薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:イベント・集会 ( 42 ) タグの人気記事
署名用紙集約のお願い
●国会も臨時国会がスタートしました。
新聞記事では肝炎患者支援法の成立の難しさが報道されていますが、報道されていることはチャンスでもあります。

10月29日には、薬害肝炎原告団代表の山口さんをはじめB肝炎訴訟原告団、患者会(日肝協)の皆さんは長妻厚生労働大臣と面談しました。
10月30日には、鳩山総理にも、面談の申し入れをしました。
まだまだ予断は許さない状況ですが、肝炎患者支援法の成立に向けて最大の山場です。


●そこで、急なお願いではありますが、署名用紙の集約をお願いします。

日肝協の署名提出行動が11月10日(火曜日)にあります。
原告団は、11月9日までに総理面談を、と申し入れていますので、この回答によっては、11月10日には大きな行動をする必要があるかもしれません。

今集まっているお手元の署名を11月5日(木曜日)までに、オアシス法律事務所にお送り下さい。
事務所の連絡先は、後記のとおりです。
原告・支援者たちが集まって、署名集約作業を11月7日に行う予定です。

  〒160-0022東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
  オアシス法律事務所  (電話 03-5363-0138)

●11月10日には、日肝協が署名提出行動(請願行動)を行うとともに、院内集会も開催します。
・ 日時  2009年11月10日 12:30~16:30
・ 会場  衆議院第2議員会館 第1会議室
・ 集合  衆議院第2議員会館 1階ロビー(12:15 時間厳守)
・ 集会名 肝炎対策基本法の制定を求める国会請願行動

日肝協の院内集会の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。


.........................

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎患者支援法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-02 11:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
今こそ患者の権利医療基本法を!
昨日10月31日、名古屋にて、患者の権利宣言案25周年記念シンポジウム「今こそ患者の権利基本法を!」が開かれました。

われらが原告団代表山口美智子さんも、シンポジストとして参加しました。
シンポのために山口さんが寄せたメッセージです。

私たち薬害肝炎患者は、その時の誤った政策によって感染し、その治療に未だ苦しみ不安を抱えています。政策に翻弄されず、医療を受ける権利が安定して保障されるために、「患者の命」を守るための基本法が不可欠です。
山口さんは、薬害被害者・患者としての立場から、患者の命を守るために、患者の権利を法制化して、誰もが必要な医療を受けられる社会にすることが必要だと訴えられました。

シンポジウムの最後には、アピール文が読み上げられました。

山口さんは、前政権下で、安心社会実現会議に委員として参加していました。
アピール文には、この会議の最終報告書が引用されていますので、全文を紹介いたします。

アピール文の全文はこちら
[PR]
by kanen-relay | 2009-11-01 12:00 | 名古屋から
肝炎患者支援法実現のための全国一斉キャンペーン結果
支援して下さった皆さん、有難うございました。
今後とも、さらに一層、肝炎患者支援法の実現のために、がんばります!

【全国19箇所の集計】
参加者451人
ビラ8700枚
署名5687筆(持ち込み1200筆含む)

各地の集計はこちら
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-26 11:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
肝炎患者支援法、全国一斉キャンペーン
2009年10月24日、薬害肝炎原告団・弁護団は、支援者の方々とともに、肝炎患者支援法の制定を求めて、全国一斉キャンペーンを行いました。
キャンペーンを行った地域は、以下のとおりです。

札幌駅前(北海道)
函館五稜郭前(北海道)
江刺肝がん検診(北海道)
旧佐々重ビル前(仙台)
海老名駅前(神奈川)
有楽町マリオン前(東京)
JR富士駅前(静岡)
大宮駅西口(埼玉)
柏駅前(千葉)
草津(滋賀)
広島駅前広場(広島)
下関駅前(山口)
唐戸(山口)
新居浜市グランドフジ前(愛媛)
西鉄福岡駅前(福岡) → 福田衣里子議員も参加しました!

10月25日 京都で行います。

10月31日11時30分~12時30分
  名鉄駅百貨店ななちゃん人形前(名古屋)
  お近くの方は、ぜひご参加を!


【問合先】
  オアシス法律事務所(担当弁護士:小松)
  東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
  TEL 03-5363-0138
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-24 20:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
全国キャンペーン活動にご支援下さい!
2009年9月25日

                           薬害肝炎全国原告団
                           代表 山口 美智子

国会が事実上閉会となった直後の[これまでの活動支援のお礼と更なるお願い]文書(7月21日付)を皆さまに書きましたのが、2ヶ月前のことでした。

『~ しかし、21日の衆院解散で肝炎法案が廃案になったからといって、これで絶望視し引き下がるわけにはいきません。それは、命の時間は刻々と費やされ、待ったなしの状況にある患者が多くいるからです。また、余命を宣告されても、仲間のために法律が制定するのを見届けるまではと、頑張る患者がいるからです。私たちは、3団体で、引き続き、全国キャンペーンを展開し、街頭宣伝や署名活動をします。そして、選挙後直ちに、次期国会や政府に肝炎法案成立を訴えます。』
と書いた通り、9月15日に、緊急院内集会(「肝炎患者支援法」の早期実現を求めて!)を開きました。

全国から3団体の患者等が衆議院議員会館に集結し、各団体から臨時国会での肝炎法案成立を求めるアピールを行いました。
また、21名の参加議員よりメッセージをもらいました。
しかし、「この臨時国会で成立させるための壁は薄くない」「もう一息、患者や原告の皆さんも全党派に要望していただきたい。」という選挙前よりトーンダウンした答弁でした。

私たちは、まだまだ奮闘しなければなりません。
全党一致で、肝炎患者支援法の1日も早い成立、医療体制の整備、肝炎患者の生活支援等の諸問題に真摯に取り組んでいただくように、強く要請しなければなりません。

そこで、10月24日(土)同日に、全国一斉街頭宣伝活動を実施します。
今回の全国キャンペーン活動に、皆さまの強力なご支援をよろしくお願いいたします。
[PR]
by kanen-relay | 2009-09-25 12:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
基本合意1周年~肝炎患者支援のための法律を!
 1月27日、28日の2日間、日本肝臓病患者団体協議会、B型肝炎全国原告団弁護団、薬害肝炎全国原告団弁護団の3団体で、肝炎患者支援のための法律制定に向けて、国会議員への合同要請行動を行います。

 この2日間で、北は北海道から、南は沖縄まで、全国から延べ260名以上の肝炎患者、被害者、弁護士、支援者たちが、この合同要請行動のために、東京・永田町の議員会館に集合しています。

d0081819_23405935.jpg11時30分 公明党ヒアリング
 太田代表をはじめとする多数の公明党の議員の方々に面談しました。

13時20分 3団体の結団式
 日肝協、B型肝炎、薬害肝炎の3団体は、「肝炎患者支援のための市民フォーラム」の結団式を行いました。同じ肝炎患者でありながら、3団体がまとまって行動するのは初めてです。お互いに、それぞれの被害や活動について理解を深めるとともに、肝炎患者支援法の制定に向けて、がんばって活動していくことを誓い合いました。 d0081819_23422092.jpg


15時30分 社民党ヒアリング

18時 基本合意1周年集会
d0081819_23455435.jpg 集会には、薬害肝炎原告団・弁護団以外にも多くの方々にご参加いただきました。
 政界からは全政党、自民党は中川秀直議員・与謝野馨議員、公明党からは坂口力議員・浜四津敏子議員・江田康幸議員ほか、民主党からは菅直人議員・仙谷由人議員ほか多数、共産党からは小池晃議員・仁比聡平議員ほか、社会党からは福島瑞穂議員などが出席されました。
 300席の会場は満席で、多数のテレビカメラも入り、熱気あふれていました。
d0081819_07598.jpg


壇上でご挨拶をいただいた国会議員の先生方(登壇順)
d0081819_23555196.jpg


会場でスライドを見ている国会議員の先生方ら
d0081819_23595812.jpg
写真の後列右側は、薬害エイズ被害者である川田龍平議員です。

 スライドでは、基本合意後1年間の活動を振り返り、これまでの成果と今後の課題を示すとともに、私たちの求める肝炎患者支援法とその必要性、肝炎患者に対する障害認定の問題点などを訴えました。


d0081819_22504054.jpg また、何と、歌手の森進一さんが集会に参加され、ご自身のインターフェロン治療の経験をもとに、肝炎患者たちに応援のメッセージを下さいました。また、タレントの向井亜紀さんにも、ご参加いただきました。
d0081819_22501634.jpg
 

 東京学生の会HEARTS、B型肝炎原告、患者会の方、薬害肝炎原告、支援の会のメンバーのエール交換があった後、薬害肝炎原告団代表・山口美智子さんの「人間の尊厳をかけて闘おう!がんばりましょう!」という力強い言葉で、一周年集会は、お開きになりました。d0081819_0141457.jpg 

d0081819_0131474.jpg
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-27 23:00 | 東京から
銀座4丁目で街頭宣伝活動
 今日は、薬害肝炎原告団が国と基本合意を締結してから、ちょうど1年になります。

 本日の「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会(第9回)」の会議終了後、17時から、全国各地から上京された薬害肝炎原告たちと支援者の皆さんが、銀座4丁目で街頭宣伝活動を行っています。

 肝炎患者全国支援のためのキャンペーンのビラ「もう待てない!350万人のいのち」のビラを配布したり、肝炎対策基本法(肝炎患者支援法)の制定を請願するための署名活動をしています。

 暖かいご支援とご署名、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、2月14日の日中にも、都内で街宣活動を行う予定です(高田馬場か池袋の予定)。ご参加・ご支援いただける方は、薬害肝炎訴訟を支援する会(kanenshien-tokyo@hotmail.co.jp)までご連絡下さい。

 
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-15 17:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
新年のご挨拶~基本合意1周年
  薬害肝炎「基本合意1周年記念集会」へご参加ください

                          薬害肝炎全国原告団
                          代表 山口 美智子

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、6年間にわたる激動の裁判活動終結へと邁進した一年でした。暮れの12月14日に、最後の被告である日本製薬との基本合意書に調印したことにより、裁判上の総論的闘い『薬害肝炎訴訟』は漸く終結に向かうことになりました。このことをご報告するとともに、これまでの皆さまのご支援・ご協力に感謝申し上げます。

 この6年を思い起こせば、数々の行動の度に、私たちの傍らには、いつも皆さまが居てくださいました。各地の裁判所での期日の度に、足を運び傍聴席をいつも一杯に埋めていただきました。また、原告等の不退転の座り込みにも結集していただきました。そして、原告等と共に街宣活動や団体要請行動を続けていただきました。本当にありがとうございました。

 これからは、肝炎問題に、被告国・企業がどのように今後取り組むのかその態度を根気強く監視し、再発防止のための協議を重ねていく使命があると考えています。世論の力を借りながら、薬害肝炎原告団の最終目標である『薬害根絶』と『一般肝炎対策の実現』に向けて進んでいきます。

 そこで、今国会では、全てのウィルス性肝炎患者救済のための法律を制定させるために、全国キャンペーン『もう待てない!―350万人のいのちー』を展開(請願署名など)しています。
 また、国との基本合意締結から1年が経ったことを記念して

1月27日(火) 18:00~20:00
発明会館ホール

   (東京都港区虎ノ門2-9-14 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」下車徒歩5分)
にて
 「薬害肝炎訴訟
 国との基本合意1周年記念集会」
 

を開催致します。当日は、この1年間の原告団・弁護団の活動を報告するとともに、今後の獲得目標を明らかにして、皆さまと目標に向け心一つにしたいと思っております。皆さまのご参加をお待ちしています。

 肝炎患者のための支援法を成立させるためにも世論を盛り上げていきましょう。
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-08 00:00 | 九州から
6月23日・田辺三菱製薬に対する行動
 明日6月23日(月)、大阪の田辺三菱製薬(フィブリノゲン製剤とクリスマシンを製造販売していた製薬会社)に対し、反省と謝罪を求める行動を行います。お近くにお住まいの方は、ぜひご参加いただき、薬害肝炎被害者たちと行動をともにしていただきたく、よろしくお願い申し上げます。

      薬害肝炎「企業モラルを正せ!抗議行動」参加のお願い

                       薬害肝炎全国原告団
                       代表 山口 美智子

 5年の歳月をかけ、支援の皆さまと共に闘ってきた訴訟も、世論の後押しを得て、今年1月「薬害肝炎救済法」が制定しました。訴訟解決に向けた一定の道筋がつき、国との和解も勝ち取ることができました。これも、支援の皆さまが私たち原告団に寄り添い、支え続けていただいた結果であると感謝申し上げます。

 この5ヶ月、「ウィルス性肝炎患者が安心して治療に専念できる恒久対策」実現に向けて、更に支援の皆さまと活動を続けていますが、世間では、肝炎問題は解決されたかのように受け取られています。また、被告製薬企業との基本合意も締結できていません。まだ、薬害肝炎問題すら終わっていないのです。

 昨年から食品の偽装が相次ぎ、私たち国民の食に対する信頼と健康を脅かした企業は、廃業に追い込まれています。医薬品は食品以上に真実が求められ、偽装は絶対許されません。ところが、被告企業は、「患者の命を守る」という製薬企業の役割を放棄してきたとしか思えません。これまでも、常に国の責任の背後に隠れ、薬害被害者を無視し続けてきました。

 国との和解が成立した今だからこそ、製薬企業には「患者の命を守る」という原点に立ち返らせ、「一人の命も奪わない」という決意を固めさせる時が、今なのです。
 私たち原告団は、企業倫理と医療消費者視点が欠落している製薬企業に対し、心からの反省と謝罪を求めたいと思います。

 これまで原告の思いを共有し共に闘っていただいた皆さま、私たち原告団の抗議行動へのご支援をよろしくお願いいたします。


【6月23日の行動予定】
12時集合   地下鉄御堂筋線淀屋橋駅1番出口を出たところ
12時~13時   ビラ配り等の街宣行動
14時   中之島女神像前集合(大阪地裁前)
14時30分   抗議パレード出発 田辺三菱製薬株式会社まで
15時   直接交渉(直接交渉拒否の場合は抗議アピール)
17時   記者会見・報告集会

【問い合わせ先】
薬害肝炎大阪弁護団
 〒530-0047
 大阪市北区西天満2-8-1大江ビル405号
 長野総合法律事務所内
 TEL06-6363-3705
[PR]
by kanen-relay | 2008-06-22 00:00 | 大阪から
千葉 訴訟説明会のご案内
 このたび,千葉県内の3都市で,C型肝炎の患者さん,そのご家族を対象に,訴訟説明会を行うこととなりました。下記の日時・場所にて開催いたしますので,是非ご参加下さい。なお,参加はすべて無料です。

<日時・場所>
■船橋
 4月29日(祝・火)14時~17時
 船橋クロスウエーブ
 http://www.orix.co.jp/x-wave/funabashi/access/index.htm
  
■千葉
 5月6日(祝・火)13時30分~16時30分
 千葉教育会館・大ホール
 http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F36%2F10.224&lon=140%2F7%2F30.659&layer=0&ac=12101&mode=map&size=l&type=static&pointer=on&sc=2
 
■松戸
 5月31日(日)10時~13時
 松戸商工会議所・大会議室
 http://www.matsudo-cci.or.jp/info/map.html

<内容>
・弁護団からの説明(30分)
・原告・患者会からの話(30分)
・個別相談(90分)
 ※多数の場合には人数を限定し,個別相談に応じることのできなかった方には,整理票を配布して,後日,電話相談とさせていただく予定です。
[PR]
by kanen-relay | 2008-04-07 00:00 | 東京から