薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
薬害肝炎訴訟支援チャリティコンサート 夢これから・・・
d0081819_19373289.jpg 薬害肝炎訴訟支援チャリティコンサート夢これから・・・まで、あと2週間です。

日時    2月2日(土)午後1時開場
場所    市川市民会館
入場料  1000円以上(収益金は原告団へのカンパとなります)
主催    Le voci
 【お問合先】電話:070-5022-7453 メール:otoiawase@le-voci.com
後援   市川市社会福祉協議会
      千葉肝臓友の会
      薬害肝炎訴訟を支える会・千葉
      薬害肝炎全国弁護団


薬害肝炎問題については、既に解決ともとれる報道もなされておりますが、350万人のウイルス性肝炎患者のうち、血液製剤の投与を立証できる約1000人に対して賠償がなされる枠組みが作られたに過ぎません。
 臨時国会に提出されていた肝炎治療費支援法は採択に至らず継続審議となる等、恒久対策は何ら実現しておりません。また、直接の加害者である企業の責任を明確にすること、真相を究明すること等々、残された課題は山積しております。
 これら問題を解決していくうえでは、多くの方の支援が必要です。すべてのウイルス性肝炎患者が安心して治療を受けられるようにするため、是非この企画にご参加ください。
 なお、当日は、千葉在住の実名公表原告である久野郁子さんも登壇しご挨拶いたします。
 ご参加いただける方は直接会場にお越しくださるようお願いいたします。

(薬害肝炎メルマガより)

[PR]
by kanen-relay | 2008-01-18 00:00 | 東京から
「薬害肝炎」全面解決への礎-基本合意書調印式,福田首相面談-
 2008年1月15日午後4時,厚生労働省において,薬害肝炎訴訟全国原告団・弁護団と国(厚生労働大臣)との間で,基本合意書の調印式が行われました。

 基本合意書は,1月11日の薬害肝炎救済法(略称)の成立をふまえ,全国5地裁・5高裁で審理中の薬害肝炎訴訟を,今後,順次和解によって終了する上での基本的事項を定めるものです。
 基本合意書の中で,国は,薬害肝炎の甚大な被害が生じ,被害の拡大を防止し得なかったことの責任を認め,被害者と遺族に心からお詫びするとともに,今回の事件の反省をふまえ,命の尊さを再認識し,薬害再発防止に最善かつ最大の努力を行うことを誓いました。
 また,恒久対策及び薬害再発防止対策について,国(厚生労働省)は,原告・弁護団と継続協議することも合意されました。

 基本合意書への調印後,舛添要一厚生労働大臣は,改めて薬害肝炎被害発生と拡大を防げなかった国の責任を率直に認めてお詫びすると述べた上で,命を大切にする厚生労働行政,二度と薬害を起こさない行政の舵取りをしっかり行いたい,また,総合的な肝炎対策を進めたいとの決意を表明しました。
 これに対し,全国原告団の山口美智子代表は,ようやく全面解決への土台ができたことを喜ぶと同時に,原告団は険しい細い道を登って頂上にたどり着いたが,まだ救済されない多くの患者がいることを指摘し,肝炎患者が皆頂上に着けるよう,国が確実な道,しっかりとした道を作って欲しいと要請しました。
 その後,参加した60名余の原告一人一人と舛添大臣が握手を交わし,調印式は終了しました。

 引き続き午後5時から,官邸において,原告団・弁護団と福田康夫首相の面談が行われました。福田首相は,提訴から5年あまり原告団にいろいろな苦労・心配をかけたこと,亡くなった原告もいること等にふれ,行政の代表としてお詫びしたいと述べました。
 その上で,福田首相は,本件の反省に立って薬害の再発防止に努め,肝炎患者への総合的医療をしっかりやっていきたいと決意を述べ,原告団に対し,今後も忌憚のない意見を聞かせて欲しいと要請しました。
 これに対し,原告団から山口美智子代表,出田妙子さん,武田せい子さん,浅倉美津子さん,金田和子さん,福田衣里子さんが,それぞれ5年間の苦しい闘いを振り返り,今日の日を迎えた感慨を述べつつ,薬害根絶と全国350万人のウイルス性肝炎患者全員への早急な支援策の必要性を改めて訴えました。
 続いて,川崎二郎議員が肝炎患者に対する治療費助成策と原告団との和解について発言した後,再度,福田首相が原告団のこれまでの活動をねぎらい,原告一人一人と握手を交わして,面談は終了しました。

 2002年10月の提訴以来5年余,原告団・弁護団・支援者の粘り強い取組みの上に,ようやく,薬害肝炎問題全面解決への礎が築かれました。
 原告団は,この5年間,薬害肝炎感染被害に苦しみながら,いのちを削って,「薬害被害者全員一律救済」と「350万人のウイルス性肝炎患者が安心して治療を受けられる社会」を求めて活動し続けてきました。司法・行政・立法,それぞれに立ちはだかる壁は厚く,原告団は幾度となく失意の涙を流しましたが,その都度涙を振り払い,挫けることなく立ち上がっていったのです。
 原告団の真摯な訴えは人々の心を動かし,多くの方々が,ハンカチメッセージ,メール,署名等で支援を表明し,また,法廷傍聴,議会や官邸への要請,座り込み,街頭宣伝,団体要請,集会・学習会等に参加して下さいました。国に早期全面解決を求める地方議会決議も全国各地から次々出されるようになりました。昨秋の「418人の命のリスト」問題以降,連日のマスコミ報道によって,薬害肝炎問題は,早急に解決すべき国政の重要課題として,広く社会に認知されるところとなりました。
 一人一人の力は小さくても,これらが合わさって大きな流れとなるとき,国を動かし,社会を変えることができるのです。

 薬害肝炎問題は基本合意書締結によって全てが解決した訳ではありません。
 加害企業(田辺三菱製薬(株),日本製薬(株))の責任問題,真相究明と再発防止,カルテ等の証明手段がなく救済を阻まれる被害者を含め,全国350万人のウイルス性肝炎患者への総合的な支援策の問題など,課題は山積しています。
 全面解決の大海原へたどり着くためには,国民一人一人が,国・製薬企業の対応を注視し,声を上げ続けることが不可欠です。引き続き,原告団・弁護団の闘いへのご支援をよろしくお願いいたします。

(東京弁護団・伊藤)
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-15 23:59 | 東京から
薬害肝炎東京原告団会議で承認
 本日13時から、東京都内で、薬害肝炎東京原告団会議が開かれました。1月11日に薬害肝炎救済法が成立、明日15日には基本合意書に調印することになっていますが、この基本合意について、東京原告団として承認するかどうかを決定をするためです。

 1月12日には、福岡原告団と仙台原告団が、昨日13日には名古屋原告団が会議を開いており、いずれも全員一致で、基本合意を締結することを承認しました。本日14日には、東京原告団と同時に、大阪原告団も会議を開きました。

d0081819_1925456.jpg 東京原告団会議には、原告35名(家族・遺族を含めて42名)が参加しました。議長は、実名原告の浅倉美津子さんが務めました。
 まず、弁護団の弁護士から、薬害肝炎救済法が成立に至るまでの経緯、救済法の内容、基本合意案の内容を説明しました。その後、質疑応答と意見交換をしました。

 原告たちからの質問が一段落したとき、亡原告13番さんの妹さんが手をあげ、これまでの山口美智子全国原告団代表をはじめとする実名原告たちの毎日の活動をねぎらい、心から感謝したいとの発言をされました。そして、東京の実名原告として毎日のように仕事を休んでまで頑張ってきた浅倉美津子さんに、会場の原告団みなで拍手を送りました。

 浅倉さんは、「この場に13番さんがいないのが残念です。ここまで、マスコミや世論が盛り上がったのは、死の間際に残された13番さんのメッセージ(のビデオ)があったからです。そのお陰で法案が成立し、合意が成立することになりました。でも、13番さんのビデオテープがテレビで何度も流れる映像は、遺族としてはお辛かったことでしょう。どうも有難うございます。」と応えました。

 また、実名原告の山本さん(新潟県在住)は、「ここまで来たのは、実名原告の活動や家族や周囲の人たちの支えがあったから。(救済法では)救済されない方々にも、治療費助成で何とかできたらいいと思います。そのために、私ができることをやっていきたい。」と発言されました。

 第二陣の原告である久野郁子(千葉県在住)さんは、「この2年間の活動だけでも大変だった。このことを思うと、第一陣の原告の方々に感謝しつつ、第二陣は、(救済法では)救済されない方々のために頑張っていきたい。」との決意を述べられました。

d0081819_1934242.jpg そして、会場の東京原告全員が、基本合意を締結することに賛成するとの決議をしました。決議後、浅倉さんは、「基本合意では、今後も国と継続協議ができる場を設定することになっています。原告になれない人たちのために、医療費助成が受けられるように、もう一踏ん張りしましょう。」と、挨拶されました。原告たちは皆、うなづき合いました。

 会議の最後に、原告団の今後の課題として、被告製薬企業にも薬害の責任を認めさせて謝罪してもらうこと、基本合意にある国の恒久対策義務を監視し実現させることなどを確認しました。

 東京原告団会議を終了した頃、大阪原告団からも、基本合意の締結を全員一致で承認したとの連絡が入りました。 

 いよいよ明日は、福田総理大臣面談と基本合意の締結です。

(東京原告団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-14 15:00 | 東京から
薬害肝炎救済法の法案提出から成立まで
 2008年1月11日に薬害肝炎救済法が成立しました。法案成立までの経過を報告します。

 年明けになり,議員立法の形で薬害肝炎救済法案が提出されました。内容は,昨年末の与党PTと原告団・弁護団との合意に基づくものであり,一早い成立が求められました。

 2008年1月8日,まず衆議院で審議が始まりました。朝8時半から開かれた厚生労働委員会では,原告団の山口美智子さんをはじめ4名の方が参考人として意見を述べました。

 山口さんは,
 ・法律案に本件が薬害事件であると明記されていること
 ・国に薬害C型肝炎の発生責任,拡大責任があると認めていること
 ・今回の薬害事件の反省を踏まえ,政府に対し,薬害の再発防止に最善かつ最大の努力義務を課したこと
 ・投与の時期を問わず,薬害C型肝炎の感染被害者を一律救済するとしたこと
の4点を評価するとともに,カルテ等が廃棄されたために製剤を投与されたことが証明できない人たちは,この法律案によっても救済されないことなど課題はまだ山積していることを指摘しました。とても立派な意見陳述でした。

 その後,法案が全会一致で可決されました。さらに,同委員会では,救済範囲の拡大や給付金申請期間の延長の検討,ウイルス性肝炎患者の医療費助成,先天性患者への必要な措置,他の血液製剤に関する被害調査・必要な措置の早期実現を求めた委員会決議が行われました。

 その後,昼には公明党が原告を招いて集会を開きました。参加した原告・弁護団によると,とても盛り上がったそうです。与野党問わず,この法案を何としても成立させたいという決意が表われています。

 午後には衆議院本会議が開かれ,全会一致で可決し,参議院に送付されました。

 1月10日には参議院の厚生労働委員会が行なわれました。

 ここでも原告団の山口美智子さんをはじめ4名の方が参考人として意見を述べました。山口さんは,訴訟における自らの意見陳述を読み,原告1人1人がC型肝炎に感染させられ,健康を,人生を,命をも奪われた被害者がいることを理解してほしいと訴えました。さらに,薬害肝炎救済法だけでなく,多くの肝炎患者が救済されるためにも肝炎対策の医療助成等の法案も一早く成立させてほしいと訴えました。

 その後,法案は全会一致で可決しました。さらに,同委員会では,全ウイルス性肝炎患者に対する総合的な対策,血液製剤に関する調査実施とカルテ等の保存の必要な措置,先天性患者への必要な措置,他の血液製剤に関する被害調査・必要な措置の早期実現,総合的対策推進のため「肝炎対策推進協議会」設立などを求める委員会決議が行なわれました。

 1月11日,いよいよ参議院での採決です。当日駆けつけた原告・弁護士が予定よりも多かったため,私は,大阪弁護団の山西事務局長とともにみんなを見送り,面会所のロビーでテレビで本会議を見ていました。

 厚生労働委員長からの報告,そしていよいよ可決です。
       「賛成239,反対0
 見事に誰1人の反対もなく,可決・成立となりました。

 いよいよ基本合意書の締結,総理大臣との面会を迎えます。

 しかし,まだまだです。薬害肝炎に関して言えば,まだ企業の責任を明確にしていく闘いがあります。投与の事実が証明できない多くの人の救済も大きな課題です。

 また,法案の対象に含まれていない先天性のケースや,予防接種等によるB型肝炎肝炎感染被害もあります。そして,350万人いると言われるウイルス性肝炎患者が安心して治療を受けられる態勢をつくっていかなければなりません。

 これまでの多くの方々のご支援に厚く御礼を申し上げますとともに,今後ともこうした様々な課題に一緒に取り組んでいただきますよう改めてお願い申し上げます。

(東京弁護団・なかがわ)

※ 薬害肝炎救済法の正式名称は、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」です。
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 23:00 | 東京から
H20.1.11福田内閣総理大臣の談話(全文)
 本日、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法が成立いたしました。

 これら製剤による感染被害者とその遺族の方々は、これまで長きにわたって、心身ともに言葉に尽くせないほどのご苦労があったと思います。感染被害者の方々に甚大な被害が生じ、その被害の拡大を防止できなかったことについて、率直に国の責任を認めなければなりません。感染被害者とその遺族の皆さまに心からお詫び申し上げます。

 私自身、一日も早くこの問題を解決したいと思ってまいりました。大阪高等裁判所における和解協議にも誠実に対応してまいりましたが、地方裁判所ごとに異なる内容の判決が出されてきたC型肝炎訴訟について、司法の判断を踏まえつつ、一方でこれらの製剤による感染被害者の方々の一律救済の要請に応えるには、現行法制の下では限界があり、議員立法による全面解決を決断いたしました。

 一日も早い救済を実現するために、与党と弁護団との精力的な協議、迅速な立法化作業、会派を超えて国会での速やかな対応が行われ、本日、法案が成立し、長年にわたるC型肝炎訴訟の解決が図られることになりました。心より感謝を申し上げます。

 感染被害者の方々は、国に対し、肝炎対策の充実を要請してこられました。その懸命な活動が一つの契機となり、政府・与党において肝炎対策について真剣に検討を進めることになりました。

 その結果、無料で受けられる肝炎ウイルス検査を拡大するとともに、来年度から国と地方公共団体が協力して7か年で総額1800億円規模のインターフェロン治療に対する医療費助成を行うこと等を内容とする新たな肝炎総合対策を実施することといたしております。これにより、肝炎の早期発見、そして必要な方々すべての早期治療が進むことを期待いたしております。

 さらに、今回の事件の反省に立ち、薬害を繰り返してはならないとの決意のもと、命の尊さを再認識し、医薬品による健康被害の再発防止に向けた医薬品行政の見直しに取り組んでまいります。

 改めて、長年にわたる感染被害者の方々のご労苦にお詫び申し上げるとともに、再発防止に最善、最大の努力を重ねることをお約束いたします。

首相官邸ホームページ
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 22:59 | 薬害肝炎資料室
H20.1.8衆議院厚生労働委員会の委員会決議(全文)
   ウイルス性肝炎問題の全面解決に関する件

 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎ウイルスの感染という薬害事件は、多くの被害者を生んだが、これ以外の要因によるウイルス性肝炎感染者も多数おり、それらの方々は症状の重篤化に対する不安を抱えながら生活を営んでいる。このような状況を踏まえ、政府は、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」の施行及び今後の肝炎対策の実施に当たり、次の事項について適切な措置を講ずるべきである。

一 「投与の事実」、「因果関係」及び「症状」の認否に当たっては、カルテのみを根拠とすることなく、手術記録、投薬指示書等の書面又は医師、看護師、薬剤師等による投与事実の証明又は本人、家族等による記録、証言等も考慮すること。

二 法律の施行の日から五年に限られている給付金の支給の請求については、施行後における請求状況を勘案し、必要があると認めるときは、その期限の延長を検討すること。

三 約三百五十万人と推計されているウイルス性肝炎患者・感染者が最良の治療体制と安心して暮らせる環境を確保するため、医療費助成措置等の早期実現を図ること。

四 先天性の傷病の治療に際して血液製剤を投与されウイルス性肝炎に感染した者への必要な措置について、早急に検討すること。

五 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤以外の血液製剤の投与によるウイルス性肝炎の症例報告等を調査し、その結果を踏まえて受診勧奨等必要な措置について、早急に検討すること。

 右決議する。
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 22:58 | 薬害肝炎資料室
福田衣里子さんの手記(産経新聞より)
 薬害肝炎九州原告の福田衣里子さんが、1月11日付産経新聞に手記を寄せました。以下、福田さんの手記の全文です。

 やっとここまでたどり着けた。

 ここ数カ月、薬害肝炎問題が、マスコミで取り上げられるようになった。しかし、実際の私たちの闘いは、5年以上におよぶ。私は、23歳の時、この訴訟に加わり、現在27歳になる。肝炎のこと、薬害のことを話しても多くの人が何のことだか分からない。ビラを配ってもだれも受け取ってくれない。そんなころから今日まで闘ってきた。治療をしながらの活動は、耐え難かった。副作用がひどく、人と話すことも、会うことも嫌だった。しかし、この問題を、もっとたくさんの人に、伝えなければいけない。その思いから、話したくない、思いだしたくもない、つらい話を、4年間、毎日のように話し続けた。そして、ここ数カ月は、毎日のように国会に通い続けた。

 この裁判が350万人の肝炎患者のためになるのだと信じていたから、あきらめなかったし、そのためにも、譲れないものがあった。

 自分たちだけのための裁判であれば、きっと、とっくにやめていただろう。

 利益優先の、身勝手な思いがうんだ、「薬害肝炎」。そんな人間の対極に居続けたい。命を救う役に立ちたい。その思いだけだった。

 今、ようやく、国を動かし、法律の制定へと進むことができた。

 ゆるぎない思いと理念をもって、仲間とともにあきらめることなく闘い続けることで、到底難しく思えることも、なしえるのだと、うれしく思った。

 しかし、これは、350万人に及ぶすべての肝炎患者のためのより良い医療費助成、恒久対策へとつながる土台ができたに過ぎない。この法案で救済されるのは、ごく一部。これから、私の闘いの第二幕がはじまるのだと思っている。

 私の望むことは、提訴当初から変わらず、すべての肝炎患者が、少しでも、不安や負担なく、治療できる体制を作りたいということだ。そして、薬害を根絶したい。自分だけでなく、家族や周りをも苦しめ、健康だけでなく、人生にまで被害を及ぼす、このような悲劇を繰り返してはいけない。大切な人に一日も長く生きていてほしい。大切な人のために一日も長く生きていたい。だれもが、思うことだ。

 命の重さは、みんな同じで、命以上に大切なものはない。もっと、心豊かな国になってほしい。そのために、何かできることがあるとしたら、し続けたい。

[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 01:00 | 九州から
薬害肝炎救済法で対象となる方々
 平成20年1月11日に薬害肝炎救済法が成立いたしましたが、この救済法で救済の対象となる方は、以下の2つの条件を満たす方です。

1. 昭和39(1964)年から平成6(1994)年頃までの期間に血液製剤(フィブリノゲン製剤あるいは第9因子製剤)を使用されたことが、何らかの手段で証明できる方
2. 血液製剤により、C型肝炎に感染された方(現在、既に治癒された方も含む)

 上記の条件を満たしているか否かは、各地裁判所において訴訟を提起し、各地裁判所が上記2点を証明できるか否かを判断します。
 上記2点が証明できれば、遺族の方も救済の対象となります。

■ 原告になるためには
 血液製剤の投与されたか否か、本人には知らされていない場合がほとんどです。
 ひとまず、弁護団にご相談いただければ、投与の事実の確認方法についてアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

■ 弁護団の連絡先
 薬害肝炎弁護団の連絡先(電話相談、メール相談)については、全国弁護団のホームページをご覧下さい。
 なお、現在、多数の相談電話が寄せられているため、電話が大変かかりにくい状況となっております。何度もおかけいただくことになり、お手数となり恐縮ではございますが、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 00:00 | 薬害肝炎とは?
今年も肝炎患者の救済のために
d0081819_1485077.jpg


 あけましておめでとうございます。

 昨年は、年末の福田首相の救済法案提出表明により、薬害肝炎事件が解決にむけて大きく前進しました。
 皆様のご支援・ご声援に心からお礼申し上げます。

 昨年、原告団は、街頭や、国会、官邸前など様々な場所で必死に解決を求めてアピールしました。この原告団の行動は大きく報道され、世論となり、政治を動かしました。

 私も、原告団と共に行動しているとき、手応え、皆様の熱い声援をひしひしと感じました。銀座4丁目で宣伝していて、署名板に人が列を作る、署名に縁の無いようなきれいな人が署名して、がんばって下さい、と声をかけてくれる。こんな経験は初めてです。
 何も落ち度のない、そして力のない被害者が、状況を打開するために、大きな権力に立ち向かい、自分に鞭を打って必死に支援を訴え、泣いて、怒って・・・・・・しかも自分たちだけでなく、全ての肝炎患者の救済を掲げ、謝罪と責任を求めてたたかう・・・・・・
 国は、原告の必死の叫びが通じずに冷たい対応に終始・・・・・・

 このがんばりが社会に通じ議員の先生方の心も動かした、と思います。

 今回、報道でおやっ?と思ったところがあります。テレビで、原告が街頭でマイクなどでアピールしているシーン、ビラ撒きで通行する人がビラを受け取るシーン、署名に協力しているシーン、原告団が歩いているシーンがずいぶん報道されるのです。
 原告の必死の思いが、マスコミに通じ、「原告がこんなに頑張っているのだから、世論も応援してほしい」ということなのかもしれません。

 さて、薬害肝炎事件はまだ、解決したわけではありません。
 被告との基本合意を締結すること(特に企業との和解の話は進んでいません)、被害者をきちんと掘り起こし救済すること、肝炎総合対策の道筋をつけること等の大きな課題があります。
 引き続いてのご支援・ご声援よろしくお願いいたします。

 薬害肝炎訴訟を支援する会・東京は、オアシス法律事務所に事務所を置いています。年末だけで、たくさんの署名・ハンカチメッセージ・カンパがよせられました。とても感激です。励まされます。

 弁護団のホットライン(電話相談)にも電話が切れないくらいたくさんかかってきます。

 大変な肝炎の苦痛・被害、病院に問い合わせたけれどもカルテが廃棄されてしまっていたという悔しい思い、電話を受けて気持ちが沈んでしまうこともたくさんあります。原告になれない肝炎患者のために頑張らなければならないという決意が高まります。

 現在、国会では与党の肝炎対策基本法案、民主党からは肝炎医療費援助法案が出され、政府はインターフェロン治療費助成援助を打ち出しています。しかし、これらはまだまだ肝炎患者の救済のためには通過点としか言えないものであり、肝臓病患者会等とも協力・連携しながら肝炎総合対策を前進させなければならないと思います。

 今年もよろしくお願いいたします。

(東京弁護団・小松雅彦)
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-04 00:00 | 東京から