薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:薬害肝炎東京訴訟 ( 24 ) タグの人気記事
「命のリスト」に関する意見陳述など
本日10月30日、東京地裁において第2陣の期日が開かれました。

原告40番さんが自ら被害を訴えられました。
 職場で病気のことを話したところ、「同じコップを使うと病気が移る。」などと言われたのです。私は、こんなことを言われて辛い思いをするくらいなら言わないほうがよいと思い、それからは人に病気のことを話さなくなりました。

 (インターフェロン)治療の副作用は辛いものでした。治療中は食事が喉を通らなくなって6キロも痩せ、38度の発熱に苦しみました。退院後も、微熱と食欲不振が続き、髪の毛もごっそり抜けました。体力もなくなってしまい、通院のために駅へ行ったものの、駅の階段が上がれなかったこともありました。
 (中略)このような辛い思いをして受けた治療でしたが、残念ながら私の体からC型肝炎ウィルスは無くなりませんでした。あれほどの辛さに耐えて頑張ったのに治らなかったことを知ったときは、ショックとか悲しいなどといった言葉では表現しきれない、やりきれない気持ちでした。

 次男の出産の際に肝炎に感染したことを知ると、長男が次男に対して、「お前のせいでお母さんは病気になったんだ。」と言ったことがありました。私は、「違うんだよ。お前のせいじゃないんだよ。」とあわてて言いましたが、子どもが自分のせいだと考えることが一番辛いことです。

   (原告40番さんの意見陳述より引用)



 弁護団の石井麦生弁護士は、命のリスト418問題について、鈴木利廣弁護士は、5地裁判決にみられる国の責任について、意見陳述を行いました。
 弁護団の意見陳述書をご覧になりたい方は、全文をPDFファイルでアップいたしましたのでここをクリックしてダウンロードして下さい。
 期日の30分前から、東京地裁前でミニ集会を開きました。参議院議員の川田龍平議員がミニ集会にかけつけていただき、法廷も傍聴されました!

d0081819_23122413.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-10-30 12:00 | 東京から
東京地裁の期日~10月30日(火)
 10月30日(火)に地裁の口頭弁論があります。
 原告40番の意見陳述のほか、最近の情勢をふまえ、鈴木代表、石井弁護士から意見陳述があります。また、その後、報告集会、支援の会ミーティングがありますので、みなさんご参加ください。

10月30日(火)
  9:30~  期日前集会(東京地裁正門前)
 10:00~  口頭弁論期日(東京地裁1階103号法廷)
 10:30~  報告集会(弁護士会館)
 13:00~  支援の会ミーティング(弁護士会館508AB)
[PR]
by kanen-relay | 2007-10-30 10:00 | 裁判日程・イベント
東京地裁第2陣の期日報告
本日、東京地方裁判所にて、第二陣の口頭弁論期日が開かれ、原告ら及び被告国の意見陳述が行われました。

あいにく小雨が降っていましたが、弁論前集会には原告、弁護団のみならず、たくさんの支援者、学生のみなさんが来てくださいました。今日は、九州から原告団代表の山口美智子さんも駆けつけ、6月25日の官邸前行動とその前後の情勢、今日の東京地裁の弁論期日がとても重要であることなどをお話しされ、私たち東京原告団・弁護団に激励の言葉をいただきました。

午後1時30分から103号法廷で開かれた弁論期日は、3月23日の東京判決では判決の対象とならなかった第二陣原告の期日です。

まず、原告番号24番さんが、意見陳述をしました。24番さんは、初めてのお産のときに、急に出血してしまい、その時にフィブリノゲン製剤の投与を受け、肝炎に感染しました。残念ながら死産となってしまい、その深い哀しみの中、肝炎のため、日々新しい命の生まれる病院に入院し続けなければならなかったのです。その時のことを思い出し、抑えきれない思いに時に言葉を詰まらせながら、当時のことを語りました。それでも、最後には、被告代理人の方をしっかりと見つめ、過ちを認めて謝罪して欲しい、一日も早い解決を、と強く訴えました。

弁護団からは、石井、伊藤、松井、関口各弁護士及び後藤の5人が、非A非B型肝炎の予後の重篤性、フィブリノゲン製剤の危険性、フィブリノゲン製剤の有効性、フィブリノゲン製剤の有用性と被告らの責任、第Ⅸ因子複合体製剤の各論点について、3月23日の東京判決を踏まえ、原告らの主張の概要について意見陳述しました。
第一陣の裁判は、既に控訴審に移っており、7月初旬に控訴理由書を提出したところです。そこで、第二陣の新しい裁判官にも、その内容を理解してもらうために、意見陳述を行いました。

裁判後は、報告集会、記者会見、進行協議に分かれました。私は、進行協議期日に出席していたので、報告集会の詳細は直接はわかりませんが、懇親会での原告のみなさんのお話では、初めての傍聴だったという学生や支援者の方が大勢いらして、全員が今日の感想を述べてくれたそうです。新たな支援の輪が広がっていくことを期待しています。

今週末、7月22日(日)には、茨城にて「薬害肝炎訴訟を支援する会・茨城」が設立されます。関東では、東京、千葉、神奈川に続き4つめの支援の会です。ぜひ、設立集会にご参加下さい。どんどん支援の輪を広げていきましょう。
それに引き続き、31日(火)には名古屋地方裁判所で判決が言い渡されます。名古屋判決をきっかけにして、皆で全面解決に向けて新たな一歩を踏み出しましょう。

(東京弁護団・後藤)
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-17 00:00 | 東京から
薬害肝炎東京訴訟・7月17日期日のお知らせ
いつもご支援いただきありがとうございます。

7月17日に東京訴訟第2陣原告の弁論期日が行われます。
多くの方々の傍聴をお願いいたします。
当日のスケジュールをお知らせします。

【弁論前集会】12:50~ 裁判所前

【弁論】13:30~ 東京地方裁判所1階・103号法廷

○ 原告代理人意見陳述(約40分)
 本件の重要な争点について、その位置づけと主張の概要を代理人から意見陳述します。(担当弁護士: 石井 伊藤 松井 後藤 関口)

○ 原告番号24番意見陳述

○ 国意見陳述(約20分)
 国も同様に、本件の重要な争点について意見陳述を行います。

【報告集会】 15:00~(弁護士会館507ABC会議室)

(東京弁護団・福地)
[PR]
by kanen-relay | 2007-07-15 17:00 | 裁判日程・イベント
5月29日の東京地裁第2陣期日
5月29日、東京地方裁判所において裁判期日が行われました。

当日は、午前9時30分より地裁正門前で裁判前集会を行いました。何人もの原告・支援者・学生さんが集合し、この裁判にかける想いを語り、傍聴を呼びかけました。

午前10時から、103号法廷において裁判が行われました。今回の裁判は、3月23日の東京判決後、はじめて行われるものです。今後、第2陣原告(東京判決で判決を受けなかった原告と、新規提訴者)について審理をしていくことなります。

今回の期日では、原告と弁護団より意見陳述を行いました。原告の意見陳述は、3月末に新規提訴した原告37番さんが行いました。彼女は第1子出産時にC型肝炎に感染しましたが、その後第2子を出産、その際、母子感染によってお子さんもC型肝炎に感染しました。お子さんはまだ10代、昨年感染が判明したばかりであり、今回原告38番として一緒に提訴しました。原告37番さんは、意見陳述のなか、お子さんの感染判明、その将来への不安に触れる段階になると、涙を抑えきれず、声を詰まらせながら語りました。弁護団からは、田中弁護士が本訴訟の意義、早期解決及び全面解決の必要性等を訴えました。

裁判後は、司法記者クラブで記者会見を行い、また裁判傍聴に来てくれた方々には弁護士会館で報告集会を行いました。報告集会の席上、原告さん達からは「原告37番さんの意見陳述に共感して涙が出てしまった」という声がいくつも聞かれました。原告の多くは、お母さんです。出産の際に止血剤を投与されてC型肝炎に感染し、その後に母子感染の不安をかかえながら次の出産をした方もいます。また、母子感染を心配するあまり、感染後の妊娠・出産をあきらめた方もいます。子を持つという喜びを断念せざるを得なかったのです。

現在、第1陣原告については東京高裁に係属、第2陣原告については東京地裁で審理が始まりましたが、原告団・弁護団は、早期全面解決を求め、抗議行動も活発に行う予定です。6月4日には亡くなった原告さん達の追悼の意を込めた抗議行動、6月25日にも抗議行動を行うことを予定しています。多くの皆さんの支援と参加をお願いいたします!

(東京弁護団・三枝)
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-01 00:00 | 東京から
東京地裁・第2陣の次回期日
東京地裁の第2陣の次回期日は、以下のとおりです。

  2007年7月17日(火) 13時30分~
  東京地方裁判所 1階 第103号法廷


原告被害者側が、1時間程度、意見ないし主張の陳述を行う予定です。
詳細が決まりましたら、お知らせいたします。

ところで、東京地裁の担当部である民事45部の裁判官の構成が変わりました。
新しい構成は、白石哲裁判長、吉村美夏子裁判官(右陪席、傍聴席から見て左側)、佐野文規裁判官(左陪席、傍聴席から見て右側)です。

支援者のみなさん、ぜひ傍聴にいらして下さい。
[PR]
by kanen-relay | 2007-05-29 00:00 | 裁判日程・イベント
控訴にあたっての声明
                                  薬害肝炎東京原告団
                                  薬害肝炎東京弁護団

 3月23日に言渡された東京地方裁判所(民事第45部)の判決に対して、本日、すべての原告について控訴手続きを行いました。

 この訴訟は、血液製剤による肝炎感染被害について国及び製薬3社の法的加害責任を明確にし、原告らの被害回復とウィルス性肝炎患者の治療体制の確立等を目的として提起されました。
 そして、大阪地裁判決(2006年6月21日)、福岡地裁判決(2006年8月30日)、今般の東京地裁判決と、三度被告国と被告製薬企業の法的加害責任が明確にされました。特に、本件被害は医薬品の安全性の観点のみならず、感染症対策の側面からみても、国の責務怠慢の結果であることは明らかです。

 それにもかかわらず、被告らは判決が断罪した法的責任を受け入れず、原告らの被害回復や肝炎治療体制の確立への努力を怠り続け、いたずらに控訴をくり返しています。
 このような被告らの行動に強く抗議をするとともに、原告団は本訴訟の目的達成のため、本件判決に対し控訴することにしました。

 いま、一方で60万人を超える慢性肝炎患者のうち、わずか8%しかインターフェロン療法がうけられていないと言われています。他方、年間45,000人もの人々が肝硬変・肝癌で死亡し、そのほとんどがウィルス性肝炎によるものとされています。毎日100人以上がウィルス性肝炎に対する適切な治療を受けられないまま、肝硬変・肝癌で死亡しているのです。

 この10年に及ぶ費用効果分析研究において、“慢性肝炎患者に対するインターフェロン治療体制が確立すれば、3兆円の医療費削減が見込まれる”と試算されていることを知りながら、国は治療体制確立のための医療費助成をあえて拒み続けているのです。

 被告らにおいては、控訴審においていたずらに法的責任を争うのではなく、本件事案の全面解決のための努力を開始することが求められています。

 とりわけ被告国においては、官僚の意見に振り回されず、政府・厚生労働省及び与党が協力して、全面解決に向けた政治的決断を明確にして、具体的行動に着手すべきです。
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-05 15:00 | 薬害肝炎資料室
ここに本件薬害の本質がある
 東京判決から一夜明けた今日。

 各新聞朝刊の1面を原告勝訴の記事が飾りました。社説で取り上げてくれた新聞も複数ありました。ネットニュースを引用したブログも数十に上っています。弁護団のホームページにも、判決後多数の訪問がありました。いかにこの問題に対する社会の関心が高いかが分かります。

 さて。
 今日の朝刊のある記事を読んで、私は目を疑いました。厚労省幹部の言葉として、「3連敗どころか、大きな前進だ」というセリフが載っていたのです。

 ・・・一体、どこをどう解釈したら、あの判決を受けて「前進」などという言葉が出てくるのでしょうか。
 確かに大阪・福岡両判決と今回の東京判決の判断枠組みは異なりました。しかし東京判決は、明確に国の違法を認定しています。不適切な使用が繰り返されていたのに何の対策も取らなかった、「ここに本件薬害の本質がある」と言っているのです(ちなみに、大阪・福岡の判決文には「薬害」という言葉は使われていません。東京判決は、本件が国と企業に責任がある「薬害」であることを明言した画期的な判決です。)。

 自身の行為が違法であった、そのせいで重篤な疾患であるC型肝炎に感染させられた多数の被害者がいる。そのように認定されたことを、厚労省は一体どう考えているのか。厚労省はこの問題をどう解決しようとしているのか。そもそも解決するつもりがあるのか。

 国に責任があると明確に断じたという最も重大な事実を棚に上げて、個々の判決理由の細部に一喜一憂している。このような厚労官僚には、この問題を解決する意思も能力もないのではないかと疑わざるを得ません。

 今日は、昨日の判決を受けての今後の活動について、原告団・弁護団で会議を持ちました。大阪・福岡に続いて三度国の違法を断罪した本判決をてこに、全国350万人のウイルス性肝炎患者を含めた解決を絶対に勝ち取りたい。そのために原告団・弁護団は、精力的な活動を開始しています。

 今後もいろいろな動きがあると思いますので、みなさん、ぜひ引き続き薬害肝炎問題にご注目・ご支援をお願いいたします。

(九州弁護団・石田)

d0081819_22253668.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-24 00:00 | 九州から
薬害肝炎東京訴訟判決を受けての声明
2007年3月23日

         薬害肝炎東京訴訟判決を受けての声明

                          薬害肝炎全国原告団
                          薬害肝炎全国弁護団


 本日、全国5地裁に係属している薬害肝炎訴訟のうち、東京地方裁判所における判決が言い渡された。

 本判決は、昨年の6月21日の薬害肝炎訴訟大阪地裁判決、同年8月30日の薬害肝炎訴訟福岡地裁判決に引き続き、フィブリノゲン製剤による薬害について、みたび国と企業の法的責任を認め、断罪した。さらに、第Ⅸ因子製剤についても、初めて企業の法的責任を認めた。

 本日の判決で、本件各血液製剤によるC型肝炎感染被害については、薬害であることが動かぬものとなった。国と企業は、直ちに被害者に謝罪し、薬害肝炎問題の全面解決に向けた協議を開始すべきである。

 大阪判決及び福岡判決後、厚生労働大臣は、被害者との面会すら拒否し、何ら薬害肝炎問題の解決を図ろうとしなかった。国がみたび同様の対応をとるようなことがあれば、われわれは、不退転の決意で臨む所存である。

 これまで本訴訟を支援していただいた国民の皆様にも、本件の全面解決及び全ウイルス性肝炎患者の被害回復に、これまで以上のご理解とご支援をお願いする次第である。

以 上

・・・・・・・・・・・・・・・・


薬害肝炎東京訴訟判決の骨子と要旨は、以下をご覧下さい。
PDFファイルです。
 ・判決骨子 (1068KB)
 ・判決要旨 (8113KB)
 
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-23 16:00 | 薬害肝炎資料室
ようやく正しい判断が下された~第Ⅸ因子製剤、企業に勝訴!

d0081819_13122790.jpg


判決当日の様子は・・・
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-23 15:00 | 名古屋から