薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:実名原告 ( 22 ) タグの人気記事
福田衣里子さんの手記(産経新聞より)
 薬害肝炎九州原告の福田衣里子さんが、1月11日付産経新聞に手記を寄せました。以下、福田さんの手記の全文です。

 やっとここまでたどり着けた。

 ここ数カ月、薬害肝炎問題が、マスコミで取り上げられるようになった。しかし、実際の私たちの闘いは、5年以上におよぶ。私は、23歳の時、この訴訟に加わり、現在27歳になる。肝炎のこと、薬害のことを話しても多くの人が何のことだか分からない。ビラを配ってもだれも受け取ってくれない。そんなころから今日まで闘ってきた。治療をしながらの活動は、耐え難かった。副作用がひどく、人と話すことも、会うことも嫌だった。しかし、この問題を、もっとたくさんの人に、伝えなければいけない。その思いから、話したくない、思いだしたくもない、つらい話を、4年間、毎日のように話し続けた。そして、ここ数カ月は、毎日のように国会に通い続けた。

 この裁判が350万人の肝炎患者のためになるのだと信じていたから、あきらめなかったし、そのためにも、譲れないものがあった。

 自分たちだけのための裁判であれば、きっと、とっくにやめていただろう。

 利益優先の、身勝手な思いがうんだ、「薬害肝炎」。そんな人間の対極に居続けたい。命を救う役に立ちたい。その思いだけだった。

 今、ようやく、国を動かし、法律の制定へと進むことができた。

 ゆるぎない思いと理念をもって、仲間とともにあきらめることなく闘い続けることで、到底難しく思えることも、なしえるのだと、うれしく思った。

 しかし、これは、350万人に及ぶすべての肝炎患者のためのより良い医療費助成、恒久対策へとつながる土台ができたに過ぎない。この法案で救済されるのは、ごく一部。これから、私の闘いの第二幕がはじまるのだと思っている。

 私の望むことは、提訴当初から変わらず、すべての肝炎患者が、少しでも、不安や負担なく、治療できる体制を作りたいということだ。そして、薬害を根絶したい。自分だけでなく、家族や周りをも苦しめ、健康だけでなく、人生にまで被害を及ぼす、このような悲劇を繰り返してはいけない。大切な人に一日も長く生きていてほしい。大切な人のために一日も長く生きていたい。だれもが、思うことだ。

 命の重さは、みんな同じで、命以上に大切なものはない。もっと、心豊かな国になってほしい。そのために、何かできることがあるとしたら、し続けたい。

[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 01:00 | 九州から
原告団代表の山口さんのコメント
 薬害肝炎原告団代表の山口美智子さんの、本日の記者会見におけるコメントです。


d0081819_191084.jpg
 昨日、福田総理が議員立法指示されたということで、我々はとんぼ帰りで、議員立法に関して意見をまとめました。

 細かいところまで、真剣に話しました。原告だけでなく、多くの薬害被害者に関わる一律救済ですので、難しい問題ではありますが、同じ被害者であるので、原告でない人のことも、我が事として話し合いました。

 譲れないことは、国は、「薬害の解決が遅れたこと」への責任といっていますが、「薬害を発生させたこと」についての責任であって、ここに大きな隔たりがあります。薬害を認めて謝罪しなければ解決につながりません。
 今こそ、総理の力で正義が実現されるか試されています。
 明日にでも、総理が我々と面談することを希望します。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-24 23:00 | 九州から
首相立法指示に関する記者会見
 福田首相は、本日午前中に、薬害肝炎被害者全員の一律救済を内容とする立法を指示しました。これを受けて、薬害肝炎原告団・弁護団は、東京・大阪・名古屋・福岡の各地で、午後4時から、全国一斉記者会見を開き、声明を発表しました。

d0081819_0211553.jpg 東京でも、霞ヶ関の厚生労働記者クラブで、鈴木利廣代表、実名原告の浅倉美津子さん、久野郁子さんが記者会見をしました。

 薬害肝炎原告団・弁護団が求めていた「全員一律救済」という理念で立法することは、一歩前進したと評価できます。私たちも、全員一律救済の議員立法に期待したいと考えています。

 しかし、福田首相の述べる「全員一律救済」の中味は、まだ不透明です。

 福田首相は、記者会見で「自由民主党の総裁」として全員一律救済の議員立法するとし「行政責任については免れることはできない」と述べました。しかし、他方で「行政の枠を超えて、立法する」「責任というものを超越して、立法作業をする」「立法過程において(責任について)どうするか、そのあたりは立法をされる方に任せたい」とも言っており、国の責任の有無については明言していません。

 福田首相の考えている「全員一律救済」が、原告たちの考えと同じかどうかは、本日の記者会見だけではよく分かりません。

 原告団・弁護団は、福田首相が「全員一律救済」をどのように理解されているのか、福田首相から直接説明を受けたいと思っています(今回の福田首相の立法指示については、原告団・弁護団も報道により知ったものであり、福田首相や与党・政府関係者から直接連絡を受けている訳ではありません。)。
 また、福田首相には、議員立法をするにあたり、原告団・弁護団の「全員一律救済」の考え・思いについても、ぜひ直接聞いていただきたいと思っています。
 そのために、改めて、福田首相との面談を求める予定です。

 また、原告団・弁護団は、薬害肝炎被害者全員に対する責任の明確化と謝罪を、国に求めています。薬害肝炎の発生と拡大に関する国の責任・謝罪について、議員立法(または原告団との間の基本合意協議)の中で言及するのか、それとも立法過程の中でうやむやにしてしまうつもりなのか、明日以降の内閣・与党の動きをしっかりと注目していきます。

(東京弁護団・まつい)

d0081819_019508.jpg【浅倉美津子さん】 私たちは大阪高裁の和解勧告で重い扉が開いて、今日の総理の会見で一歩その扉の中に入れたと思っています。今までの対応がありますので不安もありますけれど、直接私たちと面談して、私たちの被害の実情等を聞いていただきたいと思っています。
 ただ、今日総理は会見の中で、可及的速やかに法案を通していただき皆さんに安心して欲しいと思います、とおっしゃってくださいました。このことは、一刻も早く全員一律救済を望んでいた私たちにとりましても本当に嬉しい言葉だと思っています。
 また、私たちも総理と会ってお話させていただきたいということを総理に伝えていきたいと思いますので、ぜひ皆さんもよろしくお願いします。

d0081819_02048.jpg【久野郁子さん】 私たちは、線引きされたまま一律救済を認めてもらえなくて本当に落ち込んだ気分でした。そして、今日突然、立法において一律救済を行うことを聞き、一歩前進したという思いでこのニュースを聞きました。
 以前、司法の判断の枠内でしか認めない、責任範囲を小さくするための言い訳ばかりを聞いてきたので、一歩前進といえども、本当にそうなのかなと、すごく嬉しいとまではなりませんでした。私たちが求める本当の一律救済なのかな、という思いもあります。
 でもここ数日、国民のみなさん街頭宣伝などをしていても、みなさんの力、皆さんが応援してくれているということを受け止めることができました。
 その気持ちを総理にぶつけたいという気持ちでいっぱいです。


d0081819_0212961.jpg


Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-23 23:00 | 東京から
実名原告たちのブログ
大阪原告13番・桑田智子さんのブログは、2007年8月から移転しました。
Dear Life・薬害肝炎訴訟奮戦記
http://nomoreyakugai.at.webry.info/

以下、実名原告さんたちのブログです。

大阪原告1番さん・武田せい子さん   
サザエの日記・肝炎患者の徒然日記
http://seikonoheya.blog.ocn.ne.jp/sazaenonikki/

九州原告10番・小林邦丘さん
くうブログ・薬害肝炎訴訟や闘病生活など日々の生活や趣味を綴った俺日記。
http://blogs.dion.ne.jp/coo72/ *現在ブログは閉鎖されています。

九州原告15番・福田衣里子さん
Piquer~Ennrico's room~薬害C型肝炎と闘いながら、刺繍をしつつ楽しく生きる27歳。
http://blog.livedoor.jp/ennriko555/

九州原告17番さん・出田妙子さん+支援者のKIYOさん
ほっと Letter ~薬害肝炎の完全解決を願って~
http://letter0128.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-17 00:00 | リンク
肝炎対策法案提出と谷垣政調会長面談

 昨日は、以前から民主党が参議院で肝炎対策の立法化を進めてましたが、正式に提出してくださいました。その報告集会に患者会から3人 薬害肝炎原告から山口代表初め9人の原告が各々話しをさせていただきました。

 法案の内容はインターフェロンの助成に関するもので、1万円負担で、インターフェロン治療を希望する全肝炎患者に適用されるとの事です。これが実現されれば多くの肝炎患者の生命が救われます。私達薬害肝炎の原告にとっても全面解決の為の大きな前進になります。

 又昨日の午後、自民党の谷垣政調会長にも面談する事ができました。谷垣政調会長は私達4人の原告の話しをよく聞いてくださいました。又フィブリノゲンについての質問もされました。これは私達の訴えが届いた表れではないかと、思います。
 一緒に同席して頂いた衛藤厚労部会長に 与党PTの川崎元厚労大臣に原告の話しを改めて聞くように指示を出してくださいました。

 昨日は山口代表 福田さん 大阪から桑田さん初め4人 金田さんの参加でした。
 皆さん 遠い所から、原告全員の救済350万人もいるといわれている肝炎患者救済の為に必死の活動を続けています。使命感を背負って頑張っています。
 こうした活動をしたくとも出来ないでいる原告達の為に私は可能な限り報告していきますので どうか応援していてください。よろしくお願いします。

(東京原告・浅倉美津子)

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-03 00:00 | 東京から
原告団、民主党・小沢代表と3度目の面談
すでに報道されているとおり、薬害肝炎原告団・弁護団の代表らは、本日午前、民主党の小沢一郎代表と面談しました。東京原告の浅倉さんからの報告です。

本日、民主党小沢一郎代表との三回目の面談が叶いました。

最初に小沢代表とお会いしたのは 東京判決直後の座り込みの現場に激励に来て頂いた時でした。そして参議院選挙後に肝炎対策の立法化をお願いした面談でも、責任をもって立法化する、と言って頂けました。

その立法化に向けて今日案が示され、小沢党首から「参議院に法案を提出して成立に向けて頑張っていく」との発言を頂きました。小沢党首は「あなた達の頑張りのお陰で」といった労いの言葉もかけてくださり、短い時間でしたが、強固な決意を述べてくださいました。山口さんは「肝炎患者全体の支援措置として考えて頂けて、感謝してる」と述べられました。

きょうはマスコミも沢山来てましたが、私達原告の代表である山口さんは、全く物おじせず、しっかり民主党をたてて的確に返答してらっしゃいました。私は山口さんの隣りで、ここまできた事に感激して涙が止まりませんでした。

参議院で可決されても衆議院がどうなるかわかりませんが、でもこれが和解への後押しになる!と山西弁護士も言ってましたので治療体制や訴訟の解決にも大きな一歩になったのではないでしょうか。

私は今後もこうした活動に頑張って行きます。
皆さんもどうか見守っていてください。

(東京原告・浅倉美津子)


民主党のHPは、上記模様を写真入りで報じています。

メディアによる報道は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-28 00:00 | 東京から
東京原告・浅倉さんの決意
d0081819_2357729.jpg
 
 昨日、仙台判決を傍聴してきました。
 皆さん報道等で既にご存知だとは思いますが、腑が煮えくりかえる程の怒りしかない内容の判決でした。全てにおいて国寄りの内容でした。

 判決骨子を読み上げてる裁判長は時々血液製剤が正確に読み上げられず、正確に読み直そうとした時少し笑いながら読み上げてました。私はそれを目の当たりにした時、この判決を真摯な態度で書いたのか 疑いたくなりました。裁判長のそれは小さな事ですが 被害者の命をかけた裁判の判決が、裁判長の人間性も疑いたくなる態度に この裁判長に判決を書いてもらいたくなかった と、新たな怒りが湧いてきました。

 でも この沈んだ気持ちは今日で切り替えなければなりません。明日からは私達の裁判の早期決着を実現するため 原告弁護団会議や座り込みに全力を尽くします。皆さんも出来るだけ参加して、一緒に頑張りましょう。

2007年9月8日
東京原告・浅倉美津子

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-09 00:00 | 東京から
7月29日の新潟チャリティーライブ
以前の記事“オヤジバンド!@薬害肝炎新潟支援の会”でお知らせいたしましたが、7月29日は薬害肝炎新潟支援の会によるチャリティーライブの日です。

新潟方面の皆さま、参議院選挙の投票をした後は、ぜひライブにお越し下さい。
または、ライブに参加してから投票に行きましょう。

東京原告19番の平井要さんからのメッセージです。
 チャリティーライブの準備も着々と進んで支援の輪が広がり、早期解決に繋がるべく頑張っているところです。7月29日、日曜11時から3時、私のバンドは2時半頃からですが、できましたら11時のオープニングからおいでいただければ嬉しいです。

 新潟駅、万代口を下りて、路線バス案内を過ぎた所。案内で確認いただければ間違いないですが、その案内過ぎたバス停大野、白根行きふるさと村下車30分程です。当日は支援の会の他にボランティアもいるので、なるべく新潟駅まで迎えに行きたいと予定中です。

 運営費やポスター、チラシ等 大勢の人の手で このチャリティーライブが行われます。早期解決を願いどうぞ新潟に見に来て参加してください!

[PR]
by kanen-relay | 2007-07-27 00:00 | 東京から
「雨上がりの風」が吹いて
 昨年の夏の陣(大阪判決・福岡判決)から歩みを止めることなく、東京判決まで突っ走ってきた。三度目の判決では、ホップ・ステップ・ジャンプできるものと期待しながら。そして、過去に厚労大臣との面談拒否という苦い仕打ちを二度受けても、僅かな望みながらも今度こそはと。

 私たちは、みたび勝訴判決という武器を手にして不退転の決意で臨んだ座り込みではあったが、柳沢厚生労働大臣の不誠実な態度に、胸中は土砂降りの涙が流れていた。3日目の朝、日比谷公園にも強い雨が降った。マイクを握る私たちを容赦なく濡らした後、暖かい日が差し始めた。

 来週も座り込み続行か、はたまた首相官邸強行突破かと覚悟を固めていた頃(午後4時過ぎ)、遂に風が吹いた。
 この追い風に乗って、全面解決という目標を獲得するまで走り続けなければいけない。

 闘いはまだまだ続けばゴールまで 手繰り寄せたし春をわれらに

 そして弁護団の先生方、お疲れ様でした。
 とりわけ東京弁護団の先生方、判決前から東京行動の手配りや気配りは大変だったことと思います。何せ、全国から多くの原・弁・支が東京に集結するのですから、マスコミや世間の目も東京に集注しました。
 これまでの4年半、弁護団の先生方を信頼して闘ってきたからこそ、私たち原告団もやっと心地よい風にあたることができました。ありがとうございます。

 これからは、全国の原・弁・支が更に一丸となって闘う時がきました。ゴールまで、原告団の伴走をよろしくお願いします。

(薬害肝炎全国原告団代表 山口美智子)

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-03 00:00 | 東京から
判決前夜集会~原告18番さん、顔の公表!
d0081819_0462619.jpgいよいよ明日は、薬害肝炎東京判決ですが、本日午後6時30分から、薬害肝炎問題の全面解決の願いを込めて、東京池袋で判決前夜集会「350万人の願い」を行いました。

集会タイトルの「350万人」とは、ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)の推定患者数です。つまり、ウイルス性肝炎患者の「願い」を実現するために、患者たちの代表選手として闘ってきた原告たちを励ますために、原告・弁護士・支援者が一緒になって、本日まで企画を練り上げてきた集会です。

会場は、多くの方々からのハンカチでオレンジ色♪500数十席の会場は、ほぼ満席に近い状態となり、薬害肝炎に対する理解の広がりを感じました。
メディアも、東京キー局すべてのテレビカメラが入りました!!

司会は、東京原告11番くん(第9因子製剤被害者・関東在住・20歳代)と薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTSのくりはらくんです。

d0081819_0471951.jpgプログラムは・・・・
薬害肝炎全国弁護団製作のビデオ「夢をかえして~薬害C型肝炎の真実」の上映、HEARTSの学生たち(大和田野さん、石川さん、笠置くん、大久保くん)の掛けあいトークによる薬害肝炎被害の解説、原告さんたちからの「みんなの願い」、そして、支援者からのエールなど、盛りだくさんの企画でした。

実名原告のみならず、匿名原告も含め、東京訴訟の原告さんたちそれぞれが、舞台上でスポットライトを浴び、失われた自分の人生を取り戻したい、ふつうの健康な人と同じ人生を送りたい、薬害を起こした国や製薬会社に自らの非を認め「ごめんなさい」と言ってほしい、何度も繰り返してきた薬害をもう二度と薬害を起こさないようにしてほしい、肝炎患者の全面救済・治療体制の充実してほしいと、口々に「願い」を述べました。

また、薬剤師の千田恵美子さん、東京肝臓友の会事務局長の天野秀雄さん、原爆症認定集団訴訟の安原幸彦弁護士からも、薬害防止、肝炎総合対策の実現、厚生労働省の被害者軽視の行政の"更正"に向けてのエールを送っていただきました。

本日のトピックは、これまで匿名原告として活動していた東京原告18番さん(フィブリノゲン製剤被害者、関東在住、50歳代)が、これからは顔を隠さずに薬害肝炎被害を訴えることを決意され、ペンネーム浅倉美津子として、顔の公表をされたこと。

肝炎患者に対する社会的差別はいまだなくならず、家族もおられる浅倉さんにとって、メディアの前に顔を公表することは、心細く不安であり、勇気のいる行動だったと思います。しかし、浅倉さんは、自分が顔を公表して、メディアに報道されることで、肝炎問題の解決が実現できればという強い思いから、本日、顔を公表されました。

浅倉さんの思いは、以下の動画でご覧下さい。


集会の最後には、のはらヒロコさん(VOJA)の合唱指揮のもと、会場のみんなで、湯川れい子さん作詞「きずな」を合唱しました。

ありがとう
生まれてきたこと
ありがとう
きずなに感謝♪


原告の強い願いを実現するために、本日の会場に集まった方々、原告、弁護士、支援者の強いきずなをもとに、明日の判決以降、闘っていきます。

薬害肝炎東京判決は、明日3月23日14時、東京地裁103号法廷です。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-22 23:23 | 東京から