薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:国会・政党 ( 58 ) タグの人気記事
12月10日、首相面談要請のチラシ(暫定版)です
d0081819_19204239.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-06 10:00 | 東京から
薬害肝炎全国一斉提訴~原告数200名に
 薬害肝炎全国弁護団は、本日、全国4地裁に一斉提訴を行いました。本日の提訴の意義は次の通りです。

1 製剤、責任時期を問わず全面一律解決を求めるものであること。

 大阪高裁は、12月7日までに書面で和解骨子案を出すと表明していますが、国は責任時期を限定する意向との報道もなされているところです。
 薬害肝炎全国原告団・弁護団は、フィブリノゲン・第9因子製剤など製剤の種類を問わず、また、責任時期を問わず、既提訴者・将来の提訴者を問わず全面一律解決を図れる和解案でなければ、決して応じることはできません。
 以上の基本方針を再度明らかにする意味で、本日、製剤の種類を問わず、時期を問わず、一斉提訴を行うものです。

2 提訴内容について
 以上の意義を持つ今回の一斉提訴は、過去最大規模の人数(30名)になり、全国の原告数も200名となります。
 また、418リストに該当していた方も全国で3名(東京2、九州1)も含まれます。

(薬害肝炎全国弁護団)


d0081819_20591719.jpg【朝】
 川田龍平議員の厚労省前街宣に参加しました。20人ぐらいの人が集まりました。こちらの原告は5名、山口さん、福田さん、浅倉さんが話をしました。

【夕方】
d0081819_2112873.jpg 本日の銀座4丁目街宣は大盛況でした!
 田中康夫議員が宣伝カーを出され、選挙さながらの演説、握手、挨拶などで、銀座を歩く多くの人の注目を浴びました。東京原告も10名ほど参加し(会見参加原告家族も同行)、全体で30名ほどの参加でした。
d0081819_212349.jpg 40分くらいで、ビラ1200枚はすぐにまきおわり、署名も108筆も集まりました。支援の広がりを実感できました。
 国民、市民の怒りに火をつけるため、さらに一層頑張りましょう。
 今回提訴された長野の原告さんが署名を220筆分持参されました。

(東京弁護団・小松)

写真=東京弁護団・中川&支援者・やすだ

 
[PR]
by kanen-relay | 2007-11-30 00:00 | 薬害肝炎資料室
切り捨てを許さない!院内集会
 11月28日17時30分から1時間半にわたり、東京霞ヶ関の衆議院第一議員会館にて、緊急院内集会「切り捨ては許しません―薬害肝炎の全面解決のために」を開催いたしました。

 薬害肝炎の全面解決のためには、原告ら薬害肝炎被害者の全員救済が不可欠です。すなわち、血液製剤の種類や投与の時期によって、切り捨てられる被害者を出すことは許されません。

 ところが、一部報道によれば,国や製薬企業は,血液製剤の種類や投与の時期によって切り捨てをしようとしているとのことです。薬害肝炎訴訟の原告は、現在170名です。血液製剤の投与を証明できるたった170名に対してでさえ、切り捨てをするのであれば、投与を証明できない多くの血液製剤による薬害肝炎被害者達,ひいてはC型肝炎感染者全員の救済をするはずがありません。
d0081819_2342408.jpg

 つまり、国や製薬企業に対し,現在判明している薬害肝炎被害者への切り捨てを許さないことこそが、今後の現れる薬害肝炎被害者、ひいてはC型肝炎感染者に対する充分な救済につながるのです。

 11月22日には、大阪で、田辺三菱への抗議行動(11月29日が回答期限です)がありました。12月7日には大阪高裁で和解手続きがあります。
d0081819_2322099.jpg 世論にアピールし続ける必要があります。このような事情で、この緊急院内集会は開催されたものです。
 緊急に開催されたにもかかわらず、当日は多くのメディア関係者が集まりました。

 国会議員では、民主党の山田議員(ネクストキャビネット厚労大臣)、山井議員、柚木議員、梅本d0081819_23181798.jpg議員、福山議員、菊田議員、大河原議員、松野信夫議員、社民党の阿部議員、共産党の小池議員、高橋議員、新党日本の田中康夫議員、無所属の川田龍平議員が集会に参加されました。d0081819_2323070.jpg

 国会議員の方々は、口々に「線引きは許されない」「与党は(肝炎法案の審議から)逃げて逃げて逃げまくっている」「政府与党は、無辜の民を棄民のように打ち捨てている」と、一部患者を切り捨てようとする国のあり方を、批判されました。
d0081819_2319951.jpg

 上の3枚の写真は、参加された国会議員の先生方。下の写真は、一部薬害被害者を切り捨てようとする国に対して怒りを訴える原告たち。

d0081819_0375915.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-11-28 19:00 | 東京から
参議院厚生労働委員会を傍聴して
 10月13日(日)全国原弁会議から2週間。この2週間で薬害肝炎に対するマスコミ報道が激変したと思います。418リスト(命のリスト)問題が国会で取り上げられたからです。

 10月24日(水)の衆議院厚生労働委員会については「論戦がほぼ薬害肝炎一色になった」と報じられました。
 そして、10月25日(木)午前9時から、原弁支17名で民主党が与党となった参議院厚生労働委員会を傍聴しました。筆記具とメモ帳以外はすべて院内のロッカーにしまい、金属探知機のゲートをくぐり、配られた赤いリボンを左胸につけ進みました。このあたりまでは、みんな和やかに談笑しながらでしたが、一歩委員会室に入ると「一言も聞き逃さないぞ!!」とみんなの顔が厳しい表情に変わりました。

 民主党の家西議員は、自らの薬害HIV訴訟での経験を基に、厚労省の隠ぺい体質と厚労省が「国民の命と健康を守る」という職務を果たしていない事など、当時と全く変わっていないことを述べられました。フィブリノーゲンがフィブリノゲンとたった-(ハイフン)がなくなっただけで、医薬品再評価を逃れ、新薬として認められた事実を具体的に聞いた舛添大臣は、どう感じたのだろうか。こんな事が許されている厚労省の体質と製薬企業との癒着を本気で失さなければいけないと思っただろうか。

 2002年当時、医薬安全対策課長だった黒川達夫審議官は、リストについて問われた時、「リストに関して認識はなかった」「リストには関わっていない」と答えました。厚労省の役人はどこまで命の大切さを軽視するのか。「命より守るべきものは一体何なんだ!!」「あなたの息子が、愛する家族が投与されていたら、そんなに平然とした態度でいられますか。」と大きな声で叫びたくなりました。

 委員会で舛添大臣は、「全部、すべて、洗いざらい出します。厚労省の膿を出し切る!!訴訟も年内一括解決に向けて全力を尽す」と発言しました。この言葉が必ず実現するまで、原告として闘います。

 支援の皆様、どうぞこれからも私達原告を支え続けて下さい。よろしくお願い致します。

(九州原告19番の母)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-28 00:00 | 九州から
衆議院厚生労働委員会での追及
 今日、衆議院の厚生労働委員会で肝炎問題の質疑が行われました。約2時間のやりとりをダイジェスト的にお伝えします。

 傍聴席にはテレビカメラがずらりと並び、時折フラッシュが一斉にたかれる状態で審議がはじまりました。

1,菅議員の質問

 まず、民主党の菅直人議員が質問に立ちました。

菅議員は、感染者リストに関して、次々と「新しい事実」が出てきていることを指摘し、厚生労働省が責任を逃れるために事実を隠そうとしているのだと批判しました。そのうえで、リストが提出された当時の担当局長を参考人として招致し、肝炎問題に関する集中審理を行って真実を明らかにすべきだと主張しました。

 また、(1)リストに載っている418名すべての患者について調査し検査の通知を送ること、(2)製剤を投与されたとされる約30万人のすべてについて調査、通知をすべきこと、(3)これらの患者の治療については国と企業が治療費を支出すべきこと、(4)民主党の法案が規定する通り、すべての肝炎患者に対する治療支援を行うことを求めました。

 さらに、厚生労働省がフィブリノゲン製剤の納入医療機関の公表を妨害したこと、20年前に加熱製剤の感染報告を受けていながら感染被害者に対して何らの対策もとっていないこと、フィブリノゲン製剤の名称を変更することで第一次再評価の対象から外したこと等を追及し、これらのことによりさらに被害が拡大したのだと批判しました。

2,山井議員の質問

 次に、民主党の山井和則議員が質問に立ちました。

 山井議員は、大阪原告16番の感染情報が20年も前に報告されていたこと、その間に十分な治療が受けられずに肝硬変となってしまったこと、にもかかわらず訴訟のなかで製剤の投与を認めないとの主張をしていること等をふまえ、原告に対し謝罪するよう求めました。また、「418名のリストは命のリスト。それなのに役人は紙切れ同然に考えている」との原告の言葉を紹介し、早期の全面解決を求めました。

 次に、訴訟中に亡くなった東京原告13番について、子どもの進学を間近控えていたため、経済的理由から2度目の治療を家族に内緒で断ったことなどを紹介し、その気持ちを想像してほしいと述べました。また、この原告の遺族が、感染者リストに入っているのではないかとの問い合わせを行ったことに対し、製薬企業が本人ではないからとの理由で回答を拒否したことを批判。本当のことを知りたいという遺族の当然の願いに答えさせるよう求めました。

 そして、1日あたり120人の患者が亡くなっていること、解決が1ヶ月遅れれば4000人が犠牲になることを強調。原告は命をすり減らして裁判をたたかっており、和解成立の障害になっているのは国であることを指摘し、一刻も早く責任を認め謝罪をすべきではないかと迫りました。

3,高橋議員の質問

 共産党の高橋千鶴子議員も質問に立ち、責任を認めて早期に解決すべきこと、そのうえで原告と面談すべきことなどを求めました。

4,舛添大臣の答弁

  これらの質問に対する舛添大臣の答弁は、
・ 特別調査チームをつくり、1ヶ月を目処に出来るだけ早期に事実関係すべて洗い出す
・ 製剤を投与されたすべての人に早期に告知して1日も早く検査できるようにする
・ 薬害被害者の治療費を製薬企業と国が負担するのは当然と考える
・ 治療の支援策は年内に実現したい
・ 訴訟についても出来るだけ早く全面解決をしたい
というものでした。

 質疑のなかで、感染者数の推計や、第一次再評価の対象から外された経緯などの基本的事実について、厚生労働省の役人が答えられずに立往生する場面が数度見られました。厚生労働省のあまりにもお粗末な対応をみるにつけ、このような有様で本当に国民の生命を守れるのかと空恐ろしい気持ちになりました。

 肝炎患者の命を救うために必要な対策をとる権限はひとり舛添大臣がもっています。大臣には今日の答弁で約束したことを、文字通り一刻も早く実現してもらいたいと心から思います。

(東京弁護団・田中)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-24 23:00 | 東京から
衆参の厚生労働委員会で質問へ
 明日と明後日、衆議院と参議院の委員会で、薬害肝炎問題が取り上げられます。

 418名の肝炎感染被害者に何らの告知もせず放置してきた問題をはじめとして、薬害肝炎に対するこれまでの国の怠慢と今後の施策について、野党の議員の方々が厚生労働大臣らに対し、厳しく質問・追及します。

 10月24日(水)13時~(予定)
 衆議院厚生労働委員会 菅直人議員質問、山井和則議員 (民主)
                 高橋千鶴子議員 (共産)
  ※ 衆議院インターネット中継

 10月25日(木)13時~(予定)→9時に変更
 参議院厚生労働委員会 家西悟議員質問(民主)、福島みずほ議員(社民)
  ※ 参議院インターネット審議中継
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-23 00:00 | 東京から
薬害肝炎418問題!!
 薬害肝炎418問題については、9月15日のブログにてお伝えしました。ここでもう一度復習すると・・・
 フィブリノゲン製剤投与患者のうち、418名の住所と氏名を、製薬企業が把握している可能性が極めて高いにもかかわらず、国と製薬企業は、患者に対して、これまで製剤投与の事実を告知していない

・・・という問題です。大阪原告16番さんの投与事実に関する立証過程において、この問題が明らかになりました。

 大阪原告16番さんは、ベネシス社に対し、個人情報開示請求をしました。開示請求に対する回答書によると、製薬会社は、患者の氏名・住所のみならず、投与年月日、投与量、投与医療機関名、投与医療機関からの副作用報告の内容まで把握していたのです。

 フィブリノゲン製剤投与により肝炎感染をした患者の姓名等を把握しているにもかかわらず、患者本人には告知をしない。告知しなければ、患者本人は気づかず、治療が遅れるおそれがある。
 少しでも患者の生命健康に対し目を向けていれば、告知をしないという方針を選択する余地はなかったはずです。

 この418問題について、一昨日10月16日午前の参議院予算委員会において、民主党の福山哲郎議員が追求しました(国会審議については、参議院インターネット審議中継からご覧下さい。福山議員質問の5分頃からです。)。
 舛添厚労大臣は、418名のフィブリノゲン製剤投与患者本人に対して告知をしていないことを認め、メーカーに対して患者を特定するよう十分な対応をしていなかったという認識を示しました。また、福田総理大臣は、「私が良いの悪いのをいうのは難しいが、結果として、こういう事態が生じたことはよく考えていかなければいけない」と述べました。

 16日午後、薬害肝炎原告団・弁護団は、厚生労働省に対し、418名の肝炎感染被害者らに対し、緊急に感染及びフィブリノゲン製剤の投与について告知をし、病状及び治療状況の実態調査を行うことを求める抗議及び緊急要請書を提出しました。

 そして、17日の民主党厚生労働部門会議において、厚生労働省は、製薬企業がフィブリノゲン製剤による肝炎感染被害者の一部の姓名等を知っていたことについて、2002年の段階で、国も知っていた可能性が高いことを認めました。 

 1987年の青森県三沢市集団感染事件のときにも、読売新聞報道という外圧により厚生省は動き始めた訳ですが、それから20年経った2007年に至っても、国会質問やメディア報道という外圧がなければ、厚生労働省は動けないのでしょうか。

 この418問題については、16日と17日の報道ステーションにおいても、大きく取り上げられました。

(東京弁護団・まつい)

 418名リストのうち、368名の方については、フィブリノゲン製剤が投与された可能性のある日付が分かってい ます。薬害肝炎全国弁護団のホームページで、投与日を確認することができますので、ご参照下さい。

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-18 00:00 | 東京から
全国原告団・弁護団、和解骨子を提出
 ブログ更新が滞っておりましたが、薬害肝炎にとっては様々なことがあった1週間でした。

 10月15日、薬害肝炎全国原告団・弁護団は、大阪高等裁判所に、和解骨子を提出しました。

 この和解骨子を作り上げるまでに、東京・大阪・福岡・名古屋・仙台の各地域の原告団では、それぞれ原告団会議を開き、原告ひとりひとりの意見を伺いました。当日会議に出席できなかった原告については、担当弁護士を通じてそれぞれ個別に意見を伺い、和解に向けての意思を確認しました。そして、10月13日の全国原告団会議で、和解骨子を確定し、15日の提出にいたったものです。
 つまり、この和解骨子は、全国の原告たち全員の総意が反映されたものです。

 薬害肝炎を日頃からご支援いただいている皆さまの中には、和解骨子の内容をぜひ知りたい!と思われている方も、おられると思います。そのお気持ちは大変うれしく思っているのですが、裁判所からの指示により、皆さまに内容をお知らせすることができません。

 しかし、この和解骨子を実現していくためには、原告たちを応援しているという支援者おひとりおひとりの声が大阪高等裁判所第1民事部の裁判官に届くことがとても大事です!ぜひぜひ、原告たちをバックアップして下さい。よろしくお願い申し上げます!!

 国が和解案を提出するかどうかについても注目されていましたが、15日午前中に、国も、大阪高等裁判所に意向を伝えたとのことです。

 大阪高等裁判所の次回期日は11月7日(水)午後1時30分です。お近くの方はぜひ法廷傍聴をお願い致します。

 ところで、10日の与党PTは・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-17 00:00 | 東京から
TVタックル → ニュースジャパン → 10日与党PT
みなさん、本日のビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)をご覧になりましたか?

肝炎問題が取り上げられました。
画面右下にはちゃんと「肝炎対策はなぜ遅れたか」というクレジットも。

政治評論家の三宅久之さんは、「厚生省の不作為によって、患者が広まったことは事実。患者が多くなったということだけで、インターフェロンをやれば治るといわれているのに、二の足を踏んでいるのは、与党の怠慢だ!」と鋭い指摘。

これに対し、自民党の大村秀章議員が「与党で1年間やってきた」と反論したところが、三宅さんのほか、民主党の山井和則議員らから、口々に、「やってないですよ!」「結論出てないじゃないか!」「1日に120人の肝炎患者が亡くなっているんですよ!」など大反撃されました。

三宅さんから、「(肝炎問題は与野党間に)決定的な対立点はないんだから、話し合ってやればいいんですよ」という筋の通ったご指摘があり、議論は終了しました。

三宅さんのおっしゃるとおりです!!三宅さんは、ご自身のブログでも、薬害肝炎問題の解決に言及されています。

その後、フジTVのニュースジャパンでも、肝炎特集です。
こちらでも三宅さんはコメントをされていました。
また、自民党の萩生田光一議員もインタビューに応じておられました。番組で、チラっとうつった萩生田議員のブログはこちらです。

さて、明後日10日午後は、自民・公明両党の肝炎対策に関するプロジェクトチーム(PT、座長・川崎二郎元厚生労働相)による公式ヒアリングです。
川崎座長は、これまで一度も、薬害肝炎原告被害者たちと面談して、薬害肝炎被害の実態を聞いたことがありません。今回が初めてです。明後日のヒアリングで、どう被害を受け止め、そして政策を実現していくのか。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-08 00:00 | 東京から
肝炎対策法案提出と谷垣政調会長面談

 昨日は、以前から民主党が参議院で肝炎対策の立法化を進めてましたが、正式に提出してくださいました。その報告集会に患者会から3人 薬害肝炎原告から山口代表初め9人の原告が各々話しをさせていただきました。

 法案の内容はインターフェロンの助成に関するもので、1万円負担で、インターフェロン治療を希望する全肝炎患者に適用されるとの事です。これが実現されれば多くの肝炎患者の生命が救われます。私達薬害肝炎の原告にとっても全面解決の為の大きな前進になります。

 又昨日の午後、自民党の谷垣政調会長にも面談する事ができました。谷垣政調会長は私達4人の原告の話しをよく聞いてくださいました。又フィブリノゲンについての質問もされました。これは私達の訴えが届いた表れではないかと、思います。
 一緒に同席して頂いた衛藤厚労部会長に 与党PTの川崎元厚労大臣に原告の話しを改めて聞くように指示を出してくださいました。

 昨日は山口代表 福田さん 大阪から桑田さん初め4人 金田さんの参加でした。
 皆さん 遠い所から、原告全員の救済350万人もいるといわれている肝炎患者救済の為に必死の活動を続けています。使命感を背負って頑張っています。
 こうした活動をしたくとも出来ないでいる原告達の為に私は可能な限り報告していきますので どうか応援していてください。よろしくお願いします。

(東京原告・浅倉美津子)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-03 00:00 | 東京から