを行いました。

その結果、下村官房副長官が安倍首相宛ての要望書を受け取り、安倍首相の言葉として聞いて欲しいと断った上で、「政府と与党が一体となって、薬害肝炎問題の解決に取り組む」と約束していただきました。

しかし、3か月経過しましたが、いまだ解決策は示されていません。
むしろ、与党・自民党は、原告らの被害の声すら聞こうとせず、裁判では、依然として、争い続けています。
この間、原告の病状は日々悪化しています。
肝硬変に苦しみながら裁判を闘い続けてきた九州原告は、解決に手が届かないまま亡くなられました。

もう、時間がありません。もう、待っていられません。
その思いから、原告らは、全国から結集して首相官邸に赴き、直接、安倍総理に決断を求めることにしました。
ハンセン病国賠訴訟の控訴断念行動以来の、官邸前行動です。
弁護団も支援者もこれをサポートすべく、全国から結集します。

安倍総理に決断を求めるには、多くの人の声が必要です。
原告がこの行動をやり遂げるにも、多くの人の支えが必要です。
一人でも多くの人にご参加いただけますよう、心よりお願いいたします。

【スケジュール】
2007年6月25日(月)
  13:00      日比谷公園「かもめの広場」集合
  13:30      首相官邸へ向けて移動
  14:00      薬害肝炎訴訟原告による総理決断要求行動
    ~総理面談・決断まで


【問い合わせ先】
東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
オアシス法律事務所内 
TEL 03-5363-0138
FAX 03-5363-0139
薬害肝炎訴訟を支援する会・東京
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-22 00:00 | 裁判日程・イベント
薬害肝炎解決のための再要請書
                               平成19年6月19日

            薬害肝炎解決のための再要請書

内閣総理大臣
安 倍 晋 三  殿

                      薬害肝炎全国原告団
                       代表   山 口 美智子
                      薬害肝炎全国弁護団
                       代表   鈴 木 利 廣
         

 私たちは、本年3月30日、薬害肝炎問題の解決に向けた政治決断のための要請をさせて頂きました。
 そして当日、内閣総理大臣の代理として、下村内閣副官房長官に対し要請書提出した折に、「政府・与党一体となった今後の努力」をお約束頂き、私たちは政府のこの対応を信頼することで、3月28日からの厚労省前の「座り込み行動」を解除しました。
 それから昨日まで、80日間が経過しました。

 この間、与党・自民党は、再三の要請にもかかわらず原告団のヒアリングも実施せず、薬害肝炎問題解決のための施策も不透明のままです。むしろ与党プロジェクトチームにおいては、薬害肝炎訴訟への対応はしないとの方針であるとも伝えられています。

 他方、薬害肝炎訴訟を担当する大阪高等裁判所は、この問題を訴訟上の和解によって解決することが望ましいとの立場を明らかにして、被告国に和解解決の打診をしましたが、被告国の訴訟担当者は、柳沢厚生労働大臣への報告もないまま拒否回答を行いました。

 この間にも、九州原告団のおひとりが肝硬変で苦しみながら亡くなりました。いつ肝硬変・肝癌で死ぬのか、肝硬変・肝癌に移行してしまうのではないか、慢性肝炎に進展したら……、と不安な毎日を送りながら、この80日間を一日千秋の思いで待ち続けてきました。私たちには、もうこれ以上待ち続けることはできません。

 内閣総理大臣におかれましては、薬害肝炎問題の全面解決のための政治決断をされますよう、改めて要請する次第です。

 ご面談のうえ、お考えをお聞きいたしたく、来る6月25日(火)、全国原告団は首相官邸にお伺いいたします。
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-19 00:00 | 薬害肝炎資料室
オヤジバンド!@薬害肝炎新潟支援の会
7/29の11時から15時まで、オヤジバンド(東京訴訟実名原告の平井さんたちのバンド)による薬害肝炎支援チャリティーライブが、河川敷でステージカーを使用して行われます。
ご都合のつく方は、新潟までおでかけになりませんか!
(私たち@新潟班は、もちろん行きます)
d0081819_1924156.jpg

(東京弁護団・鮎京)

新潟ふるさと村、ときめき橋周辺の詳しい地図はこちらから
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-08 00:00 | 裁判日程・イベント
返せいのちを!6/4厚労省抗議行動!
6月4日午後0時~1時30分、厚労省前で、全国の原告約20名と弁護団支援者あわせて約50名が抗議行動を行いました。

d0081819_1858043.jpgまず、薬害根絶誓いの碑の前にみんなで行き、山西弁護士より薬害エイズ和解後建立した碑の由来の説明を受け、すでに亡くなった薬害肝炎の原告被害者4名と、毎日120名亡くなっている肝炎患者に対し黙祷をしました。

続いて、厚労省正門前に戻り、参加原告全員が、座り込み後も解決していないこと、肝炎患者、そして原告被害者が次々と亡くなっていること、原告が死の恐怖と対面していることなどを口々に訴え厚労省に抗議しました。

d0081819_1858822.jpg抗議のあとは、厚労省前から日比谷公園の歩道までぐるっと「抗議ウオーキング(デモでも、パレードでもありません)」。抗議のパネルなどをめいめいが持って、「返せいのちを!」などと言いながら歩きました。

この日は公害総行動のデモが同時間帯に日比谷公園霞門から環境省(厚労省と同じ建物)をぐるっと回って日比谷公園カモメの広場までおこなわれるという騒然とした雰囲気でした。

(東京弁護団・小松)

写真提供=支援者のおかやまさん
写真上:九州原告の小林さん、写真下:東京原告の浅倉さん
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-04 00:00 | 東京から
5月29日の東京地裁第2陣期日
5月29日、東京地方裁判所において裁判期日が行われました。

当日は、午前9時30分より地裁正門前で裁判前集会を行いました。何人もの原告・支援者・学生さんが集合し、この裁判にかける想いを語り、傍聴を呼びかけました。

午前10時から、103号法廷において裁判が行われました。今回の裁判は、3月23日の東京判決後、はじめて行われるものです。今後、第2陣原告(東京判決で判決を受けなかった原告と、新規提訴者)について審理をしていくことなります。

今回の期日では、原告と弁護団より意見陳述を行いました。原告の意見陳述は、3月末に新規提訴した原告37番さんが行いました。彼女は第1子出産時にC型肝炎に感染しましたが、その後第2子を出産、その際、母子感染によってお子さんもC型肝炎に感染しました。お子さんはまだ10代、昨年感染が判明したばかりであり、今回原告38番として一緒に提訴しました。原告37番さんは、意見陳述のなか、お子さんの感染判明、その将来への不安に触れる段階になると、涙を抑えきれず、声を詰まらせながら語りました。弁護団からは、田中弁護士が本訴訟の意義、早期解決及び全面解決の必要性等を訴えました。

裁判後は、司法記者クラブで記者会見を行い、また裁判傍聴に来てくれた方々には弁護士会館で報告集会を行いました。報告集会の席上、原告さん達からは「原告37番さんの意見陳述に共感して涙が出てしまった」という声がいくつも聞かれました。原告の多くは、お母さんです。出産の際に止血剤を投与されてC型肝炎に感染し、その後に母子感染の不安をかかえながら次の出産をした方もいます。また、母子感染を心配するあまり、感染後の妊娠・出産をあきらめた方もいます。子を持つという喜びを断念せざるを得なかったのです。

現在、第1陣原告については東京高裁に係属、第2陣原告については東京地裁で審理が始まりましたが、原告団・弁護団は、早期全面解決を求め、抗議行動も活発に行う予定です。6月4日には亡くなった原告さん達の追悼の意を込めた抗議行動、6月25日にも抗議行動を行うことを予定しています。多くの皆さんの支援と参加をお願いいたします!

(東京弁護団・三枝)
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-01 00:00 | 東京から