薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:メディア ( 27 ) タグの人気記事
救済立法に関する各紙社説
毎日新聞 12.24
肝炎議員立法 責任を明確にする決断も要る
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20071224ddm005070023000c.html

産経新聞 12.25
肝炎救済議員立法 国の責任明確に盛り込め
http://sankei.jp.msn.com/life/body/071225/bdy0712250249000-n1.htm

朝日新聞 12.24
薬害肝炎救済―首相がやっと決断した
http://www.asahi.com/paper/editorial20071224.html

読売新聞 12.24
薬害肝炎 全面解決へ立法作業を急げ
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071223ig90.htm

日本経済新聞 12.24
首相決断を生かし実効ある救済法を
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071223AS1K2300223122007.html

北海道新聞 12.25
肝炎議員立法 責任の明記は不可欠だ
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/67637.html?_nva=28

東奥日報 12.24
全患者一律救済は当然だ/薬害肝炎和解問題
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2007/sha20071224.html

デーリー東北 12.26
薬害肝炎 全面救済向け立法化急げ
http://www.daily-tohoku.co.jp/jiten/jihyo/todayjih.htm

河北新報 12.26
C型肝炎問題/膨大な患者の救済を急げ
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2007/12/20071226s01.htm

秋田魁新報 12.25
薬害肝炎一律救済 責任明確化が次の課題
http://www.sakigake.jp/p/editorial/news.jsp?kc=20071225az

福島民友新聞 12.25
薬害肝炎救済/「国の責任」明確にすべきだ
http://www.minyu-net.com/shasetsu/syasetu/071225s.html

新潟日報 12.26
薬害肝炎立法 大事なのは救済の中身だ
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp

信濃毎日新聞 12.25
薬害肝炎 国の責任も明らかに
http://www.shinmai.co.jp/news/20071225/KT071224ETI090001000022.htm

神戸新聞 12.26
肝炎議員立法/今度こそ円満解決を図れ
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0000782463.shtml

京都新聞 12.24
薬害肝炎訴訟  決断を解決につなげよ
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20071224.html

山陽新聞 12.25
肝炎議員立法 一律救済が公約になった
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/12/25/2007122508284747003.html

中国新聞 12.24
薬害肝炎議員立法 国の責任で一律救済を
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200712240223.html

徳島新聞 12.24
薬害肝炎救済へ やっと首相が決断した
http://www.topics.or.jp/index.html?m1=10&m2=33&eid=news_119845648143&vm=1

愛媛新聞 12.23
肝炎救済へ法案 国の責任をうやむやにするな
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200712233178.html

高知新聞 12.26
【薬害肝炎】「おわび」を具体的に
http://203.139.202.230/?&nwSrl=221678&nwIW=1&nwVt=knd

西日本新聞 12.24
国の反省と謝罪も明記を 肝炎救済立法
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20071224/20071224_001.shtml

佐賀新聞 12.25
薬害肝炎議員立法 与野党協力し成立急げ
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1669&blockId=741214&newsMode=article

熊本日日新聞 12.25
薬害肝炎で救済策 「政治決断」は評価できるが
http://kumanichi.com/iken/index.cfm?id=20071225

南日本新聞 12.25
[薬害肝炎訴訟] 患者らの疑心晴らす救済法が必要だ
http://www.373news.com/_column/syasetu.php?ym=200712&storyid=8342

沖縄タイムス 12.24
政治判断でも道は開けた
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20071224.html#no_1

琉球新報 12.25
「肝炎」救済立法
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-30005-storytopic-11.html

(まとめ=東京弁護団・なかがわ)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-26 23:00 | 東京から
本日の各紙社説
社説:肝炎和解協議 これが政治決断とは情けない 12.21 毎日
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/

社説:薬害肝炎訴訟 国と原告側は妥協点探れ 12.21 産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071221/trl0712210331000-n1.htm

社説:「肝炎和解案」―解決へさらに知恵を 12.21 朝日
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

社説:口先で終わりか和解の意欲 12.21 日経
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071220AS1K2000120122007.html

社説:薬害肝炎 打開策を粘り強く探れ 12.21 東京
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007122102073889.html

社説:肝炎和解決裂 これで政治決断なのか 12.21 北海道
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/67080.html

社説:薬害肝炎訴訟/国の姿勢は無責任すぎる 12.21 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2007/12/20071221s01.htm

社説:肝炎和解決裂 一律救済がなぜできない 12.21 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp

コラム 12.21  静岡
http://www.shizushin.com/Column/Daijizai

社説:薬害肝炎 打開策を粘り強く探れ 12.21 中日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2007122102073838.html

社説:薬害肝炎和解協議 被害者を幅広く救済せよ 12.21 岐阜
http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/

社説:薬害肝炎訴訟 政治の責任で交渉再開を 12.21 富山
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm

社説:薬害肝炎訴訟 政治の責任で交渉再開を 12.21 北國
http://www.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm

社説:薬害肝炎和解打ち切り 被害者救済に踏み込め 12.21 福井
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news6/index.php

社説:肝炎和解決裂へ 線引きせずに救済せよ 12.21 中国
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200712210229.html

社説:薬害肝炎和解協議 なぜ救済できないのか 12.21 徳島
http://www.topics.or.jp/index.html?m1=10&m2=33

社説:【肝炎和解協議】 さらに努力を求めたい 12.21 高知
http://203.139.202.230/?&nwSrl=221497&nwIW=1&nwVt=knd

社説:これは政治決断ではない 薬害肝炎和解 12.21 西日本
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20071221/20071221_001.shtml

社説:国は和解協議継続へ努力せよ 12.21 宮崎日日
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=4216&catid=15

朝日新聞以外は、総じて、国の姿勢を厳しく指弾しています。

(まとめ=東京弁護団・なかがわ)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-21 22:00 | 東京から
本日、大阪高裁の和解期日
 薬害肝炎原告団は、12月10日の寒い中での官邸前行動もむなしく、福田総理大臣との面談もかなわないまま、本日の大阪高裁期日を迎えることになりました。
 福田総理は、薬害肝炎被害者の全員救済に向けて政治決断をすることもありませんでした。
 すでに報道されているとおり、本日の15時30分から、大阪高裁において和解骨子案が提示されることになっています。

 桜井よしこさんは、政治決断をしようとしない福田総理に対し、厳しい意見を述べています。

【櫻井よしこコラム 福田首相に申す】 国家国民のために働け
2007.12.12 21:47
 福田康夫首相はなんのために政治をしているのか。自身の政権と自民党の生き残りのためか。国家、国民のためではないのか。こう問うのには理由がある。まず、薬害C型肝炎への鈍い対応だ。 → 続きは産経新聞のサイトで。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-13 00:00 | 大阪から
世論調査でも全員救済に支持!
 報道ステーション・ANNの世論調査によれば、「福田総理は、薬害肝炎の被害を受けた患者全員に対して救済を行う政治決断をするべきだと思いますか、思いませんか?」との質問に対し、87% が「思う」と回答しました。

 福田総理!世論調査の結果をよく見て、政治決断して下さいね!
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-11 00:00 | 東京から
12月10日のTVタックル:薬害肝炎が大議論!
 ご承知のとおり、12月10日(月)夕方から総理決断要請行動を行いますが、その夜の21時から、TVタックル(テレビ朝日系)で、薬害肝炎が取り上げられるそうです。
 民主党の山井和則議員、自民党の松浪健太議員らが、薬害肝炎問題について大議論のバトルを繰り広げるとのことであり、要注目です!

 総理決断要請行動に参加される方は、21時の段階ではまだ永田町界隈にいる可能性もありますので、ぜひ録画しましょう。
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-08 00:00 | 東京から
TVタックル → ニュースジャパン → 10日与党PT
みなさん、本日のビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)をご覧になりましたか?

肝炎問題が取り上げられました。
画面右下にはちゃんと「肝炎対策はなぜ遅れたか」というクレジットも。

政治評論家の三宅久之さんは、「厚生省の不作為によって、患者が広まったことは事実。患者が多くなったということだけで、インターフェロンをやれば治るといわれているのに、二の足を踏んでいるのは、与党の怠慢だ!」と鋭い指摘。

これに対し、自民党の大村秀章議員が「与党で1年間やってきた」と反論したところが、三宅さんのほか、民主党の山井和則議員らから、口々に、「やってないですよ!」「結論出てないじゃないか!」「1日に120人の肝炎患者が亡くなっているんですよ!」など大反撃されました。

三宅さんから、「(肝炎問題は与野党間に)決定的な対立点はないんだから、話し合ってやればいいんですよ」という筋の通ったご指摘があり、議論は終了しました。

三宅さんのおっしゃるとおりです!!三宅さんは、ご自身のブログでも、薬害肝炎問題の解決に言及されています。

その後、フジTVのニュースジャパンでも、肝炎特集です。
こちらでも三宅さんはコメントをされていました。
また、自民党の萩生田光一議員もインタビューに応じておられました。番組で、チラっとうつった萩生田議員のブログはこちらです。

さて、明後日10日午後は、自民・公明両党の肝炎対策に関するプロジェクトチーム(PT、座長・川崎二郎元厚生労働相)による公式ヒアリングです。
川崎座長は、これまで一度も、薬害肝炎原告被害者たちと面談して、薬害肝炎被害の実態を聞いたことがありません。今回が初めてです。明後日のヒアリングで、どう被害を受け止め、そして政策を実現していくのか。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-08 00:00 | 東京から
民主党 特定肝炎対策措置法案を提出
 本日、B型・C型肝炎に関すつ特定肝炎対策措置法案を、民主党が参議院に提出しました。法案の骨子は以下のとおりですが、詳細については民主党のHPに載っていますので、ご覧下さい。

○ 医療費助成(国が負担)

 対象者:B型肝炎・C型肝炎(初期の肝硬変を含む。)にかかり、インターフェロン治療を受けることが適当との厚生労働大臣の認定を受けた者

 医療費が支給される場合:インターフェロン治療やこれに伴う医療を、原則として、指定医療機関の中から認定の際に厚生労働大臣が定める医療機関で受けた場合に、健康保険等の自己負担分について支給

 自己負担額:月1万円(1医療機関当たり)

○ 検討

1) 政府は、この法律の施行後速やかに、インターフェロン治療以外のB型肝炎・C型肝炎の治療に対する医療費助成について検討し、必要な措置を講ずる
2)  政府は、この法律の施行後3年を目途に、B型肝炎・C型肝炎対策に係る費用の負担の在り方その他総合的なB型肝炎・C型肝炎対策の在り方について検討し、必要な措置を講ずる
→そのために
・ B型肝炎・C型肝炎の対策に関する調査研究を推進
・ 厚生労働省に、患者とその家族、医療従事者、学識経験者等を委員とする特定肝炎対策推進協議会を置き、検討に当たり、その意見を聴く


 肝炎患者の救済は、薬害肝炎原告をはじめとする多くの肝炎患者たちの願いです。国は、患者たちの願いにどこまで耳を傾け、どう議論してくれるのか。今後の国会の動きと厚生労働大臣の発言に注目です。

 なお、本日の報道ステーション(テレビ朝日系)に、九州原告の福田依里子さんが出演されますので、ぜひ見てくださいね!!
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-02 00:00 | 東京から
原告団、民主党・小沢代表と3度目の面談
すでに報道されているとおり、薬害肝炎原告団・弁護団の代表らは、本日午前、民主党の小沢一郎代表と面談しました。東京原告の浅倉さんからの報告です。

本日、民主党小沢一郎代表との三回目の面談が叶いました。

最初に小沢代表とお会いしたのは 東京判決直後の座り込みの現場に激励に来て頂いた時でした。そして参議院選挙後に肝炎対策の立法化をお願いした面談でも、責任をもって立法化する、と言って頂けました。

その立法化に向けて今日案が示され、小沢党首から「参議院に法案を提出して成立に向けて頑張っていく」との発言を頂きました。小沢党首は「あなた達の頑張りのお陰で」といった労いの言葉もかけてくださり、短い時間でしたが、強固な決意を述べてくださいました。山口さんは「肝炎患者全体の支援措置として考えて頂けて、感謝してる」と述べられました。

きょうはマスコミも沢山来てましたが、私達原告の代表である山口さんは、全く物おじせず、しっかり民主党をたてて的確に返答してらっしゃいました。私は山口さんの隣りで、ここまできた事に感激して涙が止まりませんでした。

参議院で可決されても衆議院がどうなるかわかりませんが、でもこれが和解への後押しになる!と山西弁護士も言ってましたので治療体制や訴訟の解決にも大きな一歩になったのではないでしょうか。

私は今後もこうした活動に頑張って行きます。
皆さんもどうか見守っていてください。

(東京原告・浅倉美津子)


民主党のHPは、上記模様を写真入りで報じています。

メディアによる報道は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-28 00:00 | 東京から
9月17日薬害肝炎集会に関するニュース
9月17日に星陵会館で行われた薬害肝炎がニュースで報道されました。
リンクをクリックすると、各テレビ局のHPでニュースを動画で見ることができます。

NHKニュース
薬害肝炎 解決に向け活動強化

日本テレビ
薬害肝炎訴訟 原告らが早期解決訴え集会
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-18 00:00 | 東京から
9月14日の大阪高裁期日に関する報道
リンクをクリックすると、記事全文を読めます。

朝日新聞
薬害C型肝炎訴訟、裁判所が初めて正式に和解提案
 出産時の止血剤などとして血液製剤を投与された後にC型肝炎ウイルスに感染した患者13人が国と製薬会社に損害賠償を求めている「薬害C型肝炎大阪訴訟」の控訴審第6回口頭弁論が14日、大阪高裁であり、横田勝年裁判長は、当事者双方に和解案の提出を求めた。国・製薬側は回答を留保し、患者側は来月半ばまでに出す考えを示した。患者170人以上が大阪や東京など5地裁に提訴した一連の集団訴訟で、裁判所が正式に和解を提案するのは初めて。


産経新聞
薬害C型肝炎大阪訴訟 大阪高裁が原告被告に和解打診
 「薬害C型肝炎」大阪訴訟控訴審の口頭弁論が14日、大阪高裁で開かれ、横田勝年裁判長は「和解は判決より早期に妥当な解決が得られる可能性が高い」と述べ、和解による解決を望んでいることを明らかにした。一連の同訴訟で、裁判長からの正式な和解打診は初めてで、原告側は1カ月以内に和解案を提出する方針。


中日新聞
「和解による解決望む」 薬害肝炎訴訟で大阪高裁
 汚染された血液製剤でC型肝炎になったとして、患者が国と製薬会社2社に損害賠償を求めた薬害肝炎大阪訴訟の控訴審口頭弁論が14日、大阪高裁であり、横田勝年裁判長は「和解による解決を望む」と述べ、調整を進める意向を正式に表明した。


【おまけ】
和解勧告をした横田勝年裁判官の裁判官エッセイを見つけました。ウォーキング中に、薬害肝炎についても考えていただいているのですね。きっと・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-15 01:00 | 大阪から