薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
座り込み2日目~ファクシミリから
国民新党からも、薬害肝炎被害者にむけて応援のメッセージをいただきました。
d0081819_1162550.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-11 10:23 | 東京から
座り込み1日目
 薬害肝炎原告団は、本日午前10時から、東京霞ヶ関で座り込みを始めました。

 原告団代表の山口美智子さんは、「薬害肝炎の解決なくして、肝炎問題の解決はありません。もう私たちは待ったなしの状態です。これを伝えるために、また原告たちは集結しました。薬害肝炎問題の解決のために、今から座り込みを開始します。みなさん、応援よろしくお願いします。」と、座り込み開始の宣言をいたしました。
d0081819_1183669.jpg


本日は天候不順で、時折激しい雨が降りました。
d0081819_1185945.jpg


11時からの厚生労働省前における抗議の訴え
d0081819_1191363.jpg


雨が激しいために、簡易テントを購入して座り込みました。
d0081819_7322464.jpg


来訪された国会議員は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-10 23:59 | 東京から
ふたたび座り込みへ
d0081819_102457.jpg



 薬害肝炎原告団は、「薬害肝炎の全面解決」という原告団の要求に背を向け続ける厚生労働省に対し抗議し、厚生労働大臣への面談を求めるため、再び座り込みをします。多くの方々に座り込み会場にご来訪いただき、応援をいただくとともに、できるならば短時間でもご参加いただければ幸いです。

 座り込み開始は、9月10日10時です。12時~13時、17時~18時には、原告たちが厚生労働省前で抗議の訴えをいたします。原告たちの生の声をぜひ聞いてください。どうぞよろしくお願いいたします。

【連絡先】薬害肝炎訴訟「かえせ! 生命を」座り込み実行委員会
オアシス法律事務所内 TEL 03-5363-0138

続きを読む
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-09 23:59 | 裁判日程・イベント
東京原告・浅倉さんの決意
d0081819_2357729.jpg
 
 昨日、仙台判決を傍聴してきました。
 皆さん報道等で既にご存知だとは思いますが、腑が煮えくりかえる程の怒りしかない内容の判決でした。全てにおいて国寄りの内容でした。

 判決骨子を読み上げてる裁判長は時々血液製剤が正確に読み上げられず、正確に読み直そうとした時少し笑いながら読み上げてました。私はそれを目の当たりにした時、この判決を真摯な態度で書いたのか 疑いたくなりました。裁判長のそれは小さな事ですが 被害者の命をかけた裁判の判決が、裁判長の人間性も疑いたくなる態度に この裁判長に判決を書いてもらいたくなかった と、新たな怒りが湧いてきました。

 でも この沈んだ気持ちは今日で切り替えなければなりません。明日からは私達の裁判の早期決着を実現するため 原告弁護団会議や座り込みに全力を尽くします。皆さんも出来るだけ参加して、一緒に頑張りましょう。

2007年9月8日
東京原告・浅倉美津子

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-09 00:00 | 東京から
薬害肝炎仙台判決後のホットライン
 薬害肝炎東京弁護団では、明日も引き続き、以下の番号にて、無料電話相談を行っております。お気軽にご相談ください。
 なお、弁護団では、医療の内容や治療に関するご相談は応じかねます ので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

【東京弁護団】
平成19年9月8日(土)  午前10時~午後4時
平成19年9月9日(日)  午前10時~午後4時  
電話番号 03-5698-7511(2日間のみ開通)

東京以外の各地のホットラインについては、こちらをご覧下さい。

 また、被告製薬企業である三菱ウェルファーマ株式会社が、フィブリノゲン製剤の投与により肝炎に感染した可能性のある方々の個人情報(418名)を把握している可能性が非常に高いことが判明しました。
 三菱ウェルファーマ株式会社への問い合わせについては、弁護団でも相談を受け付けておりますので、ホットラインにお電話いただければ、ご相談にのらせていただきます。
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-08 21:00 | 東京から
仙台判決に対する各紙の評価
昨日の薬害肝炎仙台判決に対する各紙社説の評価です。

朝日新聞:C型肝炎―医療費補助へ立法を
 「今回の判決を理由に救済の流れを遅らせるようなことがあってはならない。過去4件の判決をみれば、責任をとるべき時期に違いはあっても、薬害の構図に疑いはない。国と製薬会社はこれ以上争うことをやめ、患者側と和解協議に入って全面解決をはかるべきだ。」
 「与党のプロジェクトチームが公費で助成する制度を来年度から始める決定をしたことは評価したい。」
 「民主党も肝炎対策の法案づくりを検討している。国民の健康と命を守るために、これは超党派で推進してほしい。」


河北新報:薬害肝炎訴訟/即刻、行政による救済を
 「判決は、一方的に薬害を受けた患者や家族の窮状をまったく省みない内容だ。国民が最も司法に期待しているのは、行政による被害を受けた場合に責任を明らかにし、回復に向けた対策を示すことのはずだ。その期待に応えたとは到底言い難い。」
 「一審で最後になった仙台地裁は、原告6人のうち1人について製薬会社の責任を認めただけ。国の違法な権限不行使などはことごとく認定しなかった。
 それでは重い薬害が明白なのに、責任を負うべき者がいないという不可解な事態になるのではないか。正義の実現にかなう判決だとはとても思えない。
 国の採るべき道ははっきりしている。まず安倍晋三首相や舛添要一厚生労働相が言う「従来の枠を超えた支援策」を早く実現させることだ。」


神戸新聞:薬害肝炎訴訟/なぜ国の責任を問わない
 「判決は、厚生大臣が八七年四月時点でミドリ十字に指示・警告させる権限を行使しなかったことは「裁量の範囲内で違法とはいえない」とした。製薬会社の過失を限定的にとらえた点を含め、物足りない判断と言わざるを得ない。」
 「薬害によるものも含め、国内のC型肝炎感染者が二百万-二百四十万人という膨大な数に達したことを忘れるべきではない。
 舛添要一厚労相は「訴訟と、目の前の困っている方を助けることは別」と、公費助成などの対策を進める考えを示した。
 和解には応じない姿勢だが、これまでの経緯や感染者数などから、放置できない状況にあることを、国は認識すべきだ。」


中国新聞:肝炎仙台判決 患者救済の道閉ざすな
 「「国の賠償責任」を認めてきた司法の判断が覆った。仙台地裁できのうあった薬害C型肝炎訴訟の判決内容は、原告の患者や遺族、支援者だけでなく、多くの国民にとっても納得しがたいものだったのではないか。」
 「昨年から今年にかけて出された大阪、福岡、東京、名古屋の各地裁の判決に比べても異質である。これまで積み重ねられてきた薬害訴訟の司法判断が大きく後退したとの印象がぬぐえない。」
 「今回の判決を受け、「五連敗」を免れた厚生労働省内に安堵(あんど)の空気が漂ったという。思い違いもはなはだしいと言わざるを得ない。」


沖縄タイムス:国は責任を認め救済を
 「C型肝炎ウイルス感染者は推定二百万人から二百四十万人、B型肝炎を合わせると三百二十万人から三百九十万人に上るという。死の不安におびえながら、生活している人たちだ。
 今回の判決は、こうした患者の苦しい実態に目を背けたとはいえないか。原告側が「薬害の本質に触れていない官僚的な判決だ」と厳しく批判しているのは当然である。」
 「国は司法判断に委ねるのではなく、患者の苦しさと向き合い、責任を認めるべきだ。それが積極的な被害者救済策となる。」


琉球新報:薬害肝炎訴訟 肝要なのは救済策の着手
 「薬害肝炎訴訟全国原告団と弁護団が「国の薬事行政に対し批判的考察をせず、(血液製剤の)有効性を過大視し、危険性を矮小(わいしょう)化した」との声明を出したのは当然だ。
 国は免責された、と受け止めるのは早計だ。危険を放置し、被害を拡大させた責任については、積み上げてきた4つの判決によって明確に示されている。」
 「放置していては被害者を増やすだけだ。国は幅広い救済策を早急に確立すべきだ。」

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-08 00:00 | 東京から
薬害肝炎仙台判決後の記者会見
本日午後4時30分から、薬害肝炎弁護団・原告団は、東京霞ヶ関の厚生労働省記者クラブで、記者会見を行いました。

原告たちは、仙台地裁の不当判決に対し、「僕は仙台判決を楽しみに行ったのに、残念な日になりました。くやしいです」(東京原告8番)、「冷酷な判決でした。これまでの4つの判決を分かりながら、全く考慮せずに、あのような判決を出すのは冷酷です。やりたい放題の薬事行政を仕方ないとする判決では、薬害はなくなりません。仙台判決には、正義も真実も、全くありません」(九州原告の福田衣里子さん)、「仙台判決は、人間としての尊厳を無視しています。350万人の肝炎患者が一緒に闘おうという気持ちになっています。国会でも国民の問題であると理解し始めて、動き出しつつあります。そういうことを全く無視した判決です」(原告団代表の山口美智子さん)と、口々に怒りを訴えました。

東京原告の浅倉美津子さんの涙ながらのコメントです。
 今回は、女性の裁判官だから、きっとよい判決を出すと信じていました。しかし、法廷に入ってくる姿を見て、冷たいものを感じました。 国側の、官僚側の立場に立った不当な判決です。
 私たちは、慢性肝炎、肝硬変です。57歳で亡くなった人もいます。その姿を、あの裁判長は知っていたのでしょうか。怒りが込み上げてきて、具合が悪くなりそうです。4つの裁判所の判決に逆行する、時代遅れの判決です。
 重篤性も有用性も、私たちの主張とは全く逆です。私たちにとって、これからの活動に、強いものを奮い立たせました。
 不当な判決であると、みなさんのペンで書いて下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-07 22:00 | 東京から
不当な仙台判決に対する声明
本日、薬害肝炎の仙台地裁判決(畑中芳子裁判長、中丸隆、松本英男)が言い渡されました。
→毎日新聞記事参照

医薬品の安全性や国民の生命身体を守ることを軽視した、微塵の正義もない不当判決です。
薬害肝炎原告団・弁護団の声明は以下のとおりです。

                            2007年9月7日

                 判決に対する声明


                       薬害肝炎訴訟全国原告団
                       薬害肝炎訴訟全国弁護団


 本日,仙台地方裁判所において,薬害肝炎仙台訴訟の判決が言い渡された。本判決は,全国5地裁に係属していた薬害肝炎訴訟の最後の地裁判決である。
 本判決は,薬害肝炎被害に対する国の加害責任を否定した,極めて不当な判決である。その理由は以下のとおりである。

 これまでの4地裁判決は,血液製剤による肝炎感染被害という本件薬害の本質に対する洞察に基づいて,国の法的責任を認めてきた。

 大阪地裁判決は,承認当時から薬務行政の杜撰さを指摘した上で,集団感染発覚後の国の責任を断罪した。福岡地裁判決は,大阪判決同様,杜撰な薬事行政が継続していたことを受け止め,1977年の米国FDA承認取消以降の国の法的責任を認めた。東京地裁判決は,本件薬害が,広範な適応外使用の放置により拡大したとの認識のもとに,1987年,88年の国の警告義務違反を認めた。名古屋地裁判決は,肝炎感染の危険性を極めて重視し,フィブリノゲン製剤のみならず,第Ⅸ因子製剤についても,1970年代後半以降の国の責任を認めた。

 これに対し,本判決は,旧厚生省が行ってきた薬務行政に対する批判的考察を行わず,血液製剤による肝炎感染被害拡大という本件薬害の本質に対する洞察を欠いたまま,有効性を過大視し,危険性を矮小化し,国の責任を否定した。

 これまでの薬害肝炎4地裁判決が認めてきた国の加害責任は,かかる杜撰な不当判決によって,何ら揺るがされるものではない。

 わたしたちは,4判決が積み重ねてきた国の加害責任に基づき,国及び製薬企業に対し,本件被害に対する全面解決を引き続き求めていく所存である。
                                      以上

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-07 12:00 | 薬害肝炎資料室