薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
B型肝炎訴訟弁護団のご紹介
 薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎感染被害ですが、薬害肝炎訴訟とは別の肝炎に関する裁判で、「B型肝炎訴訟」があります。

 B型肝炎訴訟とは、B型肝炎患者・感染者が、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、注射針・筒を連続使用した集団予防接種にあるとして、国を被告として損害 賠償を求めた裁判です。

 B型肝炎訴訟弁護団が、新たにホームページを開設されたということですので、詳細は、そちらをご覧下さい。B型肝炎ホットラインへの連絡先も掲載されています。

B型肝炎訴訟弁護団のホームページ
 http://www.b-kan-sosho.jp/


 【B型肝炎訴訟弁護団の連絡先】
 〒060-0042
 札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
 公園通り法律事務所 (弁護士 奥泉 尚洋)
[PR]
by kanen-relay | 2008-03-26 12:00 | 東京から
ぜったい、終わりじゃない
 平成20年2月29日、ぼくは東京高裁で意見陳述をおこなった。ついに和解が成立するのだという思いと、「ぜったい、これで終わりじゃない。」という思いが入り混じった複雑な思いで意見陳述を終えた。
 今日平成20年3月7日、弁護団から一時金の納入について銀行口座の確認と、金額の確認を求める文書が届いた。はっきり言ってしまえば、私が7年間薬害肝炎のために尽くしてきた努力はその「用紙」で終了したことになる。終了とは言わないまでも、終わってしまうことになる。そう国は考えているだろうし、「薬害根絶」と「お詫び」の常套句を口にしながら、「丸く収まってよかったですね。」などと厚生官僚たちは話しているに違いないからだ。

 実は、私は薬害肝炎の活動を続けるにあたってひじょうに矛盾した主張を展開せねばならず、つらい思いをしてきた。それは、「医薬品の規制強化」と「医薬品の規制緩和」の相矛盾した考えをもちながら、さまざまな場面で発言をしてきたし、最終の意見陳述を終えた。

 私の母は2年ほど前から乳がんのステージⅣ、つまり終末期、ターミナルの状態にあった。母は持ち前のバイタリティで乳がんのターミナルとは思えないほど元気だったし、料理に洗濯にさまざまな家事をこなしていた。
 しかし、がんを身内にもった人なら分かると思うが、癌という病気は、手術ができない場合、「抗がん剤の数で余命が決まる。」と言われている。母は2006年の10月、使える抗がん剤がなくなり、緩和ケアの移行をすすめられた。緩和ケアとは、がんにともなう精神的、肉体的、スピリチュアル的な苦痛を医学的な処置によって軽減するケアのことである。

 ぼくと弟は抗がん剤をあきらめたくなくて、近くに開業したばかりの国立がんセンター腫瘍内科の医長を勤めたことがある医師のいるクリニックを訪ねた。結局、母はそこでジェムザールという現在肺がんなどしか適応が認められていない、つまり使うことが許されていない抗がん剤を使って治療した。効果は劇的と言えるほどで、転移も再発もうまくコントロールされ、一年余りを過ごした。

 その後、体調が悪化して母は帰らぬ人になってしまったが、ぼくは何度インターネットを開いて母のために使える抗がん剤は無いか調べたか知れない。血管形成阻害剤といわれている「アバスチン」も、もうちょっと母が生きていてくれたら使えたかもしれない。

 他方、薬害被害者の訴える内容は、「医薬品承認の規制強化」であり、「薬害防止のために、もっと詳しく調べて流通ルートに載せられなかったのか」ということである。これらは、互いに矛盾しているし、大きく矛盾したそれらを埋めるためにはひとつの理念が必要になる。

 ぼくは混合診療賛成論者である。混合診療とは、肺がんの治療に肝臓がんの薬を用いるなど、適応外の薬の使用を認めていく診療のやり方である。

 ぼくは、がんの患者さんが抗がん剤を使えずに亡くなっていく姿を目の当たりにしてきた。詳述は避けるが、母もその一人だったかもしれない。
 ぼくは、最悪の薬「クリスマシン」でC型慢性肝炎になって、ペグインターフェロンとリバビリンを投与され、抑鬱と倦怠感が出てほとんど職場でも使い物にならなくなってしまった。早退して帰ることが多い。

 ぼくが薬事行政に期待したいことは、「こころの通った薬事行政を取り戻すこと」である。必要な人のところに必要な分量の薬を、必要な情報とともに届ける。届けられた患者はそれらを比較して、検討して用いるかどうか医師や薬剤師、コメディカルなどと相談する。

 最悪の薬「クリスマシン」を打たれたぼくは和解を勝ち取れたが、それをうらめしく思っているC型慢性肝炎被害者がいることをいつもこころにとめておきたい。はっきり言って、投薬証明も取れて、裁判に持ち込めて、すばらしい弁護団と出会えて、ぼくは非常にラッキーなレアケースである。

 和解の日、2月29日は、和解を勝ち取った誇らしい日でもあり、輸血で感染した人、投薬証明が取れずに苦しんでいる人たちのためにこれからも闘いを続けていかなければならない日だと理解した。

 だから、「ぜったい終わりじゃない。」

 やれるところまでやろう。今のぼくたちならできるはずだから。

(薬害肝炎東京訴訟 原告番号11番)

[PR]
by kanen-relay | 2008-03-07 00:00 | 東京から