薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


10月30日 高校生からも「C型肝炎じゃん」
10月30日は仙台期日でした。

仙台地裁の今後の日程については、以下のとおり決まりました。

 平成19年
  2月 2日 午後3時~ 弁論準備期日 (非公開)
  2月26日 午後1時30分~4時 原告本人尋問 (公開)
  4月16日 弁論終結予定 (公開)

(情報提供:仙台弁護団・坂野)

仙台から、期日までの活動について、仙台学生支援者たちの声が届きました。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆

8月22日、裁判の一週間前です。
ビラ配りをしました。
今回も約800枚、仙台の街頭でビラ配りをしました。
今回は、前よりも配るのに慣れてきたせいか、街の人の声を耳にすることが出来ました。
ビラを手にしてくれた高校生は「C型肝炎じゃん」、
また20代くらいの男性は「30日、行ってみようかな」と言っていました。
仙台でも認知されてきているのかなー、と思います。
これからもビラ配り、続けます!

(仙台学生の会・佐藤はるか)

 ★ ☆ ★ ☆ ★

d0081819_22535975.jpg9月30日、錦町公園で行なわれた「教育基本法を守りいかす9・30宮城のつどい」において、この事件についても知ってもらえるよう、ビラを配ってきました。

みなさん関心が高かったのか、ほぼ100%近くビラを受け取ってくださいました!
おかげで短時間だったにもかかわらず、700枚も配ることができました。
たくさんの人に関心を持ってもらえると嬉しいです。

判決が出るまで、これからもできるだけビラを配っていきたいと考えています!

(仙台学生の会・鳥羽田祐至)

d0081819_22541855.jpg

[PR]
by kanen-relay | 2006-10-30 00:00 | 仙台から
<< 11月1日 東京判決に向けて 10月22日 この先の闘い >>