薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:和解協議 ( 10 ) タグの人気記事
30億円基金案は手切れ金
1. 30億円基金案とは何か

 国は、12月20日、和解修正案として「30億円基金案」を提示しています。
 「30億円基金案」は、一定期間に血液製剤を投与された原告には直接和解金を支払いますが、その他の被害者たちには「訴訟活動・支援費用」として「30億円基金」を支出するというものです。

 「30億円基金」は、あくまでも「訴訟活動・支援費用」です。困難な訴訟活動と支援を行ってきたことに対して金を支払うと説明されており、名目のよく分からない金です。いわば「手切れ金」と言ってもいいでしょう。国は、薬害を発生・拡大した責任として基金を支出すると言っているものではありません。

 薬害肝炎原告団・弁護団は、この修正案は「全員一律救済」ではないから受け入れることができないと表明しました。
 なぜ「30億円」というお金を、原告団・弁護団は拒否したのでしょうか?

 それは、今回30億円基金案を受け入れるということは、今後の肝炎対策が貧弱なものになることを意味するからです。

2. 肝炎対策法案と肝炎感染拡大責任の関係 

 薬害肝炎訴訟の原告になれるのは、フィブリノゲン製剤と第9因子製剤という血液製剤の投与により肝炎に感染したということが証明できた患者だけであり、その人数は、現在200人強です。しかし、その背景には、350万人のB型・C型肝炎患者が控えています。

 薬害肝炎訴訟の原告になれない多くの肝炎患者を救済するために、いわゆる肝炎対策法案をつくることが検討されています。本年10月、民主党は、「特定肝炎対策緊急措置法(案)」を参議院に提出しました。他方、与党も、本年11月に「肝炎対策基本法(案)」を衆議院に提出しました。

 両法案の理念には、大きな違いがあります。
 民主党案では、B型・C型肝炎ウイルス感染は「国の責めに帰すべき事由にもたらされ、又はその原因が解明されていなかったことによりもたらされたものであること」としています。これに対し、与党案は「不幸な出来事」としています。
 つまり、肝炎が「第二の国民病」と言われるまでに広まったのは、国の過去の感染症対策・血液行政(輸血行政)の誤りによるものか、そうでない単なる「不幸な出来事」なのかについて、両法案の理念・認識には大きな隔たりがあります。

 この理念・認識の隔たりが、医療費助成の金額にも反映しています。民主党案は、患者の自己負担額を月0~2万円とし、これを超える金額について公費助成するとしています。与党案は、自己負担の上限を月1万~5万円としています。

 このように、肝炎感染の拡大が国の過去の施策の誤りによることを認めるかどうかによって、国の肝炎対策が患者に手厚いものになるのか、貧弱なものになるのかが、大きく左右されるのです。

3. 肝炎患者全体への手厚い施策のために

 薬害肝炎は、肝炎に関する国の施策の誤りの最たるものです。

 もし、国が、線引き・切り捨てをして、薬害肝炎被害者全員に対する解決・救済責任を認めないのであれば、過去の感染症対策・血液行政(輸血行政)に誤りがあったことを認めるはずもありません。
 ということは、一般のB型・C型肝炎患者にも、「ほどこし」として貧弱な施策をするだけでお茶を濁し、うやむやにしてしまうことでしょう。

 薬害肝炎被害について、国に解決・救済責任があることを認めさせることは、一般のB型・C型肝炎患者350万人に対する救済を手厚くすることの第一歩です。そのために、薬害肝炎原告たちは踏ん張っています。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-22 00:00 | 東京から
本日の各紙社説
社説:肝炎和解協議 これが政治決断とは情けない 12.21 毎日
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/

社説:薬害肝炎訴訟 国と原告側は妥協点探れ 12.21 産経
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071221/trl0712210331000-n1.htm

社説:「肝炎和解案」―解決へさらに知恵を 12.21 朝日
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

社説:口先で終わりか和解の意欲 12.21 日経
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071220AS1K2000120122007.html

社説:薬害肝炎 打開策を粘り強く探れ 12.21 東京
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007122102073889.html

社説:肝炎和解決裂 これで政治決断なのか 12.21 北海道
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/67080.html

社説:薬害肝炎訴訟/国の姿勢は無責任すぎる 12.21 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2007/12/20071221s01.htm

社説:肝炎和解決裂 一律救済がなぜできない 12.21 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp

コラム 12.21  静岡
http://www.shizushin.com/Column/Daijizai

社説:薬害肝炎 打開策を粘り強く探れ 12.21 中日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2007122102073838.html

社説:薬害肝炎和解協議 被害者を幅広く救済せよ 12.21 岐阜
http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/

社説:薬害肝炎訴訟 政治の責任で交渉再開を 12.21 富山
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm

社説:薬害肝炎訴訟 政治の責任で交渉再開を 12.21 北國
http://www.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm

社説:薬害肝炎和解打ち切り 被害者救済に踏み込め 12.21 福井
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news6/index.php

社説:肝炎和解決裂へ 線引きせずに救済せよ 12.21 中国
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200712210229.html

社説:薬害肝炎和解協議 なぜ救済できないのか 12.21 徳島
http://www.topics.or.jp/index.html?m1=10&m2=33

社説:【肝炎和解協議】 さらに努力を求めたい 12.21 高知
http://203.139.202.230/?&nwSrl=221497&nwIW=1&nwVt=knd

社説:これは政治決断ではない 薬害肝炎和解 12.21 西日本
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/column/syasetu/20071221/20071221_001.shtml

社説:国は和解協議継続へ努力せよ 12.21 宮崎日日
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=4216&catid=15

朝日新聞以外は、総じて、国の姿勢を厳しく指弾しています。

(まとめ=東京弁護団・なかがわ)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-21 22:00 | 東京から
国の提案の問題点
 薬害肝炎弁護団は、「国の提案の問題点」についてまとめましたので、PDFファイルでアップいたします。ブリーフケースを開き、中にある「071220kuni-no-mondaiten」(pdf、459KB)というファイルをダウンロードして下さい。

 国の提案は、あくまでも被害者の線引き・切り捨て案であり、すべての被害者に責任を求めるものではありません。一部責任を認める以外の原告や被害者については、「訴訟活動支援金名目」の口止め料・手切れ金を支払うというものです。

 国は、「事実上の全員救済」などと説明しているようです。しかし、被害救済は、金さえ払えばいいという問題ではありません。被害者全員に対し、過去の過ちを認め、反省・謝罪することが被害救済への第一歩であり、今後、二度と薬害を繰り返さないことにつながるのです。

 反省も謝罪もしない「全員救済」はあり得ません。札束で頬をたたくようなやり方は、そもそも「救済」とは言いません。

(東京弁護団・まつい)

毎日新聞
 薬害C型肝炎訴訟で大阪高裁(横田勝年裁判長)は21日、大阪訴訟の原告側弁護団と面談し、原告、被告双方が提出している和解修正案を基に第2次和解骨子案を提示する意向を明らかにした。一方、原告弁護団は高裁に、新たな骨子案が国の主張を反映したものなら和解協議を打ち切ると通告した。・・・

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-21 00:00 | 薬害肝炎資料室
政府、全員一律救済を受け入れず
 政府は本日20日、原告側の提案した全員一律救済の和解案を受け入れず、一定期間に血液製剤を投与された原告にのみ直接和解金を支払い、その他の原告らを間接的に救済する「基金」を30億円に積み増す修正案を大阪高裁に提出しました。

 舛添大臣は、この修正案を、「事実上、全員救済するもの」と説明しました。しかし、国側の修正案は、一律救済の理念に反するものです。原告団・弁護団は、責任をあいまいにしたまま、お金だけで問題を片づけようとする国側の修正案をとても受け入れることはできません。
 このままでは、原告団・弁護団は、一律救済の理念に反する和解協議は受け入れることはできず、和解協議を打ち切らざるをえません。

 原告らは、連日の街頭宣伝や官邸前行動など、決死の訴えにもかかわらず、政府に裏切られ、憔悴した状態です。原告らの健康状態に配慮し、原告団・弁護団は、本日より当面の活動を休止します。
 
 しかし、原告団・弁護団は、今後も、原告だけが口止め料のようにお金を受け取るのではなく、今後の提訴者を含めた全員一律救済、そして肝炎患者の恒久対策と薬害防止対策を盛り込んだ和解が実現されるまで、決して諦めません。みなさま、ご支援をお願いいたします。

 今、できることは、国側の態度が世論に支持されていないことを、できる限りの方法で、首相官邸に伝えていくことです。
 首相官邸ホームページには「ご意見募集」コーナーがあります。
  http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

 首相官邸に原告一律救済を求めるメッセージを送って下さい。一人でも多くの方の声が、国を動かします。よろしくお願いします。
 また、新聞に投稿する・TV局に番組の感想を電話してください。読者や視聴者の反応は次の報道につながります。原告の力にもなります。

(薬害肝炎メルマガより)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-20 18:00 | 東京から
19日の薬害肝炎弁護団の実務者協議資料
 薬害肝炎弁護団の2007年12月19日付資料「実務者協議における最終回答」と「全員救済に関する実務者協議の経過と結果(18日まで)」をPDFファイルでアップしました。
 ブリーフケースを開いて、中にある「071219jitsumusya_kyogi」(pdf、116KB)というファイルをダウンロードして下さい。
   
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-19 23:59 | 薬害肝炎資料室
福田総理宛て全員一律救済要請書(全文)
 薬害肝炎原告団・弁護団は、12月18日14時、薬害肝炎被害者に対する全員一律救済の政治決断を求めて、福田康夫総理大臣宛ての要請書を、内閣府に提出しました。回答期限は、本日、19日です。

            平成19(2007)年12月18日

内閣総理大臣  福 田 康 夫   殿

                       薬害肝炎全国原告団
                       薬害肝炎全国弁護団

              要 請 書

            要 請 の 趣 旨

 薬害肝炎事件に関し,原告らと面談した上で,12月19日までに薬害被害者に対する全員一律救済の政治決断をされたい。

            要 請 の 理 由

 原告らが求めているのは,製剤の種類,投与時期,提訴時期等によって差別することなく,薬害被害者に対して全員一律の救済を行うことです。原告らは,このような差別的な和解に応じることはできません。原告らは,同じ被害を受けた被害者を最後の一人まで切り捨てることはできません。
 多くの世論もこれを支持しています。
 12月13日の大阪高等裁判所所見においても,全員一律救済の理念について理解が示されており,そのためには国の格段の譲歩が必要であるとの指摘があります。
 もはや,薬害肝炎事件は,総理大臣のリーダーシップによる政治決断なしには解決できない段階に至っています。
 つきましては,原告らと面談して被害の実情と早期全面解決の必要性をご認識いただき,薬害被害者全員を一律に救済する政治決断をされるよう要請致します。
 原告らは,本日,大阪高等裁判所に対し,原告らの和解修正案を提出しました。大阪高等裁判所は,各当事者に対し,12月20日までに追加,修正案を提出するよう要望しています。総理大臣におかれましても,期限の前日である12月19日までにご決断頂くようお願い申し上げます。

以 上


毎日新聞
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-19 12:00 | 薬害肝炎資料室
官僚にだまされるな!福田総理!
 12月13日の和解案提示とこれに対する原告団の拒否を受け、政治情勢は緊迫の度を増しています。

1.原告団は、13日に小沢代表、14日に菅代表代行と面談し、菅氏は他の議員と共に町村官房長官に一律救済による全面解決の要請をしました。これにより、民主党は年金問題、守屋氏の問題と併せて、この薬害肝炎問題を最重要課題として今後の国会審議で政府を追及していくことになります。

2.この3つの問題のうち、政府がポイントを稼げるのはこの薬害肝炎問題だけです。舛添大臣は年金問題で「口約束」「空手形」との批判を受けており、この薬害肝炎問題を解決出来ないとなると、責任問題が浮上する可能性もあります。この薬害肝炎問題が解決できないとなると、政権に対する国民の期待は著しくしぼむことが予想されます。このような情勢もあり、福田総理の政治決断による一律平等救済への方針転換が大いに期待される状況となってきました。

3.官僚の論理は、損害賠償の対象が際限なく広がる、という点にあります。しかし、聞くところによれば、厚生労働省は、この和解で全面解決をすると、輸血や感染原因不明の肝炎まで賠償請求される恐れがある、などと、全く虚偽の説明を国会議員や政府首脳に行っているようです(輸血は責任原因が異なり、薬害肝炎訴訟の結果とは全く無関係です)。

4.もとより、この主の被害救済において、財政的制約を問題にすること自体不当ですが、仮に全面解決をしても、今後の提訴者はカルテ破棄など因果関係の立証が困難な方が多く、せいぜい500名、どんなに多く見ても1000人程度というのが弁護団の見方です。この数字であれば、国の負担は約60億円、これは、薬害エイズにおける国が支払った和解金の約7分の1に過ぎません。

5.今回の和解案の提示とそれに対する原告団のスタンスは、国民全般の支持を受け、与党内にも理解者が増えてきました。後は、福田総理がこのような被害の救済が本来どうあるべきか、それに関連する法的論点がどのような結論であるのか、正しい情報と正しい見通しを以て判断できるか否かです。小泉政権下におけるハンセン病控訴断念においては、当時官報長官であった福田氏が主導的な役割を果たしたと言われています。あの決断よりはるかに容易な決断のはずです。来週以降、総理の対応が注目されます。

(東京弁護団・のま)

d0081819_19163692.jpg 東京・飯田橋で記者会見をする原告団の代表者たち。
 原告らは、昨夜、国から和解修正案の提示を受けました。しかし、またしても薬害肝炎被害者を全員一律に救済する案ではありませんでした。原告らは、本日の全国原告弁護団会議で、この和解修正案を拒否することを決めました。
 記者会見にて、原告たちは、全員一律に救済する和解案でなければ受け入れられないことを口々に訴えました。
 「いのちは絶対に譲れない。」
 「いのちの重さに差があるということであれば、原告だけでなく国民も納得がいかない。」
 「いのちを返してください、健康を返してください、薬害被害者ひとりひとりの被害を償ってください。」
 「いのちの切り捨ては許すことができない。」
 「加害者は、被害を受けて亡くならなければならなかった人を切り捨てる権利はない。」
 「あらたな薬害を繰り返さないためにも、国がどう責任を取るのか、国民は見ている。」

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-16 18:56 | 東京から
本日、大阪高裁の和解期日
 薬害肝炎原告団は、12月10日の寒い中での官邸前行動もむなしく、福田総理大臣との面談もかなわないまま、本日の大阪高裁期日を迎えることになりました。
 福田総理は、薬害肝炎被害者の全員救済に向けて政治決断をすることもありませんでした。
 すでに報道されているとおり、本日の15時30分から、大阪高裁において和解骨子案が提示されることになっています。

 桜井よしこさんは、政治決断をしようとしない福田総理に対し、厳しい意見を述べています。

【櫻井よしこコラム 福田首相に申す】 国家国民のために働け
2007.12.12 21:47
 福田康夫首相はなんのために政治をしているのか。自身の政権と自民党の生き残りのためか。国家、国民のためではないのか。こう問うのには理由がある。まず、薬害C型肝炎への鈍い対応だ。 → 続きは産経新聞のサイトで。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-13 00:00 | 大阪から
12月10日、首相官邸前へ
 私たちは、薬害肝炎問題の全面解決を求めています。
 そのためには、血液製剤の種類や投与時期により、切り捨てられる被害者を出すことなく、1人残らず全員が救済されなければなりません。
 薬害肝炎被害者の全員救済に向けて、福田康夫首相にも、今こそ正義にかなう政治決断を是非していただきたいと思っています。

 来る12月10日、首相官邸前にて、首相面談要請の行動を行います。全国の原告たちが永田町に集まり、首相に向けて要請を行います。ぜひ原告たちと応援し、ともに闘って下さい。どうぞよろしくお願いします。

日時: 平成19年12月10日(月)15時30分
集合場所: 日比谷公園かもめの広場

   東京メトロ・霞ヶ関駅から徒歩2分
      (丸の内線・千代田線・日比谷線)
   飯野ビル(千代田区内幸町)向かいのレンガ敷きの広場。
   地図はここをクリック → map

 16時00分 首相官邸前に向けて出発(徒歩)
 17時30分 首相官邸前にて面談要請
 17時00分頃→少し時間が早まる見込みです。

官邸前行動を終了次第、星陵会館にて、報告集会を行います。
   星陵会館 (東京都千代田区永田町2-16-2)
   地図はここをクリック → http://www.seiryokai.org/kaikan.html
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-06 00:00 | 東京から
薬害肝炎訴訟・大阪高裁期日
和解勧告

 大阪高等裁判所は、本日、正式な和解勧告をしました。薬害肝炎原告団・弁護団が期待していた和解所見は出ず、です。
 しかし、裁判所は、今後も精力的に和解に向けての調整をし、遅くとも12月7日頃までに裁判所の和解骨子案を提示したいとの考えを示されました。
 薬害肝炎問題の解決に向けての道のりは、今日でスタートラインに立ったに過ぎません。今後ともご支援いただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by kanen-relay | 2007-11-07 22:00 | 東京から