薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:北海道 ( 3 ) タグの人気記事
B型肝炎訴訟弁護団のご紹介
 薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎感染被害ですが、薬害肝炎訴訟とは別の肝炎に関する裁判で、「B型肝炎訴訟」があります。

 B型肝炎訴訟とは、B型肝炎患者・感染者が、B型肝炎ウイルスに感染した原因が、注射針・筒を連続使用した集団予防接種にあるとして、国を被告として損害 賠償を求めた裁判です。

 B型肝炎訴訟弁護団が、新たにホームページを開設されたということですので、詳細は、そちらをご覧下さい。B型肝炎ホットラインへの連絡先も掲載されています。

B型肝炎訴訟弁護団のホームページ
 http://www.b-kan-sosho.jp/


 【B型肝炎訴訟弁護団の連絡先】
 〒060-0042
 札幌市中央区大通西13丁目4番地 北晴大通ビル2階
 公園通り法律事務所 (弁護士 奥泉 尚洋)
[PR]
by kanen-relay | 2008-03-26 12:00 | 東京から
北の国からのつぶやき

新しい年がスタートしました。
今年はいろいろな事が起こる1年になりそうです。
体調を気にしつつ自分に出来る事を自分らしく頑張りたいと思っています。

肝炎になってもう21年が過ぎてしまい月日が経つのは早いなぁと思う今日この頃。
まさか自分の肝炎が薬害だなんて・・夢々思ったこともなく・・

85年に胎盤早期剥離で大量の出血そして死産という、本来なら1番HAPPYで満たされる時だったはずなのに我が子を亡くしそれだけでも辛いのに急性肝炎になり、仕方のないことだと思って過ごしてきた年月なんと長い時が過ぎたのだろう・・・

2004年12月フィブリノゲン納入病院リストを新聞で見て、
2005年1月薬害肝炎訴訟説明会に出て、薬害だと知った時、
HIVと同じだと、防げる病気だったのにと、強く深く思いました!!!

私は北海道に住んでいますが、東京原告です。d0081819_173514100.jpg
東京は遠いですねぇ~

1月中旬の北海道は本当に寒さが厳しく、その中をたくさんの人が道内から集まっていました。
でも原告になれたのは2006年8月まで道内只一人私だけでした。
何故?どうして?と・・

今北海道の原告は二人になりましたが・・
この広い北海道なのに。
もっと沢山人知れず悩んでる人、病気と闘っている人がいると思います。
北海道でも薬害肝炎の事を知って貰いたい!
東京の原告だけれども北海道にも原告がいます!

肝炎は人に言えない多々の辛さがあります。
北海道でも説明会とか勉強会などをして肝炎のことを知って欲しい。

東京の出来事は、この情報社会の中でも遠い所の様な気がします。
何故でしょう。飛行機に乗れば1時間弱で着くのに・・・

今、東京原告は29人です。
3月23日には第1陣の判決がでます。
本当に皆忙しい中、闘病しながら、一生懸命頑張っています。

私も自分の出来る事をこの北の大地でちょっとでもいい、
何かしなければと日々思っています!
自分一人の力は小さいけれど一人がみんなの為にみんなが一人の為に何かを伝えられたらと。
支援の会の方、弁護士の先生方、原告、そして家族に支えられ、東京原告として頑張っていけたらと思っています。

1月6日まで私の住んでる所では雪が降っても道路は雪がなく、元旦は雨、
こんな冬は40数年生きてきてはじめて、地球温暖化のせいでしょうか・・

やっぱり寒くても北海道は雪がないと・・
そんな事を思いながら3月の判決 ゛春”を北の大地から待っています。
長いつぶやきになってしまいました♪

(東京原告24番)


d0081819_17325181.jpg


写真撮影=東京原告24番
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-11 12:00 | 東京から
北海道での薬害肝炎訴訟説明会
札幌市内において、薬害肝炎訴訟説明会を行ないます。

日時 1月13日(土)13時30分~15時30分

場所 札幌市教育文化会館 研修室301
    札幌市中央区北1条西13丁目
    電話 011-271-5821


当日は、薬害肝炎訴訟の意義や概要、裁判に参加するための条件や手続などについて、ご説明いたします。また、個別相談会も予定しております。

なお、お問い合せにつきましては、薬害肝炎東京弁護団事務局までお電話下さい。

【連絡先】 薬害肝炎東京弁護団事務局
  東京都葛飾区西新小岩1-7-9
  西新小岩ハイツ506号
  福地・野田法律事務所内
  電話 03-5698-8692
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-11 00:00 | 裁判日程・イベント