薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
薬害肝炎ホットライン~名古屋判決後
 薬害肝炎弁護団では、7月31日午後2時に言い渡された薬害肝炎名古屋訴訟判決(フィブリノゲン製剤、第9因子製剤とも、国の責任を認めました)を踏まえ、下記要領で薬害肝炎ホットラインを実施いたします。


■平成19年7月31日名古屋判決後ホットライン

内容  :C型肝炎の患者さんに対し、血液製剤(フィブリノゲン製剤・第IX因子製剤)投薬の有無の確認方法、C型肝炎の検査方法などを、弁護士がアドバイスいたします(無料)。


○東京弁護団
   実施日時:8月1日(水)~8月3日(金) 午前10時~午後4時
   電話番号:03-3358-2110

○大阪弁護団
   実施日時:8月1日(水) 午前9時~午後6時
   電話番号:06-6315-9988

○九州弁護団
   実施日時:8月1日(水)~8月3日(金) 午前9時~午後6時
   電話番号:092-735-1193

○仙台弁護団
   実施日時:8月2日(木) 午前10時~午後3時
   電話番号:022-265-3677


■常設相談窓口
○東京弁護団への相談
    開通時間:平日(月~金) 午前10時~午後4時
    電話番号:03-3358-2110

○大阪弁護団への相談(全国共通)
   開通時間:平日(月~金) 午後0時~午後3時
   電話番号:06-6315-9988

○九州弁護団への相談
   開通時間:平日(月~金) 午前9時~午後6時
   電話番号:092-735-1193

 薬害肝炎訴訟の原告は現在全国で172名ですが、製薬企業が発表した血液製剤投与によるC型肝炎感染者数は少なくとも1万人以上(フィブリノゲン製剤のみ)とされています。

 C型肝炎感染に気付いていない患者、血液製剤の投与を受けた事実そのものを知らない患者、血液製剤を投与された心当たりがあっても投与の有無の確認方法を知らない患者など(薬害肝炎の潜在的被害者)が多数存在すると思われます。

 そこで、名古屋訴訟判決を期に、全国でホットラインを実施し、薬害肝炎の潜在的被害者に血液製剤投薬の有無の確認方法やC型肝炎の検査方法等をアドバイスするとともに、血液製剤による広汎な被害実態を明らかにすることで、国・製薬企業に対し薬害肝炎問題の早期全面解決を求めようと考えています。

[PR]
by kanen-relay | 2007-07-31 16:00 | 東京から
薬害肝炎名古屋地裁判決を受けての声明
                          2007年7月31日

       薬害肝炎名古屋地裁判決を受けての声明

                          薬害肝炎全国原告
                           代表 山口美智子
                          薬害肝炎全国弁護団
                           代表 鈴木 利廣


 本判決は、投与製剤の種類・時期を問わず、国と企業の法的加害責任を認め、全員救済への道を開いた画期的判決である。

 すなわち、本判決は、第Ⅸ因子製剤について初めて国の責任を断罪し、加えて両製剤について、責任時期を70年代に遡って認めたのである。

 厚生労働大臣は、大阪・福岡両判決の後、原告らとの面会を拒否し続け、東京判決の後に原告らが命をかけて実施した座り込みをも無視し、何ら薬害肝炎問題の解決を図ろうとしなかった。

 本判決により、本件各血液製剤によるC型肝炎感染被害が薬害であるとする司法判断は、全く揺るぎないものとなった以上、国と企業は、直ちにすべての被害者に謝罪し、薬害肝炎問題の全面解決に向けた協議を開始すべきである。

 これまで本訴訟を支援していただいた国民の皆様にも、本件の全面解決及び全ウイルス性肝炎患者の被害回復に、これまで以上のご支援をお願いする次第である。

                                       以 上

[PR]
by kanen-relay | 2007-07-31 14:30 | 薬害肝炎資料室
本日、薬害肝炎名古屋判決

勝訴!
国・三菱ウェルファーマ 四度断罪!
第9因子製剤 国にも勝訴!


d0081819_14182975.jpg


本日の名古屋判決では、
フィブリノゲン製剤、第9因子製剤とも、責任時期を1970年代に遡って、
国と製薬会社2社(三菱ウェルファーマ、日本製薬)の法的責任が認められました!


詳細は九州弁護団事務局長のブログをご覧下さい!

本日のニュースジャパン(フジテレビ)では、トップニュースでした
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-31 14:00 | 東京から
7月29日の新潟チャリティーライブ
以前の記事“オヤジバンド!@薬害肝炎新潟支援の会”でお知らせいたしましたが、7月29日は薬害肝炎新潟支援の会によるチャリティーライブの日です。

新潟方面の皆さま、参議院選挙の投票をした後は、ぜひライブにお越し下さい。
または、ライブに参加してから投票に行きましょう。

東京原告19番の平井要さんからのメッセージです。
 チャリティーライブの準備も着々と進んで支援の輪が広がり、早期解決に繋がるべく頑張っているところです。7月29日、日曜11時から3時、私のバンドは2時半頃からですが、できましたら11時のオープニングからおいでいただければ嬉しいです。

 新潟駅、万代口を下りて、路線バス案内を過ぎた所。案内で確認いただければ間違いないですが、その案内過ぎたバス停大野、白根行きふるさと村下車30分程です。当日は支援の会の他にボランティアもいるので、なるべく新潟駅まで迎えに行きたいと予定中です。

 運営費やポスター、チラシ等 大勢の人の手で このチャリティーライブが行われます。早期解決を願いどうぞ新潟に見に来て参加してください!

[PR]
by kanen-relay | 2007-07-27 00:00 | 東京から
薬害肝炎名古屋判決まであと6日
来週の火曜日、7月31日の午後、いよいよ薬害肝炎名古屋判決が言い渡されます。
大阪、福岡、東京に続く、全国4つ目の地裁判決となります。

当日の詳細につきましては、薬害肝炎名古屋訴訟のブログをご覧下さい。

■名古屋訴訟判決期日(第1陣原告)

○平成19年7月31日(火)午後2時
○名古屋地方裁判所(1階1号法廷)
(地下鉄・名城線「市役所」駅から徒歩5 分/鶴舞線・桜通線「丸の内」徒歩10 分)

*午後1時10分より、裁判所西側にて直前集会を行います。
*傍聴券抽選券配付は午後1時25分ころ、抽選は午後1時35分ころの予定です。
*午後2時過ぎには、裁判所西側にて、弁護団が旗によって判決結果を速報します。傍聴できなかった方は、裁判所西側にて速報をお待ち下さい。

■名古屋判決報告集会

○平成19年7月31日(火)午後3時~4時
○桜華会館4階松の間(裁判所南側。護国神社敷地内)

*弁護団が判決骨子をご説明します。

■お問い合わせ先
薬害肝炎名古屋弁護団(052-953-6011)

[PR]
by kanen-relay | 2007-07-25 00:00 | 裁判日程・イベント
東京地裁第2陣の期日報告
本日、東京地方裁判所にて、第二陣の口頭弁論期日が開かれ、原告ら及び被告国の意見陳述が行われました。

あいにく小雨が降っていましたが、弁論前集会には原告、弁護団のみならず、たくさんの支援者、学生のみなさんが来てくださいました。今日は、九州から原告団代表の山口美智子さんも駆けつけ、6月25日の官邸前行動とその前後の情勢、今日の東京地裁の弁論期日がとても重要であることなどをお話しされ、私たち東京原告団・弁護団に激励の言葉をいただきました。

午後1時30分から103号法廷で開かれた弁論期日は、3月23日の東京判決では判決の対象とならなかった第二陣原告の期日です。

まず、原告番号24番さんが、意見陳述をしました。24番さんは、初めてのお産のときに、急に出血してしまい、その時にフィブリノゲン製剤の投与を受け、肝炎に感染しました。残念ながら死産となってしまい、その深い哀しみの中、肝炎のため、日々新しい命の生まれる病院に入院し続けなければならなかったのです。その時のことを思い出し、抑えきれない思いに時に言葉を詰まらせながら、当時のことを語りました。それでも、最後には、被告代理人の方をしっかりと見つめ、過ちを認めて謝罪して欲しい、一日も早い解決を、と強く訴えました。

弁護団からは、石井、伊藤、松井、関口各弁護士及び後藤の5人が、非A非B型肝炎の予後の重篤性、フィブリノゲン製剤の危険性、フィブリノゲン製剤の有効性、フィブリノゲン製剤の有用性と被告らの責任、第Ⅸ因子複合体製剤の各論点について、3月23日の東京判決を踏まえ、原告らの主張の概要について意見陳述しました。
第一陣の裁判は、既に控訴審に移っており、7月初旬に控訴理由書を提出したところです。そこで、第二陣の新しい裁判官にも、その内容を理解してもらうために、意見陳述を行いました。

裁判後は、報告集会、記者会見、進行協議に分かれました。私は、進行協議期日に出席していたので、報告集会の詳細は直接はわかりませんが、懇親会での原告のみなさんのお話では、初めての傍聴だったという学生や支援者の方が大勢いらして、全員が今日の感想を述べてくれたそうです。新たな支援の輪が広がっていくことを期待しています。

今週末、7月22日(日)には、茨城にて「薬害肝炎訴訟を支援する会・茨城」が設立されます。関東では、東京、千葉、神奈川に続き4つめの支援の会です。ぜひ、設立集会にご参加下さい。どんどん支援の輪を広げていきましょう。
それに引き続き、31日(火)には名古屋地方裁判所で判決が言い渡されます。名古屋判決をきっかけにして、皆で全面解決に向けて新たな一歩を踏み出しましょう。

(東京弁護団・後藤)
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-17 00:00 | 東京から
薬害肝炎東京訴訟・7月17日期日のお知らせ
いつもご支援いただきありがとうございます。

7月17日に東京訴訟第2陣原告の弁論期日が行われます。
多くの方々の傍聴をお願いいたします。
当日のスケジュールをお知らせします。

【弁論前集会】12:50~ 裁判所前

【弁論】13:30~ 東京地方裁判所1階・103号法廷

○ 原告代理人意見陳述(約40分)
 本件の重要な争点について、その位置づけと主張の概要を代理人から意見陳述します。(担当弁護士: 石井 伊藤 松井 後藤 関口)

○ 原告番号24番意見陳述

○ 国意見陳述(約20分)
 国も同様に、本件の重要な争点について意見陳述を行います。

【報告集会】 15:00~(弁護士会館507ABC会議室)

(東京弁護団・福地)
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-15 17:00 | 裁判日程・イベント
Cの受難
最近出版・・・といっても、2007年2月に出版された書籍ですが、C型肝炎に関するおもしろい小説を読みました。辺見英「Cの受難」(新風舎、1700円)です。

書籍の帯によると、
C型肝炎、そのウイルスは長く体内に潜み、ある日、目を覚ます。
理不尽に奪われた150万患者の未来を、それぞれの手に取り戻すために―。
全世界に1億7000万人の感染者をもつ“静かな死病”
C型肝炎。新たな治療法と予防システムの構築に賭ける
女医・佳里陽子の苦闘を医療サスペンス!!

ということです。

・・・ですが、サスペンス!!というほど、不安をあおるような小説ではありません。肝炎専門医が主人公の小説で、小説としてふつうにおもしろく読んでいるうちに、C型肝炎の感染経路、肝硬変・肝がんにいたる病態、現在の治療法、肝がん発症の予防体制、新薬開発に向けての臨床試験など、ひととおり学べてしまいます。また、さまざまな肝炎患者、患者を取り巻く家族などの状況も描かれています。

難しい本はちょっと・・・という方でも、するする読めてしまうと思います。

毎日新聞の山形版によると、著者「辺見英」さんは、山形大学医学部の河田純男教授のペンネームだそうです。肝臓を専門とされる医師が著者というだけあって、なるほど、医療情報が豊富に盛り込まれているわけですね。

小説には、フィブリノゲン製剤により肝炎感染した患者(192ページなど)も登場し、薬害肝炎訴訟(226ページ)にも言及されています。そして、主人公の肝炎専門医や医局の医師たちが、薬害肝炎訴訟を熱心に取材する記者から、大阪判決について説明を受けるというシーンもあります(297ページ)。

このシーンを読むと、著者の方はきっと薬害肝炎被害者を応援してくれているんだなぁということを感じ、ちょっとうれしくなります。

みなさまも、ぜひ試しにお読み下さい。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-15 00:00 | 東京から