人気ブログランキング |

薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


ようやく正しい判断が下された~第Ⅸ因子製剤、企業に勝訴!

d0081819_13122790.jpg




勝訴!
三度断罪!


 今日3月23日は、いよいよ薬害肝炎の東京判決。昨年の大阪、福岡判決に引き続き、フィブリノゲン製剤で国の責任が認められるか、そして、何より、過去2度に亘って、企業責任すら認められないという屈辱を強いられてきた第9因子製剤投与原告に、今度こそ、希望の途が拓かれるのか…。
d0081819_2253295.jpg  判決内容が気になり、雲一つない青空にも拘わらず、前日集会から引き続きすっきりしない朝を迎える。

 午前11時、弁護士会館。全国弁護団会議で行動予定表を見ながら、一日の行動を確認する。東京弁護団の配慮で、全国の弁護団員に15人分程度の弁当が用意される。おにぎりを一つもらって、会議を聞きながら食べる。

d0081819_22551012.jpg 午後0時、裁判所前に移動すると、間もなく、原告、弁護団、支援者、報道関係者で埋め尽くされ、判決前集会が始まる。東京原告、全国各地の原告、弁護団が順に思いを述べる。東京支援の会の学生は、「ついに判決まで来た。」と涙ぐむ。

 午後0時30分すぎ、入廷シーンの撮影のために、地下鉄入り口まで移動。待っていると、原告、弁護団に続いて支援者も次々と並び、長い長い列ができる。

 午後0時50分、入廷シーンの撮影後、傍聴券の抽選券を受け取るために、50人近い原告・弁護団・支援者が裁判所敷地内で待つ。

 午後1時ころ、ようやく、列が移動して、抽選券が配布される。ここで、先着順ではないこと、午前1時40分の締め切りまで抽選券を持ったまま、ひたすら待たなければならないことを知る。締め切り時刻を計算して10分前に悠々と現れる面々に、一瞬、「やられた」という思いがよぎるが、それは無理矢理押し込む。抽選で当たれば、いい。

 午後1時45分、抽選結果が掲示板に張り出される。なんと、わが名古屋弁護団は全滅。が、すぐに気を取り直す。判決内容が良ければ、いい。再び、裁判所前へ移動する。

 午後2時、そろそろ判決言い渡しの時間か。法廷隊は、判決内容が確認できたら、旗を持って駆け出てくるはずである。「完全勝訴」「三度断罪」か「不当判決」か、「第9因子製剤も勝訴」か。第9因子も勝訴すれば、旗を持って出てくる弁護士は3人になる。カメラを手にして緊張して待つ。…なかなか出てこない。

 午後2時15分、裁判所職員の「今開廷」という声にがくっとする。時間が長い。

 午後2時25分ころ、「来た」という声に通路に飛び出して目を凝らす。弁護士は2人か3人か。第9因子製剤は勝ったのか?

 駆けて来たのは2人。開かれた旗は「勝訴」「三度断罪」。フィ剤は勝った!しかし、第9因子製剤の旗がない…。身を引きちぎられるような思いに一瞬気が遠くなる。

d0081819_131352.jpg 暗い気分で判決分析に向かおうとしたとき、「第9因子製剤も企業に勝訴」という声が耳に入る。勝った?勝った!やっと…。思わず涙がこぼれた。

 東京判決は、フィブリノゲン製剤については、1985年8月以降の企業責任を、1987年4月以降の国の責任を認め、第Ⅸ因子製剤についても、1984年1月以降の三菱ウェルファーマ・ベネシスと日本製薬の企業責任を認めました。
 大阪、福岡に続いて、東京でも、フィブリノゲン製剤について国の責任を認めたこと、特に、第9因子製剤については、初めて企業責任を明確に認めた点で、大きな進歩です。

 明日24日から、この東京判決の成果を国に受け入れさせるための戦いが始まります。原告にとっても、弁護団にとっても、支援者にとっても、判決獲得と同様か、それ以上に大変な戦いです。

 判決日に素顔を公表した東京原告の浅倉美津子さんは、実名公表の動機を「国が過去2度の敗訴にも拘わらず、すぐに控訴をして全く反省をする態度がみられないから、実名を出して戦わなければならないと思った」と説明しました。また、ある原告は、「私たちが最も大切にしている家族のために体力の続く限り頑張る。」と言っています。

 国および製薬企業は、このような決意で、命をかけて望んでいる原告を、肝炎患者を、正面から受けとめてください。過去2つの判決に、東京判決が重ねて示した“加害者としての立場”から、目を背けないで下さい。

(名古屋弁護団・大辻美玲)

写真提供=支援者のおかやまさん

薬害肝炎訴訟・国と企業に2億6千万円賠償命令 東京地裁
by kanen-relay | 2007-03-23 15:00 | 名古屋から
<< 薬害肝炎東京訴訟判決を受けての声明 判決前夜集会~原告18番さん、... >>