薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:田辺三菱製薬 ( 1 ) タグの人気記事
薬害肝炎「企業モラルを正せ!抗議行動」参加のお礼
 23日、大阪での抗議行動に約150人が結集することができました。原告団からの急な呼びかけにも拘わらず、行動の趣旨に賛同していただき、各地から支援に駆けつけていただきましたことに、心から感謝申し上げます。

 また、各地での集会が予定されていたり、諸々の所用があったりと、大阪会場には来ることができなかった支援団体の方々からも連帯して闘う支援の思いを受け取ることができました。みなさんの熱いパワーを受けながら、12時からのビラ配りや抗議パレード、抗議アピール(直接交渉)、そして5時からの報告集会(記者会見)を私たち原告団はやりきりました。インターフェロン治療中や病状悪化のために、体力が落ち歩くのもままならない原告たちも、皆さんの力強い支援を受けながら頑張ることができました。

 翌日の朝刊には、「和解」「合意」の見出しがおどっていましたが、予断を許さない状況です。しかし、抗議行動の目的であった「肝炎問題は終わっていない」「被告企業は社会的責任を未だはたしていない」のアピールは、達成することができました。来週中には、企業からの回答がきますが、直接交渉で提示した最終原告案である基本合意書案を企業が全面受け入れることを期待したいと思います。この最終原告案には、私たち原告の思いだけではなく、証明がとれず原告に加われない方、治療の機会を奪われ亡くなった方など多くの肝炎患者の思いが入っているのです。必ずや、企業には、薬害事件の反省と事実を踏まえ、命の尊さを認識させなければなりません。前水俣市長であった吉井正澄氏も「人命、人権、環境を大切にしない企業は、これからは生き残れない。」と提言しています。

 これからも、被告企業には、二度と薬害を起こさない体制と、安心して使用できる医薬品づくりを求め続けていきます。
 皆さま、私たち薬害肝炎原告は、『薬害根絶』『肝炎総合対策』の実現に向けて、更に活動を続けていきますので、今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

薬害肝炎全国原告団
代表 山口 美智子

[PR]
by kanen-relay | 2008-06-26 00:00 | 九州から