薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
原告団、民主党・小沢代表と3度目の面談
すでに報道されているとおり、薬害肝炎原告団・弁護団の代表らは、本日午前、民主党の小沢一郎代表と面談しました。東京原告の浅倉さんからの報告です。

本日、民主党小沢一郎代表との三回目の面談が叶いました。

最初に小沢代表とお会いしたのは 東京判決直後の座り込みの現場に激励に来て頂いた時でした。そして参議院選挙後に肝炎対策の立法化をお願いした面談でも、責任をもって立法化する、と言って頂けました。

その立法化に向けて今日案が示され、小沢党首から「参議院に法案を提出して成立に向けて頑張っていく」との発言を頂きました。小沢党首は「あなた達の頑張りのお陰で」といった労いの言葉もかけてくださり、短い時間でしたが、強固な決意を述べてくださいました。山口さんは「肝炎患者全体の支援措置として考えて頂けて、感謝してる」と述べられました。

きょうはマスコミも沢山来てましたが、私達原告の代表である山口さんは、全く物おじせず、しっかり民主党をたてて的確に返答してらっしゃいました。私は山口さんの隣りで、ここまできた事に感激して涙が止まりませんでした。

参議院で可決されても衆議院がどうなるかわかりませんが、でもこれが和解への後押しになる!と山西弁護士も言ってましたので治療体制や訴訟の解決にも大きな一歩になったのではないでしょうか。

私は今後もこうした活動に頑張って行きます。
皆さんもどうか見守っていてください。

(東京原告・浅倉美津子)


民主党のHPは、上記模様を写真入りで報じています。

メディアによる報道は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-28 00:00 | 東京から
HEARTS×薬つど企画~主催の学生から
薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会代表の笠置です。
去る9月15日に行われた、「HEARTS×薬つど ~薬害ってなんだろう?~」について、準備を中心に振り返ってみます。遅くなってすみません。

薬つど(薬学生のつどい)、という団体は、北は北海道から南は沖縄まで、全国の薬学部生200名が所属する巨大サークルです。
今回の企画は薬つどの代表の方から、「何か一緒にイベントやりませんか?」と申し入れを頂いたことから実現したものです。
「薬学部生たちと薬害語るって面白そう!」と思った僕は、二つ返事でOKしました。
僕と薬つどの幹部の方二人で、夏休みいっぱいをかけて準備を進めていきました。

「これまでの勉強会にはない趣向を盛り込みたい。」

これが僕たち三人の、共通する問題意識でした。

これまでに経験してきた勉強会の形式は、講師の先生に講義をしていただき、それに対して質問する、というスタイルが主でした。
しかし、ただ講義を受け身で聴いてるだけじゃ面白くない。自分たちの問題意識を発信する場が欲しい。
そして何より、主体的に問題について考えた経験があるなら、裁判傍聴や報告集会に受け身で参加するよりも何倍も貴重な経験ができるはず。
…こういった考えが、常々僕の中にありました。

じゃあこの機会に、何か自分たちで情報を発信してみよう!
何について?
活動にかかわるなかで、何が一番かなえられればいいと思うの?
僕たちの健康を守ってくれるはずの薬が、二度と僕たちに牙を剥かなければいいな。
薬害が、この世からなくなってくれればいいな。

ということで、僕たちは薬害はなぜ起こるのか?どうしたら防ぐことができるのか?について、プレゼンテーションしてみることに決めました。
そして、これをイベントの一つの柱に決めました。(どういった内容について発表したのかについては、中川弁護士の記事に詳しいです。)

その他の企画は、薬つどの方から強い要望のあったものを並べることにしました。

薬害肝炎について、いつもの通り分かりやすく問題意識の散りばめられた講義をしてくださった中川先生、そして原告の久野さん・17番さん・8番さん(いつもいつもお世話になっています。)5番さん(MLで呼びかけていただきました)にはお忙しい中ご協力いただき、本当に感謝しています。
ありがとうございました!

一人でも多くの人に、薬害の恐ろしさを知ってほしい。
そのためにも、こういった学生間で横断的なイベントはこれからも開いていくつもりなので、その際にはご協力いただければ幸いです。

(薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会・笠置)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-27 00:00 | 東京から
舛添厚労大臣の会見発言を見よう!
 舛添要一厚生労働大臣が薬害肝炎についてどのように考えているか?
 これは、薬害肝炎原告団・弁護団のみならず、支援者の方々も注目しているところだと思います。

 弁護士たちは、「舛添大臣が記者会見で~と言った」とよく話していますが、舛添厚労大臣の記者会見発言は、Webで読むことができます。厚生労働省HPの大臣等記者会見に掲載されるのです。
 厚生労働省では、大臣の記者会見を毎週2回(通常、火曜日と金曜日)行っています。記者会見の何日か後にチェックすると掲載されています。

 平成19年8月27日(大臣就任記者会見)以降が、舛添厚労大臣の会見です。8月27日の記者会見では、薬害肝炎問題について言及はされていませんが、その後、8月28日、9月7日、9月11日、9月18日、9月21日の会見では、薬害肝炎について発言しています。

 いちばん最近の記者会見は、9月26日にありました。本日現在、まだ厚生労働省HPには掲載されていませんが、弁護団が入手した情報によると、次のような内容ということです。

続きを読む
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-27 00:00 | 東京から
薬害肝炎講演会&10月30日裁判期日など
10月13日に、北海道肝炎友の会はまなすの会主催、薬害肝炎訴訟を支える会・函館共催により、医療講演会が開かれます。薬害肝炎原告団・弁護団の原告・弁護士も、薬害肝炎についてお話にいきます。函館方面のみなさま、ふるってご参加下さい。

日時:2007年10月13日(土) 午後5時~8時
場所:函館市地域交流まちづくりセンター 2F 市民交流フロア
    函館市末広町4番19号 (十字街、旧丸井デパート跡)
    TEL:0138-22-9700


講演会の詳細やお問い合わせ先については、北海道肝炎友の会はまなすの会のホームページをご覧下さい。


10月16日18時からは、新潟市内にて、新潟の医学生さんたちによる肝炎訴訟学習会が開催される予定です。東京原告の平井要さんがお話されます。


10月30日10時からは、東京地方裁判所で弁論期日が開かれます。
東京地裁の場所はこちらをクリックして下さい。1階の103号法廷です。
毎回、裁判の始める30分くらい前に裁判所前集会を集会を行っています。詳細が決まりましたら、期日後の報告集会の場所と併せてお知らせいたします。

10月30日午前10時から東京訴訟第2陣の弁論手続が行われます。
今年6月19日に新しく提訴した3名の原告の第1回期日になります。

■原告番号40番意見陳述
■原告代理人鈴木利廣弁護士の意見陳述(5地裁判決を踏まえ、全面解決に向けた運動論的視点からの意見陳述になります)

弁論手続後、代理人の一部が別室に移り進行協議(責任論の争点に関するプレゼンテーション)を実施する関係上、弁論の時間は30分程度になりますが、意見陳述をする原告を傍聴席から励ましてあげて下さい。

従来どおり、弁論手続後に報告集会を実施しますので、こちらへのご参加もお願いいたします。報告集会の場所は決まり次第お知らせします。

みなさんの傍聴を是非お願いいたします。

(東京弁護団事務局長・福地直樹)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-26 00:00 | 東京から
鈴木利廣代表の報告~070917集会から
 2007年9月17日薬害肝炎集会において、薬害肝炎全国弁護団代表の鈴木利廣弁護士から、薬害肝炎のこれまでの運動による到達点と今後の展望について報告がありました。報告は約30分に及ぶものでしたが、そのほんのごく一部を動画で掲載いたします。


[PR]
by kanen-relay | 2007-09-24 00:00 | 東京から
仙台判決を受けて
東北弁護団の若手弁護士から、仙台判決翌日に心境をつづった原稿をいただきました。

2007年9月7日,仙台地裁判決の言渡し日。
前日から全国的に台風という悪天候。ここ仙台でも,夕方頃から風雨が強くなり,判決当日は朝から暴風雨のために,県内の小中高校のほとんどが休校となるほど。
航空機は欠航,新幹線や在来線も運転見合わせ等の状態。
判決言渡しの1時間前である午前9時頃には,傘をさすこともできないほどの暴風雨。
裁判所の入り口には,壊れたビニール傘が散乱していた。
そんな悪天候にもかかわらず,法廷は多くの支援者の方々でいっぱいだった。

午前9時50分,原告団,弁護団が裁判所へ入構,そして入廷。
午前10時,判決言渡し。
緊張した空気の中,裁判長の声が響く。
主文・・・被告企業は,原告番号1番に対し・・・。その余の請求を棄却する。
原告番号2番から6番の請求をいずれも棄却する。
「・・・?!」
極めて限定的に被告企業の責任のみを認め,国の責任を否定した,まさかの不当判決。
国に対する責任を認めない?そんな判断があり得るの?我が耳を疑った。
気を取り直して,判決要旨を読んでみる。
国を擁護し迎合するような内容,原告らの受けた被害,C型肝炎という重篤な疾患に対する無理解な内容に愕然。

言渡し後,場所を仙台弁護士会館に移して判決後集会が行われた。
集会は,不当判決に対する強い「怒り」の中で行われた。
こんな不当判決で,これまで4地裁で認められた国の責任は揺らぐことはない!
支援者の方々等からも,心強い言葉を沢山いただいた。

集会が終わった頃には,午前中の暴風雨が嘘のように雨もあがっていた。
あの暴風雨は何だったのだろう。
不当判決の翌日,台風一過。真夏のような暑さとなった。
台風は次の2つのものを残していった。
風にとばされて道路に落ちた沢山のケヤキ並木の葉と,そして仙台地裁による不当な判決。
道路に落ちたケヤキの葉はすぐにでも片付けられるだろう。
不当判決に対しては・・・。
控訴して,いかに不当な判決であったかを強く訴えていく。
そして,全面解決,全面救済を勝ち取る!
逆に,この不当判決によって新たにうまれたものがある。
はじめて参加してくれた学生さんが,「許せない!」と10日からの東京での座り込みに行く,と言ってくれた。
支援者の方々も,我がこととしてこの事態をとらえ、これまで以上に大きな力を結集すると話してくれた。
もちろん,東北弁護団にもさらに強い火がついた。
「こんな判決は絶対に認めない!不当判決は控訴審で断罪!」
東北原告・支援者・弁護団は怒りをエネルギーに変える。戦いはこれからだ。
それが,仙台地裁判決を受けた,今の私の心境です。

2007年9月8日

(東北弁護団・小幡佳緒里)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-22 00:00 | 仙台から
9.17集会~今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!
d0081819_1314050.jpg

 9月17日午後1時30分から、千代田区の星陵会館において、「薬害肝炎訴訟 報告・決起集会 ~今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!~」を行いました。この集会は、9月7日に仙台地裁判決が言い渡されて全国5地裁の判決が全て揃ったこと、その後の座り込み行動等を経たこの時期に、判決の総括を行うとともに、肝炎対策を求めて行った運動の成果と今後の展望について報告し、話し合うために開いたものです。3連休の最終日でしたが、約120名の方々が参加してくれました。

d0081819_1291417.jpg 集会の第1部では、まず薬害肝炎東京弁護団の石井麦生弁護士から全国5地裁判決の総括、次にB型肝炎訴訟弁護団の奥泉尚洋弁護士から平成18年6月16日のB型肝炎訴訟最高裁判決について報告しました。会場からも活発な質問がなされ、B,C型肝炎訴訟双方の理解を深めることが出来たと思います。

 集会の第2部は、運動の到達点と今後の展望について、考えました。

 最初に、日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の高畠譲二氏より、全国の患者会が肝炎対策を求めて行ってきた活動、2006年に「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会(肝炎連絡会)」を設立し、百万人署名や国会請願に取り組んできたことなどをお話いただきました。高畠さんは、「肝炎患者はもう待てないのです。」と訴えましたが、この思いは、薬害肝炎訴訟原告団も同じ、全国の肝炎患者の願いです。

 次に、薬害肝炎訴訟全国弁護団代表の鈴木利廣弁護士が、d0081819_1344042.jpgこれまでの運動の到達点、今後の展望について話しました。大阪高裁が和解へ意向を示していることをふまえ、司法と国会の圧力のもと、政府に政治決断させる時期にきていることを熱く話しました。原告も壇上に上がり、支援者への感謝、大阪高裁の和解勧告への期待、座りこみの成果などについて話しました。


d0081819_139583.jpg 国会議員からは、社民党党首の福島瑞穂氏が会場に訪れ、原告を力強く激励してくれました。そのほか、当日、民主党衆議院議員 仙谷由人議員、民主党参議院議員 梅村聡議員、民主党参議院議員 外山斎議員、日本共産党参議院議員 小池晃議員、日本共産党衆議院議員 高橋千鶴子議員より熱い激励メッセージが届きました。
さらに、全国各地から激励に訪れてくれた支援者が挨拶し、東洋大学社会学部教授の片平洌彦先生からも激励のお言葉をいただきました。

 集会の最後は、参加していた原告全員が壇上に上がり、薬害肝炎大阪弁護団事務局長の山西美明弁護士、薬害肝炎全国原告団代表の山口美智子氏が挨拶し、集会のテーマである「今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!」を全員で大唱和し、熱気の中、閉会となりました。 

 集会後の懇親会では、原告、弁護団、支援者や学生が入り交じって語り合いました。懇親会には、ネットをみて当日かけつけてくれた方も参加してくれて、新たな支援の輪が広がりました。私も、支援者の人たちとじっくり話すことができ、とてもよい機会でした。原告、弁護団、支援者や学生がお互いの理解を深め、より密に連帯して活動していきたいものです。

(東京弁護団・三枝)

d0081819_148219.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-21 00:00 | 東京から
民主党、肝炎対策で法案をまとめる
【次の内閣】被災者再建支援や肝炎対策で法案まとめる

民主党『次の内閣』は19日午後、国会内で閣議を開催した。冒頭、挨拶に立った菅直人ネクスト副総理大臣(代表代行)は、「マニフェストで掲げた政策課題を着実に法案化する作業に取り組んでいく」と表明。

  (中略)

 「B型・C型肝炎対策緊急措置法案」については、山田正彦ネクスト厚生労働大臣、家西悟B型・C型肝炎総合対策推進本部肝炎対策立法作業チーム主査がインターフェロン治療の医療費助成、総合的な肝炎対策の検討等を盛り込んだ内容を説明。閣議として法案内容を了承した。
 いずれの法案も提出時期等は政調会長と国会対策委員会に一任した。


[PR]
by kanen-relay | 2007-09-20 12:00 | 東京から
薬害肝炎仙台訴訟 控訴コメント
■1 9月7日に仙台地方裁判所第2民事部により出された、国の責任を否定した薬害C型肝炎訴訟に対する不当判決に対し、本日原告6名全員、仙台高等裁判所に控訴状を提出した。

■2 平成14年~15年にかけて、全国5地裁で提訴された薬害肝炎訴訟は、全国の薬害被害で苦しむ肝炎患者の早期救済を目的とし、一つの原告団・弁護団として、国及び製薬企業に対する責任を、共通の主張及び立証を持って、闘ってきた。

■3 すでに7月31日までには他の4地裁の判決が出そろい、いずれの判決も少なくともフィブリノゲン製剤については、時期の違いはあるものの、国及び製薬企業に対して、本件薬害発生・および薬害拡大の法的責任を認め、当時の国の薬事行政の杜撰さを断罪するものであった。

■4 ところが、仙台判決は、仙台を初めとする全国の原告・弁護団はもとより、多くの国民、医療関係者、マスコミが予想もしなかった内容の、国の責任を否定し、また企業の責任を極力限定するものであった。
 なお、この様な結論は、国及び企業においても予想しておらず、判決直後のコメントにも困惑が見られるほどであった。

■5 この様な結論を導いた仙台判決・仙台地方裁判所第2民事部の問題点は次のとおりである。

(1) 戦後社会問題となり、また司法の場で長い時間をかけて責任と真相が究明されてきた、スモン・クロロキン・HIV等、薬害大国として多くの国民的被害をもたらしてきた、薬害の発生の歴史と実態について、余りに無関心・無知であり、裁判体(畑中芳子・中丸隆・松本英男)に対しては法曹人以前に、人としての良識を疑わせるものがある。

(2) 国の責任は認めたくない・出来れば企業の責任も認めたくない、という結論先にありき、という姿勢が露骨であり、薬害を垂れ流してきた旧来の薬事行政に携わってきた官僚の代理人とも言うべきスタンスによって立っている。

(3) クロロキン最高裁判所判例の理論に則っているかに見えて、前述の浅薄かつ意図的思考のもと、似て非なる、犯罪的結論をが導き出しているものである。

(4) 犯罪的結論と評価したのは、判決が「原告が主張するような立場を前提とすれば、当該医薬品の持つ有効性が過小評価される一方で、その危険性が過大評価される結果、本来当該医薬品によって保持され得る国民の生命、健康がその使用が認められないために失われるといった不合理な結果を招くことにもなりかねない」として、医薬品には危険が付き物であり、多少の被害発生はしょうがないのだ、という危険性を軽視した薬害被害容認の姿勢をとっていることである。
  他地裁が安全性への配慮を重視して予見義務を論じていることと大きく乖離しているところである。

(5) また、更に見逃せないのは、「医薬品の添付文書には,肝炎の危険だけがかいてあればよい、その病態や予後の重篤性については特段の事情がない限り情報提供は不要である」とし、さらに「医師が医薬品の是非を検討するにあたり、予期される治療効果と副作用の危険性とを比較考量することは、添付文書に記載するまでもなく、当然のことであるから、特段の事情がない限り、製薬会社はこの点について注意喚起や警告する義務は負わない。」として、医薬品副作用による危険性について、医療現場にその責任を押し付けていることである。
 この様な判断がなされたことが、今後医師・薬剤師をはじめとする、医療現場関係者が知ることになれば、大きな怒りを買うことになるのは明らかである(実際すでに怒りと批判の声が上がっている)。

■6 結論
 人としての想像力・社会人としての良識を欠き、また法的思考の浅薄を露呈した、お粗末判決で,司法の果たすべき最低限の役割をも果たしていない、不正義判決である。

(薬害肝炎仙台弁護団)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-20 00:00 | 仙台から
和解へ
 本年9月14日、大阪高等裁判所は、薬害肝炎訴訟について、原告被告双方に対して、和解の解決が望ましいとして双方の意見を聴取した上で和解勧告をしたいとの意向を示されました。
 大阪高等裁判所がこのように和解に向けた意欲を示されたことは弁護団の一員として喜ばしく思っています。
 しかし、和解への道のりは決して簡単ではないとも考えています。

■和解にはどういう利点があるの?

 和解の場合、判決による解決よりも早期で、かつ、柔軟・妥当な解決をすることが可能です。
 判決の場合は先行する原告にとっても、控訴審(各髙等裁判所)、場合によっては上告審(最高裁判所)での結論が出るまで解決しませんし、現在、1審(各地方裁判所)で訴訟中の原告にとってはさらに時間がかかります。C型肝炎は進行性の病気ですから、原告にはそのような時間を待つことが困難です。
 他方、和解の場合は、それによって裁判自体が終わるので、早期の解決が可能です。
また、判決の場合は金銭賠償の可否のみの解決となりますが、和解の場合は恒久対策等についても含める可能性があります。

■和解は原告に有利な内容になるのか?

 和解の解決にあたっては、原告も苦悩する可能性があります。
 大阪高等裁判所は、原告側の言い分だけを聞くのではなく、被告側の言い分も聞き、総合的な判断をした上で、和解勧告をすることになります。その内容は原告にとっても厳しい部分があるかもしれないのです。

■今後はどういう手順になるのか?

 私たちは、今後、本件においてはどのような解決が妥当であるのかを原告団の意見を聞きながら裁判所に訴えていくつもりです。
 そして、薬害肝炎が本当の意味で解決できるように努力していきます。
 裁判所から和解勧告がなされた場合、それが薬害肝炎の解決内容として妥当であるのかを原告団と共に十分に検討します。
 そして、それが妥当な解決内容であるとの結論に至った場合、被告側にも働きかけて早期の解決を目指します。

■被告側は和解をするのか?

 被告側は当初は激しく拒否反応を示すかもしれません。
 しかし、裁判所の和解案が本件の解決するために適正・妥当な案であれば、最終的には受け入れざるをえなくなると考えています。
d0081819_16255678.jpg そのためには、今後も多くの皆さんの応援をいただく必要があると考えています。

(大阪弁護団・松井)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-19 00:00 | 大阪から