薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
国会議員要請2日目 その2
 国会議員要請2日目の続きのご報告です。

d0081819_13372266.jpg17時30分 民主党ヒアリング(肝炎対策本部会議)
 菅直人代表代行、藤村修議員(ネクスト厚生労働大臣)、山野井和則議員をはじめとして15名以上の議員が出席されました。

 民主党は、厚生労働省の健康局結核感染症課・疾病対策課肝炎対策推進室・総務課、医薬品食品局血液対策課から、6名の役人を呼び、以下の3点についてヒアリングを行いました。
・来年度肝炎対策予算について
・国会病院機構への訪問調査によるフィブリノゲン等の投与に関するカルテ調査結果について
・B型肝炎訴訟について

 最も質問が集中したのは、B型肝炎訴訟に対する国の対応です。
 「B型肝炎訴訟について、国は和解するつもりがあるのか?」という質問に対し、役人は「お答えはできない」と言い、「最高裁の5名の原告のケースだけでは、どのような証拠が必要か分からないので、決められない。話し合いでは決められない。」と言いました。
d0081819_1338648.jpg これには、議員から、「国に責任があることを、認めていないのか。」「あなたたちの言っていることは、よく分からない。要するに、みんな裁判してくれと言っているのか。」などと質問と批判が集中しました。
 厚生労働省は、最高裁判決を何だと思っているのでしょうか。司法を軽視していると言わざるを得ません。

 B型肝炎原告の桜井さんは、「国には2度裏切られました。1度目は、集団予防接種で肝炎に肝炎させられたことで、裏切られました。2度目は、最高裁判決が出たのに、何もやってくれず、また裏切られました。」と訴えました。

 菅直人代表代行は、「財源の問題はあるが、全ての人が肝炎治療を受けられるような体制をつくっていきたい。治療を早くすれば、治療費も少なくなるという意見もある。肝炎患者の方からも案を出していただきたい。精一杯取り組んでいきたい。」と述べられました。


 民主党ヒアリングをもって、長い2日目の国会議員要請はお開きになりました。
 肝炎患者さん、B肝・C肝原告のみなさん、支援者のみなさん、お疲れさまでした!
 今後は、また全国各地の地元で、キャンペーン活動をがんばっていきましょう!
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-31 00:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
国会議員要請2日目 その1
 国会議員要請の二日目です。
 前日に引き続き、患者会、B型肝炎原告・弁護団、薬害肝炎原告・弁護団の3団体の面々は、それぞれグループに分かれて、多数の国会議員に面談を申し入れ、肝炎患者支援法の制定が必要であることを、説明に行きました。
 
 27日は、公明党と社民党によるヒアリングがありましたが、28日は、共産党、新党日本、民主党のヒアリング・会議がありました。


d0081819_825443.jpg10時30分 共産党のヒアリング

 共産党からは、小池晃議員をはじめ5名の議員が出席されました。左の写真は、共産党の議員たちに、本会合の趣旨説明をするB型肝炎全国原告団・東京原告団代表の桜井さんです。桜井さんは、まだ30代の若い原告さんです。

 B型肝炎原告、薬害肝炎原告、日本肝臓病患者団体協議会の患者、各団体から、それぞれの立場で、
・被害や肝炎の病状による苦しみ
・治療の副作用や治療体制が不十分であることによる大変さ
・ウイルス検査の受診率が低く自分が肝炎であることに気づかない人たちがいること
などを述べ、法律として肝炎患者支援法を定めることが早急に必要であることを訴えました。

 小池議員からは、「予防、治療体制、生活支援をするためには、法律の制定が必要であり、与野党で取り組むべき重要な課題であると認識している。共産党として、全政党に協議を申し入れる。」との力強い言葉をいただきました。

 なお、翌1月29日には、早速に共産党から与党に申し入れがされました。

 筆者は、B型肝炎被害者の話を、今回初めて聞きました。薬害肝炎被害者たちと同様、B型肝炎被害者たちの被害も深刻です。まさに人生被害です。
 このような被害の訴えに接すると、最高裁判決が確定しながら、B型肝炎に対し何も救済の手をさしのべようとせず、いたずらに訴訟で争う国の姿勢には、大きな疑問を感じ、怒りすら覚えます。

d0081819_8365815.jpgB型肝炎原告の佐藤さん
 「B型肝炎に感染させられたせいで、あるべき人生や地位は大きく変更をせまられました。両親から受け継いだ田畑も守れなくなりました。」

子どもに母子感染をさせてしまった匿名原告(50歳代、女性)
 「子どもから、お母さんのせいでB型肝炎になった、お母さんは肝炎が治っているから、私の肝炎のつらさが分からないんだ、と言われました。子どもの人生を狂わせてしまった。ずっと自分をせめていた。」

d0081819_826860.jpg12時30分 新党日本のヒアリング

 田中康夫代表が出席されました。当初15分と言われていましたが、田中代表と肝炎患者らの意見交換は30分以上に及びました。

 田中議員のお話は、既成の体制や、組織と個人のあり方などに及びました。被害者運動のあり方にもふれ、肝炎患者らに対し、既成の組織に頼ることのない、個人や消費者を中心にした新しい消費者運動をしていただきたいと述べられました。

 田中議員、私たちは、政党に陳情する国会議員要請だけをしているのではありませんよ。街頭に立ち、街行く個人の方々にビラを配付したり、署名をお願いしたりもしています。これは、個人や消費者を中心とした運動といえると思うのですが?


d0081819_8261985.jpg 左の写真は、母子感染をさせてしまったB型肝炎被害者の方が、田中議員に、自分の被害を語っておられるところです。


 国会議員要請2日目の続きは、その2で。
 
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-28 23:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
基本合意1周年~肝炎患者支援のための法律を!
 1月27日、28日の2日間、日本肝臓病患者団体協議会、B型肝炎全国原告団弁護団、薬害肝炎全国原告団弁護団の3団体で、肝炎患者支援のための法律制定に向けて、国会議員への合同要請行動を行います。

 この2日間で、北は北海道から、南は沖縄まで、全国から延べ260名以上の肝炎患者、被害者、弁護士、支援者たちが、この合同要請行動のために、東京・永田町の議員会館に集合しています。

d0081819_23405935.jpg11時30分 公明党ヒアリング
 太田代表をはじめとする多数の公明党の議員の方々に面談しました。

13時20分 3団体の結団式
 日肝協、B型肝炎、薬害肝炎の3団体は、「肝炎患者支援のための市民フォーラム」の結団式を行いました。同じ肝炎患者でありながら、3団体がまとまって行動するのは初めてです。お互いに、それぞれの被害や活動について理解を深めるとともに、肝炎患者支援法の制定に向けて、がんばって活動していくことを誓い合いました。 d0081819_23422092.jpg


15時30分 社民党ヒアリング

18時 基本合意1周年集会
d0081819_23455435.jpg 集会には、薬害肝炎原告団・弁護団以外にも多くの方々にご参加いただきました。
 政界からは全政党、自民党は中川秀直議員・与謝野馨議員、公明党からは坂口力議員・浜四津敏子議員・江田康幸議員ほか、民主党からは菅直人議員・仙谷由人議員ほか多数、共産党からは小池晃議員・仁比聡平議員ほか、社会党からは福島瑞穂議員などが出席されました。
 300席の会場は満席で、多数のテレビカメラも入り、熱気あふれていました。
d0081819_07598.jpg


壇上でご挨拶をいただいた国会議員の先生方(登壇順)
d0081819_23555196.jpg


会場でスライドを見ている国会議員の先生方ら
d0081819_23595812.jpg
写真の後列右側は、薬害エイズ被害者である川田龍平議員です。

 スライドでは、基本合意後1年間の活動を振り返り、これまでの成果と今後の課題を示すとともに、私たちの求める肝炎患者支援法とその必要性、肝炎患者に対する障害認定の問題点などを訴えました。


d0081819_22504054.jpg また、何と、歌手の森進一さんが集会に参加され、ご自身のインターフェロン治療の経験をもとに、肝炎患者たちに応援のメッセージを下さいました。また、タレントの向井亜紀さんにも、ご参加いただきました。
d0081819_22501634.jpg
 

 東京学生の会HEARTS、B型肝炎原告、患者会の方、薬害肝炎原告、支援の会のメンバーのエール交換があった後、薬害肝炎原告団代表・山口美智子さんの「人間の尊厳をかけて闘おう!がんばりましょう!」という力強い言葉で、一周年集会は、お開きになりました。d0081819_0141457.jpg 

d0081819_0131474.jpg
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-27 23:00 | 東京から
埼玉県・大宮駅前でのキャンペーン
d0081819_11273427.jpg 2009年1月25日,肝炎患者支援のための全国キャンペーンの一環として,大宮駅西口にて街頭宣伝行動を行いました。
 東京弁護団,埼玉県在住原告のほかにも,栃木県在住の原告,栃木県の患者会の方,埼玉県の支援者の方も参加し,賑やかな宣伝となりました。

 ご年配の方から若い方まで,様々な方がチラシを受け取ってくださり,足を止めて署名をしてくd0081819_1128013.jpgださいました。埼玉県在住の原告が前日に行った実名公表の記者会見が,当日の朝刊に載ったこともあり,「新聞を見たから」とわざわざ署名に来てくださった方もいらっしゃいました。1時間半の間に約300枚のチラシを配り,87筆のご署名をいただきました。ご協力ありがとうございました。d0081819_1130938.jpg

 参加した原告は,街頭宣伝に初めて参加した人がほとんどでしたが,チラシを受け取ってくださったこと,署名してくださったことが嬉しかったと言っていました。

 これからも全国各地でキャンペーン活動を行っていきます。引き続きご支援よろしくお願いいたします。
d0081819_11292526.jpg

(おかむら・東京弁護団) 
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-25 14:30 | 肝炎患者支援法キャンペーン
薬害肝炎訴訟基本合意後の動き
2007(平成19)年
12月23日 福田総理・総裁が薬害肝炎被害者を一律救済する法案を議員立法することを表明
12月25日 全国原告団4名が福田総理と面談

2008(平成20)年
 1月11日 指定製剤によるC型肝炎感染被害救済の特別措置法制定・施行
 1月15日 原告・政府との基本合意書締結
        全国原告団60名が福田総理と面談

 2月 4日 大阪高裁・福岡高裁で国との和解成立~以降、各地で和解成立
 2月 6日 日本製薬本社前での抗議行動

 3月17日 第1回国との定期協議(舛添厚生労働大臣出席)

続きを読む
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-23 00:00 | 薬害肝炎資料室
銀座4丁目で街頭宣伝活動
 今日は、薬害肝炎原告団が国と基本合意を締結してから、ちょうど1年になります。

 本日の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会(第9回)」の会議終了後、17時から、全国各地から上京された薬害肝炎原告たちと支援者の皆さんが、銀座4丁目で街頭宣伝活動を行っています。

 肝炎患者全国支援のためのキャンペーンのビラ「もう待てない!350万人のいのち」のビラを配布したり、肝炎対策基本法(肝炎患者支援法)の制定を請願するための署名活動をしています。

 暖かいご支援とご署名、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、2月14日の日中にも、都内で街宣活動を行う予定です(高田馬場か池袋の予定)。ご参加・ご支援いただける方は、薬害肝炎訴訟を支援する会(kanenshien-tokyo@hotmail.co.jp)までご連絡下さい。

 
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-15 17:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
新年のご挨拶~基本合意1周年
  薬害肝炎「基本合意1周年記念集会」へご参加ください

                          薬害肝炎全国原告団
                          代表 山口 美智子

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、6年間にわたる激動の裁判活動終結へと邁進した一年でした。暮れの12月14日に、最後の被告である日本製薬との基本合意書に調印したことにより、裁判上の総論的闘い『薬害肝炎訴訟』は漸く終結に向かうことになりました。このことをご報告するとともに、これまでの皆さまのご支援・ご協力に感謝申し上げます。

 この6年を思い起こせば、数々の行動の度に、私たちの傍らには、いつも皆さまが居てくださいました。各地の裁判所での期日の度に、足を運び傍聴席をいつも一杯に埋めていただきました。また、原告等の不退転の座り込みにも結集していただきました。そして、原告等と共に街宣活動や団体要請行動を続けていただきました。本当にありがとうございました。

 これからは、肝炎問題に、被告国・企業がどのように今後取り組むのかその態度を根気強く監視し、再発防止のための協議を重ねていく使命があると考えています。世論の力を借りながら、薬害肝炎原告団の最終目標である『薬害根絶』と『一般肝炎対策の実現』に向けて進んでいきます。

 そこで、今国会では、全てのウィルス性肝炎患者救済のための法律を制定させるために、全国キャンペーン『もう待てない!―350万人のいのちー』を展開(請願署名など)しています。
 また、国との基本合意締結から1年が経ったことを記念して

1月27日(火) 18:00~20:00
発明会館ホール

   (東京都港区虎ノ門2-9-14 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」下車徒歩5分)
にて
 「薬害肝炎訴訟
 国との基本合意1周年記念集会」
 

を開催致します。当日は、この1年間の原告団・弁護団の活動を報告するとともに、今後の獲得目標を明らかにして、皆さまと目標に向け心一つにしたいと思っております。皆さまのご参加をお待ちしています。

 肝炎患者のための支援法を成立させるためにも世論を盛り上げていきましょう。
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-08 00:00 | 九州から