薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


滋賀県草津市での交流会
 おはようございます。本日午後1時30分から、東京都千代田区永田町の星陵会館で薬害肝炎集会がありますので、みなさんぜひいらして下さいね。

 ところで、昨日は、滋賀県草津市で、薬害肝炎九州訴訟の原告・福田衣里子さんの講演を中心とした交流会が開かれましたので、そのご報告です。

西念です。

本日、滋賀県草津市で、滋賀の肝臓友の会主催による福田衣里子さんの講演を中心とした企画がありました。原告団からは福田さんと両川さん、大阪47番さんが参加。
弁護団からは、松井、浮田、西念が参加しました。

滋賀県の肝臓友の会会長さんが、ブログを通じて福田さんに連絡を取り、同様の企画が実現したのが去年の5月で、今年は、2回目の企画でした。

内容は、夢を返してのDVD上映、福田さん、両川さんのお話、質疑応答、弁護団からの報告といったところで、質疑では安倍辞任の報を受けての驚きなど、この問題について
関心を持ちながら見守っていてくれた方々ならではのやりとりがなされ、非常によい感じでした。参加者は20名強程度。

が、特筆すべきは民主党です。特に、主催者団体側からの特別な参加要請などはなかったにもかかわらず、

地元選出の参議院議員 林久美子 さんが出席され、

その後、しばらくすると

衆議院議員 川端達夫(民主党副代表) さんも

参加され、両名とも、企画終了まで熱心に講演の内容に耳を傾けられていました。
休憩時間等には、福田さんに駆け寄り、厚労省が今のままでは存在意義がない、などのお話しや、安倍首相辞意表明の際の民主党側の舞台裏であるとか、山井さんの話題(大学の後輩にあたるそうです)なども交えながら、この問題に力を入れて取り組むことを熱心に語って頂きました。

福田さんが参加されたとはいえ、規模から言うとかなり地味な企画の筈でしたが、流石というべきか、このような具合に民主党の幹部クラスの方が積極的に取り組んでくれていることを極めて心強く思いました。

2007年9月16日
(大阪弁護団・西念)

[PR]
by kanen-relay | 2007-09-17 08:00 | 大阪から
<< 9月17日薬害肝炎集会に関する... HEARTS×薬つど ~薬害っ... >>