薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
9月17日薬害肝炎集会に関するニュース
9月17日に星陵会館で行われた薬害肝炎がニュースで報道されました。
リンクをクリックすると、各テレビ局のHPでニュースを動画で見ることができます。

NHKニュース
薬害肝炎 解決に向け活動強化

日本テレビ
薬害肝炎訴訟 原告らが早期解決訴え集会
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-18 00:00 | 東京から
滋賀県草津市での交流会
 おはようございます。本日午後1時30分から、東京都千代田区永田町の星陵会館で薬害肝炎集会がありますので、みなさんぜひいらして下さいね。

 ところで、昨日は、滋賀県草津市で、薬害肝炎九州訴訟の原告・福田衣里子さんの講演を中心とした交流会が開かれましたので、そのご報告です。

西念です。

本日、滋賀県草津市で、滋賀の肝臓友の会主催による福田衣里子さんの講演を中心とした企画がありました。原告団からは福田さんと両川さん、大阪47番さんが参加。
弁護団からは、松井、浮田、西念が参加しました。

滋賀県の肝臓友の会会長さんが、ブログを通じて福田さんに連絡を取り、同様の企画が実現したのが去年の5月で、今年は、2回目の企画でした。

内容は、夢を返してのDVD上映、福田さん、両川さんのお話、質疑応答、弁護団からの報告といったところで、質疑では安倍辞任の報を受けての驚きなど、この問題について
関心を持ちながら見守っていてくれた方々ならではのやりとりがなされ、非常によい感じでした。参加者は20名強程度。

が、特筆すべきは民主党です。特に、主催者団体側からの特別な参加要請などはなかったにもかかわらず、

地元選出の参議院議員 林久美子 さんが出席され、

その後、しばらくすると

衆議院議員 川端達夫(民主党副代表) さんも

参加され、両名とも、企画終了まで熱心に講演の内容に耳を傾けられていました。
休憩時間等には、福田さんに駆け寄り、厚労省が今のままでは存在意義がない、などのお話しや、安倍首相辞意表明の際の民主党側の舞台裏であるとか、山井さんの話題(大学の後輩にあたるそうです)なども交えながら、この問題に力を入れて取り組むことを熱心に語って頂きました。

福田さんが参加されたとはいえ、規模から言うとかなり地味な企画の筈でしたが、流石というべきか、このような具合に民主党の幹部クラスの方が積極的に取り組んでくれていることを極めて心強く思いました。

2007年9月16日
(大阪弁護団・西念)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-17 08:00 | 大阪から
HEARTS×薬つど ~薬害ってなんだろう?~
 9月15日午後1時から,国立オリンピック記念青少年総合センターで,薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会(HEARTS)と全国的な薬学部生の組織である薬学生の集いとの共同企画「薬害ってなんだろう?」が行なわれました。

 この企画のねらいは,
・いかに薬害を起こさないようにするか
・どうすれば防げるか,もしくはどうすれば最小限まで抑えられるか
・薬を出す側,使う側,創る側から考えお互いの思うことを発表しあう
というものです。

 各団体の紹介が行なわれてから,薬害肝炎についてみんなで学びました。

 最初に薬害肝炎のビデオを上映した上で,私が今の医薬行政をめぐる状況や薬害肝炎訴訟の現状等について簡単に話しました。
d0081819_11421376.jpg その後,原告の久野郁子さん,原告17番さん,原告8番くんが,それぞれ自分の被害体験について話しました。参加した学生たちは,原告さんらの話を熱心に聞いていました。やはり,弁護士の話よりも,被害者の実体験に基づく訴えというのは,心に響くものです。

 そして,今までの学習会になかったのは,各団体の学生が薬害の再発防止に向けてプレゼンテーションを行なったことでした。行政の職務権限と責任の明確化,技官のあり方,承認と規制の分離,情報公開,教育,利益相反,安易な薬の使用の防止,日常的監視活動など,内容的にはまだ荒っぽいものではありましたが,基本的視点はズレていなく,よく調べて,考えていると感心しました。私は,学生時代に薬害エイズの原告支援運動に関わっていましたが,あの頃,こんなことまで考えていたかな?

 会が終わってからは,新宿で若い原告らを交えて懇親会をし,両団体の交流を深めていました。
 今後,参加した学生たちは,薬剤師,研究者,弁護士,報道関係など様々な道を進んでいくと思います。是非とも,一人でも多くの人が医薬品の安全に携わることに関わってほしいと思いましたし,その期待も持てました。

(東京弁護団・中川)

* 写真は、学生に話す東京原告・久野郁子さん
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-16 01:00 | 東京から
9月14日大阪高裁期日報告
 9月14日午後1時30分から,大阪高等裁判所で大阪訴訟第一陣の控訴審期日がありました。法廷は整理券を発行しなければならないくらいの超満員でした。

 まずは,国が申請していた証人(石井甲一氏・日本薬剤師会専務理事で厚生省の元官僚)の採否が問題となりました。

 国の代理人が一審原告側の意見書について反論したいと述べたため,この日は採否は留保となりました。しかし,続けて,裁判長は,証人の陳述書の提出ということで現時点では当裁判所は石井証人を調べる必要はないのではと考えているとも述べました。

 石井氏は,当時の厚生省の官僚であり,しかもフィブリノゲン製剤等に関与していたのも極めて限定的で,一般的抽象的な解説しか出来ないことは陳述書を見ても明らかです。当時の官僚が,国の裁判での主張を単に繰り返しても意味がないでしょう。国が固執するのは,単なる時間の引き延ばしです。裁判所もこのことを充分理解していますので,きっと証人採用はしないでしょう。

 その後,私たちが9月11日に和解勧告を求める上申書を提出したことを受けて,裁判所から和解についての考え方が示されました。

 その内容は,裁判所としても,判決より,より早期により妥当な解決が得られる可能性が高いので,和解による解決を望む。そして,できるだけ早期に当事者の和解に関しての希望を聞き,和解の可能性が全くないと考えれば和解勧告はしないが,少しでもその可能性があると判断した場合には和解勧告をするつもりであるというものでした。

 また,和解手続に入ることができたとしても,訴訟手続を並行してすすめることにより,いささかも和解の手続によって訴訟手続が遅れることのないようにしたいと思うとも述べました。

 さらに,口頭弁論後の進行協議でも,和解協議の進行について話になりましたが,裁判長は,双方から書面を出してもらっただけでは,和解の可能性はないということになるだろうから,その後の調整で考えさせていただきたいと思うと述べました。

 裁判長の話し方は淡々としたものでしたが,5つの地裁判決を通じて国・製薬企業の責任は揺るぎないこと,病状が進行していく被害実態を踏まえ,早期・全面解決すべきという裁判所の考えがひしひしと感じられました。

d0081819_11343672.jpg 口頭弁論後の記者会見も,ほぼ全てのマスコミが参加し,記者からは多くの質問が出て,活気のあるものでした。

 その後,報告集会に参加しましたが,立ち見が出るほどの満席でした。しかも土砂降りのなか座り込みを3日間続けた後であったにもかかわらず大阪の原告さんたちも多数参加しており,とても熱気にあふれていました。

 連日座り込みで現場に張りついていたのでヘトヘトでしたが,大阪高裁の熱意,大阪の原告・弁護団・支援者の活気を見て,とても元気づけられました。

(東京弁護団・中川)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-16 00:00 | 東京から
9月14日の大阪高裁期日に関する報道
リンクをクリックすると、記事全文を読めます。

朝日新聞
薬害C型肝炎訴訟、裁判所が初めて正式に和解提案
 出産時の止血剤などとして血液製剤を投与された後にC型肝炎ウイルスに感染した患者13人が国と製薬会社に損害賠償を求めている「薬害C型肝炎大阪訴訟」の控訴審第6回口頭弁論が14日、大阪高裁であり、横田勝年裁判長は、当事者双方に和解案の提出を求めた。国・製薬側は回答を留保し、患者側は来月半ばまでに出す考えを示した。患者170人以上が大阪や東京など5地裁に提訴した一連の集団訴訟で、裁判所が正式に和解を提案するのは初めて。


産経新聞
薬害C型肝炎大阪訴訟 大阪高裁が原告被告に和解打診
 「薬害C型肝炎」大阪訴訟控訴審の口頭弁論が14日、大阪高裁で開かれ、横田勝年裁判長は「和解は判決より早期に妥当な解決が得られる可能性が高い」と述べ、和解による解決を望んでいることを明らかにした。一連の同訴訟で、裁判長からの正式な和解打診は初めてで、原告側は1カ月以内に和解案を提出する方針。


中日新聞
「和解による解決望む」 薬害肝炎訴訟で大阪高裁
 汚染された血液製剤でC型肝炎になったとして、患者が国と製薬会社2社に損害賠償を求めた薬害肝炎大阪訴訟の控訴審口頭弁論が14日、大阪高裁であり、横田勝年裁判長は「和解による解決を望む」と述べ、調整を進める意向を正式に表明した。


【おまけ】
和解勧告をした横田勝年裁判官の裁判官エッセイを見つけました。ウォーキング中に、薬害肝炎についても考えていただいているのですね。きっと・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-15 01:00 | 大阪から
三菱ウ社 418名の投与患者を把握
 ~ カルテが廃棄されていても投薬の確認が可能に

 2007年9月7日の大阪地裁期日で、フィブリノゲン製剤投与患者のうち、418名の住所と氏名を、三菱ウェルファーマ株式会社が把握している可能性が極めて高いことが明らかになりました。

 一部の患者であっても、製剤投与患者を把握しているという事実を公表していないこと、また、その患者に対して製剤投与を告知していないことは、自ら製造販売した製剤で重大な被害を引き起こした製薬企業としては、隠匿にも等しい、極めて不当な対応であると言わなければなりません。
 そしてこのことは、あとで説明するとおり、会社に情報開示を求めることで、『カルテが廃棄されていても、会社の資料から投与を確認できる患者がいる』ということを意味しているのです。

 では、三菱ウェルファーマ社が投与患者の住所と氏名を把握していることが明らかとなった経緯について説明します。きっかけは、大阪原告16番さんでした。

 16番さんは、1986年12月の出産の際にフィブリノゲンが投与されたのではないかと思って病院に照会しました。カルテはすでに廃棄されていましたが、医師が投与したことを記憶、投与証明書を作成してくれ、裁判に参加することができました。

 しかし、ウェルファーマ社は、裁判の中で、「証明書の信頼性がない」と主張し、投与の事実を否認してきました。

 弁護団は、投与事実をウェルファーマ社に認めさせる方法を検討し、ウェルファーマ社が厚生労働大臣宛てに作成した418名分のフィブリノゲン副作用報告リストを分析することとしました。分析の結果、リストの中に、製剤投与日、肝炎発症時、輸血の有無などが16番さんと完全に一致している症例があることが判明しました。

 そこで、弁護団は、裁判の中で、16番さんと思われる症例について、ウェルファーマ社が所持している文書を提出するよう申し立てました。すると、一転、ウェルファーマ社は16番さんに対する投与を認めてきたのです。ウェルファーマ社が所持している社内文書に記載された「住所」と「氏名」から、症例患者が16番であることが確認された、という理由でした。

 つまり、ウェルファーマ社は、418名のうち、少なくとも16番さんについて住所、氏名を把握していたのです。とすれば、残りの417名についても、同じく住所、氏名を把握していると考えざるを得ないのです。

 ウェルファーマ社が投与患者の住所、氏名を把握していることは、これまでカルテ廃棄されて投薬の有無が確認できない方々にとって、大きな意味があります。

 それは、『カルテが廃棄されていても、ウェルファーマ社が住所、氏名を把握していれば、個人情報保護法の手続によって、投薬の事実を確認することができる』と考えられるということです。ウェルファーマ社に対して、「私の情報を開示してください」と、開示請求し、回答を求めるのです。

 具体的な手続については、全国弁護団のホームページをご確認下さい。

 全国の弁護団でも、個人情報保護法の相談を受け付けています。みなさまのご相談をお待ちしています。

(大阪弁護団・今井力)

* このことは、毎日新聞読売新聞でも報道されました。

2007.9.26追記:
 大阪原告16番が、三菱ウェルファーマ社に対して個人情報の開示請求をしたところ、「血液製剤投与による副作用情報に関する資料等についてはベネシスに承継したから、情報は持っていない」との回答が戻ってきました。
 ベネシスの個人情報開示手続については、ベネシスのホームページに掲載されています。
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-15 00:00 | 大阪から
薬害肝炎の集会2つ
 この週末の連休に、東京では、薬害肝炎関連の集会が2つ開催されます。1つは、原告団・弁護団・支援者によるもの、もう1つは、学生支援者と薬学生の団体によるものです。
 休日ではありますが、あるいは、休日だからこそ、ぜひどちらかの会合に(ご都合がよければ両方とも…)、お越し下さい。よろしくお願い申し上げます。


薬害肝炎集会 最終解決と恒久対策を目指して(仮)
日時: 9月17日(月)13時30分~16時30分
場所: 星陵会館

     東京都千代田区永田町 2-16-2

主催: 薬害肝炎原告団・弁護団、薬害肝炎訴訟を支援する会・東京
問い合わせ先: オアシス法律事務所 TEL 03-5363-0138
内容(仮): 肝炎判決(B型・C型肝炎)からみる国の責任
        肝炎対策の到達点とこれからの展望

  * 仙台判決の報告と評価、座り込みの報告などもいたします。
 


HEARTS×薬つどい ~ 薬害ってなんだろう? ~
日時: 9月15日(土)13~17時
場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター

     東京都渋谷区代々木神園町3番1号
     参宮橋駅から徒歩7分

主催: 薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTS、薬学生のつどい
問い合わせ先: hcv_tokyo@hotmail.com
内容: 弁護士と原告による薬害C型肝炎についての解説
     HEARTSと薬学生のつどいによる「薬害防止策」の提言
     参加者全員でグループディスカッション&レビュー


[PR]
by kanen-relay | 2007-09-13 00:00 | 裁判日程・イベント
9月17日集会プログラムが決まりました
9月17日薬害肝炎集会(星陵会館)のプログラムの詳細が決まりました。

B型肝炎・C型肝炎の裁判と肝炎対策に関する講演、患者会の活動、原告団・支援者の活動など、盛りだくさんの内容です。途中で適宜、会場からの質疑応答の時間も設ける予定です。

初めての方も、これまで何度も足をお運びいただいている方も、ぜひ奮ってお越し下さい。

■第1部 肝炎判決からみた国の責任 (13時30分~)

 ○ 薬害C型肝炎判決の総括 (石井麦生弁護士)

 ○ 予防接種B型肝炎訴訟の最高裁判決 (奥泉尚洋弁護士)     


■第2部 運動の到達点と今後の展望 (14時40分~)

 ○日肝協から~患者の求める支援・100万人署名・請願等
         (日本肝臓病患者団体協議会・高畠譲二事務局長)

 ○これまでの活動総括
         (薬害肝炎全国弁護団代表・鈴木利廣弁護士)

 ○肝炎原告の訴え (薬害C型肝炎原告ら)

 ○各地支援者・支援団体・議員からの連帯の挨拶


■閉会挨拶 (16時15分~)

 ○ 弁護団から (薬害肝炎大阪弁護団事務局長・山西美明弁護士)

 ○ 原告団から (薬害肝炎全国原告団代表・山口美智子)


  
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-13 00:00 | 東京から
座り込みの解除
d0081819_22494183.jpg 皆さまもすでにご承知のとおり、本日午後、安倍内閣総理大臣が辞意表明をしました。このような突然の事態を受けて、座り込みを続けてもこれ以上の成果が見込めないため、14時30分をもって座り込みを解除しました。

 しかし、この座り込みの最中に大きな前進はあり、原告団の身体を張った行動により一定の成果はありました。

 名古屋判決後の8月2日に、民主党の小沢代表から、薬害肝炎問題の解決に向けて立法化を目指していきたいと表明していただきました。それ以降、民主党では法案作りにご尽力いただきました。本日も、午後の国会代表質問では、民主党の長妻昭議員による薬害肝炎問題に関する質問が予定されており、座り込み会場の原告団全員で国会傍聴に行く予定でした。このような民主党の動きは、政府与党にとって一定のプレッシャーになっていたようです。

 与党には、肝炎対策プロジェクトチーム(PT)が立ち上がっていたものの、薬害肝炎問題の解決を含めた肝炎対策に向けての具体的な進展がみられませんでした。しかし、仙台判決後、座り込み1日目の9月10日から、原告団・弁護団は、石原伸晃政調会長にも面談するなど、与党の議員の方々にも薬害肝炎問題の解決を訴える努力を続けていきました。その結果、与党としても訴訟問題を切り離さずに解決する、与党PTで進展がみられないのであれば、自民党の厚生労働部会が引き取って検討することもあり得るという、私たちにとって明るい話も入ってきました。

 また、本日付公明新聞の主張(社説)には、薬害肝炎訴訟について「公明党はどこまでも庶民の目線で、全面解決に向けた政治的決断が図られるよう全力で取り組んでいく決意だ」と述べられています。本日正午からの公明党の代議員会議では、薬害肝炎問題について検討されるということでした。

 薬害肝炎問題に理解のある与党議員にも相当のご努力をいただいている様子も伺われ、自民党と公明党の厚生労働部会の方から、座り込みをしている薬害肝炎原告団に向けて何らかのメッセージがいただけるかもしれないと、期待をもっているところでした。

 ところが、12時50分頃、安倍首相辞意表明のニュースが突然入ってきました。このような政府の大混乱の中、そもそも原告団の要望を訴える相手がどうなるか分からないという情勢では、座り込みを続けることはできないと判断し、本日、14時30分に座り込みを解除する決断をしました。

 残念ながら、このような緊急事態で、私たちの闘いは一時兵を引くことになりました。しかし、今回の座り込みにより、あと一歩…というところまでは来ていたと評価しています。ここで一旦ゆっくりと休息をして、政治情勢も睨みつつ、また新たに活動を始めたいと思っています。

 私たちが本年9月11日に行った和解勧告の上申に対し、本日お昼頃、大阪高等裁判所より、当事者の希望を聴取した上で、少しでも和解の可能性があると判断したときには、和解勧告を行うとの意向が伝えられています。和解協議に向けての大阪高裁の熱意が感じられます。明後日14日13時30分から、大阪高裁の期日が開かれます。

 私たちは、今回の事態にめげずに、まだまだ活動を続けていきます。

 今回の座り込みにあたって、支援者の方々には、原告団・弁護団と一緒に厚生労働省に対する抗議活動にご参加いただき、また、裏方としての様々な作業をもお手伝いいただき、本当に感謝しています。ともに歩んでいただくことは、原告団・弁護団にとって大きな励みになっています。

 今後ともご支援どうぞよろしくお願い申し上げます。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-12 14:30 | 東京から
座り込み2日目
座り込み2日目の今日も一日中、雨が降ったりやんだりでした。厳しい天候の中、原告たちは、薬害肝炎の解決と厚労大臣の面談を求めて、座り込みを続けています。

写真ではよく分からないかもしれませんが、かなり大粒の激しい雨であり、傘をさして立っているだけで、ズボンの裾はびしょぬれ、靴の中はぐじょぐじょの状態でした。
d0081819_0231582.jpg


原告団は、雨合羽着用で座り込みです。
d0081819_0341424.jpg


座り込み会場の遠景
d0081819_026375.jpg


降りしきる雨の中、厚生労働省に対し訴える原告団代表山口美智子さん
d0081819_0313732.jpg


正午からは、厚生労働省前で。写真は、名古屋原告の金田和子さん。
d0081819_0382324.jpg



続きを見る・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-11 23:00 | 東京から