薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2月14日の街頭宣伝
 1月27日の集会、27日・28日の国会議員面談など大きな取り組みが行われ、肝炎患者支援法制定に向けて気勢が上がりました。この勢いで頑張りましょう。さて、
2月14日(土)午後0時~1時 池袋駅東口

で、街頭宣伝を行います。

 ぜひ、多くの皆さんが参加されるようお願いいたします。

(東京弁護団・こまつ)


2月14日以外にも、全国各地で街頭宣伝活動をやっています。
参加希望などの詳細につきましては、各地弁護団事務局までお問い合わせ下さい。

 2月 7日 千葉(柏駅前)で街頭宣伝、千葉(印旛郡)で医療講演会
 2月 8日 神奈川(新百合ヶ丘駅前)で街頭宣伝
 2月15日 長崎で医療講演会
 2月19日 神奈川(関内駅前)で街頭宣伝
 2月28日 千葉(我孫子市)で医療講演会

 3月 1日 神奈川(横浜駅前)で街頭宣伝、長野(駒ヶ根)で医療講演会
 3月 3日 神奈川(関内駅前)で街頭宣伝
 3月 7日 千葉(津田沼駅前)で街頭宣伝、千葉(八千代市)で医療講演会
 3月14日 群馬(前橋市)で集会
 3月28日 長野県内で街頭宣伝

d0081819_18482858.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2009-02-04 00:00 | 東京から
もう待てない!350万人のいのち
肝炎患者全国支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

わたしたちは、「肝炎対策基本法(肝炎患者支援法)」の制定を求めています。


d0081819_15575897.jpg


 日本のB型・C型ウイルス肝炎患者・感染者は、350万人以上と推定されます。多くの患者は、集団予防接種や輸血、血液製剤の投与など医療行為で感染しました。国の感染症対策、薬事政策、血液事業などの誤りによって感染させられたのです。また、肝硬変・肝がんの死亡者数は年間4万人超、その9割以上がB型・C型肝炎患者です。現在でも、多くの患者が肝炎で苦しみ、治療で苦しみ、そして死の恐怖に直面しています。

 平成20年度から国の「新しい肝炎総合対策」(7ヵ年計画)がはじまりました。しかし、法律ではなく単年度ごとの予算措置で行われているため、いつ打ち切られるかわかりません。また、都道府県によって施策に格差が生じています。全国規模で適切な肝炎患者支援の施策を推進するには、「肝炎対策基本法(肝炎患者支援法)」の制定が必要です。

d0081819_16227.jpg


 私たちが求める法律の内容は・・・
・ B型・C型肝炎感染は国の責任である
・ 全国的な肝炎治療体制の整備
・ 医療費助成と治療中の生活支援

そして、あなたの応援が必要です。
・ 署名活動・ポスター掲示にご協力ください
・ 医療講演会・ミニ学習会にご参加ください
・ 家族・友人・知人をお誘いください

■連絡先
日本肝臓病患者団体協議会
〒161-0033  東京都新宿区下落合3-14-26-1001
TEL03-5982-2150 FAX03-5982-2151
http://members.at.infoseek.co.jp/sin594/

B型肝炎訴訟原告団
〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西13-4北晴大通ビル2階
公園通り法律事務所内
TEL011-222-2922 FAX011-222-2933
http://www.b-kan-sosho.jp/index.html

薬害肝炎全国原告団
〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩1-7-9西新小岩ハイツ506
福地・野田法律事務所内
TEL03-5698-8592 FAX03-5698-7512
http://www.hcv.jp/
[PR]
by kanen-relay | 2009-02-03 00:00 | 肝炎患者支援法とは?
肝炎患者支援のための法律を!
【前提】ウイルス肝炎感染者は350万人
全国に蔓延している「第2の国民病」に対する抜本的対策が求められている。

●Ⅰウイルス肝炎は「医原病」
ウイルス肝炎感染者の多くは医療の犠牲者である(「医原病」)。

●Ⅱ 国に感染の責任がある
【B型肝炎】予防接種によるB型肝炎感染は国の責任(最高裁判決)。
【C型肝炎】血液製剤によるC型肝炎は薬害(法律に明記)。
⇒薬事行政・血液行政・感染症対策の誤りがウイルス肝炎感染をもたらした。
 さらに、国の無策によって、感染が拡大。

●Ⅲ生活がおびやかされている
継続する通院・治療、多大な医療費、労働能力の低減から、ウイルス肝炎患者の生活はおびやかされている。
患者への生活支援は「安心して暮らす」ために不可欠。

●Ⅳ 現状の支援では不十分
・ 医療費助成制度は単年度の予算措置で実施。しかも、IFN治療費に限定され  
 ている。永続的・抜本的助成制度が必要。
・ 生活支援はない。
・ 検査体制・治療体制の整備は地方自治体任せ。地域格差が生じている。
 ⇒ 与党・7ヵ年計画による現状の支援は不十分。

【結論】肝炎患者支援法が必要!
「医療の犠牲者を救う」「国としての責任を果たす」
「ウイルス肝炎患者が等しく安心して暮らせる社会を作る」
⇒ 肝炎患者支援のための法(仮称・肝炎患者支援法)が必要!


by 肝炎患者支援のための市民フォーラム
(日本肝臓病患者団体協議会・B型肝炎全国原告団弁護団・薬害肝炎全国原告団弁護団)
[PR]
by kanen-relay | 2009-02-02 00:00 | 肝炎患者支援法とは?