薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
仙台判決まであと7日
d0081819_1214288.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-08-31 10:01 | 仙台から
仙台判決期日のご案内
d0081819_12112397.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-08-31 10:00 | 仙台から
仙台判決の意義について
 大阪、福岡、東京、名古屋と続いた薬害肝炎地裁判決の「取り」として、9月7日(金)午前10時、仙台地裁判決の言渡が行われます。
 全国原告団と全国弁護団は、名古屋判決(7月31日)から仙台判決控訴期限(9月21日)までの53日間を、第5波全面解決行動に位置づけています。
 この間には2つの判決後行動があり、参院選後の政界状況を踏まえ、臨時国会も開催されます。
 臨時国会では、民主党が薬害肝炎問題解決のための法案を提出すると宣言しました。
 8月24日(金)には、一日「薬害根絶デー」行動があり、薬害被害者団体(薬被連)、実行委員会や各薬害訴訟支援グループ、薬害対策弁護士連絡会(薬弁連)の他、薬害肝炎全国原告団も予定の行動計画を実行します。
 仙台判決が、国・厚労省と被告製薬企業に責任を認めて謝罪させるための最後の決定的な武器です。
 司法が行政と企業の法的加害責任を何度認めても、被告らには反省のかけらもありません。最高裁まで争い、被害を放置し続ける被告らの姿勢に対し、正義と人権を実現する手だてはないのでしょうか。
 それでも、全国原告団は5度目の判決言渡に立ち会い、政府・厚労省や被告企業に抗議し、議会に要請する行動を行い続けます。
 多くの方々のご支援をお願いする次第です。

(薬害肝炎全国弁護団代表 鈴木利廣)

* 薬害肝炎訴訟を支援する会・東京ニュースより転載
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-10 00:00 | 東京から
8月7日 厚労大臣面談要請の回答期限
薬害肝炎全国原告団・弁護団は、8月1日、名古屋地裁の勝訴判決を受け、柳澤伯夫厚生労働大臣に対し、被害者原告との面談に応じるよう要請した。
大阪、福岡、東京の各地裁判決後の面談要請に続き、4度目である。
これまではいずれも、大臣のみならず、事務方も会わないの一辺倒であった。

しかし、今回、厚労省の対応は微妙な変化を見せた。
原告団・弁護団の前に、柳澤大臣から「みなさんの話をきくように」と指示を受けた黒川達夫大臣官房審議官(医薬担当)が出てきたのである。

もっとも、原告の願いは、大臣との面談である。
これまで門前払いを繰り返していた事務方から、突然「話をしてください」と言われても、「はい、そうですか」と話せるはずがない。
原告団・弁護団の想いを、大臣に届けようとせず握りつぶしてきた事務方を、いまさら信頼できようはずがない。
原告団・弁護団は、黒川審議官に改めて大臣との面談を要請し、7日までに回答するよう約束して別れたのが、2日のことである。


そして、回答期限の8月7日17時。
山口美智子原告団代表と鈴木利廣弁護団代表、その他弁護団数人が、厚労省2階会議室に招き入れられた。
対応したのは、今回も、黒川審議官ほかであった。

黒川審議官いわく、「先日うかがった話は、大臣にきちんと話した。
大臣は、みなさんがC型肝炎に罹患したことによる苦労は理解した、と言っていた。
また、大臣から、肝炎対策については、従来の延長線上でない新たな対策を検討するよう、訴訟については、法律論をよく整理するよう、指示を受けている。
そして、大臣から、事務方で原告の話をうかがうように指示された。
ただ、大臣面談については、大臣は、自分も組織をあずかる身として、裁判係属中の案件について、組織のトップの人間が会うのは難しい。
そのため、担当者によく話していただき、よく検討していきたいということである。」

つまりは、大臣面談はしない、肝炎対策は検討中、訴訟は法律論を整理中という、まったく中身のない、誠実さのかけらもない回答だった。

今回も、山口原告団代表は「私たち原告は待ったなしなんです」と訴えた。
それは、原告全員、そして肝炎患者全員の強い想いである。
厚労省は、いつまで引き延ばしを続けるのか。
控訴期限まであと1週間。厚労省の態度を変える動きを続けるしかない。

(東京弁護団・濱野)
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-08 00:00 | 東京から
今後の薬害肝炎の予定(8月~9月上旬)
8月 7日(火)       厚労省大臣面談要請の回答期限

8月 8日(水)14:30  民主党PTによるヒアリング

8月 9日(木)14:00  公明党PTによるヒアリング

8月24日(金)      薬害根絶デー
   10:30~11:15  有楽町マリオン前行動
   11:45~12:55  厚労省前リレートーク
   13:00~13:30  厚労省前庭・碑の前行動
   15:00~17:00  集会(日比谷高校星陵会館)
   17:30~18:30  赤坂見附宣伝

9月 3日(月)14:00 福岡高裁期日

9月 7日(金)10:00 薬害肝炎仙台地裁判決
         13:30 大阪地裁期日(原告本人尋問)

9月14日(金)13:30 大阪高裁期日
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-06 00:00 | 裁判日程・イベント
野党代表との面談&大臣面談申入に対する回答
 薬害肝炎名古屋判決から2日目、薬害肝炎原告団・弁護団は、野党各党の代表と面談し、薬害肝炎訴訟の早期全面解決に向けた取り組みに直ちに着手することを、政府に働きかけをするよう、要請しました。

d0081819_2351169.jpg 14時、衆議院第二議員会館にて、社会党の福島みずほ党首と面談しました。福島党首からは、薬害肝炎問題の早期全面解決に向けて、「厚生労働大臣に対し原告と面談するよう早急に働き掛ける」「野党として全力を尽す。一緒にがんばりましょう。」とのメッセージをいただきました。
 右の写真は、山口美智子原告団代表が、福島党首に、要請書を手渡ししているところです。

d0081819_231256100.jpg 15時30分、新党日本党本部にて、田中康夫代表と面談しました。
 田中代表は、長野県知事時代に、肝炎治療の補助の制度を設けた実績もあることから、肝炎問題に対する理解も深く、「党として全面的に応援する。やれることがあったら教えてほしい。」という力強い言葉がありました。肝炎患者に対する治療費補助による医療費削減効果について、大変興味を示されました。

 16時30分、民主党党本部にて、小沢一郎代表と面談しました。小沢代表とお会いするのは、本年3月30日に座り込み会場(日比谷公園かもめの広場)に来訪いただいて以来、2回目です。
 小沢代表は、原告たちの訴えに真摯に耳を傾けてくれました。そして、「国の対応が決まらずにグズグズしている間に多くの方々が亡くなってしまった」と述べ、今後の薬害肝炎問題の早期解決に向けて、「立法化を目指していきたい」「法案成立に向けて頑張っていきたい」との決意を明らかにされました。
d0081819_23314496.jpg
  

 下の写真は、東京原告の浅倉美津子さんの被害経験を聞いているときの小沢代表です。表情に注目です。

d0081819_23334635.jpg

d0081819_2334936.jpg


 参議院は、今回の選挙で民主党が第一党になりましたから、小沢代表から、秋の臨時国会に向けての法案提出の決意が語られたことは、大きな意義があることです。
 ちなみに、本日の小沢代表との面談は、ニュースにもなっています(会場はメディア関係者でいっぱいでした)。
  ↓↓↓
毎日新聞朝日新聞フジテレビ
民主党のホームページもご覧下さい。
d0081819_0442116.jpg



 17時、薬害肝炎原告団・弁護団の代表メンバーは、昨日要請書を提出した厚生労働大臣への面談要請に対する回答を聞くために、厚生労働省の中へ。

 その間、厚生労働省前では、原告団・弁護団・支援者たちが、厚生労働省に対する抗議行動を行いました。川田龍平議員も駆けつけて、原告らとともに、厚労省に対する抗議の声を上げてくれました。d0081819_2346599.jpg


 18時少し前、一様に険しい表情をした代表メンバーが、厚生労働省から出てきました。結局、本日もまた官僚だけの対応であり、厚生労働大臣との面談はできませんでした。それどころか、黒川達夫大臣官房審議官は、「原告の声を私が聞いて、大臣に伝える」と言うばかりで、大臣は面談してくれるのか?という原告団の問いに対しては、yes/noの回答すらしないという不誠実なものでした。

d0081819_034128.jpg 原告団・弁護団は、厚生労働大臣が原告団に面談するのかどうか、8月7日(火)までにきちんと回答するよう、再度要請しました。
 左の写真は、厚生労働省の不誠実な対応についてメディアと支援者に説明する山口原告団代表です。

 司法は、国を4度も断罪しています。厚生労働省は、この司法判断を真摯に受け止めて、誠意をもって被害者の声に耳を傾けるべきです。

(弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-02 23:00 | 東京から
厚労省前行動&報告集会のお知らせ
薬害肝炎原告団・弁護団は、7月31日に言い渡された薬害肝炎名古屋判決を踏まえ、以下の日程で、厚生労働省前の抗議行動と報告集会を行います。

薬害肝炎をご支援いただいている皆さま、東京の霞ヶ関にお集まり下さい!
そして、薬害肝炎被害者のご支援、肝炎問題の早期解決のために、被害者と一緒に、声を上げてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 8月2日(木)
   17時~ 厚労省前抗議行動
   18時~ 報告集会(弁護士会館5階・502号)


17時からの厚生労働省前の抗議行動には、今回の参院選で初当選された川田龍平議員も、「議員としての初行動」として、駆けつけて下さるとのことです!

薬害肝炎原告団・弁護団は、この8月1日と2日、国会議員に面談し、肝炎問題の解決へ向けの要請行動を行っています。本日は、共産党の市田書記局長と面談し、明日も、社会党の福島みずほ党首、新党日本の田中康夫党首、そして、民主党の小沢一郎代表に面談していただける予定となっています。

報告集会では、薬害肝炎名古屋判決の報告と解説のみならず、この8月1日と2日の国会議員への要請行動の結果についても、ご報告させていただきます。
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-02 00:00 | 裁判日程・イベント
薬害肝炎名古屋判決のポイント
 名古屋判決は、これまでの大阪・福岡・東京と比較しても、大きく前進した判決です。以下、名古屋判決のポイントをご説明いたします。

■ 第9因子製剤について

 名古屋判決は、第9因子製剤による被害者についての国の責任を初めて認めました。 しかも、1976年12月のクリスマシンの製造承認時の違法を認めたので、同製剤による被害者に対する責任は全面的に認められることになりました。
 また、PPSB-ニチヤクについても、遅くとも判決が明示したクリスマシンの承認時以降の責任が認めました。

■ フィブリノゲン製剤について

 名古屋判決は、1976年の「フィブリノゲン-ミドリ」の承認(名称変更)時において、違法であるとしました。
 この判断は、1964年の承認時点より重大な副作用があったこと、適応範囲を超えて使用される危険性が高いことを認めており、承認にあたっては、危険性を添付文書に明確に記載しなければならないことを理由としています。

 しかも、この名古屋判決の論理に従えば、同判決が1964年時点で既に重大な副作用が存することも認定していますので、1964年の承認時から国の責任が認められると考えられます。

■ 本件薬害被害者らの被害のとらえ方について

 本件は、必要不可欠な場合以外には使用すべきではないことを添付文書等で警告すべきとした上で、原告らはいずれも必要不可欠でないにもかかわらず、使用されたと認定しました。
 この点、国は、原告らは本件製剤(特にフィブリノゲン製剤)は原告らの命を救うために必要であったと主張していましたが、本判決はこの国の主張を明確に否定しました。

■ 厚生省の体質についての指摘

 名古屋判決は、厚生省の体質について、「ミドリ十字が、・・・患者の安全確保をおろそかにする行動に出た背景には、厚生省薬務局のミドリ十字に対する上記の不適正な対応(※)があったものとみるべきであり、これがミドリ十字の上記行動を誘発ないし助長した面があることは否定できないというべきであって、上記厚生省の対応は、医薬品を使用する患者の安全確保を図るという厚生行政の基本的責務に反したものとして,非難を免れることはできない」と、厳しく指摘しました。

※ 旧ミドリ十字がウイルス不活化処理法を変更したにもかかわらず、必要な承認等の手続をとるように指導しなかったこと

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-01 00:00 | 東京から