人気ブログランキング |

薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


タグ:メディア ( 27 ) タグの人気記事
週間金曜日に実名原告の特集
週間金曜日第637号(2007年01月12日発売)に
薬害肝炎の実名原告さんたちの特集が掲載されたとのことです。

P26.薬害肝炎
「人生」を取り戻すために(大西史恵)

以下、福地弁護士からの推薦コメントです。
この特集のために全国を回られた大西史恵さんの労作です。

カラーで6ページ、
訴訟を闘っている16人の実名公表原告の表情をとらえた写真を中心に、
原告のプロフィールやコメントが掲載されています。

東京   久野郁子さん  平井要さん  山本信子さん

大阪   桑田智子さん  武田せい子さん  藤村あさみさん
      森上悦子さん  両川洋子さん

九州   出田妙子さん  小林邦丘さん  手嶋妙子さん
      福田衣里子さん  山口美智子さん  吉田かよこさん

仙台   小松忠雄さん(チヨコさん)

名古屋  金田和子さん

みなさん、是非お読み下さい。

by kanen-relay | 2007-01-14 14:00 | 東京から
毎日新聞より、学生支援者の活動
昨年のことですが、薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTSの活躍について、毎日新聞で報道されていました。

薬害C型肝炎訴訟:学生が支援訴え 新宿でチラシ配布 /東京
12月24日11時2分配信 毎日新聞

 汚染された血液製剤でC型肝炎ウイルスに感染した患者が国と製薬会社の責任を問う「薬害C型肝炎訴訟」で、サンタに扮(ふん)した大学生たちが23日、新宿駅西口で肝炎問題を紹介するチラシを配り、裁判への支援を訴えた。
 同訴訟を支える東京学生の会(会員約60人)が毎年クリスマスに合わせて取り組んでいる活動で、3回目。会のメンバーや裁判の原告ら約15人が参加。サンタに似せた赤い法被姿で約500枚のチラシを配り、「C型やB型の肝炎患者は全国で推計約350万人。決して人ごとではありません」と呼びかけた
 C型肝炎訴訟では今年6月と8月に国と製薬会社の責任を認める判決が大阪、福岡両地裁で相次いで出されており、来年3月には東京地裁で3例目の判決が出される。参加した学生の会共同代表で中央大法学部2年の大和田野陽子さん(20)は「多くの人に、国の理不尽な薬事行政の問題を知ってほしい」と話し、東京地裁訴訟の実名原告で千葉市の歯科衛生士、久野郁子さん(48)も「薬害の被害者をこれ以上出さないために支援を広げたい」と訴えた。【江刺正嘉】

12月24日朝刊


(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2007-01-06 00:00 | 東京から
11月の薬害肝炎に関する活動ふたつ
薬害C型肝炎訴訟:九州訴訟の原告・福田さん、長崎で親子刺しゅう展 /長崎
◇糸と命をつむぐ新たな夢--12日まで
 薬害肝炎九州訴訟の原告、福田衣里子(えりこ)さん(26)=長崎市=と母勝子(まさこ)さん(61)の刺しゅう展「糸と命をつむぐ」が3日、長崎市南山手町の祈りの丘絵本美術館で始まった。C型肝炎と診断されてから見つけた新たな夢。衣里子さんは刺しゅう展を通じて「多くの人にC型肝炎と薬害被害を知ってもらえれば」と話している。12日まで。【仲山みのり】

(毎日新聞) - 11月4日13時1分更新


薬害肝炎東京弁護団の福地直樹弁護士と学生支援者の栗原賢一くんが、11月1日午前10時~10時50分、地域密着型ラジオのかつしかFM78.9MHzの番組 「女性の声が見えるラジオ」に出演しました。

うちにはラジオの電波が入らず、タイマー録音できなかったのが残念でしたが、おふたりはどんな話をされたのかなぁ。。。


刺しゅう展を見て、ラジオを聴いて、薬害肝炎を応援する輪が少しでも広がるように!

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-11-06 00:00 | 東京から
9月24日 朝日新聞「ひと」欄 九州原告えりちゃん
薬害肝炎訴訟の九州原告・福田衣里子さんが、2006年9月24日朝日新聞朝刊の「ひと」欄に載りました。
えりちゃん、がんばれ!

福田さんのブログはこちらです。
Piquer ~Ennrico’s  room
福田衣里子のブログ~薬害C型肝炎と闘いながら、刺繍をしつつ楽しく生きる25歳。


d0081819_2221964.jpg


ちなみに、写真で福田さんが持っているのは、福岡判決後の薬害肝炎リレー集会!のときに、薬害根絶・肝炎患者の全面救済に向けて、みんなにメッセージを書いてもらっているハンカチです。

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-09-24 00:00 | 東京から
9月8日 薬害肝炎全国原告団代表「私の視点」
本日9日8日の朝日新聞朝刊オピニオン面「私の視点」に、薬害肝炎全国原告団代表・山口美智子さんの投稿が掲載されました。
「薬害はある日、突然、降りかかってくる。21世紀を生きる子供たちを新たな薬害の被害者にするわけにはいかない。誰にでも起こりうる問題だということを知っていただき、私たちと一緒に声を上げてほしい。」


薬害C型肝炎訴訟の原告たち、B型・C型肝炎患者たち、薬害被害者たちをご支援いただきたく、そして、今後は誰も薬害に遭うものがいない社会にするために(このブログをお読みになっている、あなた自身が薬害に遭わないために)、メッセージをお寄せ下さい

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-09-08 08:00 | 東京から
朝日新聞社説「安心して治療を受けたい」を読んで
 「時限爆弾を抱えた人たちが全国に350万人もいる。放っておけば、その多くは確実に爆発する。それなのに、国はきちんと手を打とうとしない。肝炎の話である」(2006年8月18日朝日新聞社説より)
                ☆
 原告の方たちの話を聴くと、「時限爆弾を抱えた」という例えは「大げさでも何でもないなぁ」と実感します。
 体内にある肝炎ウイルスが、眼に見えないところで活動し続け、予想もしないときに暴れ出し、肝硬変や肝がんをもたらす。ウイルスを排除できない限り、その運命を変えられない・・・。
 社説は、こう締めくくっています。
「肝炎を広げてしまった行政が救えるはずの患者を放置すれば、怠慢を越えて、もはや犯罪である」
 そう、国には「時限爆弾」を処理する責任があるんですよね。
 
(東京弁護団・石井) 
by kanen-relay | 2006-08-19 00:00 | 東京から
民主党、社民党による肝炎患者救済対策
Excite エキサイト : 政治ニュース
共同通信 [ 08月14日 17時49分 ]
注射原因の肝炎に公費  社民が早期救済案

 社民党は14日までに、集団予防接種や血液製剤投与が原因で感染したB型、C型肝炎患者に、治療費の公費助成を行うなどの救済案をまとめた。今後、各党に働き掛け、超党派での立法措置を通じ患者の早急な救済を目指す。民主党も患者救済の方針を掲げており、秋の臨時国会の焦点の1つになりそうだ。

民主党のB型・C型肝炎総合対策については、民主党HPでも言及されています。

日本には350万人以上ものウイルス性肝炎患者がおり、「第二の国民病」とまで呼ばれているのです。超党派で早急に取り組むべき課題であり、B型肝炎・C型肝炎患者全体の早期救済を実現すべきと考えます。

(東京弁護団・まつい)
by kanen-relay | 2006-08-15 00:00 | 東京から