薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:厚生労働省 ( 34 ) タグの人気記事
長妻大臣面談報告
本日17時30分から20分間ほど、長妻昭厚労大臣との面談がありました。

政府・与党側の参加者は、長妻大臣、山井政務官、家西参議院議員、柚木衆議院議員、福田衆議院議員。
こちら側の参加者は、薬害肝炎原告団・弁護団のほか、B型肝炎原告と日肝協の方々でした。

まず、山口さんが、長妻大臣に対し、3団体を代表して、10月24日の全国一斉キャンペーンに触れながら、肝炎患者支援法の早期成立を求めました。

大臣からの回答は、主に3点でした。
・ 国は、みなさんを苦しめた責任がある。
・ みなさんの要望をあらゆる手段で実現したい。
・ 治療費は、概算要求で増額要求している。インターフェロンだけでなく、B型肝炎の治療費も入っている。

これに対し、山口さんが臨時国会に法案が上程されない理由を問いただしました。しかし、長妻大臣は、同じことの繰り返しを言うだけでした。

途中で、山井政務官から口をはさむような形で、「大臣は、議員立法について言える立場にない。政府と党で頑張って努力している。だからみなさんにも会っている。」との発言がありました。

すかさず、山口さんが、長妻大臣に、鳩山総理への要請に一緒に行ってくれと迫り、最後には、長妻大臣から、
・ 私から、総理に言うし、関係閣僚にも働きかける
・ 官邸に行くのであれば、私も一緒に行く
との言葉を引き出しました。

原告団・弁護団の評価としては、半歩かもしれませんが、確実に前進しています。ただ、まだまだ道筋がついたとは言えません。短い臨時国会ですが、頑張っていきます。
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-30 04:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻厚労大臣あての要請書
2009年10月27日


厚生労働大臣 長 妻  昭  殿

要 請 書
(肝炎患者支援法の成立に向けて)


薬害肝炎全国原告団 代表 山 口 美智子
薬害肝炎全国弁護団 代表 鈴 木 利 廣


【要請の趣旨】

1.肝炎患者支援法のこの臨時国会で成立させてください。

2.薬害肝炎全国原告団・弁護団と早急に面談してください。

【要請の理由】

 私たち薬害肝炎訴訟の全国原告・弁護団は,全国に350万人以上いると言われるウイルス性肝炎感染者の公的支援を求めて活動しております。

 民主党には,私たちが,薬害肝炎訴訟が救済法制定により一定の解決を迎えるまでも,また,その後のウイルス性肝炎患者全体の救済を求めるなかでも,私たちの声を聞いていただき,ご尽力いただいてきました。

 さて,去る6月30日,薬害肝炎全国原告団・弁護団は,先の通常国会において「肝炎患者支援法」が成立されるよう,鳩山代表と面談し要請させていただきました。その際,原告団・弁護団は,鳩山代表から「少なくとも民主党が政権をとった暁は国としての責任を明記する形で,皆さんの思いに応えられる法案を成立させる」との約束をいただきました。

 また同時に,鳩山代表は,衆院選マニフェスト冒頭に「一人の命も粗末にしない政治をつくりたい」と考えを示す予定であると明かされ,「これが私どもの新しい政権の極意,一番芯の考え方だと思っている」として,「(原告の)お話を伺って,お一人お一人を大事にする政治を何としても作り上げたいと痛感した。(肝炎患者支援)法案を成立させていきたい」との力強いお言葉をいただきました。

 しかしながら,民主党が政権交代を果たしたにもかかわらず,この臨時国会において肝炎患者支援法が成立する見通しは,いまだたっておりません。

 肝炎患者は、1日120人が命をなくしています。
 命に直結する政策です。もう待てません。

 この臨時国会での肝炎患者支援法の成立,そして,薬害肝炎全国原告団・弁護団との面談を,要請する次第です。
以上

[PR]
by kanen-relay | 2009-10-29 10:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
27日行動の映像です
10月27日の山口美智子原告団代表の映像です。
福田衣里子議員も一緒です。


[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 23:50 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻大臣面談の事後報告会を開きます
すでに告知したとおり、明日29日、長妻厚生労働大臣との面談があります。
17時30分から17時45分まで、厚生労働省10階大臣室で行われます。
この面談には、薬害肝炎原告のほか、B型肝炎原告や日肝協の方々も、一緒に参加します。

そして、大臣面談の後、
 29日18時~
 弁護士会館10階1008号室(東京・霞ヶ関)

にて、事後報告会を行うことになりました。

報告会では、薬害肝炎原告団・弁護団から、経過説明と今後の行動提起をする予定です。

肝炎患者支援法の制定についてご支援いただける方は、ぜひともお集まりください。

明日の厚労大臣面談の成果を次の行動につなげ、肝炎患者支援法の今臨時国会での成立を確実なものにするために、一緒にがんばりましょう!!!
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 17:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
長妻厚労大臣と面談へ
明日10月29日15時00分から17時30分まで、第17回薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会が開催されます。
薬害肝炎原告団、弁護団のメンバーも、全国から多数、傍聴に行く予定です。

そして、17時30分から17時45分までの予定で、長妻昭厚生労働大臣と面談できることが決まりました。
山口美智子全国原告団代表たちが働きかけを行った成果です。

新厚労大臣は、全国の肝炎患者たちの思いに、どこまで応えるつもりなのか。
口先だけの患者への励ましではなく、肝炎患者支援法の早期制定に向けての具体策を示していただきたい。
原告たち、患者たちは、一日千秋の思いで、キャンペーン活動をしているのです。
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 00:10 | 肝炎患者支援法キャンペーン
フィブリノーゲン資料に関する調査PTについての要請書
本日、薬害肝炎原告弁護団は、厚生労働省に対し、以下の要請書を手渡しました。

                              2007年10月29日

厚生労働大臣
舛 添 要 一 殿

「フィブリノーゲン資料に関する調査プロジェクトチーム」についての要請書

                        薬害肝炎全国原告団
                        代表 山口美智子

                        薬害肝炎全国弁護団
                        代表 鈴木 利廣

 薬害肝炎全国原告団・弁護団は、国が、「フィブリノーゲン資料に関する調査プロジェクトチーム」(以下「調査PT」といいます。)を設置したことにつき、その内容については、いまだ不明確な部分が多々ありますので、調査PTのあり方について、以下のとおり要請いたします。
 なお、厚生労働大臣におかれては、以下の要請につき、本年10月31日(水)午後1時までに回答して下さるよう、お願い致します。
 また、薬害肝炎全国原告団・同弁護団は、2007年10月16日付けで厚生労働大臣に対し、「抗議及び緊急要請書」を提出致しておりますが、いまだ正式な回答を頂戴しておりませんので、この点についても早急に回答くださるよう、併せてお願いする次第です。

1 調査過程の可視性・透明性の確保

全文を読む
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-29 17:00 | 薬害肝炎資料室
厚労省と製薬企業の責任のなすり合い
 本日の朝日新聞朝刊に、418問題に関連して、
  製薬側、実名報告なし 厚労省「情報すべて要求」
という記事が載っています。

 2002年当時、厚労省は、製薬企業に対し、同社がもつ情報はすべて出すように指示したのに、製薬企業が提出しなかったのであり、「02年時点で報告されていない資料があるとしたら、報告命令違反の可能性がある」と、厚労省幹部は話しているとのこと。
 厚労省の役人は、あくまでも「悪いのは製薬企業であり、厚労省は悪くない」と考えているようです。

 この厚労省の役人の考え方は、まさに薬害が起こる構図を象徴するものです。

 厚労省は、「製薬企業がやるべきであり、厚労省の仕事ではない」と言い、製薬企業は、「厚生労働省から指示がなかったから、やらなかった」と言う。 厚労省と製薬企業は、相互に責任のなすり合いと仕事の押し付け合いをするばかり。肝心の患者や被害者には目を向けようとしません。

 このような厚労省と製薬企業の責任のなすり合いから、サリドマイド、スモン、クロロキン、薬害エイズ、薬害ヤコブ、そして薬害肝炎etcの薬害が発生したのです。
 厚労省は、1999年8月に、薬害根絶「誓いの碑」まで建てました。しかし、厚労省は、過去の数々の薬害から全く何も学んでいません。
 無責任・不作為体質は、いまなお現在進行形で続いています。

 誓いの碑

 命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

   千数百名もの感染者を出した「薬害エイズ」事件
   このような事件の発生を反省しこの碑を建立した

                      平成11年8月 厚生省


(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-24 00:00 | 東京から
418続報~隠蔽体質の厚労省
 先日来、418問題について大きく報道されています。

 厚生省は、2002年当時、フィブリノゲン製剤による肝炎感染被害者のうち一部の個人名イニシャル、医療機関名、医師名など、被害者を特定できる情報を把握していたにもかかわらず、被害者に対し告知せずに放置していたことが判明しました。

 10月16日に舛添厚労大臣は、患者を特定できる情報を持っていなかったから、告知できなったという趣旨の答弁をしていましたが、これは「嘘」だったということが明白になりました。

 都合の悪い情報は隠し通し、国会やメディアという外圧により追及されない限り知らず存ぜぬで情報を闇から闇へと葬り去ろうとする。これは薬害エイズのときと全く同じ構図であり、厚労省の隠蔽体質は、薬害エイズ当時から全く変わっていません!!
 

※ 418問題については、Googleでトップニュースになりました。
  テレビ朝日ANNニュース
  フジテレビFNNニュース
  TBSJNNニュース
  日本テレビNEWS24 感染者リスト 原告ら怒りの声
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-21 00:00 | 東京から
薬害肝炎418問題!!
 薬害肝炎418問題については、9月15日のブログにてお伝えしました。ここでもう一度復習すると・・・
 フィブリノゲン製剤投与患者のうち、418名の住所と氏名を、製薬企業が把握している可能性が極めて高いにもかかわらず、国と製薬企業は、患者に対して、これまで製剤投与の事実を告知していない

・・・という問題です。大阪原告16番さんの投与事実に関する立証過程において、この問題が明らかになりました。

 大阪原告16番さんは、ベネシス社に対し、個人情報開示請求をしました。開示請求に対する回答書によると、製薬会社は、患者の氏名・住所のみならず、投与年月日、投与量、投与医療機関名、投与医療機関からの副作用報告の内容まで把握していたのです。

 フィブリノゲン製剤投与により肝炎感染をした患者の姓名等を把握しているにもかかわらず、患者本人には告知をしない。告知しなければ、患者本人は気づかず、治療が遅れるおそれがある。
 少しでも患者の生命健康に対し目を向けていれば、告知をしないという方針を選択する余地はなかったはずです。

 この418問題について、一昨日10月16日午前の参議院予算委員会において、民主党の福山哲郎議員が追求しました(国会審議については、参議院インターネット審議中継からご覧下さい。福山議員質問の5分頃からです。)。
 舛添厚労大臣は、418名のフィブリノゲン製剤投与患者本人に対して告知をしていないことを認め、メーカーに対して患者を特定するよう十分な対応をしていなかったという認識を示しました。また、福田総理大臣は、「私が良いの悪いのをいうのは難しいが、結果として、こういう事態が生じたことはよく考えていかなければいけない」と述べました。

 16日午後、薬害肝炎原告団・弁護団は、厚生労働省に対し、418名の肝炎感染被害者らに対し、緊急に感染及びフィブリノゲン製剤の投与について告知をし、病状及び治療状況の実態調査を行うことを求める抗議及び緊急要請書を提出しました。

 そして、17日の民主党厚生労働部門会議において、厚生労働省は、製薬企業がフィブリノゲン製剤による肝炎感染被害者の一部の姓名等を知っていたことについて、2002年の段階で、国も知っていた可能性が高いことを認めました。 

 1987年の青森県三沢市集団感染事件のときにも、読売新聞報道という外圧により厚生省は動き始めた訳ですが、それから20年経った2007年に至っても、国会質問やメディア報道という外圧がなければ、厚生労働省は動けないのでしょうか。

 この418問題については、16日と17日の報道ステーションにおいても、大きく取り上げられました。

(東京弁護団・まつい)

 418名リストのうち、368名の方については、フィブリノゲン製剤が投与された可能性のある日付が分かってい ます。薬害肝炎全国弁護団のホームページで、投与日を確認することができますので、ご参照下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-18 00:00 | 東京から
舛添厚労大臣の会見発言を見よう!
 舛添要一厚生労働大臣が薬害肝炎についてどのように考えているか?
 これは、薬害肝炎原告団・弁護団のみならず、支援者の方々も注目しているところだと思います。

 弁護士たちは、「舛添大臣が記者会見で~と言った」とよく話していますが、舛添厚労大臣の記者会見発言は、Webで読むことができます。厚生労働省HPの大臣等記者会見に掲載されるのです。
 厚生労働省では、大臣の記者会見を毎週2回(通常、火曜日と金曜日)行っています。記者会見の何日か後にチェックすると掲載されています。

 平成19年8月27日(大臣就任記者会見)以降が、舛添厚労大臣の会見です。8月27日の記者会見では、薬害肝炎問題について言及はされていませんが、その後、8月28日、9月7日、9月11日、9月18日、9月21日の会見では、薬害肝炎について発言しています。

 いちばん最近の記者会見は、9月26日にありました。本日現在、まだ厚生労働省HPには掲載されていませんが、弁護団が入手した情報によると、次のような内容ということです。

続きを読む
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-27 00:00 | 東京から