薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:キャンペーン ( 43 ) タグの人気記事
10月30日参議院での代表質問
昨日の参議院での代表質問の内容です。
午後から原告さん,B肝訴訟の原告さんと弁護団で参議院の代表質問を傍聴しました。

午前中は,公明党,午後は共産党,社民党からも制定を求める質問が出ました。
与党である社民党からも制定しろという声が上がったのは意義があると思います。
全政党が鳩山首相を包囲しているともいうべきでしょう。

これに対して,首相の答弁は同じ答弁でした。
(答弁内容としては,「早期に」→「早急に」(早期にも聞こえる)→「早期に」「迅速に」という変化ぐらいでしょうか。)
また,署名活動についても言及しています。
全国キャンペーンの動きが伝わっているものです。

今後もみんなで頑張って,なんとしてでも臨時国会中の制定を勝ち取りましょう。
以下,動画(参議院のサイトで配信されています)の文字おこしです。

【午前】

公明党の山口那津男代表
「今後議員立法によって救済を急ぐべき課題として肝炎対策や原爆症対策があります。肝炎対策について公明党は,自民党とともに肝炎対策基本法案を提出し,成立に向けて民主党案との調整を図ってきましたが,残念ながら先の衆院解散により廃案となりました。こうした命に関わる問題は党派を超えて最優先で取り組むべきではないでしょうか。」

鳩山首相
「肝炎の患者の救済及び原爆被爆者救済のための立法措置についてのご質問でありますが,肝炎対策にかかる法制定については,従前から肝炎患者の皆様方からの大変強いご要望も頂き,法制定を求める署名活動も盛んに多く集めておられることも充分に理解をしております。したがいまして,肝炎患者の皆様がたの思いが早期にかなえられますように,そのように致すことが大事だと考えておりまして,適切に対応して参ります。」

【午後】

共産党の市田忠義書記長
「今,薬害肝炎被害者は,B型,C型を問わず,すべての政党が約束した肝炎患者の恒久対策のための支援法の制定をギリギリの思いで待ち望んでおられます。総理,今こそこの約束を果たし,今朝の答弁のような早期に適切にではなくて,今国会で直ちに支援法を実現させるべきではありませんか。総理の決断を求めます。」

鳩山首相
「肝炎患者の支援のための法制定についてのご質問を頂きました。この問題はこれまでの通りです。肝炎対策にかかる法制定について従前から肝炎患者の皆様から大変強いご希望を頂いております。法制定を求めた署名も数多く集められております。大変大事な問題だと思っておりまして,肝炎患者の皆様方の思いが早急(「早期」とも聞こえる・・・)にかなえられるようにすることが大事だと考えておりますので皆様方と一緒に,適切に対応したいとそのように考えております。」


社民党・近藤正道議員
「また,命を大切にする鳩山内閣においてこそ患者の皆さんの悲願である肝炎支援策の基本法を早期に制定すべきと考えますが如何でしょうか。」

鳩山首相
「肝炎患者の支援の法制定についてのお尋ねでございますが,これも申し上げましたように従来から肝炎患者の皆様からの大変強いご要望,署名活動も頂いているところでございまして,肝炎患者の皆様方の思いが早期にかなえられますように議員の皆様と一緒に協力をして適切に迅速に対応して参りたいと思います。」


(東京弁護団・なかがわ)
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-31 22:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻大臣面談報告
本日17時30分から20分間ほど、長妻昭厚労大臣との面談がありました。

政府・与党側の参加者は、長妻大臣、山井政務官、家西参議院議員、柚木衆議院議員、福田衆議院議員。
こちら側の参加者は、薬害肝炎原告団・弁護団のほか、B型肝炎原告と日肝協の方々でした。

まず、山口さんが、長妻大臣に対し、3団体を代表して、10月24日の全国一斉キャンペーンに触れながら、肝炎患者支援法の早期成立を求めました。

大臣からの回答は、主に3点でした。
・ 国は、みなさんを苦しめた責任がある。
・ みなさんの要望をあらゆる手段で実現したい。
・ 治療費は、概算要求で増額要求している。インターフェロンだけでなく、B型肝炎の治療費も入っている。

これに対し、山口さんが臨時国会に法案が上程されない理由を問いただしました。しかし、長妻大臣は、同じことの繰り返しを言うだけでした。

途中で、山井政務官から口をはさむような形で、「大臣は、議員立法について言える立場にない。政府と党で頑張って努力している。だからみなさんにも会っている。」との発言がありました。

すかさず、山口さんが、長妻大臣に、鳩山総理への要請に一緒に行ってくれと迫り、最後には、長妻大臣から、
・ 私から、総理に言うし、関係閣僚にも働きかける
・ 官邸に行くのであれば、私も一緒に行く
との言葉を引き出しました。

原告団・弁護団の評価としては、半歩かもしれませんが、確実に前進しています。ただ、まだまだ道筋がついたとは言えません。短い臨時国会ですが、頑張っていきます。
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-30 04:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻厚労大臣あての要請書
2009年10月27日


厚生労働大臣 長 妻  昭  殿

要 請 書
(肝炎患者支援法の成立に向けて)


薬害肝炎全国原告団 代表 山 口 美智子
薬害肝炎全国弁護団 代表 鈴 木 利 廣


【要請の趣旨】

1.肝炎患者支援法のこの臨時国会で成立させてください。

2.薬害肝炎全国原告団・弁護団と早急に面談してください。

【要請の理由】

 私たち薬害肝炎訴訟の全国原告・弁護団は,全国に350万人以上いると言われるウイルス性肝炎感染者の公的支援を求めて活動しております。

 民主党には,私たちが,薬害肝炎訴訟が救済法制定により一定の解決を迎えるまでも,また,その後のウイルス性肝炎患者全体の救済を求めるなかでも,私たちの声を聞いていただき,ご尽力いただいてきました。

 さて,去る6月30日,薬害肝炎全国原告団・弁護団は,先の通常国会において「肝炎患者支援法」が成立されるよう,鳩山代表と面談し要請させていただきました。その際,原告団・弁護団は,鳩山代表から「少なくとも民主党が政権をとった暁は国としての責任を明記する形で,皆さんの思いに応えられる法案を成立させる」との約束をいただきました。

 また同時に,鳩山代表は,衆院選マニフェスト冒頭に「一人の命も粗末にしない政治をつくりたい」と考えを示す予定であると明かされ,「これが私どもの新しい政権の極意,一番芯の考え方だと思っている」として,「(原告の)お話を伺って,お一人お一人を大事にする政治を何としても作り上げたいと痛感した。(肝炎患者支援)法案を成立させていきたい」との力強いお言葉をいただきました。

 しかしながら,民主党が政権交代を果たしたにもかかわらず,この臨時国会において肝炎患者支援法が成立する見通しは,いまだたっておりません。

 肝炎患者は、1日120人が命をなくしています。
 命に直結する政策です。もう待てません。

 この臨時国会での肝炎患者支援法の成立,そして,薬害肝炎全国原告団・弁護団との面談を,要請する次第です。
以上

[PR]
by kanen-relay | 2009-10-29 10:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
27日行動の映像です
10月27日の山口美智子原告団代表の映像です。
福田衣里子議員も一緒です。


[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 23:50 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻大臣面談の事後報告会を開きます
すでに告知したとおり、明日29日、長妻厚生労働大臣との面談があります。
17時30分から17時45分まで、厚生労働省10階大臣室で行われます。
この面談には、薬害肝炎原告のほか、B型肝炎原告や日肝協の方々も、一緒に参加します。

そして、大臣面談の後、
 29日18時~
 弁護士会館10階1008号室(東京・霞ヶ関)

にて、事後報告会を行うことになりました。

報告会では、薬害肝炎原告団・弁護団から、経過説明と今後の行動提起をする予定です。

肝炎患者支援法の制定についてご支援いただける方は、ぜひともお集まりください。

明日の厚労大臣面談の成果を次の行動につなげ、肝炎患者支援法の今臨時国会での成立を確実なものにするために、一緒にがんばりましょう!!!
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 17:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻厚労大臣と面談へ
明日10月29日15時00分から17時30分まで、第17回薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会が開催されます。
薬害肝炎原告団、弁護団のメンバーも、全国から多数、傍聴に行く予定です。

そして、17時30分から17時45分までの予定で、長妻昭厚生労働大臣と面談できることが決まりました。
山口美智子全国原告団代表たちが働きかけを行った成果です。

新厚労大臣は、全国の肝炎患者たちの思いに、どこまで応えるつもりなのか。
口先だけの患者への励ましではなく、肝炎患者支援法の早期制定に向けての具体策を示していただきたい。
原告たち、患者たちは、一日千秋の思いで、キャンペーン活動をしているのです。
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 00:10 | 肝炎患者支援法キャンペーン
鳩山首相の所信表明にがっかり
昨日、衆議院で、鳩山由紀夫首相の所信表明演説がありました。
肝炎患者たちはみな、新政権で肝炎患者支援法が成立することに期待を掛けています。

薬害肝炎全国原告団の山口美智子代表たちも、傍聴に行きました。
しかし、所信表明では、肝炎患者支援法には全くふれられていませんでした。

傍聴後の記者会見で、山口さんは、「鳩山首相の所信表明演説に、肝炎患者支援法が盛り込まれていることを期待したが、残念ながら、一言もふれられていなかった。選挙前に、『我々が政権をとれば、必ず、国の責任を盛り込んだ、皆さんが納得できる法律を成立させる。』と約束してくれたことを、必ず守って欲しい。今日、所信表明演説を傍聴して、肝炎患者支援法の成立を直接官邸に申し入れに行くことを決意した。」と表明しました。

本日の朝日新聞朝刊の社会面記事にも、山口さんのコメントが掲載されています。
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-27 12:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
肝炎患者支援法実現のための全国一斉キャンペーン結果
支援して下さった皆さん、有難うございました。
今後とも、さらに一層、肝炎患者支援法の実現のために、がんばります!

【全国19箇所の集計】
参加者451人
ビラ8700枚
署名5687筆(持ち込み1200筆含む)

各地の集計はこちら
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-26 11:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
肝炎患者支援法、全国一斉キャンペーン
2009年10月24日、薬害肝炎原告団・弁護団は、支援者の方々とともに、肝炎患者支援法の制定を求めて、全国一斉キャンペーンを行いました。
キャンペーンを行った地域は、以下のとおりです。

札幌駅前(北海道)
函館五稜郭前(北海道)
江刺肝がん検診(北海道)
旧佐々重ビル前(仙台)
海老名駅前(神奈川)
有楽町マリオン前(東京)
JR富士駅前(静岡)
大宮駅西口(埼玉)
柏駅前(千葉)
草津(滋賀)
広島駅前広場(広島)
下関駅前(山口)
唐戸(山口)
新居浜市グランドフジ前(愛媛)
西鉄福岡駅前(福岡) → 福田衣里子議員も参加しました!

10月25日 京都で行います。

10月31日11時30分~12時30分
  名鉄駅百貨店ななちゃん人形前(名古屋)
  お近くの方は、ぜひご参加を!


【問合先】
  オアシス法律事務所(担当弁護士:小松)
  東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
  TEL 03-5363-0138
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-24 20:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
全国キャンペーン活動にご支援下さい!
2009年9月25日

                           薬害肝炎全国原告団
                           代表 山口 美智子

国会が事実上閉会となった直後の[これまでの活動支援のお礼と更なるお願い]文書(7月21日付)を皆さまに書きましたのが、2ヶ月前のことでした。

『~ しかし、21日の衆院解散で肝炎法案が廃案になったからといって、これで絶望視し引き下がるわけにはいきません。それは、命の時間は刻々と費やされ、待ったなしの状況にある患者が多くいるからです。また、余命を宣告されても、仲間のために法律が制定するのを見届けるまではと、頑張る患者がいるからです。私たちは、3団体で、引き続き、全国キャンペーンを展開し、街頭宣伝や署名活動をします。そして、選挙後直ちに、次期国会や政府に肝炎法案成立を訴えます。』
と書いた通り、9月15日に、緊急院内集会(「肝炎患者支援法」の早期実現を求めて!)を開きました。

全国から3団体の患者等が衆議院議員会館に集結し、各団体から臨時国会での肝炎法案成立を求めるアピールを行いました。
また、21名の参加議員よりメッセージをもらいました。
しかし、「この臨時国会で成立させるための壁は薄くない」「もう一息、患者や原告の皆さんも全党派に要望していただきたい。」という選挙前よりトーンダウンした答弁でした。

私たちは、まだまだ奮闘しなければなりません。
全党一致で、肝炎患者支援法の1日も早い成立、医療体制の整備、肝炎患者の生活支援等の諸問題に真摯に取り組んでいただくように、強く要請しなければなりません。

そこで、10月24日(土)同日に、全国一斉街頭宣伝活動を実施します。
今回の全国キャンペーン活動に、皆さまの強力なご支援をよろしくお願いいたします。
[PR]
by kanen-relay | 2009-09-25 12:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン