人気ブログランキング |

薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


<   2006年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧
「薬害肝炎」と「C型肝炎」
ブログを始めて、インターネットで「薬害肝炎」がどのように扱われているのか?に興味をもって、試しにYahooで検索してみました。

薬害肝炎全国弁護団のホームページは、「薬害肝炎」で検索すると、筆頭に出ます。「薬害」で検索すると、1ページの下の方に出ます。ここまではまずまずの認知度。

ところが「肝炎」で検索すると、3ページの下の方に後退。「C型肝炎」で検索したら、20ページまで見たけれども登場せず・・・

薬害肝炎訴訟原告団・弁護団は、薬害肝炎訴訟をバネに、すべてのC型肝炎患者、さらには、B型肝炎患者も含め350万人のウイルス性肝炎患者の救済を目指して活動しています。でも、インターネット情報によれば、薬害肝炎は「薬害」であるけれども、「肝炎」とは捉えられていないようです。

C型肝炎患者・ウイルス性肝炎患者の皆さんたちと交流し、一緒に協力して「350万人のウイルス性肝炎患者の救済」を獲得していけるような体制を作っていく努力がまだまだ足りないのかなと思いました。

患者会の皆様には、いつも裁判の傍聴・ご支援いただいていますが(ありがとうございます!)、さらに多くの肝炎患者の方々にも薬害肝炎訴訟の意義と目標をご理解いただき、共に闘えるようにしたいと思います。

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-08-14 00:00 | 東京から
薬害肝炎訴訟の概要&論点説明in06.6.21
 薬害肝炎訴訟の概要と論点について、初めて勉強したい方、よく知っているけれども福岡判決前に再度確認したい方のために、東京弁護団の弁護士たちが大阪判決直前に作成した記者レク資料(記者会見で使った資料)をアップします。

 C型肝炎(非A非B型肝炎)の重篤性、フィブリノゲン製剤によるC型肝炎感染の危険性、フィブリノゲン製剤の有効性、第9因子製剤の有用性、因果関係論、損害論について、訴訟では何が問題になっているのかを解説したものです。

 以下のリンクをクリックすると、Yahooのブリーフケースに飛びますので、ファイルをダウンロードして下さい。PDFファイルのためちょっと重いのですが、ご容赦下さい。
  060621大阪判決前資料のファイルフォルダ←Click!
(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-08-13 00:00 | 薬害肝炎資料室
薬害肝炎支援要請一万歩!!!
 8月11日、薬害肝炎訴訟を支える会の江川さんと一緒に要請活動を行いました。

【千代田区労協】 何人か事務局レベルで参加されるとのこと。
【連合】 署名は機関決定が必要でなかなか難しいが、集会などは取り組んでみるとのこと。連合本体と話をするのはなかなか大変だったのですが、なんとかここまで来ました。
【平和フォーラム】 いろいろやっているのでどこまでやれるかとは思うが、とおっしゃっていましたが、よく話を聞いてくれました。
【国公連合】 よく話を聞いてくれました。
【国公労連】 24日の昼を中心に動員してくれるとのこと。

 潮流を越えた要請で、労働運動を知っている人が見れば、びっくりするような要請先です!!!!

11日の歩数:午前中で11,000歩
(東京弁護団・小松)
by kanen-relay | 2006-08-12 00:00 | 東京から
薬害肝炎ホットラインから
 今日も蒸し暑いですねー。体調管理には気を付けましょう(そう言っている私が昨日ダウンしました(>_<))。

 薬害肝炎訴訟の大阪判決後,弁護団では「薬害肝炎ホットライン」として,製剤によって被害にあったと思われる方の電話相談活動を行っています。
・ 「数値が1000を超えています。」,「もう肝硬変といわれました。」「2度目の肝臓癌の手術をしたのですが」など,現状の病状・将来への不安。
・ 「インターフェロンを打つと高熱が出るし,吐き気,下痢などで外にも出られません。」「週3回も,強ミノ(強力ミノファーゲン)の注射をやっています。」など,日々の治療の苦しみ。
・ 「歯医者で治療を拒否されました。」「就職面接の際に肝炎だと話したら態度が豹変した。」など,差別体験。
・ 「息子が肝炎で苦しんでいる。」「夫を肝臓癌で亡くした。本当に悔しい。この無念を晴らしたい。」など,愛する家族の苦悩・悲しみ。

 僅かな時間の電話ですが,本当に多くの悲痛な声を聞きます。私たちはまだやらなければならないことがいっぱいあると実感させられます。
 また,弁護団が訴訟のみならず肝炎患者全体のために取り組んでいこうとしていることを知っているためか,「支援する会の資料を送って下さい」「がんばって下さい」などの激励の電話もあります。こういう電話を聞くと元気になります。
 そして,実際に製剤の使用が確実な方が何人もあらわれています。

 現在,弁護団で手分けをして,各医療機関に投与の有無に関する調査依頼や被害者の聴き取りを行っており,新たな提訴も含め準備しています。
 なお,現在も電話相談をやっています。
  電話番号:03-3358-2110
  開通時間:平日(月~金) 午前10時~午後4時
 

 これから,薬害根絶デー,福岡判決後の活動など様々な活動が予定されています。こうした被害者の声を広く世間に伝えていくことを,みんなの頭でいろいろ考えていきましょう(^o^)

(東京弁護団・なかがわ)
by kanen-relay | 2006-08-12 00:00 | 東京から
福岡判決前後の活動・集会のお知らせ
8月下旬から9月上旬にかけては、様々なイベントが目白押しです。
薬害根絶デーの次は、8月29日の福岡の「判決前1000人集会」、そして8月30日の福岡地裁の判決期日です。

東京でも、様々な活動や集会があります。
【街頭宣伝~ビラ配布など】
8月26日(土)15:00~17:00  お茶の水橋口
8月30日(水)18:00~19:00  池袋駅東口
8月31日(木)8:30~9:30    東京駅丸の内口  

【福岡判決後決起集会】
8月31日(木)18:30~ 弁護士会館2階・クレオ

【訴訟説明会】
9月2日(土)13:00~17:00 大手町サンケイプラザ
薬害肝炎訴訟の説明および提訴を希望される方の相談会を開催します。

その後、仙台、名古屋、大阪でも決起集会が行われます。
全国の支援の方々ぜひ地元の活動や集会にご参加をお願い申し上げます
(^o^)ノ”

なお、活動や集会の詳細に関するお問い合わせについては、
東京弁護団事務局(福地・野田法律事務所 TEL03-5698-8592)まで。

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-08-11 00:00 | 裁判日程・イベント
8月24日薬害根絶デーのスケジュール
8月24日は「薬害根絶デー」です。
今年も、薬害根絶と被害者の救済を願い、東京霞ヶ関の厚生労働省前庭にある薬害根絶「誓いの碑」を中心に、終日行動を行います。

支援の方々の参加をお待ちしています。

【当日のスケジュールの概要】
 9時30分~  朝の街頭宣伝 (有楽町マリオン前)  
12時~     薬害リレートーク (厚労省前・日比谷公園側)   
13時~     「碑の前」行動 (厚労省前庭)  
13時30分~  パレード (厚労省付近出発) 
15時~     原告・市民・学生懇談会 (弁護士会館2階クレオ)
18時30分~  報告集会 (弁護士会館2階クレオ)

全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)は、10時30分から文部科学省交渉、14時から厚生労働省交渉、17時から記者会見を行います。昨年発足した薬害対策弁護士連絡会(薬害弁連)も、15時30分から総会と学習会を行います。

(東京弁護団・小松、文責まつい)
by kanen-relay | 2006-08-10 00:00 | 裁判日程・イベント
薬害根絶デーとは?
d0081819_19344374.jpg8月24日は、薬害根絶デーです。

霞ヶ関の厚生労働省の前庭には、薬害根絶の「誓いの碑」があります。
1999年8月24日、建立されました。

碑の建立に至るまでには、HIV訴訟原告団・弁護団の3年もの長期にわたる厚生省との粘り強い交渉の努力がありました。

碑には以下のとおり刻まれています。
命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

千数百名もの感染者を出した「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省しこの碑を建立した


碑の建立をきっかけに、8月24日は「薬害根絶デー」となりました。
毎年8月24日には、「誓いの碑」のある霞ヶ関を中心として、ほぼ終日、薬害被害者による厚生労働省・文部科学省交渉や薬害根絶のための行動などが行われます。

薬害肝炎の原告団・弁護団も、薬害根絶デーの行動に参加します。


参考資料:東京HIV訴訟弁護団編「薬害エイズ裁判史第5巻薬害根絶編」日本評論社

(東京弁護団・まつい、写真撮影=東京弁護団・中川素充)
by kanen-relay | 2006-08-10 00:00 | 東京から
裁判と全面解決要求について
 皆さん、こんにちは。

 私は、1994年の弁護士登録依頼、厚生労働省を被告とする国賠事件である薬害エイズ、ハンセン病の訴訟に携わってきました。そして、これらの訴訟と同様に、今回の薬害肝炎訴訟においても、原告団・弁護団は「全面解決要求」というものを掲げ、裁判だけではなく、対国会、対政府に対して行動を繰り広げています。

これらの訴訟に共通なのは、単に裁判で国・企業の責任や賠償金を獲得することだけでは救済を勝ち得たとは言えず、その法的責任に基づく国の政策転換を実現させることが必要であるということです。薬害エイズで言えば全く放置されていた治療体制の整備でしたし、ハンセン病では退所者への生活支援策の実施等でした。

薬害肝炎訴訟でも、医療費支援策などの要求を掲げています。

これらの政策は、他の疾病とは異なる取り扱いを要求する訳ですから、行政の平等取扱原則に抵触する可能性が否定できません。
したがって、単なる福祉政策としては実現することが困難であり、国の法的な加害責任が認められ、被害者に対する原状回復責任が認められて初めて実現可能なものと言えます。その意味では、裁判はいわば手段であり、勝訴判決は武器である、と位置付けることが出来ます。

 先日の大阪地裁判決、そして、まもなく言い渡される福岡地裁判決という武器で、できるだけ早期に政府の決断を迫っていきたいと思います。 ご支援の程よろしくお願い致します。

(東京弁護団・のま)
by kanen-relay | 2006-08-09 00:00 | 東京から
インターフェロン療法の医療機関格差
2006年8月6日朝日新聞朝刊の記事です。
C型肝炎インターフェロン治療
専門医ほど積極推奨

C型肝炎患者のインターフェロン治療に関する考え方が、医療機関によって大きく違うことが久留米大などの調査で分かった。肝臓専門医がいる病院では70歳以上の高齢者にも勧めていたが、専門医がいない診療所では「高齢」を理由に勧めていなかった。インターフェロン治療に対し、患者の側には「副作用が心配」との見方が強いことも分かった。

やはり肝炎治療には医療機関格差があり、
薬害肝炎の原告さん、肝炎患者の方々が言っているとおり、
副作用に対する不安は消えないということですね。

肝炎の治療体制がより整備されることを目指して、
弁護団もがんばります!

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-08-08 00:00 | 東京から
2006年 AIDS文化フォーラムin横浜
 「2006年度第13回AIDS文化フォーラムin横浜」が、かながわ県民センターで開催されました(主催:AIDS文化フォーラムin横浜組織委員会)。

 8月5日午後1時~3時のコマで、「薬害エイズを考える山の手の会」が「薬害エイズから薬害肝炎/薬害は繰り返される」と題してパネルを行いました。

 パネルでは、薬害エイズの原告お二人、薬害肝炎の東京原告21番さん、毎日新聞の江刺記者に、弁護士小松から質問しました。原告の方々には、感染の経過、感染を知った状況・気持ち、被害、現在の生活、治療、将来の希望などを、江刺記者には、マスコミ全般の状況と江刺記者の関わりなどを、聞いていきました。

 薬害エイズの被害者も、今はHIVの治療をきちんとしていれば、エイズでは死なないが、血液製剤によって感染させられた肝炎で死ぬ人が多いこと、つまり、「薬害」肝炎に行き着くこと、薬害肝炎の被害の大変な実態 (21番さんの語る差別体験や、インターフェロン治療が費用がかかること、費用のこと仕事が出来ないこと等で治療を受けられない被害者がたくさんいること等々→みんなびっくりして聞いていました) 、マスコミの作為と不作為の問題点、薬害は繰り返されること等、がそれなりにわかりやすく提示できたかなと思います。東京原告21番さんが「山の手の会」と方たちと交流できたのも大きかったです。

(東京弁護団・小松)
by kanen-relay | 2006-08-07 00:00 | 東京から