薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:薬害肝炎大阪訴訟 ( 9 ) タグの人気記事
和解骨子案提示について-大阪高裁の様子
 12月13日午後3時半から大阪高裁において和解骨子案の提示がありました。

 その内容は,すでに報道されているとおり,基本的に国の主張に基づいて東京地裁判決基準での線引きをする内容です。
 私たちは,提示のあったその場で拒否をすると表明をしました。

 それでは,その様子をお伝えします。

 午後3時半,大阪高等裁判所内の会議室に大阪原告団の第1陣原告,原告弁護団,それに被告国・田辺三菱製薬の代理人が一斉に会した中で裁判長から和解骨子案提示について説明が始まりました。
 裁判長は,「和解骨子案」と「和解骨子案提示の際の所見・説明書」という2種類の書類を双方の当事者に交付するにとどまり,基本的にその内容の全体について口頭で説明することはしませんでした。

 裁判所が,和解骨子案の内容を口頭で説明することなく,回答期限等の事務手続き的な説明だけを行い,骨子案等については書面を交付するにとどめるという姿勢を示したことから,弁護団の松井俊輔弁護士から,その場で「我々の要求する全員一律救済の内容になっていない和解骨子案であれば,原告は拒否をする。」との意見表明をいたしました。

 この弁護団の意見表明を聞いた後,裁判長は,年内の基本合意を目指したいということ,和解解決に向けての追加,修正案を提案するようにとの要望を述べました。

 このように当事者を集めておきながら,和解骨子案提示を書面交付の形で行うことにした裁判所の姿勢から予想されたとおり,和解骨子案の内容は,線引きをするというものでした。

 和解骨子案には幻滅させられましたが,所見・説明書には,重要な一文が記載されていました。
 すなわち,「当裁判所としても,本件紛争の全体的解決のためには,1審原告らの全員,一律,一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えております」と記載されており,原告らの主張してきた全員一律救済の理念が望ましいことが明らかにされているのです。他方で,「1審被告らの格段の譲歩のない限り,和解骨子案として提示しないことにしました」とも記載されており,今回の和解骨子案が線引き案となったのが,被告らの抵抗によるものであることも明白なのです。

 そこで,原告団・弁護団の連名で,和解骨子案提示の後,直ちに声明文を発表しました。


 和解期日終了後,裁判所の司法記者クラブで実名原告(武田,桑田,両川,加地,藤村,池田)及び松井弁護士が記者会見に臨みました。
 武田さんが声明を読み上げた後,松井弁護士から骨子概要を説明しました。
 その後,各原告さんから意見・感想が述べられましたが,桑田さんからは,「命の重さを訴えてきた。どうして命に差別されなければいけないのか。薬害被害者は平等に救済されるべき。」とのコメントが出されました。

 また記者会見の後に大阪原告団の原告さんに集まっていただいて和解骨子案のご説明を弁護団からしました。
 残念な和解骨子案でしたが,原告さんたちからは全員一律救済に向けて最後まで頑張るとの力強い言葉ありました。

 最後の戦いです。全国の被害者原告が連帯して,全員一律救済の政治決断を勝ち取りましょう。

(大阪弁護団・たなべ)

東京の模様は、こちらの記事を!
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-14 12:00 | 大阪から
原告ら、大阪高裁の和解案を拒絶!
d0081819_17235220.jpg 12月13日午後3時30分、大阪高裁より原被告らに対して大阪高裁の考える和解案が提案されました。報道等で既にご存じかとは思いますが、その内容は薬害被害者の救済範囲を線引きする、不当な内容でした。

 それゆえ、原告らは和解案が提示されたその場で和解案を拒絶しました。原告らは、薬害被害者全員の救済を求めて、2002年の東京地裁・大阪地裁への提訴以降戦い続けてきたのですから、到底大阪高裁の和解案を受け入れることはできません。
 舛添大臣等が「裁判所のリーダーシップを期待する」と繰り返し述べて来たにもかかわらず、そして国民世論の全面一律救済へ向けた支持があるにもかかわらず、大阪高裁はリーダーシップを全く発揮することなく、原告・被告のそれぞれの考える和解案を単に調整するだけのことしかしませんでした。
 そして、国(官僚)の全面一律救済への強い抵抗に屈し、全面一律救済案を提示しなかったのだと思います。

d0081819_17185093.jpg 大阪高裁の和解案の提案を受けて、東京では4人の原告が記者会見に臨みました。原告団代表の山口さん、福岡原告の福田さん、東京原告の浅倉さん、名古屋原告の金田さんです。会見は弁護士会館の一室で行なわれたのですが、100名近い報道関係者が集まり、会見の場は異常なほどの熱気に包まれていました。

 福田さんは、第9因子製剤の投与を受けた原告ですが、「国にも企業にも責任が認められなかった。自分の力が及ばなかった。自分の無力さが哀しい」と無念さを訴えました。また、和解案の中には訴訟遂行費用という名目で、弁護団・原告団に対して救済対象外被害者に分配するなどして自由に使用できる一時金を支払うとの提案がありました。かかる提案について福田さんは「まるで口止め料を払ってやるから、これ以上騒ぐなと言っているようなもの。命の尊さを全く理解していない。すd0081819_1722349.jpgごく人を馬鹿にした内容の和解案。こんなものを原告が飲むと思っているのか。馬鹿にしないで欲しい」と怒りを露わにしました。

 そして山口さんは、「被害者が線引きされ、切り捨てられる。到底受け入れられない内容」と断言しました。また、「私はまだある程度自分の夢を叶えられたからいい。だけど、福田さんやほかの若い原告は、夢を奪われた。将来に希望を持てないでいる。そんな若い人たちが『何を信じていいか分らない』と絶望している。そんなことがあっていいのか。『自分の力が及ばなかった』と謝罪の言葉を述べるべきなのは、舛添大臣や福田首相ではないか」と涙ながらに国の対応に強く抗議しました。

 果たして福田首相は原告たちの声、国民の声に耳を傾け全面救済の政治的決断をするのでしょうか。その判断が待たれています。

(東京弁護団・たけだ)
 写真提供=東京弁護団・なかがわ

大阪の模様は、こちらの記事を!

毎日新聞
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-14 10:00 | 東京から
大阪高裁の和解骨子案等に対する声明文
2007年12月13日

      声  明  文        

                       薬害肝炎全国原告団
                        代表 山 口 美智子
                       薬害肝炎全国弁護団
                        代表 鈴 木 利 廣

 本日,大阪高裁が,薬害肝炎訴訟について和解骨子案と所見・説明書を提示しました。

 提示された和解骨子案は,基本的には東京地裁判決を基準にし,国や企業が責任を負う範囲を限定したものでした。私たちは到底これを受け入れることができないと,その場で表明しました。

 しかし,大阪高裁は,同時に出した所見・説明書で,「当裁判所としても,本件紛争の全体的解決のためには,1審原告らの全員,一律,一括の和解金の要求案は望ましい」と,全員一律救済の理念が望ましいとの考えを示しました。ただ,そのような原告案については,国・製薬企業の譲歩が得られない現状においては,和解骨子案として提案することができなかった旨を説明しています。

 私たちは,本年9月11日,大阪高裁から和解を試みたいと表明があった後,一貫して,線引きのない救済を希望してきました。これは,使用された血液製剤の種類,投与時期,提訴時期によって差別のない,病状に応じた一律救済を求めるものです。

 国,製薬企業は,大阪高裁が説明した全員一律救済の理念が望ましいとの考えを真摯に受け止め,線引きのない被害者全員の一律救済を決断するべきです。私たちはその決断があるまで闘い続けます。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-13 16:45 | 薬害肝炎資料室
本日、大阪高裁の和解期日
 薬害肝炎原告団は、12月10日の寒い中での官邸前行動もむなしく、福田総理大臣との面談もかなわないまま、本日の大阪高裁期日を迎えることになりました。
 福田総理は、薬害肝炎被害者の全員救済に向けて政治決断をすることもありませんでした。
 すでに報道されているとおり、本日の15時30分から、大阪高裁において和解骨子案が提示されることになっています。

 桜井よしこさんは、政治決断をしようとしない福田総理に対し、厳しい意見を述べています。

【櫻井よしこコラム 福田首相に申す】 国家国民のために働け
2007.12.12 21:47
 福田康夫首相はなんのために政治をしているのか。自身の政権と自民党の生き残りのためか。国家、国民のためではないのか。こう問うのには理由がある。まず、薬害C型肝炎への鈍い対応だ。 → 続きは産経新聞のサイトで。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-13 00:00 | 大阪から
薬害で死を宣告された人の気持ちを知って
 吉田さんの担当弁護士です。

 吉田さんは、1986年にフィブリノゲン製剤の投与を受けてC型肝炎になり、2001年に肝癌が発見されました。この時の入院治療では、合併症で、一時、「あと1週間の命」とまで言われたのですが、何とか克服しました。2005年に、再発しましたが、この時も、入院治療で克服されています。しかし、今年の6月に、肝癌がまた再発しました。しかも、今までとは違って、複数の癌細胞が発見されました。この癌を克服するために、約1ヶ月入院して治療を受けました。しかし、9月にCT検査などで治療効果を確認し、その他の事情も考慮された上で、医師から、「癌に対する有効な治療方法がない」と宣告されました。

 この知らせを吉田さんから聞いたときは、どう答えて良いのかわかりませんでした。できる限り、言葉を選んで、吉田さんと話させていただいたと思うのですが、どんなに言葉を頭の中で選んでも、これで大丈夫と自信を持てる言葉が思いつきませんでした。

 そして、吉田さんの本人尋問を急ごうという事になり、証拠保全という手続を取ることになり、その準備の関係で、吉田さん、吉田さんの奥さんの話を聞き、主治医の先生にも吉田さんの病状を伺いに行きました。主治医の先生は、丁寧に対応してくださり、吉田さんの病状に対する理解が深まり増した。しかし、理解が深まると、より何とも表現できない呆然とした気持ちになりました。

 12月6日、裁判所に提出する吉田さんの陳述書に、サインをもらうために吉田さんの自宅近くにまで行きました。この時は、サインをもらって、少し話して帰る予定でしたが、話しているうちに、自分の気持ちを伝えたいと吉田さんがおっしゃられました。先が長くない吉田さんの気持ちを大事にしたいと思いました。広く知ってもらうためには、実名公表するしかないと伝えました。吉田さんの気持ちは、「自分がフィブリノゲンで死ぬことが決まる一方で、和解協議に対する国や企業の姿勢が納得できない」というものでした。

 翌7日、弁護団として、吉田さんの実名公表を11日に行うことを決めました。それまでに、吉田さんからは、自分の余命を一人で考えていると、少しずつ暗闇に落ちていく気がする聞いていました。吉田さんには、「一晩、奥さんと話しながらで良いですから、どんなことを話したいかを、具体的に考えてもらえますか。」と御願いしました。

 8~10日は、毎日、吉田さんのお宅に伺って、何時間も話を聞き、そして話しました。私が帰った後は、吉田さん夫婦で、話し合ってもらいました。方針は、質疑応答は別として、「5分間で気持ちを伝えよう!」でした。5分以上になれば、話がぼやけてしまう危険があると思ったからです。また、「吉田さんの言葉で話そう!」ということにしました。他人の文章では、人に訴えられないと思ったからです。
 吉田さん自身の納得できないという気持ちは、確かなものでした。しかし、「感じたことをうまく表現できない、年だし、表現できたと思った言葉もすぐ忘れてしまう、最近は字を書くのもつらい」ということでした。余命の話になると、話が自然とそれてしまい、そこに話を引き戻すと、吉田さんは言葉よりも涙がうっすらうかび、私も涙ぐんでしまう状態でした。
 私は、死を宣告された気持ちを、うまく表現できる言葉なんてないと思い、すぐに原稿・文章を作ろうとせずに、とにかく、吉田さんと二人で、時に奥さんにも入ってもらって、吉田さんの気持ちや肝炎問題について、話し合うことにしました。そして、その中で出てきた言葉を、繋いで文章にするイメージでした。
 ともかく、その頃までに私が感じた吉田さんの気持ちを、私のつたない言葉に直せば「国や企業は、他人の手で、あなたたちの手で、命を短くさせられた者の気持ちを想像する気持ちがないのではないか。本来、国・役人は、国民の命を守るためにある。命を守るという気持ちがないのなら、いらない。」といった感じではないかと思います。

 10日は、吉田さんが話し、私がパソコンをうち、気持ちが煮詰まると、テレビをつけたり、書いたところまで声を出して読んでみると言ったことを、繰り返しやっていました。やはり、削られた自分の命のことを直視したり、言葉に代える作業は、見ていても辛そうでした。その日も、前日も、精神的に疲れて、昼まで寝ていたとおっしゃっていました。それはそうだろうと思いました。しかし、吉田さんは、辛抱強く、自分を表現しようとしていました。記者会見をする以上は、気持ちをできるだけ伝えたいという気持ちだったのでしょう。
 作業の途中で付けたテレビで、薬害肝炎問題の討論をやっていました。ある議員の発言は、吉田さん、奥さんの怒りに火を付けていました。ひとしきり、その議員の悪口をみんなで言って、吉田さんがトイレに立たれた時、奥さんは、「人生は冬の時期があってもいずれ春が来るが、主人にはもう春は来ない。」と言われていました。
 ともかく、そういう作業を経て、5分間のメモを作成しました。そのメモを、事務所で印刷して吉田さんにFAXしました。記者会見の30分前に待ち合わせ場所に来られた吉田さんは、字を書くのも辛いと言っていたのに、そのFAXに、手書きで、より自分の気持ちに合う言葉を書いたものを持参されていました。吉田さんが伝えたいことが、少しでも実感を持って伝わるようにしなければと、さらに決意しました。

 11日16時、記者会見に臨みました。吉田さんは、目に涙を浮かべることもあり、立て板に水といった話し方でもありませんでしたが、約1時間、気丈に自分の気持ちを語り、質問にも答えられていました。

 以下が、記者会見を経て、記事にしていただいた吉田さんの言葉の抜粋です(アイウエオ順)。

続きを読む……
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-12 00:00 | 大阪から
大阪原告36番・吉田さん、実名公表
d0081819_18231456.jpg 本日、大阪原告36番の吉田忠人さん(70歳・男性・大阪市在住)が実名公表しました。大阪では7人目、全国では19人目の実名公表となります。吉田さんは、1986年、49歳で頸椎血管腫の手術を受けたときに、フィブリノゲン製剤を投与されました。
 実名公表に踏み切った吉田さんのコメント全文です。

 私は、大阪原告番号36番、吉田忠人ともうします。

 私は、平成18年8月25日、薬害肝炎訴訟の原告として、製薬企業、国を提訴しました。

 私は、現在、肝がんの状態です。
 今年の9月、主治医の先生から、もはや、私の肝がんに対する治療法はないと宣言されました。いつまで生きられるのか、わかりません。

 私がフィブリノゲン製剤を投与されたのは、1986年10月です。
 東京地裁判決を基準とすれば、私の被害は救済されます。

 しかし、私だけが救済されても、他に切り捨てられる被害者がいれば、薬害肝炎の解決にはなりません。
 今日、私は、残された命を賭けても解決しないといけないと考え、実名を出して闘うため会見に臨みました。

 私は、命を賭けて訴えます。
 薬害肝炎は、早期解決しなければ、亡くなる人がこれからもどんどん出てきます。

 判決による救済が出るまで、私には待つ時間がありません。

 薬害肝炎の全面解決の、総理の決断を、切望します。


写真提供=大阪弁護団・あおと
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-11 16:00 | 大阪から
和解へ
 本年9月14日、大阪高等裁判所は、薬害肝炎訴訟について、原告被告双方に対して、和解の解決が望ましいとして双方の意見を聴取した上で和解勧告をしたいとの意向を示されました。
 大阪高等裁判所がこのように和解に向けた意欲を示されたことは弁護団の一員として喜ばしく思っています。
 しかし、和解への道のりは決して簡単ではないとも考えています。

■和解にはどういう利点があるの?

 和解の場合、判決による解決よりも早期で、かつ、柔軟・妥当な解決をすることが可能です。
 判決の場合は先行する原告にとっても、控訴審(各髙等裁判所)、場合によっては上告審(最高裁判所)での結論が出るまで解決しませんし、現在、1審(各地方裁判所)で訴訟中の原告にとってはさらに時間がかかります。C型肝炎は進行性の病気ですから、原告にはそのような時間を待つことが困難です。
 他方、和解の場合は、それによって裁判自体が終わるので、早期の解決が可能です。
また、判決の場合は金銭賠償の可否のみの解決となりますが、和解の場合は恒久対策等についても含める可能性があります。

■和解は原告に有利な内容になるのか?

 和解の解決にあたっては、原告も苦悩する可能性があります。
 大阪高等裁判所は、原告側の言い分だけを聞くのではなく、被告側の言い分も聞き、総合的な判断をした上で、和解勧告をすることになります。その内容は原告にとっても厳しい部分があるかもしれないのです。

■今後はどういう手順になるのか?

 私たちは、今後、本件においてはどのような解決が妥当であるのかを原告団の意見を聞きながら裁判所に訴えていくつもりです。
 そして、薬害肝炎が本当の意味で解決できるように努力していきます。
 裁判所から和解勧告がなされた場合、それが薬害肝炎の解決内容として妥当であるのかを原告団と共に十分に検討します。
 そして、それが妥当な解決内容であるとの結論に至った場合、被告側にも働きかけて早期の解決を目指します。

■被告側は和解をするのか?

 被告側は当初は激しく拒否反応を示すかもしれません。
 しかし、裁判所の和解案が本件の解決するために適正・妥当な案であれば、最終的には受け入れざるをえなくなると考えています。
d0081819_16255678.jpg そのためには、今後も多くの皆さんの応援をいただく必要があると考えています。

(大阪弁護団・松井)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-19 00:00 | 大阪から
9月14日大阪高裁期日報告
 9月14日午後1時30分から,大阪高等裁判所で大阪訴訟第一陣の控訴審期日がありました。法廷は整理券を発行しなければならないくらいの超満員でした。

 まずは,国が申請していた証人(石井甲一氏・日本薬剤師会専務理事で厚生省の元官僚)の採否が問題となりました。

 国の代理人が一審原告側の意見書について反論したいと述べたため,この日は採否は留保となりました。しかし,続けて,裁判長は,証人の陳述書の提出ということで現時点では当裁判所は石井証人を調べる必要はないのではと考えているとも述べました。

 石井氏は,当時の厚生省の官僚であり,しかもフィブリノゲン製剤等に関与していたのも極めて限定的で,一般的抽象的な解説しか出来ないことは陳述書を見ても明らかです。当時の官僚が,国の裁判での主張を単に繰り返しても意味がないでしょう。国が固執するのは,単なる時間の引き延ばしです。裁判所もこのことを充分理解していますので,きっと証人採用はしないでしょう。

 その後,私たちが9月11日に和解勧告を求める上申書を提出したことを受けて,裁判所から和解についての考え方が示されました。

 その内容は,裁判所としても,判決より,より早期により妥当な解決が得られる可能性が高いので,和解による解決を望む。そして,できるだけ早期に当事者の和解に関しての希望を聞き,和解の可能性が全くないと考えれば和解勧告はしないが,少しでもその可能性があると判断した場合には和解勧告をするつもりであるというものでした。

 また,和解手続に入ることができたとしても,訴訟手続を並行してすすめることにより,いささかも和解の手続によって訴訟手続が遅れることのないようにしたいと思うとも述べました。

 さらに,口頭弁論後の進行協議でも,和解協議の進行について話になりましたが,裁判長は,双方から書面を出してもらっただけでは,和解の可能性はないということになるだろうから,その後の調整で考えさせていただきたいと思うと述べました。

 裁判長の話し方は淡々としたものでしたが,5つの地裁判決を通じて国・製薬企業の責任は揺るぎないこと,病状が進行していく被害実態を踏まえ,早期・全面解決すべきという裁判所の考えがひしひしと感じられました。

d0081819_11343672.jpg 口頭弁論後の記者会見も,ほぼ全てのマスコミが参加し,記者からは多くの質問が出て,活気のあるものでした。

 その後,報告集会に参加しましたが,立ち見が出るほどの満席でした。しかも土砂降りのなか座り込みを3日間続けた後であったにもかかわらず大阪の原告さんたちも多数参加しており,とても熱気にあふれていました。

 連日座り込みで現場に張りついていたのでヘトヘトでしたが,大阪高裁の熱意,大阪の原告・弁護団・支援者の活気を見て,とても元気づけられました。

(東京弁護団・中川)
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-16 00:00 | 東京から
9月14日の大阪高裁期日に関する報道
リンクをクリックすると、記事全文を読めます。

朝日新聞
薬害C型肝炎訴訟、裁判所が初めて正式に和解提案
 出産時の止血剤などとして血液製剤を投与された後にC型肝炎ウイルスに感染した患者13人が国と製薬会社に損害賠償を求めている「薬害C型肝炎大阪訴訟」の控訴審第6回口頭弁論が14日、大阪高裁であり、横田勝年裁判長は、当事者双方に和解案の提出を求めた。国・製薬側は回答を留保し、患者側は来月半ばまでに出す考えを示した。患者170人以上が大阪や東京など5地裁に提訴した一連の集団訴訟で、裁判所が正式に和解を提案するのは初めて。


産経新聞
薬害C型肝炎大阪訴訟 大阪高裁が原告被告に和解打診
 「薬害C型肝炎」大阪訴訟控訴審の口頭弁論が14日、大阪高裁で開かれ、横田勝年裁判長は「和解は判決より早期に妥当な解決が得られる可能性が高い」と述べ、和解による解決を望んでいることを明らかにした。一連の同訴訟で、裁判長からの正式な和解打診は初めてで、原告側は1カ月以内に和解案を提出する方針。


中日新聞
「和解による解決望む」 薬害肝炎訴訟で大阪高裁
 汚染された血液製剤でC型肝炎になったとして、患者が国と製薬会社2社に損害賠償を求めた薬害肝炎大阪訴訟の控訴審口頭弁論が14日、大阪高裁であり、横田勝年裁判長は「和解による解決を望む」と述べ、調整を進める意向を正式に表明した。


【おまけ】
和解勧告をした横田勝年裁判官の裁判官エッセイを見つけました。ウォーキング中に、薬害肝炎についても考えていただいているのですね。きっと・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-09-15 01:00 | 大阪から