薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:国会・政党 ( 58 ) タグの人気記事
民主党 特定肝炎対策措置法案を提出
 本日、B型・C型肝炎に関すつ特定肝炎対策措置法案を、民主党が参議院に提出しました。法案の骨子は以下のとおりですが、詳細については民主党のHPに載っていますので、ご覧下さい。

○ 医療費助成(国が負担)

 対象者:B型肝炎・C型肝炎(初期の肝硬変を含む。)にかかり、インターフェロン治療を受けることが適当との厚生労働大臣の認定を受けた者

 医療費が支給される場合:インターフェロン治療やこれに伴う医療を、原則として、指定医療機関の中から認定の際に厚生労働大臣が定める医療機関で受けた場合に、健康保険等の自己負担分について支給

 自己負担額:月1万円(1医療機関当たり)

○ 検討

1) 政府は、この法律の施行後速やかに、インターフェロン治療以外のB型肝炎・C型肝炎の治療に対する医療費助成について検討し、必要な措置を講ずる
2)  政府は、この法律の施行後3年を目途に、B型肝炎・C型肝炎対策に係る費用の負担の在り方その他総合的なB型肝炎・C型肝炎対策の在り方について検討し、必要な措置を講ずる
→そのために
・ B型肝炎・C型肝炎の対策に関する調査研究を推進
・ 厚生労働省に、患者とその家族、医療従事者、学識経験者等を委員とする特定肝炎対策推進協議会を置き、検討に当たり、その意見を聴く


 肝炎患者の救済は、薬害肝炎原告をはじめとする多くの肝炎患者たちの願いです。国は、患者たちの願いにどこまで耳を傾け、どう議論してくれるのか。今後の国会の動きと厚生労働大臣の発言に注目です。

 なお、本日の報道ステーション(テレビ朝日系)に、九州原告の福田依里子さんが出演されますので、ぜひ見てくださいね!!
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-02 00:00 | 東京から
原告団、民主党・小沢代表と3度目の面談
すでに報道されているとおり、薬害肝炎原告団・弁護団の代表らは、本日午前、民主党の小沢一郎代表と面談しました。東京原告の浅倉さんからの報告です。

本日、民主党小沢一郎代表との三回目の面談が叶いました。

最初に小沢代表とお会いしたのは 東京判決直後の座り込みの現場に激励に来て頂いた時でした。そして参議院選挙後に肝炎対策の立法化をお願いした面談でも、責任をもって立法化する、と言って頂けました。

その立法化に向けて今日案が示され、小沢党首から「参議院に法案を提出して成立に向けて頑張っていく」との発言を頂きました。小沢党首は「あなた達の頑張りのお陰で」といった労いの言葉もかけてくださり、短い時間でしたが、強固な決意を述べてくださいました。山口さんは「肝炎患者全体の支援措置として考えて頂けて、感謝してる」と述べられました。

きょうはマスコミも沢山来てましたが、私達原告の代表である山口さんは、全く物おじせず、しっかり民主党をたてて的確に返答してらっしゃいました。私は山口さんの隣りで、ここまできた事に感激して涙が止まりませんでした。

参議院で可決されても衆議院がどうなるかわかりませんが、でもこれが和解への後押しになる!と山西弁護士も言ってましたので治療体制や訴訟の解決にも大きな一歩になったのではないでしょうか。

私は今後もこうした活動に頑張って行きます。
皆さんもどうか見守っていてください。

(東京原告・浅倉美津子)


民主党のHPは、上記模様を写真入りで報じています。

メディアによる報道は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-28 00:00 | 東京から
座り込み1日目
 薬害肝炎原告団は、本日午前10時から、東京霞ヶ関で座り込みを始めました。

 原告団代表の山口美智子さんは、「薬害肝炎の解決なくして、肝炎問題の解決はありません。もう私たちは待ったなしの状態です。これを伝えるために、また原告たちは集結しました。薬害肝炎問題の解決のために、今から座り込みを開始します。みなさん、応援よろしくお願いします。」と、座り込み開始の宣言をいたしました。
d0081819_1183669.jpg


本日は天候不順で、時折激しい雨が降りました。
d0081819_1185945.jpg


11時からの厚生労働省前における抗議の訴え
d0081819_1191363.jpg


雨が激しいために、簡易テントを購入して座り込みました。
d0081819_7322464.jpg


来訪された国会議員は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-10 23:59 | 東京から
野党代表との面談&大臣面談申入に対する回答
 薬害肝炎名古屋判決から2日目、薬害肝炎原告団・弁護団は、野党各党の代表と面談し、薬害肝炎訴訟の早期全面解決に向けた取り組みに直ちに着手することを、政府に働きかけをするよう、要請しました。

d0081819_2351169.jpg 14時、衆議院第二議員会館にて、社会党の福島みずほ党首と面談しました。福島党首からは、薬害肝炎問題の早期全面解決に向けて、「厚生労働大臣に対し原告と面談するよう早急に働き掛ける」「野党として全力を尽す。一緒にがんばりましょう。」とのメッセージをいただきました。
 右の写真は、山口美智子原告団代表が、福島党首に、要請書を手渡ししているところです。

d0081819_231256100.jpg 15時30分、新党日本党本部にて、田中康夫代表と面談しました。
 田中代表は、長野県知事時代に、肝炎治療の補助の制度を設けた実績もあることから、肝炎問題に対する理解も深く、「党として全面的に応援する。やれることがあったら教えてほしい。」という力強い言葉がありました。肝炎患者に対する治療費補助による医療費削減効果について、大変興味を示されました。

 16時30分、民主党党本部にて、小沢一郎代表と面談しました。小沢代表とお会いするのは、本年3月30日に座り込み会場(日比谷公園かもめの広場)に来訪いただいて以来、2回目です。
 小沢代表は、原告たちの訴えに真摯に耳を傾けてくれました。そして、「国の対応が決まらずにグズグズしている間に多くの方々が亡くなってしまった」と述べ、今後の薬害肝炎問題の早期解決に向けて、「立法化を目指していきたい」「法案成立に向けて頑張っていきたい」との決意を明らかにされました。
d0081819_23314496.jpg
  

 下の写真は、東京原告の浅倉美津子さんの被害経験を聞いているときの小沢代表です。表情に注目です。

d0081819_23334635.jpg

d0081819_2334936.jpg


 参議院は、今回の選挙で民主党が第一党になりましたから、小沢代表から、秋の臨時国会に向けての法案提出の決意が語られたことは、大きな意義があることです。
 ちなみに、本日の小沢代表との面談は、ニュースにもなっています(会場はメディア関係者でいっぱいでした)。
  ↓↓↓
毎日新聞朝日新聞フジテレビ
民主党のホームページもご覧下さい。
d0081819_0442116.jpg



 17時、薬害肝炎原告団・弁護団の代表メンバーは、昨日要請書を提出した厚生労働大臣への面談要請に対する回答を聞くために、厚生労働省の中へ。

 その間、厚生労働省前では、原告団・弁護団・支援者たちが、厚生労働省に対する抗議行動を行いました。川田龍平議員も駆けつけて、原告らとともに、厚労省に対する抗議の声を上げてくれました。d0081819_2346599.jpg


 18時少し前、一様に険しい表情をした代表メンバーが、厚生労働省から出てきました。結局、本日もまた官僚だけの対応であり、厚生労働大臣との面談はできませんでした。それどころか、黒川達夫大臣官房審議官は、「原告の声を私が聞いて、大臣に伝える」と言うばかりで、大臣は面談してくれるのか?という原告団の問いに対しては、yes/noの回答すらしないという不誠実なものでした。

d0081819_034128.jpg 原告団・弁護団は、厚生労働大臣が原告団に面談するのかどうか、8月7日(火)までにきちんと回答するよう、再度要請しました。
 左の写真は、厚生労働省の不誠実な対応についてメディアと支援者に説明する山口原告団代表です。

 司法は、国を4度も断罪しています。厚生労働省は、この司法判断を真摯に受け止めて、誠意をもって被害者の声に耳を傾けるべきです。

(弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-08-02 23:00 | 東京から
薬害肝炎全国原告団からのお礼
                              2007年6月27日

各 位

      薬害肝炎「もう待てない!総理決断要求行動」参加の
                     お礼

                              薬害肝炎全国原告団
                               代表 山口 美智子

 25日、北海道から沖縄の全国各地から首相官邸前にお集まりいただいた皆さま、本当にお疲れ様でした。

 当日、首相官邸で官房長官に会うところまでこぎつけたことを聞かれたとき、そして、私と鈴木利廣弁護団代表が官邸から出てくるのをずっと待ち続けていたとき、どんなにか期待をふくらませておられたことでしょう。

 しかし、官邸はわれわれの要請に応えようとせず、薬害肝炎訴訟の解決について明言を避けました。皆さまを失望させる報告となったこと、どうぞお許しください。そして小雨の降る中をずっと待ったあげくの解散ではどんなにかご不満であったことと察します。原告一同、無念と同時に、応援に駆け付けてくださった支援の皆さまに顔向けができない思いで一杯です。皆さまに報告したあの瞬間、原告代表として私は、針のむしろに座らせられているかのようで死にたいぐらいの精神状態でした。しかし、私たち原告は、これまでも決死の覚悟で闘ってきたのです。これしきのことで逃げ出すわけにはいきません。

 原告団は、今後も忍耐忍耐で走り続けていくことを25日の最後に確認しました。とは言え、多くの原告は体力体調がおもわしくありません。病状が重篤な原告もいます。そういう中で今後も闘っていかなければなりません。これまで原告の思いを共有し共に闘っていただいた皆さま、これまで同様お力をおかしください。

 今回も、官邸から目に見える結果を得ることはできませんでしたが、多くの支援の皆さまに官邸前に集結していただいたことで、政府を少しずつ動かす大きなプレッシャーとなったことは間違いありません。本当にありがとうございました。

 皆さま、薬害肝炎問題の早期全面解決に向けて、今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by kanen-relay | 2007-06-29 00:00 | 九州から
もう待てない!総理決断要求行動!!
6月25日、時折小雨が降りしきるなか、全国各地から約400人が首相官邸前に集まりました。
これは、3月30日に政府が与党一体となって肝炎問題の解決に取り組むことを約束したにもかかわらず、3ヶ月近く経った今でも目に見える進展が見られないことから、早期に解決に向けた取組をしてほしい、安倍総理にその決断をしてほしい、という再度の要請を行うためです。

1,自民党の中川政調会長との面談

13時15分、弁護団と原告団の代表6名が、自民党の中川昭一政調会長と面談しました。
面談のなかで、中川政調会長からは、党のプロジェクトチームに薬害肝炎問題を取り組ませる、という力強い言葉をもらうことができました。
また、面談をしているその場から塩崎官房長官に電話をかけ、「自民党でやる」ことを伝えてくれました。
短時間でしたが、実り多い面談となりました。

2,塩崎官房長官との面談

その後、13時45分過ぎに、全国弁護団代表の鈴木利廣弁護士と全国原告団代表の山口美智子さんが首相官邸に入りました。
参加者は、首相官邸の向かい側にある国会記者会前の歩道で待機し、交渉団の2人が出てくるのを待つことになりました。

この間に、民主党(仙石由人議員、山井和則議員、細野剛志議員)や社民党(阿部知子議員)の国会議員、そして薬害HIV訴訟原告の川田龍平さんが次々に応援に駆けつけて、激励や連帯の挨拶をしてくれました。

しかし、代表団の2人に対する塩崎官房長官からの返事は、政府を信じて待って欲しいというだけの、中身のないものでした。
険しい表情で官邸から出てきた山口さんは、「皆さんと目を合わせることができません。何か一つでも実現可能なことを具体的に言ってくださいと迫りましたが、自民党としても政府としても必ず取り組んでいくという言葉だけでした」と涙ながらに報告しました。

いまこの場で抗議の意思を表すべきではないかとの声も聞かれましたが、山口さんの「政府を信じていただくしかないという言葉をもう一度だけ信じてみようと思います」との言葉を受けて、支援者は報告集会に移動しました。

3,報告集会

その後日比谷公園内の「かもめの広場」で報告集会が開かれました。
東京、大阪、福岡等はもちろん、愛媛、滋賀、長野、熊本、京都、千葉等、裁判が係属している地域以外からの参加者も多く、運動の広がりが実感できる集会となりました。

4,今回の成果と今後求められること

残念ながら、今回は安倍総理の決断を得ることができませんでした。
しかし、自民党の政策決定責任者である中川政調会長が、解決に向けた取組みを約束したことは大きな成果です。
また、6月26日には、安倍総理が柳澤厚生労働大臣に「新たな措置を早急に協議し、訴訟問題についてもよく検討してくれ」と指示したとの報道もなされています。

短期間の取組であったにもかかわらず400人もの人々が首相官邸前に集まったことが、これらの成果を引き出す大きな力になったことは間違いありません。
直接的な抗議の行動をしていなくても、首相官邸近くに私たちがつくった長蛇の列は、政府・与党に強いインパクトを与えたことでしょう。

より幅広い人々がこの問題に対する政府や与党の動きに注目する状況を作り出すことこそが、解決を実現する最大の保証です。
7月13日に大阪高裁で開かれる期日が最初の大きな節目となります。

多彩な取組を各地で広げていきましょう!!

(東京弁護団・田中)
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-27 00:00 | 東京から
6・25行動をめぐる報道
朝日新聞
官房長官、C型肝炎訴訟原告団と面会 早期の対策を約束
塩崎官房長官は25日、官邸で薬害C型肝炎訴訟の原告団と面会し、早期にウイルス性肝炎対策を実現すると約束した。国の敗訴が続いている同訴訟について、原告団は和解協議につくよう要求したが、塩崎氏は「それぞれの裁判判決の論理を整理したい」と述べるにとどめた。

読売新聞
薬害肝炎原告団と官房長官が面会、政府の解決策示されず
薬害肝炎全国原告団と弁護団の代表が25日、首相官邸で塩崎官房長官と面会したが、政府の具体的な検討策は示されなかった。

薬害肝炎訴訟の解決策検討を指示…首相

毎日新聞
薬害C型肝炎訴訟 首相への直訴、空振りに失望…原告
薬害C型肝炎訴訟の原告が25日、裁判の一日も早い解決を安倍晋三首相に直訴しようと首相官邸を訪れたが、面会できなかった。代わりに塩崎恭久官房長官が応対したが、具体的な解決策は示されず、原告たちの間に失望が広がった。

<薬害C型肝炎訴訟>首相が抜本的な対策検討を厚労省に指示


<肝炎訴訟>現時点では和解に応じない意向 柳沢厚労相

日本経済新聞
薬害肝炎訴訟原告団、官房長官と面会「早期に救済策を」
薬害C型肝炎訴訟の原告団は25日、首相官邸で塩崎恭久官房長官に会い、救済策の早期策定を求める要望書を提出した。塩崎長官は「政府・与党でどんな対策を講じることができるか、結論が早期に出るよう真剣に検討している」と応じ、対策の取りまとめを急ぐ考えを示した。

安倍首相、薬害肝炎訴訟で早急な対応指示

時事通信
原告代表、官房長官と面談=和解視野に政治解決訴え-薬害C型肝炎訴訟
まずは肝炎対策に全力=安倍首相
「法律論の整理必要」=C型肝炎訴訟、首相指示に-柳沢厚労相

NHK
薬害肝炎訴訟 早期解決を要請

フジテレビ
薬害C型肝炎訴訟の原告ら、早期解決を安倍首相に直訴するため官邸訪問も面会できず  

TBS
薬害C型肝炎原告団、「全面解決」訴え
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-26 00:00 | 東京から
【6・25】 「もう待てない!」 総理決断要求行動
■■■  薬害肝炎訴訟
■■  6月25日(月)13時~ 首相官邸前
■  「もう待てない!」 総理決断要求行動


3月の東京地裁の勝訴判決を受け、薬害肝炎訴訟の原告らは、早期全面解決を求めて、3日間の座り込みを行いました。

その結果、下村官房副長官が安倍首相宛ての要望書を受け取り、安倍首相の言葉として聞いて欲しいと断った上で、「政府と与党が一体となって、薬害肝炎問題の解決に取り組む」と約束していただきました。

しかし、3か月経過しましたが、いまだ解決策は示されていません。
むしろ、与党・自民党は、原告らの被害の声すら聞こうとせず、裁判では、依然として、争い続けています。
この間、原告の病状は日々悪化しています。
肝硬変に苦しみながら裁判を闘い続けてきた九州原告は、解決に手が届かないまま亡くなられました。

もう、時間がありません。もう、待っていられません。
その思いから、原告らは、全国から結集して首相官邸に赴き、直接、安倍総理に決断を求めることにしました。
ハンセン病国賠訴訟の控訴断念行動以来の、官邸前行動です。
弁護団も支援者もこれをサポートすべく、全国から結集します。

安倍総理に決断を求めるには、多くの人の声が必要です。
原告がこの行動をやり遂げるにも、多くの人の支えが必要です。
一人でも多くの人にご参加いただけますよう、心よりお願いいたします。

【スケジュール】
2007年6月25日(月)
  13:00      日比谷公園「かもめの広場」集合
  13:30      首相官邸へ向けて移動
  14:00      薬害肝炎訴訟原告による総理決断要求行動
    ~総理面談・決断まで


【問い合わせ先】
東京都新宿区新宿1-24-2長井ビル3階
オアシス法律事務所内 
TEL 03-5363-0138
FAX 03-5363-0139
薬害肝炎訴訟を支援する会・東京
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-22 00:00 | 裁判日程・イベント
薬害肝炎解決のための再要請書
                               平成19年6月19日

            薬害肝炎解決のための再要請書

内閣総理大臣
安 倍 晋 三  殿

                      薬害肝炎全国原告団
                       代表   山 口 美智子
                      薬害肝炎全国弁護団
                       代表   鈴 木 利 廣
         

 私たちは、本年3月30日、薬害肝炎問題の解決に向けた政治決断のための要請をさせて頂きました。
 そして当日、内閣総理大臣の代理として、下村内閣副官房長官に対し要請書提出した折に、「政府・与党一体となった今後の努力」をお約束頂き、私たちは政府のこの対応を信頼することで、3月28日からの厚労省前の「座り込み行動」を解除しました。
 それから昨日まで、80日間が経過しました。

 この間、与党・自民党は、再三の要請にもかかわらず原告団のヒアリングも実施せず、薬害肝炎問題解決のための施策も不透明のままです。むしろ与党プロジェクトチームにおいては、薬害肝炎訴訟への対応はしないとの方針であるとも伝えられています。

 他方、薬害肝炎訴訟を担当する大阪高等裁判所は、この問題を訴訟上の和解によって解決することが望ましいとの立場を明らかにして、被告国に和解解決の打診をしましたが、被告国の訴訟担当者は、柳沢厚生労働大臣への報告もないまま拒否回答を行いました。

 この間にも、九州原告団のおひとりが肝硬変で苦しみながら亡くなりました。いつ肝硬変・肝癌で死ぬのか、肝硬変・肝癌に移行してしまうのではないか、慢性肝炎に進展したら……、と不安な毎日を送りながら、この80日間を一日千秋の思いで待ち続けてきました。私たちには、もうこれ以上待ち続けることはできません。

 内閣総理大臣におかれましては、薬害肝炎問題の全面解決のための政治決断をされますよう、改めて要請する次第です。

 ご面談のうえ、お考えをお聞きいたしたく、来る6月25日(火)、全国原告団は首相官邸にお伺いいたします。
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-19 00:00 | 薬害肝炎資料室
官房副長官が「政府・与党として解決」~報道より
C型肝炎訴訟「政府・与党で解決」 官房副長官が原告に
 下村博文官房副長官は30日、官邸で薬害C型肝炎訴訟の原告らと面会した。原告らによると、下村氏は「政府と与党が一体となって肝炎問題の解決に取り組む」として、政府主導で肝炎対策に本格的に動き出す方針を示した。・・・

(朝日新聞・2007年03月30日23時33分)


<薬害C型肝炎訴訟>安倍首相が患者救済策の検討指示
(毎日新聞・3月31日1時4分)

薬害C型肝炎訴訟:東京地裁判決不服で控訴 厚労省
……一方、薬害肝炎全国原告団らは同日、安倍晋三首相あてに薬害肝炎問題の政治解決を求める要請書を提出した。原告らによると、代理で要請書を受け取った下村博文官房副長官は政府として問題解決に向けて対応する意向を示したという。……【北川仁士】
(毎日新聞・2007年3月30日 22時03分)


【ニュース映像】
下村官房副長官、政府・与党として患者救済策を検討する方針明らかに
(フジテレビ)
薬害肝炎患者に総理「問題解決を進めたい」と回答
(テレビ朝日)
安倍首相、薬害肝炎支援の検討を指示
(TBS)
薬害肝炎訴訟 安倍首相“対応を検討”
(日本テレビ)
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-30 23:59 | 東京から