薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:薬害肝炎被害者の声 ( 60 ) タグの人気記事
今こそ患者の権利医療基本法を!
昨日10月31日、名古屋にて、患者の権利宣言案25周年記念シンポジウム「今こそ患者の権利基本法を!」が開かれました。

われらが原告団代表山口美智子さんも、シンポジストとして参加しました。
シンポのために山口さんが寄せたメッセージです。

私たち薬害肝炎患者は、その時の誤った政策によって感染し、その治療に未だ苦しみ不安を抱えています。政策に翻弄されず、医療を受ける権利が安定して保障されるために、「患者の命」を守るための基本法が不可欠です。
山口さんは、薬害被害者・患者としての立場から、患者の命を守るために、患者の権利を法制化して、誰もが必要な医療を受けられる社会にすることが必要だと訴えられました。

シンポジウムの最後には、アピール文が読み上げられました。

山口さんは、前政権下で、安心社会実現会議に委員として参加していました。
アピール文には、この会議の最終報告書が引用されていますので、全文を紹介いたします。

アピール文の全文はこちら
[PR]
by kanen-relay | 2009-11-01 12:00 | 名古屋から
書籍「薬害肝炎とのたたかい」出版されます
d0081819_22553130.jpgこの10月30日に、薬害肝炎原告の書籍が出版されます。
薬害肝炎全国原告団が企画し、原告を中心とした総勢80名を超える執筆陣が、被害の体験、これまで活動の苦難や成果をまとめた、渾身の力作です。
ぜひぜひ、お買い求め下さい。
薬害肝炎の理解だけでなく、原告団活動のご支援のためにも、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、この週末10月31日に名古屋で開催される、患者の権利宣言25周年集会記念集会では、割引価格1200円で販売いたします。

薬害肝炎とのたたかい
-350万人の願いをかかげて

薬害肝炎全国原告団出版委員会編
四六判・320頁
桐書房
定価1365円(消費税込み)
ISBN978-4-87647-757-9

病苦や経済的な困難、偏見など、幾多の苦難を背負いながら、国と製薬企業を相手にいのちをかけて闘った原告たちの軌跡。弁護団と支援者の力強い励ましは原告の運命と歴史を変えるエネルギーとなった。

目次と本書の特色はこちらへ
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 10:00 | 薬害肝炎資料室
全国キャンペーン活動にご支援下さい!
2009年9月25日

                           薬害肝炎全国原告団
                           代表 山口 美智子

国会が事実上閉会となった直後の[これまでの活動支援のお礼と更なるお願い]文書(7月21日付)を皆さまに書きましたのが、2ヶ月前のことでした。

『~ しかし、21日の衆院解散で肝炎法案が廃案になったからといって、これで絶望視し引き下がるわけにはいきません。それは、命の時間は刻々と費やされ、待ったなしの状況にある患者が多くいるからです。また、余命を宣告されても、仲間のために法律が制定するのを見届けるまではと、頑張る患者がいるからです。私たちは、3団体で、引き続き、全国キャンペーンを展開し、街頭宣伝や署名活動をします。そして、選挙後直ちに、次期国会や政府に肝炎法案成立を訴えます。』
と書いた通り、9月15日に、緊急院内集会(「肝炎患者支援法」の早期実現を求めて!)を開きました。

全国から3団体の患者等が衆議院議員会館に集結し、各団体から臨時国会での肝炎法案成立を求めるアピールを行いました。
また、21名の参加議員よりメッセージをもらいました。
しかし、「この臨時国会で成立させるための壁は薄くない」「もう一息、患者や原告の皆さんも全党派に要望していただきたい。」という選挙前よりトーンダウンした答弁でした。

私たちは、まだまだ奮闘しなければなりません。
全党一致で、肝炎患者支援法の1日も早い成立、医療体制の整備、肝炎患者の生活支援等の諸問題に真摯に取り組んでいただくように、強く要請しなければなりません。

そこで、10月24日(土)同日に、全国一斉街頭宣伝活動を実施します。
今回の全国キャンペーン活動に、皆さまの強力なご支援をよろしくお願いいたします。
[PR]
by kanen-relay | 2009-09-25 12:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
新年のご挨拶~基本合意1周年
  薬害肝炎「基本合意1周年記念集会」へご参加ください

                          薬害肝炎全国原告団
                          代表 山口 美智子

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年は、6年間にわたる激動の裁判活動終結へと邁進した一年でした。暮れの12月14日に、最後の被告である日本製薬との基本合意書に調印したことにより、裁判上の総論的闘い『薬害肝炎訴訟』は漸く終結に向かうことになりました。このことをご報告するとともに、これまでの皆さまのご支援・ご協力に感謝申し上げます。

 この6年を思い起こせば、数々の行動の度に、私たちの傍らには、いつも皆さまが居てくださいました。各地の裁判所での期日の度に、足を運び傍聴席をいつも一杯に埋めていただきました。また、原告等の不退転の座り込みにも結集していただきました。そして、原告等と共に街宣活動や団体要請行動を続けていただきました。本当にありがとうございました。

 これからは、肝炎問題に、被告国・企業がどのように今後取り組むのかその態度を根気強く監視し、再発防止のための協議を重ねていく使命があると考えています。世論の力を借りながら、薬害肝炎原告団の最終目標である『薬害根絶』と『一般肝炎対策の実現』に向けて進んでいきます。

 そこで、今国会では、全てのウィルス性肝炎患者救済のための法律を制定させるために、全国キャンペーン『もう待てない!―350万人のいのちー』を展開(請願署名など)しています。
 また、国との基本合意締結から1年が経ったことを記念して

1月27日(火) 18:00~20:00
発明会館ホール

   (東京都港区虎ノ門2-9-14 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」下車徒歩5分)
にて
 「薬害肝炎訴訟
 国との基本合意1周年記念集会」
 

を開催致します。当日は、この1年間の原告団・弁護団の活動を報告するとともに、今後の獲得目標を明らかにして、皆さまと目標に向け心一つにしたいと思っております。皆さまのご参加をお待ちしています。

 肝炎患者のための支援法を成立させるためにも世論を盛り上げていきましょう。
[PR]
by kanen-relay | 2009-01-08 00:00 | 九州から
薬害肝炎「企業モラルを正せ!抗議行動」参加のお礼
 23日、大阪での抗議行動に約150人が結集することができました。原告団からの急な呼びかけにも拘わらず、行動の趣旨に賛同していただき、各地から支援に駆けつけていただきましたことに、心から感謝申し上げます。

 また、各地での集会が予定されていたり、諸々の所用があったりと、大阪会場には来ることができなかった支援団体の方々からも連帯して闘う支援の思いを受け取ることができました。みなさんの熱いパワーを受けながら、12時からのビラ配りや抗議パレード、抗議アピール(直接交渉)、そして5時からの報告集会(記者会見)を私たち原告団はやりきりました。インターフェロン治療中や病状悪化のために、体力が落ち歩くのもままならない原告たちも、皆さんの力強い支援を受けながら頑張ることができました。

 翌日の朝刊には、「和解」「合意」の見出しがおどっていましたが、予断を許さない状況です。しかし、抗議行動の目的であった「肝炎問題は終わっていない」「被告企業は社会的責任を未だはたしていない」のアピールは、達成することができました。来週中には、企業からの回答がきますが、直接交渉で提示した最終原告案である基本合意書案を企業が全面受け入れることを期待したいと思います。この最終原告案には、私たち原告の思いだけではなく、証明がとれず原告に加われない方、治療の機会を奪われ亡くなった方など多くの肝炎患者の思いが入っているのです。必ずや、企業には、薬害事件の反省と事実を踏まえ、命の尊さを認識させなければなりません。前水俣市長であった吉井正澄氏も「人命、人権、環境を大切にしない企業は、これからは生き残れない。」と提言しています。

 これからも、被告企業には、二度と薬害を起こさない体制と、安心して使用できる医薬品づくりを求め続けていきます。
 皆さま、私たち薬害肝炎原告は、『薬害根絶』『肝炎総合対策』の実現に向けて、更に活動を続けていきますので、今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

薬害肝炎全国原告団
代表 山口 美智子

[PR]
by kanen-relay | 2008-06-26 00:00 | 九州から
ぜったい、終わりじゃない
 平成20年2月29日、ぼくは東京高裁で意見陳述をおこなった。ついに和解が成立するのだという思いと、「ぜったい、これで終わりじゃない。」という思いが入り混じった複雑な思いで意見陳述を終えた。
 今日平成20年3月7日、弁護団から一時金の納入について銀行口座の確認と、金額の確認を求める文書が届いた。はっきり言ってしまえば、私が7年間薬害肝炎のために尽くしてきた努力はその「用紙」で終了したことになる。終了とは言わないまでも、終わってしまうことになる。そう国は考えているだろうし、「薬害根絶」と「お詫び」の常套句を口にしながら、「丸く収まってよかったですね。」などと厚生官僚たちは話しているに違いないからだ。

 実は、私は薬害肝炎の活動を続けるにあたってひじょうに矛盾した主張を展開せねばならず、つらい思いをしてきた。それは、「医薬品の規制強化」と「医薬品の規制緩和」の相矛盾した考えをもちながら、さまざまな場面で発言をしてきたし、最終の意見陳述を終えた。

 私の母は2年ほど前から乳がんのステージⅣ、つまり終末期、ターミナルの状態にあった。母は持ち前のバイタリティで乳がんのターミナルとは思えないほど元気だったし、料理に洗濯にさまざまな家事をこなしていた。
 しかし、がんを身内にもった人なら分かると思うが、癌という病気は、手術ができない場合、「抗がん剤の数で余命が決まる。」と言われている。母は2006年の10月、使える抗がん剤がなくなり、緩和ケアの移行をすすめられた。緩和ケアとは、がんにともなう精神的、肉体的、スピリチュアル的な苦痛を医学的な処置によって軽減するケアのことである。

 ぼくと弟は抗がん剤をあきらめたくなくて、近くに開業したばかりの国立がんセンター腫瘍内科の医長を勤めたことがある医師のいるクリニックを訪ねた。結局、母はそこでジェムザールという現在肺がんなどしか適応が認められていない、つまり使うことが許されていない抗がん剤を使って治療した。効果は劇的と言えるほどで、転移も再発もうまくコントロールされ、一年余りを過ごした。

 その後、体調が悪化して母は帰らぬ人になってしまったが、ぼくは何度インターネットを開いて母のために使える抗がん剤は無いか調べたか知れない。血管形成阻害剤といわれている「アバスチン」も、もうちょっと母が生きていてくれたら使えたかもしれない。

 他方、薬害被害者の訴える内容は、「医薬品承認の規制強化」であり、「薬害防止のために、もっと詳しく調べて流通ルートに載せられなかったのか」ということである。これらは、互いに矛盾しているし、大きく矛盾したそれらを埋めるためにはひとつの理念が必要になる。

 ぼくは混合診療賛成論者である。混合診療とは、肺がんの治療に肝臓がんの薬を用いるなど、適応外の薬の使用を認めていく診療のやり方である。

 ぼくは、がんの患者さんが抗がん剤を使えずに亡くなっていく姿を目の当たりにしてきた。詳述は避けるが、母もその一人だったかもしれない。
 ぼくは、最悪の薬「クリスマシン」でC型慢性肝炎になって、ペグインターフェロンとリバビリンを投与され、抑鬱と倦怠感が出てほとんど職場でも使い物にならなくなってしまった。早退して帰ることが多い。

 ぼくが薬事行政に期待したいことは、「こころの通った薬事行政を取り戻すこと」である。必要な人のところに必要な分量の薬を、必要な情報とともに届ける。届けられた患者はそれらを比較して、検討して用いるかどうか医師や薬剤師、コメディカルなどと相談する。

 最悪の薬「クリスマシン」を打たれたぼくは和解を勝ち取れたが、それをうらめしく思っているC型慢性肝炎被害者がいることをいつもこころにとめておきたい。はっきり言って、投薬証明も取れて、裁判に持ち込めて、すばらしい弁護団と出会えて、ぼくは非常にラッキーなレアケースである。

 和解の日、2月29日は、和解を勝ち取った誇らしい日でもあり、輸血で感染した人、投薬証明が取れずに苦しんでいる人たちのためにこれからも闘いを続けていかなければならない日だと理解した。

 だから、「ぜったい終わりじゃない。」

 やれるところまでやろう。今のぼくたちならできるはずだから。

(薬害肝炎東京訴訟 原告番号11番)

[PR]
by kanen-relay | 2008-03-07 00:00 | 東京から
薬害肝炎東京原告団会議で承認
 本日13時から、東京都内で、薬害肝炎東京原告団会議が開かれました。1月11日に薬害肝炎救済法が成立、明日15日には基本合意書に調印することになっていますが、この基本合意について、東京原告団として承認するかどうかを決定をするためです。

 1月12日には、福岡原告団と仙台原告団が、昨日13日には名古屋原告団が会議を開いており、いずれも全員一致で、基本合意を締結することを承認しました。本日14日には、東京原告団と同時に、大阪原告団も会議を開きました。

d0081819_1925456.jpg 東京原告団会議には、原告35名(家族・遺族を含めて42名)が参加しました。議長は、実名原告の浅倉美津子さんが務めました。
 まず、弁護団の弁護士から、薬害肝炎救済法が成立に至るまでの経緯、救済法の内容、基本合意案の内容を説明しました。その後、質疑応答と意見交換をしました。

 原告たちからの質問が一段落したとき、亡原告13番さんの妹さんが手をあげ、これまでの山口美智子全国原告団代表をはじめとする実名原告たちの毎日の活動をねぎらい、心から感謝したいとの発言をされました。そして、東京の実名原告として毎日のように仕事を休んでまで頑張ってきた浅倉美津子さんに、会場の原告団みなで拍手を送りました。

 浅倉さんは、「この場に13番さんがいないのが残念です。ここまで、マスコミや世論が盛り上がったのは、死の間際に残された13番さんのメッセージ(のビデオ)があったからです。そのお陰で法案が成立し、合意が成立することになりました。でも、13番さんのビデオテープがテレビで何度も流れる映像は、遺族としてはお辛かったことでしょう。どうも有難うございます。」と応えました。

 また、実名原告の山本さん(新潟県在住)は、「ここまで来たのは、実名原告の活動や家族や周囲の人たちの支えがあったから。(救済法では)救済されない方々にも、治療費助成で何とかできたらいいと思います。そのために、私ができることをやっていきたい。」と発言されました。

 第二陣の原告である久野郁子(千葉県在住)さんは、「この2年間の活動だけでも大変だった。このことを思うと、第一陣の原告の方々に感謝しつつ、第二陣は、(救済法では)救済されない方々のために頑張っていきたい。」との決意を述べられました。

d0081819_1934242.jpg そして、会場の東京原告全員が、基本合意を締結することに賛成するとの決議をしました。決議後、浅倉さんは、「基本合意では、今後も国と継続協議ができる場を設定することになっています。原告になれない人たちのために、医療費助成が受けられるように、もう一踏ん張りしましょう。」と、挨拶されました。原告たちは皆、うなづき合いました。

 会議の最後に、原告団の今後の課題として、被告製薬企業にも薬害の責任を認めさせて謝罪してもらうこと、基本合意にある国の恒久対策義務を監視し実現させることなどを確認しました。

 東京原告団会議を終了した頃、大阪原告団からも、基本合意の締結を全員一致で承認したとの連絡が入りました。 

 いよいよ明日は、福田総理大臣面談と基本合意の締結です。

(東京原告団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2008-01-14 15:00 | 東京から
福田衣里子さんの手記(産経新聞より)
 薬害肝炎九州原告の福田衣里子さんが、1月11日付産経新聞に手記を寄せました。以下、福田さんの手記の全文です。

 やっとここまでたどり着けた。

 ここ数カ月、薬害肝炎問題が、マスコミで取り上げられるようになった。しかし、実際の私たちの闘いは、5年以上におよぶ。私は、23歳の時、この訴訟に加わり、現在27歳になる。肝炎のこと、薬害のことを話しても多くの人が何のことだか分からない。ビラを配ってもだれも受け取ってくれない。そんなころから今日まで闘ってきた。治療をしながらの活動は、耐え難かった。副作用がひどく、人と話すことも、会うことも嫌だった。しかし、この問題を、もっとたくさんの人に、伝えなければいけない。その思いから、話したくない、思いだしたくもない、つらい話を、4年間、毎日のように話し続けた。そして、ここ数カ月は、毎日のように国会に通い続けた。

 この裁判が350万人の肝炎患者のためになるのだと信じていたから、あきらめなかったし、そのためにも、譲れないものがあった。

 自分たちだけのための裁判であれば、きっと、とっくにやめていただろう。

 利益優先の、身勝手な思いがうんだ、「薬害肝炎」。そんな人間の対極に居続けたい。命を救う役に立ちたい。その思いだけだった。

 今、ようやく、国を動かし、法律の制定へと進むことができた。

 ゆるぎない思いと理念をもって、仲間とともにあきらめることなく闘い続けることで、到底難しく思えることも、なしえるのだと、うれしく思った。

 しかし、これは、350万人に及ぶすべての肝炎患者のためのより良い医療費助成、恒久対策へとつながる土台ができたに過ぎない。この法案で救済されるのは、ごく一部。これから、私の闘いの第二幕がはじまるのだと思っている。

 私の望むことは、提訴当初から変わらず、すべての肝炎患者が、少しでも、不安や負担なく、治療できる体制を作りたいということだ。そして、薬害を根絶したい。自分だけでなく、家族や周りをも苦しめ、健康だけでなく、人生にまで被害を及ぼす、このような悲劇を繰り返してはいけない。大切な人に一日も長く生きていてほしい。大切な人のために一日も長く生きていたい。だれもが、思うことだ。

 命の重さは、みんな同じで、命以上に大切なものはない。もっと、心豊かな国になってほしい。そのために、何かできることがあるとしたら、し続けたい。

[PR]
by kanen-relay | 2008-01-13 01:00 | 九州から
総理面談翌日の原告たちの活動
いよいよ、福田総理の指示された議員立法の立案作業が本格的に始まります。
原告団は、この法律が真に「薬害被害者の全員一律救済」を実現し、薬害の再発防止に資するものとなるよう、活動を続けています。
昨日(26日)は、民主党及び与党の国対委員長との面談が実現しました。

民主党の山岡国対委員長からは、法律が国の責任をきちんと押さえたものとなることの重要性を指摘された上で、原告団の納得する十分な内容の法案であれば早期成立にご協力いただける旨のお話をいただきました。

また、自民党大島国対委員長及び公明党漆原国対委員長との面談では、既に与党内では法案作成に向けた動きが始まっており、今後原告団の主張との合意点を探りながら、来年1月15日の臨時国会会期までに法律を成立させたいとのお話がありました。

その他、多くの国会議員の方々に、原告団の考える立法のポイントを個別にご説明して回っています。

また、原告団は、現在与党案と民主党案が並立して審議が停滞している、インターフェロンの治療費助成を柱とした総合的な肝炎対策法についても、今国会中に併せて成立されるよう要請しています。

今後ともご支援をお願いいたします。

(東京弁護団・関口)
[PR]
by kanen-relay | 2007-12-27 00:00 | 東京から
原告団代表の山口さんのコメント
 薬害肝炎原告団代表の山口美智子さんの、本日の記者会見におけるコメントです。


d0081819_191084.jpg
 昨日、福田総理が議員立法指示されたということで、我々はとんぼ帰りで、議員立法に関して意見をまとめました。

 細かいところまで、真剣に話しました。原告だけでなく、多くの薬害被害者に関わる一律救済ですので、難しい問題ではありますが、同じ被害者であるので、原告でない人のことも、我が事として話し合いました。

 譲れないことは、国は、「薬害の解決が遅れたこと」への責任といっていますが、「薬害を発生させたこと」についての責任であって、ここに大きな隔たりがあります。薬害を認めて謝罪しなければ解決につながりません。
 今こそ、総理の力で正義が実現されるか試されています。
 明日にでも、総理が我々と面談することを希望します。

[PR]
by kanen-relay | 2007-12-24 23:00 | 九州から